「ほっ」と。キャンペーン

別離

ちょうど一月ほど前、我が家の愛兎「とん助」が死んだ。

朝は普通にキャベツを食べていたのだが、夜はぐったりとケージの中で横たわっていた。
「どうした?具合悪いのか?」と声を掛けて好物のニンジンを上げたら、横たわったまま少し齧った。
もう年齢も年齢だし、明日様子を見てと思っていたのだが・・・。

つまりそれが彼の最後の食事になった。

翌朝様子を見ると、まるで眠りについているように天国へ旅立っていた。

高校1年だった長女が部活のバスケで悩んで悩んで、一時部活に行けなくなった時に、ウサギを飼いたいと言い出したのがきっかけだった。
ホームセンターのペットショップで見初められて、小さな箱に入れられて大切に抱えられて我が家へ来てから丸6年。
大した病気をすることもなく、親孝行なウサギだった。
旅立つ前日まで、食欲だけはまるで若い頃と変わらぬ旺盛さだった。


ダンボールの箱にタオルを敷き詰め、氷で冷やすこと3日間。
GWの最中で対応してくれるペット霊園をあれこれ探した。
深大寺の動物霊園が親切に応じてくれたので、そちらに長女と二人で火葬してもらいに出掛けた。
途中で生花を買って、箱に入れた。
大好きだったニンジンも入れてあげた。

火葬する直前の人のお葬式と同じく別離の時間。
こみ上げる涙。やはり寂しさは否めない。

小さな命が私たちの心に残した確かな足跡。

今、小さな骨壷に入って、彼がいたリビングの片隅で、あの頃と同じように静かな時を過している。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-06-11 19:30 |

蓋はできない

僕が子どもの頃、原子力といえば輝かしい未来をもたらすエネルギーのイメージがあったように思う。
手塚治虫さんの鉄腕アトムなどがその顕著な例だろう。
アトムの妹はウランちゃんだったしなぁ。

それは唯一の被爆国である日本の、願望・・・もしくは切なる願いとでも言うべきものが秘められていた故なのかもしれないなどと最近思ってもいるのだが・・・。

それにしても震災以降の原子力発電に関する問題。
未だにエネルギー政策の土台が大きく崩されてぐらぐらと揺らいでいるのに、新たな具体策が何一つ出てこないって、この国の為政者たちは何をしているんだろう。

「誤魔化す。」
どうもそれで今まで来ていたから、今後もそれで行っちゃえ見たいなのが見え隠れしていて物すごく不愉快だ。

原子力。
確かに・・・確かに安全なものなら良いでしょう。
だけどさ。
もしまかり間違ってしまった時に、それもまかり間違ってしまった時の対処法も確立されていないものを・・・、地球環境規模の環境破壊が起きるリスクのあるものを、運用するって有り得ないだろう。
それもエネルギーを得るためというよりも、どちらかと言えば利益を生むためのもの・・・じゃねーのか?

いい加減に莫大な利権だのにしがみついて真実を曲げるのは止めにしねーか。
原子力の安全神話」という言葉があるけど、「神話」ってことは、逆に言えばただの「作り話」ってことなんだぜ?
現に3.11にそれは崩壊してしまったわけだし。

放射性廃棄物の問題だってそうだ。
とどのつまりは最終的には「埋めちゃう」・・・訳でしょ?
うんこじゃねーんだから、「埋めて臭いも無くなって良かったね~。土に還るね」って訳には行かない。
埋めたところで放射能を何十年も放ち続けるわけだからそれでお終いにはならねーだろう。

今回ばかりは臭いものには蓋じゃぁ通用しない。
蓋なんか絶対にさせちゃダメだ。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-31 10:40 | 雑感

最後の卒業式

去る19日は長女の専門学校の卒業式。
おそらくは彼女にとって最後となるであろう卒業式ですので、私も出席させて頂きました。

思い起こせば2年半前。
紆余曲折を経ての高校を卒業後、一旦は社会へ出たものの、何も無いことに気がついたのでしょう・・・。
突然の専門学校入学宣言。
学費は何とか工面しましたが、果たして決意の程は如何許りかと・・・親としては少々不安もあったのですが、無用な心配でした。
その後私たちの離婚などもあり、いささか精神的に不安定な時期もありましたが、最後には卒論も優秀賞を頂くなど、アルバイトをしながらも学業もきちんとこなしていたようです。


