カテゴリ:音楽( 68 )

ほおずきの色

梅雨が終わり、待ちかねたようにあちこちで夏祭りが始まる頃、夏の匂いと共に思い出される曲。

ほおずき          詞・曲 さだまさし

 幾つかの水たまりを残して
 梅雨が駆け抜けてしまえば
 湿った風の背中越しに
 君の好きな夏が来ます

 あの日君にせがまれて
 出掛けた小さなお祭り
 綿菓子の味 アセチレンの光
 君は赤い鬼灯を買った

 溜め息で回した 一つの風車
 止まらずに 止まらずに
 回れと二人 祈っていたのに

 君の下駄の鼻緒が切れた
 人混みに 巻かれて 切れた
 僕の肩にすがり うつむいた君は
 怯えるように 涙を零した


 走馬灯に照らされて
 僕は鬼灯をかんで
 風鈴の唄に合わせて君が
 団扇で そっと風をくれた

 僕の肩越しに
 子供の花火をみつめ
 君は小さくつぶやいた
 消えない花火があるなら欲しいと

 戯れに刻んだ
 二人のたけくらべ
 背のびして 背のびして
 爪先立っても とどかない

 あの日のお祭りに
 今夜は一人で行ったよ
 想い出の他に 拾った物は
 誰かが忘れた 鬼灯を一つ



未練。

この曲の主人公はどうにもならない回顧の時に自らを投じています。
人はこれを「未練」という言葉で括ります。
現実論者からすればそれは無に等しい事なのかもしれません。
過ぎ去りし時は戻る事はない。

しかし過ぎ去りし時があるからこそ今がある。
ワタシはその時をも常に大切にしたいと思っています。
人の一生で過ごせる時は無限ではなく、ほんの限られた時しか得る事ができない。
であれば、酸いも甘いも一度に味わうべきではないかと・・・。


この曲を貫いている物悲しさは何処にあるのでしょう。

「一つの風車を止まらずに回れと祈っていた二人」
「消えない花火があるなら欲しいと願っていた彼女」がいました。
しかしながら、「二人のたけくらべは、背伸びして爪先立っても届かなかった・・・」

恋を大別すると二つに別れる・・・というのはずいぶん前に記した気がします。
「叶う恋」と「叶わぬ恋」。
つまりはこの曲の恋愛は成就しなかった。

ここでの「ほおずき」は二人が過ごした時の集約であり、彼の未練の象徴でもあるように思います。
そして彼の想いは未だに燃え尽してはいないようです。
まるで「ほおずき」の色のような情念めいた赤さで・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-07-21 00:19 | 音楽

お前が大きくなった時

日本のみならず世界中が、経済的にも地球環境的にもものすごく危ういバランスの中で青息吐息の状態にある今。
私たちが次世代の子どもたちに何を残せるのか。
「下手な考え休むに似たり」などとも言いますが、「似たり」という事は似ているだけであって、そうではないということでしょう。決してムダではない。
少しでも前向きに生きてゆかなくちゃねぇ・・・。

長女が生まれた時、この娘が大きくなったら聞かせたいなと思っていながら、そんなことすら忘れていた歌。
ワタシが16歳の時のリリースだから30年モノですか・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-25 18:18 | 音楽

去り行く昭和

昭和の宝がまた…作曲家・三木たかし氏が逝く

 「津軽海峡・冬景色」「時の流れに身をまかせ」など多くのヒット曲で知られる作曲家の三木たかし(みき・たかし、本名・渡辺匡=わたなべ・ただし)さんが11日午前6時5分、岡山市内の病院で死去した。64歳。東京都出身。06年7月に下咽頭(いんとう)がんの手術を受け、闘病しながら曲を作り続けた。昨年12月にこの世を去った遠藤実さん(享年76)に続き、昭和の歌謡界に多大な功績を残した作曲家が他界した。5月12日 スポーツニッポン


昭和の音楽界を語るには絶対に欠かせない作曲家です・・・。
「津軽海峡冬景色」「つぐない」「時の流れに身をまかせ」「思秋期」「アンパンマンのマーチ」などなど。
その柔軟な曲調に捉われない作品の数々には、今更ながら驚かされてしまいます。
我々昭和生まれがカラオケに行ったら欠かせない歌ばかりです。

特に一昨年亡くなった阿久悠さんや荒木とよひささんとの楽曲は、昭和の歌謡史に燦然と輝いているのは言うまでもありません。

つい先日、忌野清志郎さんが亡くなったばかりの音楽界。
確かな昭和の足跡を残した方がまたお一人いなくなってしまいましたねぇ。
本当に残念です。
陰ながらご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-12 10:02 | 音楽

祈り

音楽って、何でしょう。
人それぞれに感じ方があると思います。

音を楽しむ」と書いて文字通り音楽なのですが、ワタシの場合音だけを楽しむと言うよりは、詞とのコラボで一つのものという感じがしています。
ですから中々洋楽(最近言わないかな・・・洋楽って)には親しみにくく、どうしても今で言うJ・POP、それも詞を大切にした楽曲を好んで聞く事が多い様に思います。

