<   2006年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧

謎の大国

対日民間賠償の活動強化 中国、基金に3700万円

際限がないですね。

1972年の日中共同声明で中国は対日賠償要求を放棄しているのは明白な事実。
この放棄に対して日本はODAで長年に渡り資金や技術を供給し続けています。
ところがその事は自国民には知らせず、都合によってジャパンバッシングをいいように政治運営の道具に使い分ける・・・。

先の大戦で、日本が周辺各国に多大なる被害を与えたのは事実です。
しかしそれなりの戦後保障や努力もしているのもまた事実。
確かに従軍慰安婦の問題だとか未消化だなと思うものもあります。
でも何もしていないが如くの云われ方をされたんじゃ、いささか腹の虫が収まらない。

これではどんなに真摯に友好協力の道を探ろうとしても無駄な気がします。
取れる金は取れるだけ取ってやれという中国政府の魂胆がそこかしこに見えていて、すごく不快です。

ついこの前まで、靖国問題などの対応を見ていてあまり小泉総理の外交手腕は???と思っていたのですが、もしかしたらこんなところまで見抜いていたのでは(それは余りなさそうだが)・・・?などと妙に見直したりして。

少なくとも変に阿るよりはよっぽどいいね・・・。毅然としていて。気持ちがいいや。

癪に障るから「じゃぁはるか昔、北条氏が治めていた頃の『元寇』はどうなんだっ」て逆ねじ喰らわしてやれっ!
あっ!  元=モンゴルも中国に泣かされてる国だった。
朝青龍に怒られるわい。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-28 20:07 | 時事

卒業式まで

早いもので明日から弥生3月。
まだまだ寒い日も続いていますけど、時折春らしい日もあって三寒四温そのままのこの頃。
3月は卒業、転勤など、色々な意味での人生のターニングポイントだったりもします。

とりわけ卒業という言葉には独特の甘酸っぱいような感傷を感じてしまいます。 今でも。

卒業式まで、あと何日・・・。
早い高校などではもう終わっているところもありますが、ほとんどの学校ではカウントダウンが始まっている頃でしょう。

本当に今の学校生活が充実していて、卒業しちゃうのが寂しくて寂しくて・・・
いじめられ続けていてやっとそれから開放されるって思うと、ほっとしている・・・
大好きな片思いの子と離れ離れになるのが、辛くて仕方がない・・・
担任の先生も一緒に定年で卒業なんだ・・・
進路が決まらないまま迎えちゃった・・・


子ども達の数だけ、学校生活の数も、思い出の数もあります・・。

間もなく彼らもたくさんの思いを胸に、新たな旅立ちの日を迎えます。



私事ですが、金八先生のどのシリーズも最終回の卒業式は涙なくして見られない・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-28 17:42 | 雑感

話にならない・・・

送受信ともフリー記者 民主メール調査で判明 [ 02月27日 02時00分 ]
共同通信 Excite エキサイト : 政治ニュース

もう馬鹿馬鹿しくて・・・。
こんなのに振り回されるのは辞めましょ。

永田なんていう軽佻浮薄な人間を当選させた方々も責任を感じなくちゃね。

いずれにしても野党第一党がこれじゃぁ日本は良くならない。
改めて、正すべき襟は正していただきたい。

牽引する力も大事。
抑制する力もまた大事。

[PR]
by kazz1125 | 2006-02-27 22:10 | 時事

魔法のカイロ

繰り返し使える魔法の携帯カイロ | Excite エキサイト

世の中、色んなものが次から次へと出てきますね・・・。
1時間ほどしか温かさの持続性がないって言うのがな所ですけど、それが改善されればなかなか優れものですね。

こんな簡便身近な発明品なら大歓迎。省資源にもなるだろうし・・・。f0056698_18201091.jpg

少し話がずれますが、僕たちが実際使ってるもので、逆に使わねーなっ、無駄じゃねーのっていうものも沢山ありますよね。


電話のプッシュボタンの左下の・・・アスタリスクだっけ(名前もわからん)。
ファックスのポーリング受信って何。
4色ボールペンの緑色
掃除機の「弱」なんて使ったことねーぞ。
食洗器の「洗剤なし」モード
計算機の
ホワイトボードのマーカーのお尻についてるイレーサー
トイレのウエットティッシュタイプのクリーナー。(使い切らないうちに乾燥してることがほとんどだし)
お気に入りのアイドルカレンダーなんかもったいなくて3月になっても表紙のまま!(・・・ってそれはこちらの都合か)。

厳然と存在している以上もちろん使う人がいるのでしょうが、普通は使わないものってチョット考えただけでも沢山あるものですね。



心がすぐに暖かくなる魔法のカイロもできないものかな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-27 18:14 | 世間話

雨音

ちょっとだけ
ほんのちょっとだけ
冷たい空気を吸いたくなって
曇りがちのガラス窓を開けてみました

今日は雨

表通りを走り抜ける車の音と
確かな雨音が
ことさら大きく聞こえてきます

傘越しのあなたの姿を
はっきりと思い出しました

[PR]
by kazz1125 | 2006-02-26 14:06 |

平和の名の元に

今日、友人のCozyさんとまぁ坊さんと埼玉平和資料館という所へ行ってきました。

ここは埼玉県が運営している(大人¥100、高校生大学生¥50、中学生以下と65歳以上の方は無料)平和を考える施設です。
施設についての詳細はリンク先を参照していただければと思います。