さてこれからは自身の学んだ分野で働く社会人。
また幾たびかの壁にも当たる事でしょう。
それでも持ち前の勤勉さだけは忘れずに頑張って貰えたらなぁと思います。

子育ての一段落感と共に感じる、父のささやかな願いです。、
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-23 18:27 |

昼餉

少し早めの昼食

僕はいつもの
セルフ方式の定食屋さんで
いつものごとく一人ぽつんと食べていた

しばらくすると
カウンターの向かい合わせの席に
年配の夫婦連れが座った

地味な色合いの古びた上着
少し傷んだ靴とバッグ

二人のトレイには
かぼちゃの煮物と鳥のから揚げと
ご飯の大盛りが一つとお味噌汁のお椀

そのささやかな昼餉を
彼らは二人分け合って
楽しそうに・・・
本当に楽しそうに話しながら
食事を始めた

少し羨みながら
僕は席をそっと立った
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-23 12:39 | 風景

一年

一年前の3.11、東日本は言うまでもなく、日本と言う島国を大きく揺らした東日本大震災。

亡くなった方、15854人。
行方不明の方、6434人。
未だに34万人の方が避難生活をされているという状況です。

思う事、感じる事・・・たくさんあります。
でも今日は余計な事は言いますまい。
お亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

そして日本は、今日から改めて踏み出しましょう。
そんな気持ちがなくちゃやってられない。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-11 11:53 | 雑感

失笑

首相「18歳からずっと喫煙」=慌てて訂正―参院決算委

たばこは18歳からやめたことがない―。9日の参院決算委員会で、野田佳彦首相が法律で禁じられている未成年喫煙を「告白」し、慌てて訂正するハプニングがあった。

 政府のがん対策に絡み、公明党の松あきら氏が愛煙家の首相に「率先垂範して禁煙宣言してはどうか」と迫った。これに対し、首相は「いや、参りましたね。喫煙率が下がっていくことは望ましいと思いますが、私、18歳からずっとやめたことなく貫いてきてしまいました。受動喫煙には気を付けたい」と笑顔で答弁。

 場内がざわめき、問題発言をしたことに気付いた首相は、青ざめた表情で「あ、すみません、二十歳からです」と訂正した。松氏は「ここは目をつぶるから、しっかりやって」と決断を促した。 2012年3月9日


バッカじゃねーの? 
頭の中は消費税増税で一杯なんだか知らないけどさ。
幾らなんでも・・・公式の場の答弁でこれは情けないねぇ。

笑うしかない・・・首相の支障ある答弁に失笑。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-09 21:07 | 世間話

無関心

<立川孤立死>母娘、死後1カ月経過 市「住宅公社に遠慮」

 東京都立川市の都営アパートで90代と60代の母娘と見られる遺体が見つかった問題で、立川市と都住宅供給公社は8日、記者会見し、遺体発見までの経緯を説明した。市はアパートを管理する公社から「住民と連絡がとれない」と通報を受けながら5日間放置したことが明らかになっており、市高齢福祉課の土屋英真子(えまみ)課長は「公社が(室内に)踏み込むかどうか判断すると思っていた」と釈明した。

         ~  中略  ~

 公社は3月1日、水道メーターや郵便受けを確認。2日には市に通報するとともに、親族に連絡したが、安否確認はできなかった。6日に再訪したものの、状況に変化がなく「2人暮らしなので緊急性はない」と判断し、室内には踏み込まなかったという。公社の小室明子総務部長は「入室判断には親族の了解が必要で、難しいケースだった」と述べた。

 一方、2日に公社から通報を受けた市は同日中に民生委員に連絡し、民生委員から「安否確認できない」との報告を受けたにもかかわらず、7日に警視庁立川署に連絡するまで動かなかった。5日間放置したことについて土屋課長は、市と公社の間に緊急時の入室に関する取り決めがなかったことを挙げ、「公社への遠慮があった。見守り体制を見直したい」と述べた。毎日新聞 3月8日(木)


市が公社へ遠慮って?何を遠慮することがあるんでしょうね?
気がついた時点で早く安否の確認がされていれば、一命を取り留める場合だってあるだろうに・・・。

昨夜のニュース。
市役所、そして住宅供給公社とも会見に応じた担当責任者の両名の女性とも、映像を見ている限りでは、なぁーんだかお互いに責任転嫁をしているようなそんな印象を受けて物すごく不愉快でした。
「すみません」「ごめんなさい」って言葉は自分たちを不利にするから口が裂けても言わないんでしょうね。
それとも言っちゃいけない決まりなのかな?
・・・それって人としてどうよ?って感じ。
この期に及んで「お役所仕事」の模範事例を見せられて、厭な気分になったのは私だけではありますまい。

