カテゴリ:食( 50 )

ラーメン29

らぅめん・たまや  埼玉・入間

味玉らうめん・たまねぎ増し
f0056698_1445471.jpg


昨年9月オープンの醤油ラーメンとつけめんのお店。三河屋製麺使用。
話し好きのご主人と可愛らしい奥様の二人で店を切り盛りしていて、感じの良いお店です。
化学調味料不使用で身体に優しいラーメンを志し、この辺りでは珍しくたまねぎをラーメンのアクセントに使って個性を出しています。
開店当初は私にはいささかたまねぎの甘さが舌に付いたのですが、オープン一年を過ぎ、その辺りも上手くこなれてきていい感じの出来栄えになっています。

夜はセカンドブランド「盬の蔵」(しおのくら」という店名で塩ラーメン・つけめんの専門店として営業。

この度ラーメンマップ埼玉14に掲載されて、ずーっと応援していた私もちょっと嬉しかったりもします。

しかしながら足繁く通っていたのですが、先だっての痛風のお陰で通う回数もめっきり減ってしまいました。
病後、初めてのラーメン・・・完食です(・・・ラーメン2ヶ月以上食べていなかったことになりますか・笑)
[PR]
by kazz1125 | 2010-10-24 14:24 |

夏の味

久しぶりに手打ちうどん安仁屋さんのアップ。

だいぶ以前に、「いたずら心」という表題で記事を書きました。
この時の写真のカレーうどんはいわゆる裏メニューでした。
しかしながら今回のカレーうどんはそれをさらにグレードアップした正規メニュー。

暑い夏には持って来いの食欲増進の一品です。

しっかりがっしりとした手打ちのうどんを受け止める、丁寧に仕事をされたお出汁とやや辛目のカレーとの絶妙なマッチング・・・。
素揚げされたプチトマトやらおじゃがやらのアクセントと相まって、箸が止まらなくなること必至。
完食した後の余韻は、まさに満足感を満たしてくれるそんな一杯です。
仕込みに手間隙が掛かるので、場合によっては売切れ仕舞いの時もあります。f0056698_1028997.jpg


埼玉県入間市・手打ちうどん安仁屋 カレーうどん

タオルご持参でどうぞ召し上がれ(笑)
[PR]
by kazz1125 | 2010-06-11 10:27 |

コラボレーション

コラボレーション:collaboration
[名](スル)異なる分野の人や団体が協力して制作すること。また、制作したものをもいう。共同制作。共同事業。共同研究。協業。合作。コラボレート。コラボ。「部門を越えて―することで新しい発想の商品を生み出す」
                                                         大辞林より引用

世間では「コラボ」という言葉がよく聞かれます。
融合させることによって生まれてくる新しいものといったニュアンスも含まれていると思います。
だからと言って、何でもかんでもコラボレートすれば良いって物でもないでしょうが・・・。

埼玉県・狭山市 手打ちうどん・如水  チャーシューうどん(仮名・試作品)f0056698_1042594.jpg

うどんにチャーシュー・・・?
肉うどんはどこのうどん屋さんにもありますが、さすがにチャーシューが乗ってるのは初めて。
んで味はどうなのよ・・・?と食したところ、煮干の香り漂うしゃきっとしたおつゆと、若干甘めのチャーシューと、優しいうどんが見事に渾然一体となっております。
どれもがお互いの邪魔をせずに引き立てあっている・・・そんな感じ。




これはやられた。
早くレギュラーメニューにして欲しいな。

見事なくらいのコラボレート。

民主党と国民新党と社民党のコラボとは全然違いますな。
[PR]
by kazz1125 | 2010-05-20 10:50 |

水の如し

埼玉・狭山 手打ちうどん如水

f0056698_23541691.jpg
f0056698_2354770.jpg
写真はざるうどん・並・・・釜揚げ肉汁うどん・中盛を写真撮るのを忘れて食べてしまったので・・・その後に撮影したもの。つまりこれはデザートのうどんです。


本日プレオープン。
ワタシがよく行くあぢとみ食堂で4年ほど前まで働いていた方が、新たに開いたお店。
断り書きにもありますように、また店名に表されている様に、水にとことんこだわりを持っておうどんを作っているようです。

品書きにはざるうどん、肉汁うどん・・・とあり、場所柄からもてっきり武蔵野うどんと思いきや・・・。
出て来たのはどこから見ても讃岐うどん。
久しぶりに会った店主に話を聞いたら、讃岐うどんの本場・香川で3年ほど修業してきたとの事でした。
道理でどこから見ても立派な讃岐うどんな訳だ。

しかしながら、そうであれば武蔵野うどんの本場、埼玉の地でどこまで勝負できるか。
ワタシ自身は武蔵野うどんのガツンとした食感としっかりした咽喉越し、小麦粉の香りと噛み締めれば甘みさえ感じるような武蔵野うどんが大好きなもので、この店の讃岐うどんの優しい舌触りとあっさりした風味には今一つ馴染めない・・・。
しかしながら品書きには一言も讃岐うどんとは謳っておりませんので、讃岐うどんのブランドイメージで勝負しようとしていないのは明白。
店主に聞いてみたらやはり讃岐うどんには捉われずに自由にやってみたいとのことでした。

