<   2006年 05月 ( 60 )   > この月の画像一覧

初の試み

今日は初の試み・・・おふざけネタを一つ

「こんなサッカーは要注意だ」

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-31 21:48 | 雑感

日本代表≧GIANTS

留まる所を知らない・・・愛すべき我がGIANTSの連敗。
ついこの前までは今年は一味違う!などと熱く語っていた僕とは思えないほどのテンションの下がりよう。
昨年以前と何だか変わらなくなってきちゃいました。
こう負け続けると段々腹が立ってきた。


気持ちを切り替えます。
今はやっぱり、まずサッカーでしょう!
今朝の親善試合、対ドイツ戦を見ました。

えらぁい評論家諸氏は「ディフェンスが悪い」だの「さらにもう一点を取る意識が欠如してる」のうるさい事を言ってますが、世界の強豪ドイツを相手に2対2で引き分け!
とりあえず立派なもんじゃないですかねぇ。
「勝てる試合だったのにそれを引き分けてしまった」・・・うーるさいっつーの。
ついこの前までは得点力不足だの決定力不足だのって騒いでたくせに、たまたま高原が2点先取しただけで、今度はこうだもんなぁ。かわいそうですよね、選手達が・・・。
まぁ結果を見てああでもないこうでもない仰るのがお仕事だから仕方ありませんけどね。

高原の1本目の力強いシュートも良かったのですが、2本目のディフェンダー二人をかわしてのシュートは素晴らしかったですね。
完全に相手ディフェンダー二人を置き去りにしていましたものね。


本戦でもこの笑顔、見せて欲しいものです。
ちょっと加地選手が心配です・・
f0056698_204557.jpg

[PR]
by kazz1125 | 2006-05-31 20:09 | Sports

憎しげなるものあり

今の世の中で、一番気に入らないもの。
社会保険庁」。

何が気に入らないってこれほど気に入らないものは無い。
本当に気に入らない。
元来何のためにある省庁なんでしょう?

年金を納めて下さい
仰せの通りです。
年金制度が崩壊しかねない現状。
立て直しを図るにはまず国民にきちんと年金を納付してもらわなくてはなりません。

だけどね・・・。

年金掛け金の流用問題
  社保庁のマンション建設費      
  公用車購入に流用 
  職員の健康診断費                  
  社保庁長官の交際費、旅費 
  社保庁職員の交通事故の賠償金          
  福祉の増進という名目でのコンピューター経費 
  職員の野球観戦、ライオンキング、クラシック、狂言鑑賞
  職員専用全身マッサージ器購入  など

年金のドンブリ勘定問題
不要な厚生施設「グリーンピア」建設
社会保険庁専用ゴルフ練習場、テニスコート


 僕が思いつくままでもこんなにあります。

これだけで、年度によってもちろん差はありますが、2千億円とかそういった金額が大体毎年無駄遣いされていたように記憶しています。
確か日本の国家予算て大赤字なんですよね?
国債発行って、国の借金なんですよね?
何なんだよ、これ。

こんないい加減な金の使い方していて、偉そうに「年金は納めろ」って言ったって誰が聴く耳持つもんですか。

僕は今のところ真面目に払ってますよ。
とりあえず老後の最低限(もちろん足りないでしょうが)の寄る辺として何も無くては困ると思って・・・。

だけど正直馬鹿馬鹿しいなって感じているのも事実。
国民の大多数がそう思ってますよ、きっと。
大体この先、年寄りばっかりで頂けるかどうかも怪しいし。
実際支給年齢は上がるばっかりだし。
こんなんで大丈夫なの?って・・・・ね。

こんな社会保険庁だもの、解体論が彷彿としてきても誰も庇ってはくれないのは当然です。
これこそ本当に、リセットして新たにやり直さ無くちゃ無理。
根っ子まで腐っちゃってるもの。

ん?
あぁそうか、ようやく福利厚生の意味がわかった。
社会保険庁で働くみなさんの福利厚生の意味は、国民のためではなくて、自分達のためなんだね。

こう解釈すれば素人の僕にも得心が行きます・・・って、ふざけんな。んなわけねーだろっ!

追:社保庁で働く人、全員が甘い汁を吸っているとはもちろん思っていません。
真面目に働いてらっしゃる方もたくさんいらっしゃるでしょう。
だけど、それを認めてしまう土壌が社保庁にあるのは紛れも無い事実。
はっきり言って同罪だと思っております。あしからず。
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-30 10:36 | 時事

残念ですが・・・

俳優の岡田真澄さんがお亡くなりになりました。享年70歳・・・。
まだまだお若くも見え、とってもダンディな感じがしてらっしゃったのになぁ、残念です。
子どもの頃見た、「マグマ大使」の「マモル」君のお父さん役が僕の最初の岡田真澄さんでした。
再再婚して、まだお子さんが6歳くらいだと思うのですが、ご本人が一番心残りだったと思います。心からご冥福をお祈り申し上げます。

我が母と同い年です。
最近母も会うたびに背中がまぁるく、そして小さくなって行くのを感じます。

もっと親孝行しなくちゃな・・・。
いつでも会える距離にいるんだからな。
と思いつつも・・・相も変わらずの親不孝者。
考えちゃいますね・・・。



ところで・・・、早いものでこの記事が200件目の記事となりました。(シークレット記事一つを含めます)
お出で頂いている皆様、ありがとうございます。 
折角お出で頂くなら、少しでも楽しい気持ちになれる場所でありますよう、努めたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。    
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-30 09:19 | 雑感