高齢化の一途をたどる日本ではこのような事例はますます増えてゆきます。
それにしても以前にも時折同じような事もあったにも関わらず、行政は何等対策を講じていないんですねぇ。
何なのかなぁ・・・無関心なんでしょうか??
「見守り体制を見直したい」って今頃になって言ってることが、大体おかしくないですか。
「見守り体制を見直したい」って言ってる行政を見張らなくちゃなりませんね。


繰り返されるこんな事態に「・・・いい加減学習しろよ!っていうか馬鹿じゃねーの!?」
「ボランティアでお役所勤めしている訳じゃねーんだから、頂いているお給金なりの仕事しろよ」
・・・って思う向きが大多数かと・・・。

あぁこれ、私が言ってるんじゃないんですよ。
近頃時々天の声が聞こえるもんで、代弁しただけです・・・。
老いた両親が二人暮ししている私には無関心じゃいられないんでね。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-09 09:59 | 時事

無力感

来月発足の原子力規制庁 課題山積、国会審議も始まらず

 東京電力福島第1原発事故を受けて原子力規制機関「原子力規制庁」が来月、環境省の外局として発足する。しかし、設置に関する法案の審議はいまだに国会で始まっていない。細野豪志原発事故担当相は「これまでは規制そのものを正面からやる組織になっていなかった」と発足に向けて意欲を語るが、国会の事故調査委員会からは、調査結果が出ていない段階での発足に非難の声も上がる。(原子力取材班)

産経新聞 3月8日(木)


日本周辺は地震の活発期に入ったなどと、メディアでも実しやかに喧伝されています。
震災以降、確かに地震の数は如実に増えていますし、素人考えでもおそらくそうなんだろうと思います。
震災から1年。
そして1年という時の長さ。
地球規模ではきっとほんの一瞬なのでしょう。
でも人間にとっては人生の何十分の一かのとても大切な貴重な時間です。

自然の力の前では、本当に無力感に苛まれます。

しかしながら原発事故は根本が違う。
原発という利権にありとあらゆる者が群がりたかって、安全などというものはお題目にしていた結果がこの体たらく。
その人間にとっての大切な時間すら奪いかねない原発事故に対して、なんら手を打てない無策な政府と行政、そして電力会社にものすごい憤りを感じます。

何一つ制御出来ないものを安全だと堂々と宣言して国民全てを欺瞞し続けてきたのは誰なんだ?
責任はどこにあるのか?

まずは行動ありき。
今は理屈をこねている時ではなく、全身全霊を傾けて収束に向かうべき時ではないのか。
本当にこの国を守ろうという意識が無くては、この事態は絶対に収束なんて出来ないぜ・・・。

国より人より・・・そんなに金が大切だったのか?
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-08 12:32 | 時事

去り行く冬だからこそ

季節の変わり目らしい、思いも寄らない暖かさ。
それでも日陰にはまだ先日の雪が黒くなって残っていたりもします。

今年はもう雪はたくさん・・・などと思っていたら、ふと聞きたくなった曲。
去り行く冬だからこそ、そして春という別離と出逢いの季節だからこその仕業かもしれません。

なごり雪

この曲はこのブログ2度目の紹介になりますか・・・。
僕がギターを弾き始めた頃の、いわば原点に近い曲です。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-07 10:46 | 音楽

白黒

テレビ・ラジオ・・・はたまたネットでもオセロ・中島さんの話題がひっきりなしに登場・・・。
今朝も日テレのスッキリなんかでは加藤さんとテリー伊藤さんがしたり顔で論じ、その裏では小倉智明氏が無用な心配をしている始末。

あのさぁ。
これって一般の人たちって誰か興味持ってるのかしらん?
果たして必要な情報なのかぁ?

別に中島さんが犯罪犯した訳でもなし、ただ怪しげな占い師にマインドコントロールされているかもしれない・・・。その挙句の果てに家賃を滞納しちゃってる・・・って話でしょ?(←何だかんだ結構知ってる私・・・テレビに洗脳されたか!)

