「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 58 )   > この月の画像一覧

鬼が笑う

巨0-11神(30日) 阪神が大勝
2006年6月30日(金) 21時4分 共同通信
3点を先行した阪神は、その後も浜中、シーツ、矢野の本塁打と下柳の2点適時打などで大量11点を奪った。下柳は7回を3安打無失点で6勝目。低めを丁寧につく投球が光った。巨人は投打に精彩を欠き、31年ぶりの10連敗。


今年のジャイアンツのペナントレースは実質どうやら終わったようで・・・。

来年頑張ろう!
来年・・・か。
俗に鬼が笑うと申します。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-30 23:53

深夜放送

昨夜はどうも寝つきが悪く、うとうとと眠ってはすぐ眼が覚める様な感じ。夜中の3:00過ぎには完全に覚醒状態となってしまいました。
一昨日のトイレの夢が影響しているわけでもないでしょうが、睡眠不足は否めません。

已む無くゴソゴソと起き出しテレビをつけてみました。
深夜と言うか早朝といいましょうか、この時間はさすがにどうでもいい番組が多い・・・。
通販の外国人が腹筋を鍛えている映像を延々と眺めていても仕方がないので、テレビはあきらめて家では珍しくラジオを付けてみました。

AMラジオから流れてきたのは・・・トラックドライバー御用達「走れ歌謡曲」。
中学生くらいの頃、「オールナイトニッポン(一部)」もしくは「セイヤング」の後、ほぼ完徹状態の時にはずいぶんお世話になったものです。
スポンサーは・・・おぉ、いまだに日野自動車!

当時のトラックドライバーが夜中に休息する場所は道の駅なんていう物は無く、街道筋のドライブイン!。
ネットワーク局のアナウンサーのドライブインレポートがあり、そこの店の名物おばちゃんとか土地の美味いもの紹介とか、休憩中の運転手さんに「これからどちらまで」とマイクを向けたりとか、リアルタイムに様子を伝えてくれました。
そして僕はそれを聞きながら、日本列島のあちらこちらの見知らぬ町に思いを馳せたものです。

勉強しながらのはずだったんだけど、どっちが主だったんだろうなぁ。

走れ歌謡曲は聞き流しでしたが、オールナイトニッポンやセイヤングはラジオの方がメインでしたね、どう考えても。
大石吾朗のコッキーポップ」、「あおいくんとさとうくん」と言う番組があって、その後AM1:00。
おもむろにあの名曲「ビタースィートサンバ」が流れてオールナイトニッポンの始まりです。
当時はまだ糸居五郎さんも現役だったな。
誰の番組をよく聞いたんだろう?
タモリ、自切俳人、鶴光、中島みゆき。
セイヤングだと谷村新司、さだまさし・・・。
他にも大切な人を忘れている気がしますが思い出せません。

若かったんですね。
ほぼ毎日のように2:00、3:00まで起きていてよく生活が成り立ったものだと思います。

小さいラジオの向こうから、流れてきた青春時代の一コマ。

♪夜明けが来る前に 愛し合おう 夜明けが来る前に 語り合おう・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-30 20:04 | 世間話

拉致の果てに

横田めぐみさんの元夫とされる金英男氏の一連の記者会見を含むニュース。

嘘を嘘で塗り固めた、北朝鮮国家に言わされているコメント。
それがありありとわかるだけに、かえって気の毒に思えてきました。

借りてきたような大きいスーツ。
サイズがまるで合っていない金張りの時計。
後妻の長男の腕にまではめられた腕時計。
全ては豊かな生活を送っているんだというアピールをせんがための小道具。
泣く事さえ禁じられたのでしょう・・・、感情を抑制したままの何十年ぶりかの親子の対面。

何故、一人の人間をここまで拘束し抑制し国家のために利用しなくてはならないのか?

拉致の事実までも、「北朝鮮に助けられた」、「北朝鮮のお陰で今日がある」という捻じ曲げられた嘘を言わされているのは、気の毒を通り越して痛々しいくらいです。

彼の一生は一体何処でどうして歯車が狂ってしまったのでしょう。
そして日本の拉致被害者を含めた多くの人たちの人生って一体何なのでしょう?

その一事を持ってしてもこの国は許せません。
さらには金英男氏の記者会見の映像を見ていて、横田夫妻の心中を察すると本当にお気の毒でなりません。
当時の横田めぐみさんと同じ年頃の娘を持つ親として、絶対に許せない気持ちで一杯です。

戦争という名の国家犯罪よりもさらに悪質な誘拐国家を、国際的に裁く法がないというのも絶対におかしい。
何かをしなくては。
何かの術を講じなくては。

最も危険な国家はますます増長するばかりです。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-29 23:47 | 時事

危機一髪

昨日、東京では今年初めての真夏日。
昨年より4日遅いとのことです。
個人的には真夏日なんてもっと遅くても全然構いませんし、極論言えば来なくても構わないのですが、農作物の生育やビールの売り上げだの経済的影響も大きいので、結局の所夏は夏らしくあれといったところでしょうか。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-29 18:14 | 雑感

トイレットペーパーの恫喝

大変尾篭な話で恐縮です。
トイレの話題をば。

先ほど小用を足しにトイレに立ったのですが、用を足した後、赤いものが目に付きました。
やばっ、ムムム血尿か???
一瞬立ちくらみを覚えんばかりの衝撃を受けたのですが・・・。
よ~く見たらトイレットペーパーの絵柄でした。
ホッ・・・。

