カテゴリ:雑感( 262 )

蓋はできない

僕が子どもの頃、原子力といえば輝かしい未来をもたらすエネルギーのイメージがあったように思う。
手塚治虫さんの鉄腕アトムなどがその顕著な例だろう。
アトムの妹はウランちゃんだったしなぁ。

それは唯一の被爆国である日本の、願望・・・もしくは切なる願いとでも言うべきものが秘められていた故なのかもしれないなどと最近思ってもいるのだが・・・。

それにしても震災以降の原子力発電に関する問題。
未だにエネルギー政策の土台が大きく崩されてぐらぐらと揺らいでいるのに、新たな具体策が何一つ出てこないって、この国の為政者たちは何をしているんだろう。

「誤魔化す。」
どうもそれで今まで来ていたから、今後もそれで行っちゃえ見たいなのが見え隠れしていて物すごく不愉快だ。

原子力。
確かに・・・確かに安全なものなら良いでしょう。
だけどさ。
もしまかり間違ってしまった時に、それもまかり間違ってしまった時の対処法も確立されていないものを・・・、地球環境規模の環境破壊が起きるリスクのあるものを、運用するって有り得ないだろう。
それもエネルギーを得るためというよりも、どちらかと言えば利益を生むためのもの・・・じゃねーのか?

いい加減に莫大な利権だのにしがみついて真実を曲げるのは止めにしねーか。
原子力の安全神話」という言葉があるけど、「神話」ってことは、逆に言えばただの「作り話」ってことなんだぜ?
現に3.11にそれは崩壊してしまったわけだし。

放射性廃棄物の問題だってそうだ。
とどのつまりは最終的には「埋めちゃう」・・・訳でしょ?
うんこじゃねーんだから、「埋めて臭いも無くなって良かったね~。土に還るね」って訳には行かない。
埋めたところで放射能を何十年も放ち続けるわけだからそれでお終いにはならねーだろう。

今回ばかりは臭いものには蓋じゃぁ通用しない。
蓋なんか絶対にさせちゃダメだ。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-31 10:40 | 雑感

一年

一年前の3.11、東日本は言うまでもなく、日本と言う島国を大きく揺らした東日本大震災。

亡くなった方、15854人。
行方不明の方、6434人。
未だに34万人の方が避難生活をされているという状況です。

思う事、感じる事・・・たくさんあります。
でも今日は余計な事は言いますまい。
お亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

そして日本は、今日から改めて踏み出しましょう。
そんな気持ちがなくちゃやってられない。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-11 11:53 | 雑感

灯り

この店に初めて訪れたのは、丁度3年位前の、昨夜と同じく寒い冬の晩だった。
そうそう、高校バスケ保護者会の新年会の二次会で同席した方が紹介してくれたんだっけなぁ。

それから3年。
娘たちが卒業してからは、中々集る事も少なくなってしまったけど、かつては事あるごとにこの店に集まり、飲みそして唄い、時には口論し・・・気が付けば朝の3時なんていうこともしばしば。
どこよりも気を遣わない大切な場所だった。
f0056698_11113587.jpgいつもはマスターが一人で、忙しい時は美人の奥様がお手伝いに来て・・・。

マスターの手が空いたら、一緒にビールのグラスを傾け、そしてアコースティックギターを爪弾いてくれる。
時にはマスターの生演奏で唄い、隣り合わせた知らないお客さんとも意気投合!なんてこともまたいつもの風景だった。


「今月一杯で店を閉めるらしい・・・。」
今はただの飲み仲間となった(笑)バスケの顧問の先生からそんな連絡を受けたのが先週の金曜日だった。

そして昨日。
いつも迷惑掛けた顔ぶれで、集まれる奴だけ集まろうということで集ったのは月曜にも関わらず7人。
いつものように時間が許す限り歌える限りの歌を歌った。

f0056698_11112171.jpg

壁に掛けられたバンジョーや、席の奥で埃を被ったままの何本かのギター。
一つ一つが、ここで過ごした時を語り掛けてくるように、静かに静かに僕らを見守っていた。


今日、アコースティック酒場 Patioの灯りは静かに消えて行きます。

マスターお疲れ様。そして本当にありがとう。
カウンター越しにたばこをくゆらせながら、僕たちのくだらない話をニコニコ聞いていたあなたの姿にはもう会えなくなっちゃうんだね。
でも又いつか会えたらいいな。あなたはともかく(笑)あなたの弾くギターを又聞きたい。

