「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 50 )   > この月の画像一覧

新政権よりも熱い夜

山本モナアナ民主イケメン議員と路上キス

 TBS系報道番組「筑紫哲也ニュース23」の新キャスター、山本モナアナウンサー(30)に28日、不倫疑惑が浮上した。相手は民主党随一のイケメンと評判の細野豪志衆院議員(35)で、29日発売の写真週刊誌フライデーに路上でのディープキスを掲載された。山本アナは25日、同番組のリニューアルから加入したばかりで、政治も担当。細野氏は既婚だが、同局は「プライベートなこと」と謹慎、降板などの処分は行わず、この日も堂々と番組に出演した。
 フライデーによると、2人は8月下旬、東京・南青山のスペインレストランから出てきた後、路上で熱烈なキスをしたという。そして山本アナのマンション自宅へ。9月19日夜にも細野氏が再び山本アナ宅を訪れて一夜をすごし、自民党総裁選が行われていた翌20日には、2人で新幹線に乗ったという。(日刊スポーツ) - 9月29日


恋愛は自由だ!
いかな公の職にあるとは言え、プライベートの事だから・・・。
仰るとおり、さもありなん。

待てよ・待てよ・待てよ、だけどね確かにそうかもしれないですけど、公の場に姿を現す方々はもうちょっと考えないと・・・。

この女性アナウンサーも独立してNEWS23に抜擢されたばかりですし、ましてや細野さんはあわよくば政権交代を狙う野党第1党の新進気鋭の若手議員。
それが安倍新政権発足せんとする時に、ご自分が発足しちゃ(意味不明!だけど何となくわかるでしょ?)だめですよねぇ。

それにしても民主党って言うのは間の悪い政党ですねぇ。
ここぞと言う時に必ずずっこけちゃうんだもの。
年金未納問題もそうだし、ライブドアの偽メール問題もそう。
今回も安倍新政権発足の機に乗じて一矢報いんと言う時に、小沢さんは具合悪くなっちゃうは、不倫問題は公になっちゃうは・・・。

国民の信頼を得るのは大変です・・・。

話しは戻りますが、立場ってやつは本当によく弁えないととんでもない事になります。
昨日の記事の亀田オヤジもそうだけど・・・。

♪よ~く考えよう、立場は大事だよ~。
アヒルだって知っています・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-30 10:14 | 時事

亀田に非難の雨あられ

9/27に後楽園ホールで、亀田大毅とメキシコのバレリオ・サンチェスとのスーパーフライ級8回戦が行われました。

結果は2-0の判定で亀田の勝ちでしたが、試合内容を巡っての野次に亀田ファンが激昂し場外での乱闘。
そしてあの亀田の馬鹿オヤジが興奮して、乱闘の輪に加わろうとしたと言う大騒ぎ。

一説によるとあのオヤジは止めに入ろうとしただの何だの諸説紛々。(どう考えてもそうは見えませんでしたが)
事はどうあれ立場を弁えなくては仕方ないですね。別によしんば止めに入ろうとしたのであっても、トレーナーである彼がそこに飛び込めばどういうことになるのかは自明の理。
そんな事すら考えが及ばないで、ましてやそれも野次に一々目くじら立てるのならプロのトレーナーなんてやめた方がいいでしょう。
野次の無いプロスポーツなんてありませんから。
第一然るべき内容の試合をやっていれば、野次なんて飛ぶ訳ない。
毎度の如く試合前に「あっという間にK・O」だの大言壮語するから余計に反発されて、結局K・O勝ちできないからそういう事になるんですよ。
f0056698_942021.jpg

今回の判定に関して史郎トレーナーと亀田興毅が今回のジャッジは不公平だと言い切ったようです。こんな僅差の訳が無いと・・・。
「好き嫌いでジャッジされたら敵わん。プロのジャッジなんやから」というニュアンスの事を言ったようですが、この前の世界戦の時に相手のランダエダ選手も同じ事を言いたかったでしょうね。