さてそんなワタシの「音楽」ですが、先日松山千春さんの「君を忘れない」を記事にしました。
それから何だか千春節に久しぶりにはまっていまして・・・。

昔の彼の歌にも、この年齢に達して初めて感じるものなどもあって、新たに彼の歌の良さを感じている次第です。
そこで今、最も心に染み入っている歌を・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2009-04-29 00:33 | 音楽

君を忘れない

ずいぶん以前にも取り上げた歌。

辛い時、悲しいとき、切ない時。
人には、ふと思い出す歌があったりします。
この歌はボクのそんな歌の一つです。

つまりこの歌が思い出されたと言う事は、そういう状況にあると言う事の裏返しなのかな・・・。


君を忘れない    詞、曲 松山千春

君は砕け散った 夢の欠けら一つ一つ
小さな その手で集め
いいさ やり直すと 笑っていた君の頬に
こぼれる涙を見たよ

どうして生きているの 君は僕に尋ねたけど
答えを急ぐ事は無い やがてわかるから

僕もあきらめない 何度だって立ち上がろう
恐れるものなどないさ
君を忘れないよ 互いの道歩こうとも
何処かで逢えるといいね


君から教えられた 自分自身愛するように
生きたい 人を愛したい 生命ある限り


君から教えられた 自分自身愛するように
生きたい 人を愛したい 生命ある限り



愛にも色んな種類があります。
考えれば考えるほど愛という言葉は、簡単に口にするのが憚られる言葉だなぁと・・・今更ながら感じている今日この頃。

それでも、愛することはとっても素敵な事だと思います。

この歌の強さに、乾杯。
[PR]
by kazz1125 | 2009-04-07 23:54 | 音楽

根っ子

青いなす畑         歌 作詞 作曲:玉置浩二

とまと畑がある 
家の庭の限られた
そこで真っ赤に色づくと
「思われ」「慕われ」「覚悟した」

手を掛け 汗まで流して
一人で耕す勘違い
待ってる間に晴れ渡り
いいことしてると「思われ」た

そのあと引き受け 後引けず
一人で取り組み 無駄使い
やってる姿が欲しくて 
わからん知らんで「慕われ」た

広がる そのまんまでいい
ちっちゃな このまんまもいい
動かず あのまんまいてくれた
青い 青い 空がいい

大切な家がある とまと畑のそば
隙間に 僅かに青い空
強く強く生きていた
ほんのわずかな優しさに
語らず 静かに「覚悟した」
とまと畑の青いなす

花咲く故郷に 星が落ちて
僕はじゃがいもの白い花に
じいちゃんの笑顔手繰る
覚えてるよ 青い空を
いつも忘れず暮らしてる
束の間の夏の空を

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=60754


食べるために働く。
働くために食べる。

畑仕事や魚獲りはまさに「仕事」って感じそのものの印象があります。

いずれにせよどんな仕事でも生きている限りはその堂々巡り。
どうせそんな同じ事を繰り返すのなら、楽しい方がいいに決まってますよね。
せめて自分の根っ子はそこに張らせたいなぁって・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-22 23:01 | 音楽

陽は、また昇る

かつて谷村新司さんの歌に同じ題名の名曲がありました。
しかしながら今回の楽曲は違います。

ここのところ人気を博しております「クイズ・ヘキサゴン」が生み出した強力なおバカユニット「羞恥心」と「Pabo」がセットになった6人組のユニット「アラジン」が放った日本の応援歌です。

♪頑張れ日本 凄いぞ日本 頭のいい国日本 
インスタントラーメン 缶コーヒー カラオケこの国考えた~
頑張れ日本 凄いぞ日本 諦めないでね日本
美しく高く飛べ 誇り取り戻すために 戦え日本 日本のサラリーマン

とこんな歌詞なんですが、かつてのバブル末期の「24時間戦えますか?」とはかなり状況は違いますが、日本のサラリーマンを鼓舞する歌であるのは間違いありません。
今、日本がそこかしこで抱えている閉塞感を吹き飛ばしてくれる一曲になって欲しいものです。

それにしても、おバカ6人に ♪頭のいい国日本~って歌われるのも複雑だな。
[PR]
by kazz1125 | 2008-07-17 22:57 | 音楽

小さな手

一人の手  訳詞:本田路津子/作曲:ピートシーガー


一人の小さな手 何もできないけど
それでもみんなの手と手を合わせれば
何かできる 何かできる

一人の小さな目  何も見えないけど
それでもみんなの瞳で見詰めれば
何か見える  何か見える

一人の小さな声  何も言えないけど
それでもみんなの声が集まれば
何か言える  何か言える

一人で歩く道  遠くて辛いけど
それでもみんなの足踏み響かせば
楽しくなる  長い道も

一人の人間は  とても弱いけど
それでも  みんながみんなが集まれば
強くなれる  強くなれる


ミャンマーのサイクロン被害・・・。
そして中国四川省の大地震。

地球規模の自然災害が頻発しています。
僕は信心深い方ではない・・・というより一般的な日本人レベルの宗教心しか持ち合わせていませんが、ここの所の大規模な自然災害の発生を見聞きする度に、何か地球の創造主の怒りの琴線に触れでもしたのかな・・・などと思ってしまいます。