我が家のトイレ、ややもすると先人のトイレットペーパーが流れきれずに残っていたりすることがあります。
そこへ持ってきて白一色だったペーパーが赤い柄付のものになったから起こした錯覚だったのですが、結構ドッキリ。
あぁ紛らわしい。
あぁ驚いた。

ん?まさか赤い玉?
そんな事はないやろう・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-28 22:56 | 世間話

愛ちゃんのお誕生日

そうだ・・・今日はね。
以前から何度もここで書かせて頂いた「愛ちゃん」の初めてのお誕生日。

鼻につけていた酸素チューブと栄養チューブも外され、投薬の量も少しずつ減らし始め確実に回復の道をたどっているという、ご両親からのメッセージが書かれています。
フィジカル・セラピー(身体能力を普通に近づけてゆくための訓練だと思います)も始まり、愛ちゃんにとっては新たな苦闘が始まりました。

ご両親は今日のお誕生日を迎えられた事をさぞ喜ばしく思っていらっしゃるでしょう。
口にこそ出さないでしょうが、もしかしたら・・・と挫けそうになった事も一度ならずともあった事かと思います。
そんな葛藤を乗り越えてのお誕生日。
本当におめでとうございます。

いずれにしても心臓がまだ完全ではない愛ちゃんの闘いはまだまだ続きます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-28 10:30 | 雑感

負けず嫌いVS負け好き

負けず嫌い
スポーツ選手には何よりなくてはならないもの。
先日のワールドカップのブラジル戦終了後、中田英寿がピッチで大の字に天を仰いで悔し涙を流していたあの姿。
記憶に新しいと思います。
あの歯噛みするほどの悔しさなら次に繋がるバネになる。

しかし・・・。
負け好き
こんな言葉は聞いたこともありません。
僕自身初めて口にします。
でもジャイアンツの選手は・・・「負け好き」なのか?

いかな主力が怪我で欠場しているからといって、それなりの控え選手もいるはず。
控えがそこで踏ん張って、あわよくばレギュラーの座を奪い取ると言う気魄はないのか?
いつまでも2番、3番の座で甘んじていていいのか?
そんな事だからここ数年優勝争いどころか、結局の所低迷しっぱなしなんじゃないのか。
プロ野球の命運を背負っているのはまずジャイアンツだと考える事は無いのか?
次々と湧き出る疑問。
問い掛け。

負けず嫌いさじゃ誰にも負けないくらいの気持ちを持てよな。
それともやっぱり彼らは負け好きなんだろうか・・・。

変なの。
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-28 09:10 | Sports

紫陽花

梅雨の大切な晴れ間。
今日は洗濯物はもとより、お布団を干してある窓辺の多い事!
貴重なお天気ですものね。
大事に使わなくちゃ・・・。
と言う事で、僕も大事に使わせていただきました。

午後から多忙な仕事の合間を縫って青梅・塩船観音に御参りしてまいりました。
4月中旬~5月中旬はつつじ、そして6月中旬~7月上旬が紫陽花が見頃を迎えるそうです。

参道にも幾つもの種類の紫陽花が咲いておりましたが、やはりこの花ばかりは雨模様の方が風情があるかもしれません。
f0056698_1821179.jpgf0056698_1811938.jpg

重要文化財 観音寺本堂
f0056698_186581.jpg

樹々の間からこぼれ来る陽射しは、夏の力強さと匂いに満ちていました。
夏の足音がもうすぐそこまで来ています・・・。

   ここも東京です
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-27 18:11 | 風景

可愛さ余って憎さ百倍

嫌いじゃないんです。
ジャイアンツサッカー日本代表も・・・。
本当は一所懸命応援しているんです。

だけど。
僕が今、一番腹立たしいのも間違いなく彼らだ!
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-26 17:43 | Sports

おもちゃ屋さん

おもちゃ屋さんの前を通った
子ども達が小さい頃に
ずいぶんとお世話になったお店だ

大型のスーパーがあちらこちらに出来たので
客足も少しずつ遠のいているようで
何だか昔とは違って寂れたような気がする

長女が生まれて
初めて赤ちゃん用の玩具を買いに行ったのも
初めて長女と二人きりでおもちゃを買いに行ったのも
このお店だった

入り口の右側にはたくさんのぬいぐるみ
ミッキーマウスやアンパンマンの仲間達
トトロやメイが待ち構えていた

少し奥にはシルバニアの可愛い動物達
うさぎのお母さんが優しげに佇んでいる
森の小さなお家には夢が一杯詰まっていた

プラスチックの質感たっぷりの
おままごとの道具は少し埃を被って
それでもオレンジ色のニンジンや真っ赤なトマトが
八百屋さんの店先のようにかごに入って並んでいた

君はキラキラと瞳を輝かせて
夢中になっておもちゃに埋もれていたね

まだ若くて
あまり豊かではなかったあの頃
父さん、君のささやかな夢を叶えて上げられたのかな
「また今度ね」って言わなかったかな
「今日は見るだけね」って言わなかったかな
繰り返されるいつもの台詞に
素直だった君は「うん」とうなずいたけど
少しだけ悲しい気持ちだったんだろうな

今度、ぬいぐるみを買って帰ろうと思う
あの頃どんなに君が欲しくても買えなかった
一番大きなクマのプーさんのぬいぐるみ

もう喜ばないかな・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-26 08:17 |