誕生日

自分が生まれた時の事を記憶している人は・・・僕の親戚知人友人愛人変人の中には残念ながら一人もいないようです。

だけど、どなたもご自分の子どもさんの生まれた時の事は鮮明に覚えてらっしゃると思います。
ましてやそれが、ご自分がお母さんであれば尚更の事。
苦しみを乗り越えた後に訪れるその感動は、所詮僕たち男どもがどんなにがんばっても得られるものでは無さそうです。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-29 10:17 |

多摩の言葉

「がんばらんば」ブームも今や韓流ブームを乗り越え、ワールドカップと共にヨーロッパにまで波及せんばかりの勢い(本当かいっ?)。
今や「長崎がんばらんばクラブ」まで創設され、温かな方言を持つ各地に支部の設立の動きまであります(思いっきりウソです)。

それはさて置き、方言の持つ温かさやその独特の間は、他の言葉では表現しにくい事もあるかもしれません。

そこで子どもの頃から慣れ親しんでいる自分達の言葉についてふと考えてみました。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-28 12:52 | 言の葉

首位陥落

今シーズン開幕から独走を続けてきた我がジャイアンツが、ついに首位陥落です。
セ・パ交流戦が始まってから次第次第に負け越しが増えてきていたので、この日がいずれ来るだろうと思っていたのですが・・・。f0056698_11402867.jpg

ここで阪神に引き離されないように、虎の尻尾にしがみついておかないといけません。
先日、村上ファンドの問題で、「阪神がんばれ」ってエールを送ったのは間違いだったかな・・・。
記事削除しちゃおうかしらん(大人げね~)。

今、ジャイアンツの選手に一番必要なのはまさに「がんばらんば」の精神!
気合入れてけよ~!

ホームラン打たれて、青ざめてうなだれて・・・。
それでも工藤、俺ら40代の星だ。
がんばんべ~よ。
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-28 11:44 | 世間話

音楽事情~昔語り

先日記した「空でさえ飛べる気がした」に幾つかのコメントを頂きました。

当時のFM放送は今と違い、曲が流れている時にはDJのしゃべりが被るような事はまず皆無でした。
  東京でさえ放送局はFM東京NHK・FMの2局しかなかった時代。
  もちろんレンタルレコードなんてありません。

ですから音楽ファンにとっては良質の音で音楽が録音できるFMは貴重な音楽ソース。
そんな事があったら放送局にクレームの嵐だったと聞いたことがあります。
そのため、どんな曲が掛かるのか事前調査するために「FMファン」とか「FMレコパル」とか買ったものでした。

その後少しずつ放送局が増え、J-WAVEがアメリカンスタイルのDJ方式を取り入れた頃から、音楽をかけっぱなしで好き勝手にDJが話すと言う形になったように思います。
その頃はもうCDが主体になっていましたし、レンタルCDも充実していましたから、わざわざFMを録音するマニアもいなくなったからなのでしょう。


More
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-27 10:07 | 音楽

「がんばらんば」となりのトトロ風おばあちゃんソース和え

「がんばんべーよ」

がんばんべーよ あんでもかんでも がんばんべーよ
がんばんべーよ 愛でも恋でも がんばんべーよ
がんばんべーよ どんなんでもこんなんでも がんばんべーよ
がんばんべーよ おめえもおらほぅも がんばんべーよ

あめぇあにやってんだか?あんで泣いてんだかよ?
苦しいんかい 辛いんかい 悲しいんかい
(ま、)いいや よくあることだけんど 泣いて泣いて元気呼んでよ
どうにでもこうにでも (とにかく)どうにかすんべーよ

負けらんねーかんな 力取っといてあんだんべ
おめえ背中に背負ってでも 這いつくばっても行ってやんかんな
どうよ?起き上がれるんかよ?
待ってっかんなぁ いつでもいいからよ 出てこねーとだめだぁ

   でんでらりゅう(これは無理、訳せません)  よって省略

おめぇはまぁた涙で ふくれっ面してたらだめだんべ
胸がぶっつぶれて 穴でも開いたんかい?
いいけんどさ そんな時こそ笑うべぇよ
明日があんだから 笑うべぇよ

おめぇあにやってんだかよ そんなにきついんかよ
好きなだけ飲んで 叫んで歩き回んべぇか
どう?これそうにねぇかい?
待ってんだけんど、あんまり(遅えよう)だったらちゃんぽん食って寝るべさ


・・・こんな感じにお料理してみました。いかがでしょうか?

畑の匂いがしますね。
そうです。ばぁちゃんの畑で作ったとうもころしきゅうりトマトの匂いのする「がんばらんば」です。

それにしてもやっぱりかなりの訛りですね。

僕が子どもの頃、東村山には「カンタのばぁちゃん」と同じ様な話し方のばぁちゃんがいっぱいいました。
今でこそ「ばぁちゃん」はあんまりいなくなっちゃったけど、カブトムシを捕りに行った「八国山」は今も昔のまま。
変わってしまったけど七国山病院のモデルとなった病院あたりも、メイを探したため池の風景とか、ネコバスが歩いたあの高圧線の光景も僕は確かに見ていたような気がします。

僕も知らないうちにトトロやネコバスに逢っていたのかな。
きっと逢っていたはずですね・・・。

さぁて、がんばんべーかな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-27 02:00 | 音楽

平穏

薄曇の公園のベンチ
老夫婦が何やら楽しげに笑っている

お世辞にも
豊かそうには見えない二人だったが
気取りも無ければ
気負いも無い
二人過ごした時間だけが為し得る
二人だけの笑顔

ご婦人が持っていた
おにぎりの包みのサランラップが
束の間、キラキラと光った

辺りは静かな午後のままだ
[PR]
by kazz1125 | 2006-05-26 19:13 |