今まではあまり気にもしていなかったんだけど、何だかメディアだけが大騒ぎしている気がしてならなくてねぇ。
少なくとも落日の感ある日本経済のニュースや、震災から一年経とうとしているのに一向に進まない被災地の復興、原発問題のニュースなどと並べて報じられる問題じゃなかろうと思うのですよ。

失礼ながらそれほどの大物芸能人とも思えないし・・・なんでですかね。
オセロだけに白黒はっきりさせたいって事でしょうか・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-07 09:53 | 世間話

という言葉。
各地で震災復興のスローガンにも使われ、また2011年の「今年の漢字」にも選ばれて、目にすることが非常に多くなった言葉です。

絆とは元来動物を繋ぎ止める綱のことを指したらしいのですが、今は人と人との結びつきを示す言葉になっていますね。
家族の絆。
友だちの絆。
愛する人の絆。

糸偏に半分と書いて
糸の端と端を半分ずつ持って繋がっているんだよ・・・それが本当の絆の意味だよと思う方が私にはしっくり来ます。


ところで2010.4の記事に「泣かせやがって」というのがありまして。
そこで紹介した東京ガスのCMの動画、削除されていて久しかったのですが、you tubeでたまたま見つけたので、アップします。

家族の絆。





はは・・・久しぶりに見てまた泣けた。
だって、チャーハンべちゃべちゃで本当に不味そうなんだもの・・・ってそこかい!。

ところで「絆」は深めるもの?それとも強めるもの??
ま、どっちでもいいか。
「大切なもの」・・・それでいい。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-02 17:35 | 言の葉

手紙 ~拝啓 十五の君へ~ 卒業

弥生三月。
東京は朝からの雨です。
一雨ごとの暖かさ・・・などという言葉もありますが、残念ながら今日の雨には暖かさは感じられないようです。
しかしながら寒さの中にもどこかしら春の足音・・・花粉の飛散情報なども含めてですが、確かに聞こえつつあるようです。

そして卒業式の季節。
別離と出会いの季節ですね。
自分自身が大地に刻んできた足跡をしっかりと確かめてみる・・・春とはそんな季節なのかもしれません。



子どもから大人へと・・・。
見えない明日への期待と不安。
その狭間でもがいているのが、この年頃なのでしょう。
平成20年度NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となったこの歌。
当時10万人以上の中学生がこの歌を歌ったそうです。

中学生にはこれからも歌い継がれて言って欲しい曲ですね。
そう。
悩みながらも強くならないと・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-03-02 15:15 | 音楽

故郷

f0056698_23174276.jpg

幼い日
あなたはこの空を見ていたんだね
この山と川に
あなたは見守られていたんだね

僕は静かに車を停めて
風景の邪魔をしないように
大きく背伸びを一つ・・・

深く息を吸い込むと
あなたの笑い声が聞こえた気がした







f0056698_23454138.jpg
[PR]
# by kazz1125 | 2012-02-20 23:42 | 風景

TOMATO

<トマト>脂肪燃焼を促進する成分 京大グループが発見

 京都大の河田照雄教授(食品機能学)らの研究グループは中性脂肪を減らす働きがある成分をトマトから発見した。メタボリック症候群の改善などに役立つという。米国のオンライン科学誌「プロスワン」に10日掲載された。

 トマトは健康野菜として知られ、摂取量の多い人には脂肪肝や高中性脂肪血症などが少ないという調査例もある。

 こうした効果に注目した研究グループはトマトの果汁成分から、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす物質を探し、「13-oxo-ODA」というリノール酸の仲間を発見した。この成分を肥満マウスの餌に0.02~0.05%混ぜて4週間飼育すると、血糖値が約2割、血中の中性脂肪濃度が約3割減り、脂肪燃焼の指標となる直腸温も0.5度以上、上がっていた。人間に換算すると、トマトジュースを1日3回、200ミリリットルずつ飲むのに相当する摂取量だという。

 河田教授は「有効成分は確認されたが、これだけをサプリのように取るのではなく、トマトなど新鮮な野菜をたくさん食べることが大切」と話している。毎日新聞 2月10日(金)



野菜の中でも、人によって案外好き嫌いの分かれる部類に入るのではないかと思われるトマト。
また野菜はともかく、トマトジュースになると頂けないと言う人もまた多くお見受けいたします。
因みに筆者は子どもの頃から、トマト自体もジュースも美味しく頂いておりますが、そのトマトが俄かに注目をされているそうです。

・・・実は昨日、仕事の合間を縫って職場の近所のホームセンターにウサギのえさを買いに行ったのですが、その時ある光景を目にしました。
ショッピングカートを引いた妙齢の女性が、トマトジュースの900mlのペットボトルを次から次へと・・・都合10本くらいカートに入れていました。
その時は上の記事を知らなかったので、どんだけトマトジュースが好きな人なんだ???と思っていたのですが、おそらくはこういう事だったのですね(笑)