埼玉県の入間・狭山にはうどんの良店がたくさんあります。
ここのところお邪魔していませんが近くの安仁屋さんなどは武蔵野うどんの範疇を越えた素晴らしいおうどんを提供して下さいます。

これから近辺の良店ともどんどん切磋琢磨し合って、より美味しいおうどんを期待したいものです。

そう。可能性は無限大。
[PR]
by kazz1125 | 2009-09-18 00:22 |

ラーメン28

田舎の食堂の大きな窓ガラスの向こうには、見渡す限りの緑の絨毯。
稲穂は少しだけ黄色く色付き始めて静かに収穫の時を待っています。

f0056698_18152497.jpg

埼玉・川島町 あぢとみ食堂

2006/2/8の記事で取り上げたこのお店。
7月に移転しまして、その新しいお店からの風景がこの写真。
移転後2回目の来店ですが、窓外の景色のあまりの素晴らしさに今回はラーメンではなくこちらを(・・・って本当はラーメンの写真を撮る間もなく食べ始めてしまい、半分ほど食べた所でその事実に気が付いたワタシ)。

移転後初だった前回来店時は、「塩太麺」頼んだのに出てきたのは試作品のつけ麺???。
「いいからとりあえず食べてみてくれ」との事で、それは今までに無い試みで大変美味しかったのですが・・・。
やっぱりあぢとみの塩が食べたいワタシは、本日はリベンジの「塩太麺」。

化学調味料はもちろん不使用で素材の美味しさがそのまま素直に感じられる塩ラーメン・・・。
本当に絶妙です。
唯一薬味のカイワレが苦手な以外は何も言うことがありません。
文句ナシ。
[PR]
by kazz1125 | 2009-09-09 18:29 |

そうだんべ?

群馬県・富士見村 だんべうどん 肉汁うどん(のり付き) 三合盛

f0056698_23284512.jpg

兄貴」に教えて頂いたうどん屋さん。

群馬県の小麦の収穫量は全国4位。
中でも主力の農林61号という小麦は、うどんやパンに使われるいわゆる中力粉です。

だんべうどん」さんは、この地場産の農林61号を石臼で自家製粉してうどんを打っているお店だそうです。
その小麦の香りを求めてはるばる群馬まで・・・。

と言うのはウソですが、仕事の打ち合わせがあって群馬に出かけたワタシ。
昼の営業時間には全然間に合わずに、どうしようかと思案に暮れておりました。
しかしながらここは群馬県。
用が無ければ、そうそう訪れられる場所ではありません。
この機会を逃したら次は何時になるかはわかりませんので、夜の営業時間まで時間調整をして寄らせて頂きました。

18:20頃、入店。他にはお客様はおりません。
陽もとっぷりと落ちきった赤城山の麓のお店には暖色の電球が灯り、オヤジさんが湯切りする音とAMラジオの音だけが小さく響いております。

がらんとした店内に、食べ終わるまでとうとうワタシ一人きりだったのですが、その「だんべうどん」。
武蔵野うどんとも少し違う、また讃岐うどんとも違う、何とも香り高き優しいおうどんでした。
付け合せのきんぴらと椎茸も素材の味を生かした美味しさ。
濃い目の味付けではありますが、おうどんともよくマッチしていると思います。

年配のご主人の熟練の技とでも言うべき優しさがこのうどんには宿っているような感じ。

うどんって「構えて」食べるもんじゃないんだよ。
うどんなんだもの、普通にずるずる啜ったらいいじゃない・・・とでも言われているような自然体のおうどんでした。
実に美味しいです。


でもね、最後に独り言。
ワタシ的には、既に充分なくらいここは越えている・・・と思うよ。

そうだんべ?
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-14 00:11 |

おばあちゃん家のうどん

埼玉・日高 ごん兵衛   肉うどん(デフォルト)

f0056698_0424880.jpg

ラーメン、うどん、そば。
日本を代表する麺ですが、特にうどんには大きく誤解されていることが一つあります。

More
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-10 08:37 |

ラーメン27

昨日は飲み会で午前様です。
朝はさすがに起きられなかったのですが、仕事でどうしてもやって置かなくてはならないことがあって、本日昼前に出社。
出社前に腹ごしらえのため、近所の行きつけのつけそばやさんへ行きました。

埼玉・所沢 つけそば丸永  つけそば 大盛 (あつ盛)

f0056698_10181973.jpgとうの昔にブログに記載してあったとばかり思っていたのですが、昨日何の気なしに過去記事を見直していたら・・・アレ?書いてねーや。

麺好きなワタシがここ5、6年でおそらく一番通っている回数が多いお店です。
職場から自転車で10分足らず。
非常に近い立地にあるというのも足繁く通っている理由ですが、何より味がしっかりしています。