第一この前は「プロのジャッジが判定したんや。わしらがジャッジしたんやない」と確かに言っていましたね。

だったら今回もプロのジャッジが判定したんやって何故言わない。
一々みっともないぜ・・・。本当に。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-29 09:00 | Sports

「一生懸命」だけれど「当たり前」のことをしているのです

僕のこのブログ。
旅の恥は掻き捨て」ちがぁう!「旅の始まりはこれから」。
1月の末から日々書き続けて、涙あり笑いあり(寅さんか)、時に腹も立て、愚にもつかない記事もあり、夜の夜中に酔っ払っての書き殴りありで、何だかんだのこの記事で428件目。
夏休みの絵日記の域は少し越えたようです。
しかしながらそんなにたくさんの方に来て頂いているブログではありません。
カウンターを見ても大体平均一日精々30人弱。

二つ前の記事で「運動会の空」と言う記事を書きました。
そこに時々遊びに来て下さるミントさんからコメントを頂きました。
詳細は下のコメントを読んで頂くとして、その頂いたコメントの中の言葉にこんな言葉がありました。

「一生懸命」だけれど「当たり前」のことをしているのです。
その一歩にとてつもない努力がいるのだけれど。


この言葉の持つ力強さと意味。

物差しは一つじゃない。
そして、みんなが違う物差し持ってるっていう事を知る事もまたとっても大切な事なんでしょう。
運動会の一歩一歩もまた然り。
日常生活もまた然り。
100人いれば100人のリズムがある。
社会生活っていうのはそのリズムを合わせようとする事ももちろん大切なんですが、一人ひとりのリズムを生かすこともまた大切なんですよね。

分かっているつもりで分かっていない事が本当に多いなぁ。
今更ながら思い知らされました。
たくさんの思いを込めて・・・ありがとミントさん。(ラブレターかこれは!)
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-28 17:41 |

優しさの薬

バファリンの半分は
優しさで出来てるって
コマーシャルで言ってたよね

だけどそれだったらさ
全部優しさで出来てる薬があれば
病気なんて
何でも治りそうな
そんな気がするな
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-28 01:10 |

運動会の空

秋。

食欲の秋。
読書の秋。
スポーツの秋。

何をやっても良い季節です。
取り分け真夏の暑さから開放されたこの時期は、スポーツで汗をかくのも一際気持ちの良い時期。

春先に運動会をやってしまう学校もありますが、大方の学校はこの時期が運動会の季節。
娘たちが幼稚園や小学校の頃は、早朝から場所取りに行った(行かされた)のをついこの間の事のように思い出します。

最近では徒競走などでも順位をつけない学校も多いと聞きます。
また児童数も少なくなっている現状、盛り上がりに欠ける学校もまた多いと聞きます。
僕の娘の小学校は比較的児童数も多く、昔ながらに順位もきっちりと付け、紅白しっかり戦わせる、まだまだ親も一緒になって熱くなれるそんな運動会でした。

長女が小学校の時。
長女より少し下の学年で足に障害のあるお子さんがいらっしゃいました。
上に述べたような学校ですから、分け隔てなくそのお子さんも普通の子どもたちと徒競走も一緒に走ります。
他の子たちが走り終わっても義足のその子は半分の距離にもたどり着いていません。
初めてその光景を見た時、正直僕は何で?かわいそうじゃないか・・・と思いました。

ところが・・・

「頑張れ!」
「もう少し!」
子どもたちから、たくさんの保護者から、先生方から応援の声があちこちから掛かります。
最後の20m位は学校中の歓声と拍手の中でのゴール。

そうか・・・こういうことだったんだ・・・。
目頭が熱くなる光景でした。

何処までも澄み渡ったあの運動会の空。
いつまでも忘れないでいたいと思います。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-28 00:13 | 雑感

笑いのツボ

俗にツボに嵌るなどと申します。

普段車で移動する事の多い僕は、車内ではラジオを付けている事がほとんどです。
それはFMであったりAMであったりと気分で変わります。
今日の午後はニッポン放送の「テリー伊藤ののってけラジオ」(いかにもAMっぽいネーミング
を聴いておりました。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-27 17:37 | 世間話

ドラフト

結果の分かりきっていた自民党総裁選より、今年の高校生ドラフトの方がよっぽど興味があったと言ったらお叱りを受けるでしょうか?