以前からリコピンが多く含まれている等、健康には良いとされている飲料ですので、それはそれで良いのでしょうが・・・。
ただ私も個人的な嗜好で、ほぼ毎日1本のトマトジュースを摂取し続けた時期(それも一月やそこらではない!)もありましたが、それだけで急激に中性脂肪値が下がったなどと言う事はなかったなぁ・・・。

やはり食事のバランスと運動とが大切かなと思います。
あくまでも私の私見ですけどね。
いずれにしてもまたしばらくは店頭からトマト関連商品が姿を消すのは間違いなさそうです。

それにしても中学生の時、TOMATOって英語の発音が照れくさかったのは何でだろう?
POTATOもBANANAもだけど。
真ん中のMAとかTAとかNAが強くなるところが、日本語にはあまりないからなんだろうなぁ・・・。
屋って発音すると外人っぽく聞こえるのもそのせいだな。

ってこれは本題とはずれた余計な話になっちまいました。
余分な中性脂肪のようなもんでということでご勘弁を・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-02-15 09:58 | 世間話

合格発表

f0056698_12301675.jpg
私の住まいのほぼ向かい合わせに、女子高があります。
今日はそこの合格発表だったようです。

マンションの立体駐車場の車の出し入れには3分ほど掛かるので、その間に見るともなしに見ていたのですが・・・。

ひっきりなしに行き交う母娘連れ。
一人急ぎ足で行く女子中学生。
過ぎし日の我が娘たちの姿とも重なり、その胸中や慮るに余りあります。

しかしながらみんなが合格していると良いのだけど・・・そうは行かないのが受験。
門から出てくるなり嬉しそうに携帯を取り出す子はもう言わずもがなでしょう。
しかし中にはひどく思いつめた顔で出てくる親子連れとかもいて・・・。
ありゃりゃりゃ。


大丈夫だよ。それが全てじゃないから・・・。
おぢさんも離婚した時はそんな風にちょっとだけ思ったけど、案外さっぱりしてるし(爆)。
・・・なんて声を掛ける訳にもゆかず、心の中で頑張れ!とつぶやいて駐車場から走り出した私。

今日の空も青く高く澄み渡っています。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-02-11 12:41 | 風景

笑顔の力

身体が不自由な人たちが、子どもたちが、お年寄りが。
そしてそういう方たちを支える人たちが。
一つの歌を一所懸命練習して、みんなで歌う。

上手くても、上手く歌えなくても、一所懸命さには何ら変わりはない。
みんながこの曲を歌い終えた時、みんなの顔には笑顔が溢れていた。

当たり前のことを当たり前に・・・。

MONKEY MAJIK 「FOREVER」





みんな、本当に一所懸命がんばってんだよねぇ・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-02-07 00:45 | 音楽

灯り

この店に初めて訪れたのは、丁度3年位前の、昨夜と同じく寒い冬の晩だった。
そうそう、高校バスケ保護者会の新年会の二次会で同席した方が紹介してくれたんだっけなぁ。

それから3年。
娘たちが卒業してからは、中々集る事も少なくなってしまったけど、かつては事あるごとにこの店に集まり、飲みそして唄い、時には口論し・・・気が付けば朝の3時なんていうこともしばしば。
どこよりも気を遣わない大切な場所だった。
f0056698_11113587.jpgいつもはマスターが一人で、忙しい時は美人の奥様がお手伝いに来て・・・。

マスターの手が空いたら、一緒にビールのグラスを傾け、そしてアコースティックギターを爪弾いてくれる。
時にはマスターの生演奏で唄い、隣り合わせた知らないお客さんとも意気投合!なんてこともまたいつもの風景だった。


「今月一杯で店を閉めるらしい・・・。」
今はただの飲み仲間となった(笑)バスケの顧問の先生からそんな連絡を受けたのが先週の金曜日だった。

そして昨日。
いつも迷惑掛けた顔ぶれで、集まれる奴だけ集まろうということで集ったのは月曜にも関わらず7人。
いつものように時間が許す限り歌える限りの歌を歌った。

f0056698_11112171.jpg

壁に掛けられたバンジョーや、席の奥で埃を被ったままの何本かのギター。
一つ一つが、ここで過ごした時を語り掛けてくるように、静かに静かに僕らを見守っていた。


今日、アコースティック酒場 Patioの灯りは静かに消えて行きます。

マスターお疲れ様。そして本当にありがとう。
カウンター越しにたばこをくゆらせながら、僕たちのくだらない話をニコニコ聞いていたあなたの姿にはもう会えなくなっちゃうんだね。
でも又いつか会えたらいいな。あなたはともかく(笑)あなたの弾くギターを又聞きたい。