おいらと一緒で尿酸値高いんだから、身体には気をつけてね。
お元気で。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-31 12:04 | 雑感

人間五十年

織田信長の好んだ幸若舞の敦盛に
「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」

と言う有名な一節があります。

要は人の世の50年なんぞは、下天(仏教の六欲天の一番末席・・・かな? してその一日は人の50年だそうな)の1日にしか当たらないほど儚いものという意味・・・らしい。

どうも曖昧な解釈のまま引用するのも申し訳ないのですが、何故そのようなことを記し始めたかと言うと、今年私は50歳になってしまうという、何だか恐ろしいような事実が差し迫って来たからなのです。

若い頃の私が抱いていた50歳のイメージは、「収入」「社会的地位」「年齢なりの深み、落ち着き」・・・そういった諸々が重なり合っての立派な大人と言うイメージだったのですが、実のところはどうでしょう?
今私自身を振り返ってみても汗顔の至り。
とてもとても上記のような状況には至っていない・・・どころか程遠いのが現実です。

とは言えこの半年足らずの内に、私の収入が上がって、社会的地位が向上し、年齢なりの深み、落ち着きが急激に増す・・・などと言う事は、どう考えても考えられないのでこれはもう諦めるしかないだろうと言う結論に達しました。

しかしながら、良く判ってもいないいないのに達観したような50歳よりも、好奇心や向上心を失わないある意味若々しい50歳になれれば、それはそれで良しだろうと・・・そう思っております。

100歳まで生きるとすればまだ半分ですからね~。
もしかしたら150歳まで生きれば1/3だし・・・・さすがにそれはねーな。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-24 15:10 | 雑感

再びの・・・

ここに来るのはどれくらいぶりなんだろう。
何となく余裕が無くてブログどころではなかったんだけどさ。

・・・そうだ。
6年前の2006年1月31日のこのブログの一番初めの記事、タイトルは「一期一会」だったっけ。

人生半分。
遅まきながら、ぼちぼち行ってみようかな。
そんな感じ。

出逢いに感謝しつつ、歩いて行きましょう。
あの空を見上げながら、あせらずのんびりと。
徒然なるままに…。


こんな事書いてたっけね・・・。
徒然なるままにか。悪くないね。
また書き始めてみようかね・・・。

テンプレートも昔に戻してさ。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-14 19:25 | 雑感

直人君

<菅首相>「私も諦めないで頑張る」なでしこ優勝で答弁

 衆院予算委員会は19日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して東日本大震災の復旧対策を盛り込んだ11年度第2次補正予算案の基本的質疑を行った。首相は、サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会での日本代表の優勝に関連し「私もやるべきことがある限りは、諦めないで頑張らなければならないと感じた」と述べ、政権運営への意欲を重ねて示した。自民党の小池百合子氏への答弁。


直人君、馬鹿言ってんじゃないよ、いい加減にしなさい。
第一、直人君はなでしこJapanの一員じゃないんだから(爆)、頑張らなくていいぞ。
今は君が頑張っても日本中が迷惑するだけだ。
いつまでもタイミングがわからないお人だ。

こういう奴は、大抵子どもの頃集合写真撮る時に眼を瞑って写ってるな。
それかお腹壊して学校休んで、欄外に一人で写ってるかどっちか。
勉強できるけど、ずれがひどくてなぁんか小馬鹿にされてるタイプでもある。

・・・「直人」って言う名前は、「真っ直ぐな人」って言う意味だと思ってんだが、「真っ直ぐじゃない人」って言う意味もありなんだな。
彼のお陰で初めて気が付いたよ。
[PR]
by kazz1125 | 2011-07-19 12:51 | 雑感

デパート

子どもの頃、デパートという所は相当特別な場所だった気がする。
日本名、百貨店・・・文字通り何でも売っているお店の事だ。
無いものは無いんだぞって・・・死んだじいちゃんが言ってたが、やはりそれは本当だった。

セシウム牛肉、小田急百貨店で100キロ販売

 福島県浅川町の畜産農家が出荷した牛の肉から高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、小田急百貨店は17日、新宿、町田、藤沢の3店舗で、当該の農家が出荷した牛肉を販売したと発表した。  後略

