カナシイキモチ

スーパーマーケットの
レジの近くの花道には
今年も
クリスマスブーツが山積みにされている

赤や黄色や銀色の
一目でわかるクリスマスブーツには
いつもは一つずつしか貰えない
宝のようなお菓子の山が
零れんばかりに詰め込まれている


PM10:00過ぎ
赤ちゃんを背負って
三歳くらいの女の子の手を引いた
まだ若いママの
買い物かごには半額のシールを貼った商品が三つ四つ
前に並んでいる僕には
失礼ながらあまり豊かそうには見えなかった親子連れ

さっきから
クリスマスブーツが欲しくて仕方が無かった女の子は
幼いながらに
一所懸命あれやこれやの手を尽くして
ねだってはいたのだが
にべも無く突き放した
ママの言葉にとうとう泣き出してしまった

どこででも見られる
ありふれた風景かもしれない
僕の娘の幼い頃も
そして僕自身が子どもだった頃も
変わらない風景 親子の戦い

でもね
泣き出したいのは
きっとママの方なんだ
買って上げたいのは山々なんだけど
先立つものが
どうにも無い時だってあるんだものな

いつか
あの子が大人になってママになった時
今日のママの気持ちが判るかな・・・
きっと判るよね
判ってあげてね

僕も今
あの頃の母の気持ちが
ようやく判るようになった気がしているんだ

悲しいほどね・・・
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-23 20:19 |


<< 予定 得体の知れない奴ら >>