おいらと一緒で尿酸値高いんだから、身体には気をつけてね。
お元気で。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-01-31 12:04 | 雑感

寒気団

昨日の雪には参りました。

夜の8:30頃に会社を出ようとしたら、すでに積雪5センチほど。
普段は2,30分で帰宅できるところを、1時間半かけて這う這うの体での帰宅となりました。

テレビの天気予報やニュースでは「最強寒波」だの「大寒気団」だのと、寒い冬を強調するような言葉ばかり。どうやらラニーニャ現象の影響らしいのですが、素人にはなかなか理解できないこの冬の寒さです。

どちらかというと「アッキーニャ」の方がおぢさんは好きです。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-01-25 23:00 | 世間話

魔法使いの少年

ACジャパンのCMに『魔法使いの少年』というのがあります。

私の大切な方!(笑)から「HPで見つけて、とっても素敵だったよ~」と言うメールを頂きました。
ラジオ好きな私は実はよく耳にしていたのですが、タイトルは知らなかったので言われても気が付かず、HPの動画を見て初めて「あぁこれかぁ」と再認識した次第なのですが・・・。

仕事疲れの帰り道。
押しボタン式の信号が赤に変わり、私は車を停めた。

「はぁ―」
ため息がこぼれた、次の瞬間、
私は魔法を掛けられた。

横断歩道をわたり終えた男の子が、
私たちに向かって、丁寧に頭を下げたのだ。

思いがけないその仕草は、
私を、対向車のひとを、
一瞬にして笑顔に変えてしまった。

「ありがとう」の気持ちには、
思いもよらない力がある。


画像の無いラジオCMの方が私としては心に響くと思うのですが、こういう気持ちは心の何処かに留めておきたいな・・・そんな風に思わせてくれるCMです。


・・・とここまで書いてふと思い出しました。
私も似たようなことをこのブログで大分以前に書いた事があるな。
これだ・・・お互い様

これ・・・5年も前の記事だねぇ。
何よりも移り行く時の早さに驚かされます・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-01-25 11:08 |

人間五十年

織田信長の好んだ幸若舞の敦盛に
「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」

と言う有名な一節があります。

要は人の世の50年なんぞは、下天(仏教の六欲天の一番末席・・・かな? してその一日は人の50年だそうな)の1日にしか当たらないほど儚いものという意味・・・らしい。

どうも曖昧な解釈のまま引用するのも申し訳ないのですが、何故そのようなことを記し始めたかと言うと、今年私は50歳になってしまうという、何だか恐ろしいような事実が差し迫って来たからなのです。

若い頃の私が抱いていた50歳のイメージは、「収入」「社会的地位」「年齢なりの深み、落ち着き」・・・そういった諸々が重なり合っての立派な大人と言うイメージだったのですが、実のところはどうでしょう?
今私自身を振り返ってみても汗顔の至り。
とてもとても上記のような状況には至っていない・・・どころか程遠いのが現実です。

とは言えこの半年足らずの内に、私の収入が上がって、社会的地位が向上し、年齢なりの深み、落ち着きが急激に増す・・・などと言う事は、どう考えても考えられないのでこれはもう諦めるしかないだろうと言う結論に達しました。

しかしながら、良く判ってもいないいないのに達観したような50歳よりも、好奇心や向上心を失わないある意味若々しい50歳になれれば、それはそれで良しだろうと・・・そう思っております。

100歳まで生きるとすればまだ半分ですからね~。
もしかしたら150歳まで生きれば1/3だし・・・・さすがにそれはねーな。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-01-24 15:10 | 雑感