読売新聞 7月17日(日)配信  


「セシウム牛肉」ってネーミングがものすごい。
かつての中国産「段ボール肉まん」と同じ位のインパクトだ。

今回のこの騒動は決して販売者側のみが責を問われる問題ではないだろう。
農水省始め政府の認識の甘さが一番問題なのは言うまでも無い。

何でもっと色々な事を予測出来ないんだろう・・・。
予測しておかないんだろう。
そういう危機管理も含めてのプロでもあるはずだ。
想定外だなんて絶対言わせない。

ダメさ加減が、垢のようにボロボロ剥がれ落ちてきて、見苦しい事夥しくて嫌になる。
今や総理をはじめ日本政府自体が恥さらしのデパートのようだものな。
[PR]
by kazz1125 | 2011-07-18 10:55 | 雑感

ヤマトナデシコ七変化

すごい。
世界一だ。

前半のアメリカの猛攻も良く耐えたし(かなり運にも味方された気もするが)、とにかく絶対に諦めないその姿勢に、勝利の女神が味方してくれたのかな。

それにしても試合の度にどんどん強くなってゆくような印象を与えてくれるなでしこJAPANの選手たち。
まさにヤマトナデシコ七変化。

そしてガチンコ勝負の上惜敗したアメリカ。
日本への最大の震災復興支援はこのガチンコ勝負だったと思うな。

・・・ま、勝ったから言えるんだけどな(爆)
[PR]
by kazz1125 | 2011-07-18 10:43 | 雑感

頑張れってか

菅総理が被災地の避難所を何か所か訪問したようだ。

被災者への見舞、慰問のための訪問なのだろうが、逆に被災者の方々のストレスを増加しているのは何故なんだろう?

「菅さんは頑張れしか言わない・・・」
良く言われることだが、頑張っている人に「頑張れ」って言うのは弱っている人に鞭打つことに他ならない。

・・・って言うか、それを言うなら菅さん、あなたがもっと頑張れよ。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-24 23:11 | 雑感

金八先生 ファイナル

先日、3/27放送分を録画してあった『金八先生 ファイナル』をようやく見ることが出来た。

私は金八先生は、1、2シリーズをそれも断片的にしか見ていない。
・・・リアルタイムでほぼ私と同世代の生徒たちの時代。
因みに名セリフ『俺たちは腐ったミカンじゃねぇ』と言い放った「加藤優」役の直江喜一氏や故人の「松浦悟」役の沖田浩之氏は同学年だ・・・。

坂本金八と言う一人の男。
人としての根っこの優しさ、親しみやすさ、そして熱さ。
安易に迎合したりせず間違ってるものは間違っていると言い切れるだけの信念・・・。
多少説教じみてたり、設定の苦しい部分があったりも感じつつも、下町の学校風景を織り交ぜつつ展開されるこのドラマの空気感は大好きだった。

そしてファイナル。

・・・君塚校長始め他の先生方、大森巡査もずいぶんと年を召されたね。
不思議と乾先生だけはあんまり変わってなかったけど。
ついでに大森巡査は未だ「巡査」なのだろうか?とか、余計な心配までしちまった・・・。
武田鉄也・・・金八さんも老いたなぁ。
かつての教え子たちも、私たち同様、年を重ねて来てる訳だから当たり前なんだけどね。

長年愛されてきたこのドラマと出演者の方々に、素直に「お疲れ様、ありがとう」と言う気持ちを持てたのは・・・何か良かったな。
反面、少し悲しいような寂しいような気持ちももちろんあるのだけど。

悲しいといえばもう一つ。
このドラマの最中に「緊急地震速報」が流れて、当然の事ながらそれも録画されていた。
私は録画でこのドラマを見ていたことを忘れ、その緊急地震速報の例の音に、リビングで即座に中腰になって構えていた。
しばらく構えていた。

3分も経ったろうか。
何も起きない・・・って当たり前だ。録画番組なのだから。
そのことにすらしばらく気が付かなかった私。
そんな自分が何より悲しい・・・。

金八先生 ファイナルは、かくも悲しい話であったのである。
[PR]
by kazz1125 | 2011-04-15 09:59 | 雑感