カテゴリ:言の葉( 69 )

ほっこり

ほっこり」という言葉を下の「あ~ったかいうどん」の文中で使いました。

ふと思い返してみると、ワタシがこの言葉を実際に使用したのは初めての気がします。

「ほっこり」とは・・・
(1)あたたかなさま。ほかほか。狂、木六駄「燗を――として一杯飲まう」(2)(上方方言)やきいも。膝栗毛八「女中がたの器量ふきりやう、――買うて喰うてござるも」(3)疲れたさま。   広辞苑
とあります。

(1)の意味と(3)の意味ではずいぶんと意味合いが違いますが、語感から受ける印象はまさに「あたたかな様子」。
そちらの方がワタシにはしっくり来ます。

ちなみに富山県や石川県、長野県などでは「ぱっとしない」とか「思わしくない」「冴えない」とかの意。
これもまた上記の意味合いとは違いますねぇ・・・。

いずれにしても関東以北ではあまり親しみの無い言葉ではありますが、最近ワタシの「お気に入りに追加」された「ほっこり」です。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-07 11:00 | 言の葉

一所懸命or一生懸命

一所懸命と一生懸命。
その意味するところは同じ。

一所懸命:中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること・・・とyahoo辞書大辞泉にはあります。
一生懸命:命がけで事に当たること。また、そのさま。・・・と同じくyahoo辞書大辞泉にはあります。


ワタシ的にはどちらかと言うと、一生懸命・・・即ち一生を命懸けで・・・と言うニュアンスの方がしっくりとくるのですが、いずれにしても中々に一所懸命も一生懸命も難しい事であるのは間違いありません。
自らの人生でそれを問えるか否か・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 01:14 | 言の葉

父の夢

君の夢が叶う事

それが僕の夢なんだよ
[PR]
by kazz1125 | 2008-10-08 00:47 | 言の葉

嬉しい」。

「女性が喜ぶ」と書いて嬉しい・・・。

女性が最も喜ぶのは一体どういうシチュエーションなのでしょう・・・。
オヂサンとしてはあれこれ考えを巡らせてしまいますが(むふふふ・・・)、その答えはおそらく見つからないでしょう。いぇ見つからなくても良い気もします。
それを見つけようとする事自体が、正しく人としての人生の「喜び」なのかなぁとも思います。

いずれにしても、女性に限らず誰かに喜んで頂けるというのは、人として「嬉しい」事であります。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-25 23:14 | 言の葉

笑い

笑い」を評して「副作用のない最高の薬」と言うそうです。

「笑い」によって神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌され、その神経ペプチドなるものががん細胞などをやっつけるナチュラルキラー細胞を活性化させる効果があるそうです。
他にもモルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベータエンドルフィンなどのホルモンも大量分泌するなど、笑いは身体にプラスに作用する効能をたくさん持っています。

ところで「笑」に関する言葉ってどれ位あるのでしょう。
笑顔 破顔一笑 笑窪 含み笑い 微笑 失笑 苦笑 作り笑い 高笑い 爆笑 薄笑い ・・・

思いつくのはこんなところですねぇ。
あとは笑点とか笑福亭鶴光とかしか思い浮かばん(苦笑)
笑(しょう)つながりでこんちくしょーなどもありますが、違いますか?そーですか。

いずれにしても息苦しいようなニュースばかりのこの日本。
どうも笑えない世の中になりつつあるのですが、無理してでも笑うように精々心がけましょうかね。

無理な作り笑いでも同等の効果があるということですので・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-05 09:57 | 言の葉

おばか

最近は空前の「おばかブーム」だそうで・・・。

テレビ番組の「クイズ・ヘキサゴン」で珍解答を繰り返すメンバーの中から厳選された女子3名。
里田まい、スザンヌ、木下優樹菜のユニットPabo
さらにはつるの 剛士、野久保 直樹、上地 雄輔羞恥心
とくにスザンヌさんなどは最近見ない日がないくらいの人気ぶりですし、今回大ブレイクの羞恥心も予想を遥かに超えたCDの売れ行きだそうですね。

それにしても彼らの繰り出す珍解答は、想像を絶するものがあります。
芸人が生み出す作られたネタのボケとはレベルが違う。
常識という枠に捉われていたら絶対に出てこない、まさに天然のボケです。
その予想外の解答に、突っ込み芸人である司会者島田紳介がかぶせてゆくのがクイズ・ヘキサゴン。
いわばクイズ番組の中で解答者と島田紳介がボケ・ツッコミの漫才をやっている構図です。

この「おばか」という言葉。
蔑称である「ばか」に接頭語の「」がついています。
語感が柔らかくなって親しみと愛らしさが感じられます。
バカだけど、可愛らしいおバカさんに変身です。

接頭語の「お」。
名詞を丁寧に表現する時に頻繁に使われるのはご存知の通りです。
「お花」「お手洗い」「お手紙」などなど・・枚挙に暇がありません。
しかしこの「おばか」ほど、接頭語「お」があるのと無いのでは全然受ける感じが異なる言葉も珍しい気がします。
たった一文字の力は結構大したもんです。

