「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

はにわの逆襲!

いよいよ明日から師走。
つい先日までまだまだ暖かいなぁなどと思っていたのに、この頃は冷たい風に時折背中を丸めて歩く事も多くなってきました。

この時期になってくると俄かに目立ってくるのが女子高生の「はにわルック」。
これ、どうなんでしょうね?全国的なものなのでしょうか??
地域差はちょっと分かりませんが、関東地方では校則の緩い学校には高確率でいるようです・・・制服のスカートの下にジャージやスェットパンツを履いている女の子達。

誰が付けたか「はにわルック」。
それにしても妙を得たネーミングです。
その珍妙な姿は一時相当物議を醸し出したようですね。
傍から見ても決して美的なものではないなぁと思っていたのですが、昨年のある日の事・・・。


よく一緒に飲む友人の家にお邪魔した時の事です。
そこの長女(その時高2)が、はにわルックで通学していたら生活指導の男の先生に叱られたと、いつに無くエキサイト。
「校則違反じゃないの?」と聞いたところ、どうも校則にはそんな規定は無いらしい。
と言うよりも、余りにも急速にはにわルックが普及したため、校則改定が追いついていないのが実情のようです。
彼女曰く、「一年中ズボンはいてる男の先生なんかにゃわっっかんないんだよ!冬のスカートの寒さが!!!一度はにわになったらやめらんないって!」
はにわの逆襲です!

そう言い切られた友人も僕も返す言葉がありませんでした・・・。
確かに真冬にスカートと言うのは物理的にどう考えても寒いに決まってます。
女子高生達は見てくれより実を取ったと言う事でしょうか。

オヤジたちは[はにわ]になったことの無い、物知らぬ自分達を少し恥じたのでした・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-30 08:37 | 世間話

長嶋さんの後姿

そうだ・・・書こうと思っていて忙しさに感けて忘れていました。

11月25日、ゴールデンスピリット賞という社会福祉に貢献したプロ野球人を表彰する式で、長嶋茂雄氏がテレビで祝辞を述べているニュース映像が流されました。
一昨年3月以来初めての公の場での声・・・。

まだ少し言葉がもつれ気味ではありましたが、甲高い声も笑顔も以前のままでした。

しばらく前より、長嶋さんと一茂さんの幼い頃の映像を使った三菱UFJ信託銀行のCMが流れています。
そして長嶋さんが病で倒れる前の二人のキャッチボールの姿も流れています。
このCMもとっても心の琴線を刺激するCMです。
これを見る度に長嶋さんは、その後いかがなのかなぁと思っていた矢先のニュース・・・。

長嶋ファンの僕としては、大変うれしくもあった反面、まだあんなに不自由しているんだなっていう気持ちも正直ありました。
でもその会場から杖を突かずに足を引きずりながら帰った長嶋さんの後姿に、病に立ち向かう力強さを感じたのもまた事実です。

頑張ってるんだなぁ。
負けてらんないな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-29 21:11 | 雑感

紅白歌合戦

紅白歌合戦の出場者が発表になったそうです。
今年で第57回目だそうで・・・。
大いなるマンネリだとか工夫がないとか言われながらもよくぞここまで続けたものです。
歌合戦というネーミングもいかにもNHKらしい、昭和の匂いのする番組名。
今さら紅白なんてなぁなどと思いながらも、ついつい見てしまう不思議な番組です。

それにしても出場者の顔ぶれを見ると・・・今年に始まったことではありませんが選択の基準がよくわかりませんね~。
決して音楽で活躍してないだろう・・・っていう人の顔もちらほらあるようですが、まぁこの際野暮は言いっこなしにしましょう。
お年寄りなどは楽しみにしている人もたくさんいるでしょうしね。

もともと歌謡曲が音楽の中心だった時代、僕らが中学生くらいまででしょうか・・・。
あの頃の紅白はとっても華があったように記憶しています。
その後ニューミュージックといわれる人たちが台頭、その後音楽がどんどん分化してゆくにつれ、嗜好もまた分化してゆき、人気のあるシンガー=紅白出場という図式は崩壊しました。
今ではここだけ取り残されたような空気感さえ感じてしまいます。
それも仕方のないことでしょうか。

でもね、例えば北島三郎さんとさだまさしさんとDJ OZMAが同じステージに立つなんていうのも、よく考えると極めてあり得ない取り合わせですよねぇ。
そういう意味でも一見の価値はあるのかなという気もしてくるから不思議です。