再びの・・・

ここに来るのはどれくらいぶりなんだろう。
何となく余裕が無くてブログどころではなかったんだけどさ。

・・・そうだ。
6年前の2006年1月31日のこのブログの一番初めの記事、タイトルは「一期一会」だったっけ。

人生半分。
遅まきながら、ぼちぼち行ってみようかな。
そんな感じ。

出逢いに感謝しつつ、歩いて行きましょう。
あの空を見上げながら、あせらずのんびりと。
徒然なるままに…。


こんな事書いてたっけね・・・。
徒然なるままにか。悪くないね。
また書き始めてみようかね・・・。

テンプレートも昔に戻してさ。
[PR]
# by kazz1125 | 2012-01-14 19:25 | 雑感

直人君

<菅首相>「私も諦めないで頑張る」なでしこ優勝で答弁

 衆院予算委員会は19日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して東日本大震災の復旧対策を盛り込んだ11年度第2次補正予算案の基本的質疑を行った。首相は、サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会での日本代表の優勝に関連し「私もやるべきことがある限りは、諦めないで頑張らなければならないと感じた」と述べ、政権運営への意欲を重ねて示した。自民党の小池百合子氏への答弁。


直人君、馬鹿言ってんじゃないよ、いい加減にしなさい。
第一、直人君はなでしこJapanの一員じゃないんだから(爆)、頑張らなくていいぞ。
今は君が頑張っても日本中が迷惑するだけだ。
いつまでもタイミングがわからないお人だ。

こういう奴は、大抵子どもの頃集合写真撮る時に眼を瞑って写ってるな。
それかお腹壊して学校休んで、欄外に一人で写ってるかどっちか。
勉強できるけど、ずれがひどくてなぁんか小馬鹿にされてるタイプでもある。

・・・「直人」って言う名前は、「真っ直ぐな人」って言う意味だと思ってんだが、「真っ直ぐじゃない人」って言う意味もありなんだな。
彼のお陰で初めて気が付いたよ。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-07-19 12:51 | 雑感

デパート

子どもの頃、デパートという所は相当特別な場所だった気がする。
日本名、百貨店・・・文字通り何でも売っているお店の事だ。
無いものは無いんだぞって・・・死んだじいちゃんが言ってたが、やはりそれは本当だった。

セシウム牛肉、小田急百貨店で100キロ販売

 福島県浅川町の畜産農家が出荷した牛の肉から高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、小田急百貨店は17日、新宿、町田、藤沢の3店舗で、当該の農家が出荷した牛肉を販売したと発表した。  後略

読売新聞 7月17日(日)配信  


「セシウム牛肉」ってネーミングがものすごい。
かつての中国産「段ボール肉まん」と同じ位のインパクトだ。

今回のこの騒動は決して販売者側のみが責を問われる問題ではないだろう。
農水省始め政府の認識の甘さが一番問題なのは言うまでも無い。

何でもっと色々な事を予測出来ないんだろう・・・。
予測しておかないんだろう。
そういう危機管理も含めてのプロでもあるはずだ。
想定外だなんて絶対言わせない。

ダメさ加減が、垢のようにボロボロ剥がれ落ちてきて、見苦しい事夥しくて嫌になる。
今や総理をはじめ日本政府自体が恥さらしのデパートのようだものな。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-07-18 10:55 | 雑感

ヤマトナデシコ七変化

すごい。
世界一だ。

前半のアメリカの猛攻も良く耐えたし(かなり運にも味方された気もするが)、とにかく絶対に諦めないその姿勢に、勝利の女神が味方してくれたのかな。

それにしても試合の度にどんどん強くなってゆくような印象を与えてくれるなでしこJAPANの選手たち。
まさにヤマトナデシコ七変化。

そしてガチンコ勝負の上惜敗したアメリカ。
日本への最大の震災復興支援はこのガチンコ勝負だったと思うな。

・・・ま、勝ったから言えるんだけどな(爆)
[PR]
# by kazz1125 | 2011-07-18 10:43 | 雑感

出発(たびだち)

出発   詞・曲:南こうせつ

君を傷つけ 君に嫌われ 
本当は違うんだと言えばまた疑われる
人生なんて 人生なんて  
一人で生まれて一人で死んでゆく
そんな時 誰かが風の中で歌ってた
船を進めよう 明日がある処へ

みんなが走ってる みんなが笑ってる 
疲れてる僕だから ただ立ち止まって見てるだけ
真実なんて 真実なんて 
求めれば求めるほど 遠くなるだけ
そんな時 誰かが雨の中で歌ってた
船を進めよう 明日がある処へ

何度も裏切ったね 何度も転んだ
笑って過ごせば 悔し涙が溢れるだけ

明日なんて 明日なんて 勝手にやってきて
望みをもぎとるだけ

そんな時 誰かが闇の中で歌ってた
船を進めよう 明日がある処へ




生きてる間には、それこそたくさんの色んな事があって、時には嫌になるほどしんどいこともあって、そんな中でも一条の光が見えることもあって・・・。

とにかく。
歩き出さなきゃ始まらない。
船を進めなくては、どこにも辿り着かない。
30有余年過ぎても、色褪せない真。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-05-04 09:32 | 音楽

頑張れってか

菅総理が被災地の避難所を何か所か訪問したようだ。

被災者への見舞、慰問のための訪問なのだろうが、逆に被災者の方々のストレスを増加しているのは何故なんだろう?