今回、Cozyさんのブログにトラックバックさせて頂いたのですが、アジアの歴史の中で日本の残した足跡は(傷跡と言った方がいいのかも知れませんが)決して小さいものではありません。
というよりむしろ多大な影響力を持っていたと言う方が適切でしょうか。

その後の日本のあり方とか、アジアでの、また世界でのポジションなどは今は論じるつもりもありません。
ただ我々の先人たちが経てきた過程をしっかりと認識する事だけは必要だと思います。
少なくとも戦後60余年の平和の名の元に、今の我々があるのは間違いのない事実ですから。

是非一度ここに訪れて、何かを感じて頂きたいと思います。
まずはそこから始めてみて下さい。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-25 23:31 | 雑感

花粉症

立て続けに記してますが、実は体調があまり優れません。
いわゆる花粉症の諸症状が2,3日前から出だしたようです。
今年は昨年より花粉飛散量が少ないとの予想ですが、身体の方はそんなのお構いなし。
すでに立派に発症してしまった次第・・・。
辛く悲しい春が始まったようです。

僕の症状は、鼻水、鼻詰まり、くしゃみはもとより、ひどい時は呼吸困難(昨年はついに喘息と診断されました)、頭痛、眼の痒み、体がだるくなるなど、ありとあらゆる不調が現れてきます。

陽気がよくなってくると自転車日和だったりもするのですが、実は花粉症怖さにあまり外に出られなかったりするのが実情。

こればかりはどうにもならない・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-25 00:58 | 雑感

批評も批判も非難も○×食らえ!

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <堀江メール>政府・与党の民主党批判が加速

の政治とは何だ?
  
  民の暮らしをより善くするもののはずだ。
  民がいて初めてそこに政があるはずだ。
  
知恵のもたらすものは何だ?
  
  民の日々を潤わせるもののはずだ。
  民が知の従者であってはならないはずだ。
  
今の日本はどうなんだ?
  まずは政ありきじゃないのか?
  知が知のためのものであって、民のものではないんじゃないか?


あのね・・・本当は
本当は理屈なんて
別にどうでもいいんだ

たださ、
俺たち、日本に住んでる人のための事をね
真剣に、真面目に考えてくれれば
だぁれも文句は言わないさ

自分達だろう?
その道行くって決めたの・・・

[PR]
by kazz1125 | 2006-02-25 00:36 | 時事

全ての夢がその時

Excite エキサイト : スポーツニュース

f0056698_8105090.jpg


通勤途中の車を静かに路肩に寄せて、最後のスルツカヤの演技、得点発表までのわずかな時間、身じろぎもせずにじっとモニターを見つめていました。

割れんばかりの歓声。
ロシアの女王、スルツカヤの技術点は・・・伸びない。
荒川静香の金メダル確定の瞬間。
あんなに清々しい美しい笑顔を見たのは初めての気がします。
運転席で思わず拍手している僕がいました。

日本の女性が、アジアの女性としても初めてオリンピックのフィギュアで頂点に立った瞬間。

思えばこのトリノほど、前評判と現実との大きなギャップを感じたオリンピックは今までにありませんでした。

戦えど戦えどその度苦渋を味わう日本の選手達。
落胆、ため息、失望。
そんな言葉で全てが括られてしまうのかと思っていたところに咲かせた最後の一花。
結果として日本選手団の全てが荒川の露払い、太刀持ちになってしまいましたね。

たった一つの金色のメダル
日本中の全ての夢がその時、一つになりました。


荒川さん。おめでと!そして心から感謝!
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-24 08:03 |

世情

f0056698_17493018.jpg

2006/2/23(木)
皇太子殿下の46歳のお誕生日である今日は都立高校の入試の日
受験生が一所懸命問題を解いている頃、トリノではフィギュアの荒川静香がメダルを目指してイナバウアーの練習に専念していた。
また同じ頃、堀江メール問題の民主党の永田議員は辞職の意向を伝えていた。

夢のあるこどもたち、
夢の真っ只中の人、
夢の潰えた人・・・。


世情』   詞、曲 中島みゆき

世の中はいつも変わっているから
頑固者だけが悲しい思いをする
変わらないものを何かに喩えてf0056698_1905112.jpg
その度崩れちゃそいつのせいにする

世の中はいつも変わっているから
頑固者だけが悲しい思いをする
変わらないものを何かに喩えて
その度崩れちゃそいつのせいにする

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがるもの達と 戦うため

世の中はとても臆病な猫だから
他愛のない嘘をいつもついている
包帯のような嘘を 見破ることで
学者は世間を見たような気になる

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがるもの達と 戦うため

シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく
変わらない夢を 流れに求めて
f0056698_1854120.jpg時の流れを止めて 変わらない夢を
見たがるもの達と 戦うため


1978の作品。アルバム「愛してると云ってくれ」より

昭和55年、3年B組金八先生第2シリーズ、の挿入歌として使われました。
今でもあのシーンと「俺たちは腐ったミカンじゃねぇ」の台詞をまざまざと思い出させる曲です。
しかしながら、それ以上に遥かに深く大きなメッセージを持っている曲・・・じゃないかと思います。

生きている以上、もっと・・・もっと強くならなくちゃね。
[PR]
by kazz1125 | 2006-02-23 17:32 | 世間話