そして12月31日、夜11時45分。
賑やかな紅白が終わり、画面は除夜の鐘と共に真冬の永平寺などにいきなりパンします。
あの動から静への移り変わり。
今年も終わりだなぁ・・・ってしみじみ思う瞬間です。
あと一月・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-29 18:22 | 音楽

秋ヶ瀬公園

f0056698_1971273.jpg


晴れた日曜日なら
走り回る子ども達やサッカーに興じる若い人達の声が
降り注ぐ陽射しに負けないくらいに
ひっきりなしに聞こえてくるのに
霧雨降る公園には誰一人の姿もない

広い駐車場に
疎らに停められた一台の車の中では
営業マン風の若い男が
マンガ本を抱えたまま惰眠を貪っている

音も立てずにf0056698_1924744.jpg
霧雨は降り続いている
色づいた梢の葉を
容赦無く濡らしてゆく

風向きが少し変わったその時
ひらひらと一枚の葉が舞った

再び
音の無い音が辺りを包み込んだ
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-28 19:00 | 風景

健忘症

「民営化反対とは言っていない」復党4人が弁明会見

 復党する11人のうち、堀内、古屋圭司、山口俊一、森山裕の4氏は28日午前、国会内で記者会見した。堀内氏は、「温かい気持ちをもって、首相に復党のゴーサインを出してもらい、感謝の気持ちでいっぱいだ。基本的に郵政民営化に反対ではなく、選挙期間中の会見、公報でも反対とはひと言も言っていない。賛成だ」と強調した。山口氏も「民営化自体は反対ではない。衆院選でも党内手続きがあまりに乱暴だったということを論争した」と語った。
(読売新聞) - 11月28日


f0056698_1853713.jpg

              ↑終わっちゃった人たちの記者会見  
おいおいおいおい・・・。
正面切って郵政民営化反対を唱えたからこそ、不本意だったかもしれないけれど自民党を離党する羽目になったんじゃないの?
国民は馬鹿じゃないんだからさ、今更そんな詭弁を弄するの止めなさいよ。
いい年してみっともない。
それともこの前ここで書いたように彼らも物忘れが激しいのかしらん?
それは物忘れの領域を超えちゃって健忘症の域だなぁ。
自民党どころか議員辞めて療養生活することをお勧めしますよ。

腹が立つの通り越して呆れ返っちゃうなぁ。
この人たちを信用して投票した人たちは・・・・・・ガッカリだよ!(by 桜塚やっくん)
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-28 17:59 | 時事

院政

昨日の郵政造反組復党問題で安倍総理がコメントしている姿をテレビで映し出しておりました。

インタビュアーが総理に「小泉総理にはなんと仰られたのですか?」と聞いたところ、安倍総理は「小泉総理には・・・・・・と申し上げました」って臆する所も無く答えていました。
またご自分がそう言ってしまった事にも気づいていない様子・・・。

う~~んなんだかなぁ。

言葉尻を捉えて物言うのは大変申し訳ないけど、総理はご自分なんだから小泉さんの事もっと威風堂々と話せばいいと思うんだけどなぁ・・・。
殊この問題になると小泉さんの陰がいまだ大きいんですねぇ。
仕方ないんですかね。小泉さんの肝煎りで総理になったようなものだから。

小泉院政か・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-28 08:38 | 世間話

波紋がもたらすもの

政治の世界では数の論理がどうしても強いのは当たり前です。
しかしながらそれだけが全てではない。
水面に投じた石が広げる波紋が大きな力をもたらす事もまたあります。

郵政造反組の12名の現職議員が復党願いを提出。
しかしながらそのリーダー格の平沼氏だけはその付帯条件であった「誓約書提出」を拒んだままの復党願い。
その結果、彼を除いた11名のみの復党と言う結果になりました。
もちろん平沼氏は自分自身の復党は認められないのは充分想定した上での事でしょう。
代議士としての自らの明確な意思、彼の後援者たちの意志をしっかりと踏まえた上での決断だった思います。

衆を頼んで事を起こすのは政治の常套手段であります。
それにも関わらず明確な意思を持った反骨精神に溢れた孤高の男がここにいるぞ・・・。
そんな風に平沼氏は一躍自らの存在感を大きく高めた様に思われます。

今後の動向に注目したい政治家です。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-27 19:35 | 時事

物忘れ

最近物忘れがひどくなりました。
「ひどくなった気がします」ではなく明らかにひどくなりました。

「はさみ何処やったっけ?」とか・・・
「名刺入れがねーぞ」とか・・・
「車のキーが見当たらん!」とか・・・
物を不用意に置きっ放しにしてそのまま忘れてしまうのなんて日常茶飯事。

職場でもこんな事が多くなりました。
ある事をするために立ち上がり、その途中で他の雑事にかまけてしまうと・・・、あれ何をするんだったっけ・・・???