綺麗事を言うようですが、人種や言葉や宗教、そして過去のしがらみ、恨み辛みも乗り越えて、人類が力を合わせなくてはならない局面がいよいよ持ってやって来たような気がしてなりません。

ラジオのニュースを聞きながらそんな事を考えていたら、ふと先述の歌が久し振りに思い出されました。
小学校の音楽の授業で習った・・・そんな記憶がありますが、本田路津子さんの原曲は残念ながら聞いた事はありません。

一人一人の力は小さくても、力を合わせれば確かに大きな力になります。


蛇足ですが、「手と手を合わせて・・・南無~」って言うのはこの歌とはいささか異なりますので要注意です。
また「劇団ひとりの小さな手」などという歌は存在しませんので、これも外で誰かに言ってしまうと恥ずかしい思いをしますので気をつけた方が良いでしょう。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-17 19:53 | 音楽

再利用

昨日の記事で使った写真ですが、リサイクルばやりの昨今、再利用させて頂きます。
って言うか、昨日このポスターを見た時点で瞬時に頭に浮かんだ一節は・・・
f0056698_23573211.jpg

バン バン バン      かまやつひろし 作詞/作曲

とぼけた顔して バンバンバン
バンバン ババババ ババババン
あいつにゃとってもかなわない
バンバン ババババ ババババン
遊び上手な バンバンバン
憎い男さ バンバンバン
バンバン ババババ ババババン
バンバン ババババ ババババン


さえない顔して バンバンバン
バンバン ババババ ババババン
さすがのあいつもかなわない
バンバン ババババ ババババン
恋の上手な バンバンバン
憎い女さ バンバンバン
バンバン ババババ ババババン
バンバン ババババ ババババン


良く考えると大した意味の無い歌ですよね。
それがまたジャストフィットでして・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-03-17 23:59 | 音楽

校歌

何だかこんなニュースを見聞きすると、ほっとします。

ゴスペラーズ・北山、安岡が校歌作成!生徒が卒業式で初披露

 人気ボーカルグループ、ゴスペラーズの北山陽一(34)と安岡優(33)が昨年4月に新設された青森県八戸市立白山台中学校の校歌を手がけたことが14日、分かった。同市出身の北山が作曲。校歌としては異例の“混声6部合唱”という難易度の高さに、作詩の安岡も「いったい誰に歌わせるの? ゴスペラーズが歌うの?」と驚いたほど。2人の指導をうけ、生徒たちは16日、創立以来初の卒業式で成果を聴かせる。

 日本全国、校歌は数あれど、混声6部合唱曲は珍しい。5人で美しいハーモニーを奏でるゴスペラーズだけに、その神髄を校歌にも発揮した。白山台中学は昨年4月創立。新興住宅地の開発により生徒数が増加した根城中学校から、1~3学年合わせて320人が新中学に移った。

 同3月ごろ、同校の「校歌作成委員会」が地元出身の北山に打診。当初、北山は「校歌を作るのは初めて。責任の重さに身震いした」という。実はその時すぐにメロディーが浮かんでいたが、昨年7月、安岡とともに学校を訪問中、偶然、合唱大会の練習をしていた生徒たちの歌声を聞き仰天。レベルの高さと真摯に歌に取り組む姿に、ひとりの音楽家としてぶつかっていくことを決意した。その結果、1年男女、2年男女、3年男女と計6つに分かれたハモりを含む、校歌の枠を超えた曲に。その本気度に驚いた安岡の作詩(安岡のこだわりで“詩”と表現)にも力が入った。高台に建つ校舎、その後に広がる青い空からイメージ。♪白い大地、山を描き…と白山台を吹く風が感じられるような「空に届く」を書き上げた。

 2人は昨年11月の開校記念式典に招かれた際、約30分間、生徒たちに直接指導。今年2月下旬にも訪問し、即興で3年男子のパートに変更を加えるなど思い入れはたっぷり。「完成後は少しやりすぎたかと心配しましたが、今ではかなり歌いこなしてくれているようで、卒業式の演奏が楽しみです」と北山。「この校歌を通じ、広い意味で中学校生活の豊かさを助けることができたら、これ以上の幸せはありません」と願っている。新しい学びやを旅立つ3年生96人にとって、「空に届く」は2人からの卒業プレゼント。生涯忘れられない歌になりそうだ。
3月15日 サンケイスポーツ


引用が長くなっちゃいましたが、ゴスペラーズも力入っちゃいましたね~(笑)。
それにしても混声6部合唱って、ゴスペラーズのメンバーが歌うにしても一人足りない(大爆)。
この中学の生徒さんたちも頑張ったんでしょうね。
卒業生も在校生も素晴らしい思い出になるのは間違いありません。
折あらば是非聞かせて頂きたいものです。

ははぁん、今気が付いた。
もしゴスペラーズに欠員がでたらここの卒業生からメンバーを補充しようって魂胆だな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-03-15 11:28 | 音楽