早実・斉藤君は大学進学が決定しているとは言え、駒大苫小牧・田中君、愛工大名電・堂上君を筆頭に将来性のありそうな選手が多かった今年の高3生。
高校生ドラフトは即戦力と言うよりは将来性を評価した上でのいわゆる「青田刈り」に近いものですから、選択する球団側もある種のリスクを背負います。
と同時に、高校生には大学生、社会人ドラフトとの大きな違いで、選ばれる側の選択権いわゆる逆指名と言うのが認められておりません。
そしてもちろんプロ希望届けを出しても選ばれない子もいるわけですし・・・。

博打ですよね、これじゃ。
そして毎年繰り返される明暗・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-27 09:19 | Sports

加害者にならないために

昨日、埼玉県・川口市で保育園児の列にライトバンが突っ込むという痛ましい事故が起きました。
現在二人の園児が亡くなり、さらに意識不明の重体のお子さんが3人いるという状況だそうです。とにかくこれ以上尊い幼い命が失われないように、何とか救ってあげて頂きたいな・・・。

今回の事故は、ここの所頻繁に取り沙汰されている飲酒運転の挙句の果てではなさそうですが、助手席のカセットを交換しようとした際の脇見運転だと言う事です。

余りにも頻繁にありすぎる交通事故。
飲酒運転や極端なオーバースピードは論外としても、普通に運転している状態での事故と言うのはどうして起きてしまうのでしょう?
簡単に言えば、走っている車には最小限必要な確認事項があるはずなのですが、そのどれかを怠った・・・それに尽きると思います。
今回の場合は前方は常に注視していなくてはいけないはずなのに、カセットテープに気を取られた結果の事故。
よくある右左折時の自転車の巻き込みなども確認不足が端的な原因。
とどのつまりは全ての原因はそこに集約されています。

運転する事が当たり前の今。
取りも直さず、それは自分自身がいつ加害者になるかも知れないと言う事でもあります。

もう一度原点に返って、自分の運転を見直してみようと思います。
今日はこれから僕は埼玉・大宮まで出かけなくてはなりません。そして夜はそのまま歓送迎会があります。
もちろんお酒は一滴も飲みません。

特に今日は自らを戒めつつ、運転しましょう。
交通事故の悲惨さは、被害者も加害者もお構いなしですから。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-26 12:47 | 時事

祭りのあと

このブログによく遊びに来て頂く、e-beatさんが23日に静岡・掛川で行われた「吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006」に参加しました。
参加しましたって言うとえらくカッコイイのですが、要は音楽を聴きに言った訳で、別に演奏したのではないんで別にカッコよくは無いです(何をそんなにこだわる必要がある!)
詳細はこちらにリンクしてありますので、のぞいて下さい。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-25 18:54 | 音楽

秋の三点セット

今、最寄の郵便局に郵便物を出しに行って来ました。
お天気も良い事ですし5分も掛かりませんので、のんびりと歩いて行きました。

・・・秋ですねぇ。
風に乗って金木犀の香りが届いて来ました。
今年初めての気がします。

今日の所沢は快晴。f0056698_1016223.jpg
陽射しの下は少し暑い位。
だけどもう、セミの声は聞こえてきません。
遥かな高みに薄っすらと刷毛で掃いたような絹雲とぽっこりと浮かぶ積雲がある他はなぁんにも無い空です。

金木犀の香り
運動会
栗ご飯(残念ながら松茸ご飯では断じて無い!)

これが僕の秋の三点セット。
紅葉も入れたいのですが、あえてこちらを選びました。
秋・・・みなさんが三つ挙げるとしたらいかがでしょう。
[PR]
by kazz1125 | 2006-09-25 10:18 | 風景