電話で打ち合わせの約束をしたりすると簡単に忘れてしまいますので、防止策としてなるべくホワイトボードに書いておいたり、付箋をPCの脇に貼り付けたりして、とにかく目に付くようにしています。
顧客とのアポイントメント忘れちゃったりするとホント洒落にならなくなっちゃいますものね。

小川洋子氏の「博士の愛した数式」の博士のように服にクリップでメモを留めて置くようになったりしたらヤダなぁ。
危機感で一杯です。
マジやばいっす。

その内昼飯食べたの忘れて、日に3、4度昼ごはん食べるようになっちゃったらどうしよう?
              お金が幾らあっても足りない・・・って心配の仕方が違うだろう
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-27 09:33 | 雑感

原始生活

一昨日、突然冷蔵庫が壊れちゃいました。
妻から「帰宅したら冷蔵庫が全然冷えていない」との電話報告。
冷凍食品全滅。
乳製品・・・も危険。
と言う事でとりあえず冷蔵庫内にあった食品は食べられそうなものを除いて、廃棄処分と相成りました。
んでもって次の冷蔵庫を大至急買わなくてはいけないのですが、僕も妻も土曜日までびっちり仕事。電器屋さんに行っている暇が無い。

しばしの原始生活です。
しかしながら習慣とは恐ろしいもので、帰宅して何の気なしに冷蔵庫を開けてしまう間抜けさ加減。
実に不便です。


ようやく今日の午後電器屋さんで冷蔵庫購入の運びとなったのですが、久しぶりに買う冷蔵庫は前回購入時とは大違い!
今は真ん中開きが主流なんですねぇ。
扉の開き幅が小さいので、冷蔵庫の冷気の逃げが最小限で済みますし、扉が開いていても通路を塞いでしまうことも無い。
壊れた冷蔵庫と外観は大差無いのですが、容積が80ℓも多い530ℓ!
実に良く出来ております。

納品は明日の午後だそうで、何となく楽しみ。
ビールをたくさん買ってこなくちゃね。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-26 22:57 | 世間話

筋違い

郵政造反組の自民党復党問題。
不協和音の交響曲。
こんな調子じゃ存外安倍先輩内閣は短命かもしれないなぁ。
大体声のトーンに重さが無くていけないっすね。
ジャパネットたかたの社長みたいに軽すぎる・・・。
ぼやきはこの辺にして本題。

キーワードは「筋と情」

いやいや、しかしながら造反組の他の方はいざ知らず、平沼さんは確固たる信念を持った人だったんですね。
これほどまでとは思いませんでした。
対して幹事長の中川秀直氏も新聞などの論調では一人「情の無い悪者」みたいな取り上げられ方をしているようですが、彼の言葉には正しく『筋』が一本通っているのも事実。
彼が主張している事が間違っているようには思いません。
郵政民営化をぶち上げた小泉内閣のまさに直系である安倍内閣。
安倍氏が総裁である自民党に復党するのなら、中途半端なスタンスだったら認めない・・・。

お互いに政治家としての信念、プライドを持った同士のぶつかり合い。
お二人とも見事だと思います。
ここから更に新たなものが生まれてくればいいんだと思います。
いい加減な妥協や数合わせ、迎合しちゃうような政治家の方がよっぽど不要でしょう。
挙句の果てに「人情論で言っている・・・」などと言い切っちゃう某参議院のドンなんていう人まで出てきちゃう始末。

確かに人として『情』は大切なもの。
だけど政治家たるや『筋』はそれ以上に大切にしなくてはならないものだと思うのですがねぇ・・・。
偏っていてはそれこそ「筋違い」ってもんです。

ま、いずれにしても復党するにしてもしないにしても、政治家として評価を高めたのは平沼さんだと言う事だけは間違いないようですね。

それにしても安倍先輩の影は薄いなぁ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-26 09:59 | 時事