余談ですが・・・。
「ばか」に他の言葉がつく場合は碌な言葉がありません。
大が付けば「大ばか」。
野郎が付けば「ばか野郎」。
者が付けば「ばか者」。


・・・それにしても今日に限った事ではないのですが、私は仕事の合間に何でこんな記事書いてるんでしょうねぇ。
「バカにつける薬は無い」って事でしょうか?。
まぁ、「バカな子ほど可愛い」って言う言葉もあることですしね。勘弁してもらいましょう。

えっ?
「バカも休み休み言え!」って・・・。どーも失礼しました。
「バカは死ななきゃ治らない」
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-15 09:55 | 言の葉

げらげら

実は先日来、気になって仕方がないことがあります。

俗に大笑いする事を「げらげら」笑うなどという表現しますが、果たして語源は何なんでしょう?
生まれてこの方「げらげら」と声を出している人は見たことが無いのですが・・・。
飲み過ぎてゲロゲロしてる人はよくお目に掛かるのですが、それとは違いますモンねぇ。

あぁ気になる。
[PR]
by kazz1125 | 2008-04-14 18:01 | 言の葉

再交付

と言う訳で、本日生まれて初めての再交付に行って参りました。

ところが今回の僕の場合、財布ごとそっくり逝ってしまったので、身分証明になるものが何も無い・・・。

免許証の再交付には住民票が必要。
ところが住民票の交付には身分証明が必要。今の僕には免許も保険証も無い。
永遠に飛行機に乗らない僕(極度の閉所恐怖症)にはパスポートも無ければ、船員手帳なんてある訳もない。

あぁぁぁ・・・。
僕は身分証明のラビリンスに迷い込んでしまったのか。
それとも不思議絵の階段に足を踏み入れてしまったのか・・・。
結局市民センターで事情を話して、更新前の古い穴の開いた免許証で本人確認してもらい、事なきを得ました(大騒ぎする事でもないじゃん)。

東京都の場合、再交付には東京都公安委員会に¥3650を納付して写真を撮って、書類を何枚か書けば終わり。
9:30頃に着いて、10:00には手続き終了で拍子抜けするほどです。
ま、その後免許の交付が11:30ですから、しばらく近所のデニーズでお茶飲んで時間潰しをしてましたが・・・。

しかしながら、時間もお金も無駄・・・ホントムダ。
今回ばかりは間抜けな自分に腹が立って仕方がありません・・・喝だぁ!
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-19 18:54 | 言の葉

牽強付会

貪欲」と「食欲」って今更ながら似てますね。
そういえば貪欲のと貧乏のも似てますね。
・・・ってべつにそれは良いのですが、要は音が同じで字が全然違う字なども五万とあり、漢字の世界は奥深く悪く言えばややこしいという事を言いたかった訳です。

この似た漢字のお蔭で、世の幾多の小中高生は今も昔も漢字テストで悩み苦しみそして傷つく・・・。
もしかしたらその子の人生を左右しちゃった時もあったかもしれない。

日本語にとって無くてはならない漢字ですが、ギョーザと同じくここでも中国輸入品の功罪が垣間見えたりするんですねぇ。

こういうのも牽強付会と言うんでしょうか。
ちなみに牽強付会の「牽」の字を、僕は読めますが書けません・・・。
漢字の世界は斯くも難しい。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-10 18:37 | 言の葉

言葉の可笑しみ

ご存知の方も多いと思いますが、俳優三宅祐司さんの奥さんの迷言は右に出るものがいないらしい・・・。

今日の日中、テレビだかラジオだか忘れてしまいましたが、久しぶりにとある迷言が紹介されているのを聞いて、つぼに嵌って大笑いしてしまいました。

それは知人に旦那を紹介する時に「あそこに立っている・・・」と言うべきものを「あそこが立っているのが家の旦那です」と言ったというもの。
前から知ってはいたのに、改めて聞いても笑いが止まりませんでした(こういうバカ話大好きなもんで・・・)

ネタだとしてもかなり可笑しい。

他にも三宅さんが「犬を飼いたい」と言ったら、「犬なんて飼ったら誰が始末するのよ!?」と言ったとか、受験生を励ますのに「ダメで元々」と言うべきところを「元々ダメじゃない」と言ったとか、旅館で「チェックインは何時ですか」と言うべきものを「ベッドインは何時ですか」とか、「源泉垂れ流し」とか「ゴルフのめった打ちに行った」とか・・・、枚挙に暇がないそうです。

それにしても言葉ってたった一言違うだけでとんでもない意味に変わってしまったりと、本当に面白いものですね。

まぁこの手のいい間違いや勘違いはどなたも一つや二つはあるとは思いますが、そんな例ばかりを集めたこんなサイトもありますので、お嫌いでない方は覗かれると面白いですよ~。
[PR]
by kazz1125 | 2008-01-10 19:25 | 言の葉