「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:言の葉( 69 )

という言葉。
各地で震災復興のスローガンにも使われ、また2011年の「今年の漢字」にも選ばれて、目にすることが非常に多くなった言葉です。

絆とは元来動物を繋ぎ止める綱のことを指したらしいのですが、今は人と人との結びつきを示す言葉になっていますね。
家族の絆。
友だちの絆。
愛する人の絆。

糸偏に半分と書いて
糸の端と端を半分ずつ持って繋がっているんだよ・・・それが本当の絆の意味だよと思う方が私にはしっくり来ます。


ところで2010.4の記事に「泣かせやがって」というのがありまして。
そこで紹介した東京ガスのCMの動画、削除されていて久しかったのですが、you tubeでたまたま見つけたので、アップします。

家族の絆。





はは・・・久しぶりに見てまた泣けた。
だって、チャーハンべちゃべちゃで本当に不味そうなんだもの・・・ってそこかい!。

ところで「絆」は深めるもの?それとも強めるもの??
ま、どっちでもいいか。
「大切なもの」・・・それでいい。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-02 17:35 | 言の葉

生きる・・・

生きる   
                                     谷川俊太郎
生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ


初めて私がこの詩に出会ったのは、かなり昔、元は谷川俊太郎氏の詩に曲をつける小室等氏のコラボレーションだった。
1976年にTBS系列で放送された、『高原へいらっしゃい』と言うドラマの主題歌になった『お早うの朝』と言う曲などもその類だ。
もちろん上記の詩にそのまま曲をつけるのは難しかったのだろう、歌の方はに変えられていたのだが、当時のインパクトは相当のものであったと記憶している。

長い間記憶の底に眠っていた存在が、突然思い起こされた。

心の暗闇に明かりを灯す事ができるのは、詰まるところ人なんだ。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-18 18:12 | 言の葉

霜月

ふわふわと心ここにあらず。
そんな状態で、9月、10月を過ごしていた様な感じでした。

奇しくもブログの記事更新数が如実にそれを語っています。
10月の記事はたった一つだったことにさっき気が付きました。
それにしてもふと我に返ってみるともう11月・・・霜月。

今朝の寒さといつの間にか真っ白になった富士山の姿に、改めて移り行く季節の早さに驚かされています。

いかんなぁ・・・こんなことじゃいかん。
泰然自若。
小事に捉われず堂々と・・・。

男子たるものそうありたい。
[PR]
by kazz1125 | 2009-11-03 09:18 | 言の葉

両刃の剣

「頑張れ~」「頑張ってね~」
人は応援する時に安易にこの言葉を口にします。
ワタシは今日、次女のバスケの試合で何度この言葉を口にしたことか。

しかしそれは時にはものすごく励みにもなり、また時には残酷なほど苦しめる事もある両刃の剣。

これ以上頑張れないほど頑張っている人にこの言葉をかけるのは、競走馬の鞭と何ら変わらない・・・。
もちろん受け止める側のキャパの問題もあるのだろうけれど、中々に難しい言葉であります。
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-31 23:49 | 言の葉

去来

降り続いていた雨が、ようやく上がった。
みんなが帰って静まり返った工場事務所の中には、パソコンの唸り、エアコンから吹く風の音だけが聞こえている。

心の中を何度も去来する言葉。

自分を愛する事が出来ない人は他人を愛することが出来ない・・・か。


考えてみたこともなかったな。
おいらはどうなんだろう?


いずれにしても、サンクス。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-06 20:00 | 言の葉

「安」
会意文字です。
会意文字とは既にある文字と文字を組み合わせて新たな意味を生み出した文字の事。

この「安」の場合はウ冠+女で女性が家の中に落ち着いている様子を表現しているそうです。
その意は「やすらか」「やすい」「たやすい」「たのしむ」等。

熟語もまた多数あります。
安心(心安らぐ)・安全(全くやすらか・もしくは安らかさをまっとうすること)・安静(心安らかに身体は静かに)などなど枚挙に暇がないほど。

言葉では溢れるほどの数ですが、私たちの日々の暮らしの中で最も不足しがちなのが「安」なのかもしれません。

無いものねだりにはしたくないなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-01 01:34 | 言の葉

春告草

例年よりも一際暖かい今年の冬。
関東地方ではあちこちで梅が咲いています。
未だ満開ではありませんが、そこかしこに紅白薄桃色の一叢。
日々の暮らしの周りには、改めて梅の木がたくさんある事に気が付かされます。

梅。
今でこそ「花」と言えば桜ですが、万葉集などでは桜よりも梅を詠んだものが多いようです。
梅は春一番に咲くことから春告草とも呼ばれます。
またその香り立つ花の匂いから匂草香散見草(かざみぐさ)
春風を待って咲く花と言う意味合いで風待草などの呼び名も戴いています。

春を告げるには少しばかり寒い今日。
お天気はみぞれから雪へ変わりつつあります。
それでも春本番までもう少し・・・。

花粉症を発症している方が激増していることからも間違いはなさそうです。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-27 10:50 | 言の葉

神憑り(かみがかり)

麻生首相「景気回復、全知全能を傾ける」 衆院予算委

 盟友の中川昭一前財務・金融担当相の辞任や小泉純一郎元首相の衆院再議決をめぐる発言など苦難が続く麻生太郎首相は、20日の衆院予算委員会で「3年間で必ずや景気を回復させる。全知全能を傾ける」と今後の政権運営にかける決意を示した。

              ・・・中略・・・

 一方、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相は、民主党の前原誠司副代表が無駄なダム工事の中止を求めたのに対し、「私はダムのファンだ。せっかく天から降ってくるものは置いといたほうがいい」と応じた。
2月20日 産経新聞


ぎゃははっ(爆)。
全知全能だって!!
ワタシが解釈してる全知全能の意味からすると、この使い方はどう考えても噛み合わないので、調べてみることにします。

エーと・・・何々?
すべてを理解し、どんなことでも行える能力。「―の神」   
                                yahoo辞書 大辞泉
              とあります。

ほらぁ、何か変ですよねぇ。
自分自身を全知全能の神って言ってるようなニュアンス。
とうとう神憑り的になってきちゃったぞ・・・。
あんたはどこぞの新興宗教の教祖様か!(笑)って、ワタシ的にはものすごい違和感があるけど、本人がそう言ってるんだからまぁ仕方がありません。
因みに私達下々の者は「全身全霊を傾ける」という使い方をする事が普通です。

それにしても麻生さんにそんな物凄い超人的能力があったとは全然知りませんでしたね。
あと、与謝野さんが「ダムのファン」だって言うことも知らなかったし。

まぁどちらかと言うと、全知全能より「全治不能」って感じなんですけどねぇ・・・(←うまいっ!)。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-21 08:59 | 言の葉

つくる

つくる

漢字で書くと「作る」「造る」「創る」。

多少のニュアンスの違いこそあれ、いずれにしても物事を新たに生み出す事の意です。
これこそ人が人たる所以で、だからこそ人は素晴らしい。

因みに一番たくさん色々な物を創り出すのは、母の手なんじゃないかと思っています。
如いて言えば女性の手と換言してもいいでしょうか・・・。

多謝。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-16 01:21 | 言の葉

暖簾

暖簾
「のれん」と読みますのはご存知の通り。

でもね。
「あたたかいすだれ」って書くことに、今しがた改めて気がついたワタシでした。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-16 00:19 | 言の葉