「菅さんは頑張れしか言わない・・・」
良く言われることだが、頑張っている人に「頑張れ」って言うのは弱っている人に鞭打つことに他ならない。

・・・って言うか、それを言うなら菅さん、あなたがもっと頑張れよ。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-04-24 23:11 | 雑感

ANSWER

>

ANSWER 詞・曲 槇原敬之

あの日 地下鉄の改札で急に咳が出て
涙滲んで 止まらなくなった
君と過ごしてた さっきまで
嘘みたいだね もう帰る時間だよ
君と僕の腕時計 一緒に並べて
君と僕の掌を そっと重ねて
愛と言う窮屈を
がむしゃらに抱きしめた

二人会える日が少ないから
いつも別れ際で溜息ばかりついている
何も言わないで
君の姿消えてしまうまで
見送ってあげるから
君と僕の思い出は
まだまだ少ない
ずっとずっと歩こう道を探して
愛と言う窮屈を
いつまでも抱きしめて

春の強い風も 夏の暑さも
秋の寂しさも 冬の寒さも
二人でなら 歩いてゆけるさ

あの日地下鉄の改札で
急に咳が出て 涙滲んで
止まらなくなって 手すりを越えて
君を抱きしめた



コブクロのALL COVERS BESTに収録されている、槇原敬之のこの曲。
切ないくらい不器用で純粋で真っ直ぐで・・・。
忘れていたもの。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-04-19 00:12 | 音楽

生きる・・・

生きる   
                                     谷川俊太郎
生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ


初めて私がこの詩に出会ったのは、かなり昔、元は谷川俊太郎氏の詩に曲をつける小室等氏のコラボレーションだった。
1976年にTBS系列で放送された、『高原へいらっしゃい』と言うドラマの主題歌になった『お早うの朝』と言う曲などもその類だ。
もちろん上記の詩にそのまま曲をつけるのは難しかったのだろう、歌の方はに変えられていたのだが、当時のインパクトは相当のものであったと記憶している。

長い間記憶の底に眠っていた存在が、突然思い起こされた。

心の暗闇に明かりを灯す事ができるのは、詰まるところ人なんだ。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-04-18 18:12 | 言の葉

俺たちは・・・

たとえ何があっても
逃げも隠れもしないさ

だって
この小さな島国が
俺たちのふるさとだから・・・

俺たちは
日本人だからな
[PR]
# by kazz1125 | 2011-04-15 14:10 |

二死満塁

閣僚ら、首相退陣論に反論 「全力投球でやっている」

 民主党や野党から菅首相退陣論が出ていることに関し15日、閣僚から批判、疑問の声が相次いだ。北沢防衛相は記者会見で「被災者を目の前にして、政治が争いを起こしている。国の力を分散するような発言は慎むべきだ」と批判。同時に「首相は迅速に、全力投球でやっている。本当に失敗があるのなら具体的に指摘し、首相が辞めた後の構想を示すべきだ」と強調した。江田法相は「試行錯誤はあるが頑張っていて、国民みんなが心を寄せている。首相を取り換えるゆとりなどないと理解してもらいたいとつくづく思う」と述べた。片山総務相は「今は復興に全力を注ぐ時期だ。ここで政治の体制を変えることは、大変大きな損失を生じさせる」と指摘。    2011年4月15日 共同通信


・・・まぁ確かに、今この時期に政争を起こすような政治家諸氏、そもそもの資質に疑いを持たれても仕方ないな。世情は何一つ落ち着きを取り戻していないんだからさ。
そんなのはもっと落ち着いてからやって貰いたいもんだ。

ただ閣僚側も、首相が「全力投球している」だの「頑張っている」などの言葉を、自ら口にするべきではないだろうな。
何か結果を出しているのならともかく、未だ何一つの光明も見出せてない現在、そんなの単なるマスターべションにしか過ぎない。

野球で言えば、今の日本は二死満塁の大ピンチなんだ。
「全力投球」でボール投げられたって話にならない。
それも暴投なんかだったら問題外の外

頼むからストライク投げてくれよ。
[PR]
# by kazz1125 | 2011-04-15 11:59 | 時事