ワタシが行き始めた当初は混んではいなかったのですが、ラーメン本、雑誌なんかに紹介されるようになっちゃって今はエライ行列店になっています(いささか困惑してますが・・・)。

麺はがっしりとした川越・銀杏軒製太麺。
中華麺で麺の美味さを感じられるところは実はそう多くはないと思うのですが、ここはしっかりとした小麦の風味。
そしてつけだれは魚と豚と鳥と・・・どれもが飛び出した感じがなく実に上手くまとまっています。
たまに甘みが強過ぎる時があるのだけが、ワタシ的には残念ですが、まぁ「ぶれ」の範囲でしょうか。
つけだれに入れられた刻みチャーシューはほのかに上品な甘みのアクセントを加え、飽かすことなくあっという間に麺がなくなります。

最後にスープ割りをしてもらうと、魚介系の味わいがふわっと立ち昇り新たな味わいが楽しめます。
ここでライスを頼んで「おじや」のようにして頂くと・・・たまらん美味しさなんですが、最近は身体のことを考えて止めております。
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-08 18:17 |

ラーメン26

僕が仕事のベースにしている埼玉は、麺類文化(そんな言葉あるかどうかは存じませんが)盛んな地域です。
うどん、そば、ラーメン。美味しいお店が目白押し。麺好きにとってはまさにパラダイスです。

そしてワタシも大の麺好き。
お米を食べない日は多々ありますが、麺を食さない日はほとんど無い位です。

埼玉のラーメンレベルの高さを自負しておるワタクシ(何でラーメン界代表みたいなんだ?)、絶対数で東京に敵わないのは当然ながら、埼玉にはハイレベルのラーメンを提供してくれるラーメン屋さんが多いと思っております。
そんな中、自家製麺のお店も多いのですが、麺を仕入れしている所の方がやはり大多数。
使われる製麺所の名だたる所は、埼玉が誇る銀杏軒、東京・東久留米は三河屋製麺、そして飛ぶ鳥を落とす勢いの東京・浅草開花楼あたりでしょうか?

ワタシが今まで埼玉県内で美味しいと思ったラーメン屋さんは奇しくも前述の銀杏軒と三河屋製麺がほとんどでした。
何故か縁が無く浅草開花楼のラーメンだけは頂いた事が無かったのですが、本日たまたま現場のそばにあって飛び込んだお店には浅草開花楼の麺箱が置いてありました。


埼玉・狭山 麺屋・光輝 燻玉つけ麺 大盛
f0056698_23362621.jpg
お若い店主が作るつけ麺は大盛で400g。
評判に違わず、箸で持ち上げた際に重みすら感じるみっしりとした麺の食感は、プリプリシコシコといった感じ。
つけだれに漬けずに頂いてみたのですが、中々に味わいの在る麺でした。

しかしながら僕には魚介系と動物系の流行のWスープに魚粉のつけだれが合いません。
甘味と魚粉が喧嘩している感じで、どうもアンバランスでいけない。
折角の麺が殺されてしまっている感じを受けました。

十分に仕事はされているつけだれですので、方向性が改良されればより美味しいものを提供して下さるのではないかと、生真面目そうな店主さんに密かに期待しております。
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-27 23:50 |

いたずら心

f0056698_017569.jpg某所・某店  秘密のカレーうどん

いまやカレーとラーメンは日本の国民食と言っても過言ではありません。
そのカレーとこれまた日本の食の代表であるうどんのコラボであるカレーうどん。


カレーベースとつゆが生み出す味わいとしっかりしたうどんの食感。

最初は穏やかな辛みと出汁の旨みが複雑に絡み合い、渾然一体となって口腔を刺激します。
馥郁たる香りは鼻腔を擽り、うどんを口に運ぶ箸を止めることが出来なくなります。
しかしながらこのうどんは仮面を被っていました。
隠されたスパイスは次第にその本領を発揮します。
いつしか額に浮かぶ汗を拭いながらも、作り手の秘めた想いが、胃の腑でそして五感でしっかりと感じられるはずです。

・・・ってわざと評論家的な書き方をしてみましたが、一体何を言ってるのか良く分かりませんよね。
修飾語の羅列。
これじゃぁ伝わるものも伝わらない。

簡単に言えば、食べている内ににやけてしまうほど美味い!
これの方がよっぽど分かりやすい気がします。
だって「美味しい」って理屈じゃないですもの。

人の好みは千差万別。
喩え化学調味料まみれでも、美味いと感じる方も実際たくさんいらっしゃる訳ですしね。
理屈や薀蓄では伝わらないものもたくさんあるようで・・・。

とどのつまり美味しいものをおなか一杯食べられる幸せ。
それを感じる事が一番大切だなぁって思います。



とにかくこのカレーうどん・・・オスカルと言われて驚いてむせてしまうほどの美味しさです(・・・って余計わかんねーって!)
[PR]
by kazz1125 | 2009-02-09 00:58 |