カテゴリ:心( 164 )

別離

ちょうど一月ほど前、我が家の愛兎「とん助」が死んだ。

朝は普通にキャベツを食べていたのだが、夜はぐったりとケージの中で横たわっていた。
「どうした?具合悪いのか?」と声を掛けて好物のニンジンを上げたら、横たわったまま少し齧った。
もう年齢も年齢だし、明日様子を見てと思っていたのだが・・・。

つまりそれが彼の最後の食事になった。

翌朝様子を見ると、まるで眠りについているように天国へ旅立っていた。

高校1年だった長女が部活のバスケで悩んで悩んで、一時部活に行けなくなった時に、ウサギを飼いたいと言い出したのがきっかけだった。
ホームセンターのペットショップで見初められて、小さな箱に入れられて大切に抱えられて我が家へ来てから丸6年。
大した病気をすることもなく、親孝行なウサギだった。
旅立つ前日まで、食欲だけはまるで若い頃と変わらぬ旺盛さだった。


ダンボールの箱にタオルを敷き詰め、氷で冷やすこと3日間。
GWの最中で対応してくれるペット霊園をあれこれ探した。
深大寺の動物霊園が親切に応じてくれたので、そちらに長女と二人で火葬してもらいに出掛けた。
途中で生花を買って、箱に入れた。
大好きだったニンジンも入れてあげた。

火葬する直前の人のお葬式と同じく別離の時間。
こみ上げる涙。やはり寂しさは否めない。

小さな命が私たちの心に残した確かな足跡。

今、小さな骨壷に入って、彼がいたリビングの片隅で、あの頃と同じように静かな時を過している。
[PR]
by kazz1125 | 2012-06-11 19:30 |

魔法使いの少年

ACジャパンのCMに『魔法使いの少年』というのがあります。

私の大切な方!(笑)から「HPで見つけて、とっても素敵だったよ~」と言うメールを頂きました。
ラジオ好きな私は実はよく耳にしていたのですが、タイトルは知らなかったので言われても気が付かず、HPの動画を見て初めて「あぁこれかぁ」と再認識した次第なのですが・・・。

仕事疲れの帰り道。
押しボタン式の信号が赤に変わり、私は車を停めた。

「はぁ―」
ため息がこぼれた、次の瞬間、
私は魔法を掛けられた。

横断歩道をわたり終えた男の子が、
私たちに向かって、丁寧に頭を下げたのだ。

思いがけないその仕草は、
私を、対向車のひとを、
一瞬にして笑顔に変えてしまった。

「ありがとう」の気持ちには、
思いもよらない力がある。


画像の無いラジオCMの方が私としては心に響くと思うのですが、こういう気持ちは心の何処かに留めておきたいな・・・そんな風に思わせてくれるCMです。


・・・とここまで書いてふと思い出しました。
私も似たようなことをこのブログで大分以前に書いた事があるな。
これだ・・・お互い様

これ・・・5年も前の記事だねぇ。
何よりも移り行く時の早さに驚かされます・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-25 11:08 |

俺たちは・・・

たとえ何があっても
逃げも隠れもしないさ

だって
この小さな島国が
俺たちのふるさとだから・・・

俺たちは
日本人だからな
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-15 14:10 |

下げない

何とかなる・・・と言う明るさ
何とかする・・・と言う力強さ

気持ちは
気持ちだけは
絶対に下げない
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-15 11:44 |

祈念

桜花咲く
自らの満ちたる時を知りて

鮮やかなる断片(カケラ)は
時の間に間に揺蕩うて
我等の心を映すが如き
淡き儚さ

今は静謐の時たらん
ただただ静穏の時たらん
  
                     卯月好日
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-13 18:01 |

一人の手  訳詞:本田路津子/作曲:ピートシーガー


一人の小さな手 何もできないけど
それでもみんなの手と手を合わせれば
何かできる 何かできる

一人の小さな目  何も見えないけど
それでもみんなの瞳で見詰めれば
何か見える  何か見える

一人の小さな声  何も言えないけど
それでもみんなの声が集まれば
何か言える  何か言える

一人で歩く道  遠くて辛いけど
それでもみんなの足踏み響かせば
楽しくなる  長い道も

一人の人間は  とても弱いけど
それでも  みんながみんなが集まれば
強くなれる  強くなれる


以前もこの詞をここに記したっけ・・・。

この詞の力強さを、私は信じる。
被災地の方々はもちろん、日本全体が明日が見えなくなっている今、為すべき事はたくさんある。
だけど反面、案外わかりやすくもある。

みんなでね・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-11 10:22 |

タイムカプセル

押入れの奥に
離婚してからず~っと気になっていた
謎のダンボール箱が一つ

そーっと開けて見たら

中から出てきたのは
二人の娘たちが
それぞれ赤ちゃんだった頃

澄んだ瞳で無心に見つめていた
ゼンマイ仕掛けで「わんわん」と吼える子犬のおもちゃや
繰り返し繰り返し
押しては笑い転げた起き上がり小法師

そして他には
古いレジ袋に包まれて
アンパンマンの絵が薄れ掛けたピンクの長靴とか
もうビニールが傷んでいてやぶれそうな
黄色のレインコートとかが
雑然と押し込まれていた


20年近い歳月の彼方から
突然姿を現した
タイムカプセルの出現に
私は戸惑う間もなく
何故だか言いようも無いほどの悲しみを覚えた

思いは何処へ

それから私は泣いた

本当に久しぶりに
声を上げて泣いていた
[PR]
by kazz1125 | 2010-09-30 19:50 |

吐息



More
[PR]
by kazz1125 | 2010-09-29 18:19 |

歩み

失くす事なんて
何も恐くないんだよ

だって初めは
誰だって
何も持ってなかったはずだもの

確かに
残念なことはあるのは否めないけど
また新しいものを探すのも悪くない

とにかく
歩き始めてみようね
[PR]
by kazz1125 | 2010-05-26 19:04 |

携帯電話

携帯であなたと話している

今だけが
あなたを独り占め出来る
唯一無二の時
[PR]
by kazz1125 | 2010-05-26 17:36 |