「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 48 )   > この月の画像一覧

最後のお願いに参りました

今年一年、「旅の始まりはこれから」という拙いブログにお付き合い頂いた皆様に、心から感謝。
今、現在訪れていただいた方、8,293名、延べ記事数582件・・・。
本当にありがとうございました。

皆様にとって来る年が素晴らしい年でありますように・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-31 21:19

文明開化の音がする

年の暮れ。
何とも為しに慌しい空気の中に、たった一つだけ物凄く嬉しい事があります。
都内、近郊の道路がこれ以上はないと言うほど、スムーズに流れ出す事です。
我が家は毎年のように年末年始はお台場だとか横浜だとか、普段は車では近寄りたくも無いような場所に家族揃って行くのがここ数年恒例となっております。
大概は年が明けてから行く事が多かったのですが、ここの所は年末に出かける事も増えてきました。
今年は今日がこの年末初めて、妻も含めての全員が休みのそろい踏み。
松の内、みんなが揃うのも元日くらいなので、今日出かける事に相成りました。
次女のリクエストの目的地は表題から推察されますように、「横浜」。
と言う訳で、文明開化の音を聞きつつたそがれて参りました・・・。

今回の目的地は「横浜赤レンガ倉庫」。
みなとみらい(横浜の港湾地区を近代的に再開発した地区)の外れにある、明治時代から実際に使われてきた倉庫を商業施設、文化施設としてリニューアルした建物で、昨年初めて行って以来の次女のお気に入りの場所。
ささやかな家族の忘年会と、ウィンドゥショッピングを楽しんで参りました。

f0056698_0522968.jpgf0056698_053266.jpg
クリスマス時期よりも確かに落ち着いた夜景。
スローなジャズの似合う様な、そんな街並み。
年末でもそこだけは変わらぬ物を湛えた空気感は、この街ならではのものでしょうか・・・。

幾星霜をも経てきたレンガ造りの建物は、師走の風に吹き曝されて触れるととってもひんやりと感じられました。

f0056698_0542119.jpg
f0056698_0544261.jpg
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-31 00:52 | 風景

オオミソカ・イヴ

今日から1/4まで休みです。
昨夜はビールを過ごしてしまい、朝はゆっくり寝てよーと思いつつ眠りに落ちました。
ところが年のせいなのか何なのか、いつも通りに目覚まし無しで見事にピッタリと目が覚めてしまう始末。それも妙に寝覚めがよろしい・・・。
もったいないのでパッと飛び起きてカーテンを開けると、雲のカケラ一つ無い空が次第次第に白み始めていきます。
典型的な関東地方の冬の朝の色。
西高東低の冬型の気圧配置でしょう・・・天気予報を見聞きしなくてもわかる空の按配。
関東地方は間違いない天気です。

洗濯機を回して今一段落(嫁が夜勤でいないもんで・・・、とりあえず誤解の無いように)。
パンを齧りながらブログいじってます。

12/30。オオミソカ・イヴ。
今朝、寝起きにこんな言葉が思い浮かびまして、忘れぬ内にと思い書いて見ました。
字面を見ていると漢字とのコラボよりもカタカナのみの方がしっくり来る気がしますが、別にどーって意味ないんですけどね。

翌日が大晦日。翌々日が元日と暦の上でも横綱が二人控えちゃってますので、何となく影が薄い日です。

「学校の朝礼で背の順で並んだ時の後ろから2番目の子」みたいな、目立ちそうで目立たない感じの日です。

お寿司の出前を取った時、みんなが大体食べ終わった頃合に桶の隅っこでガリと共に、申し訳なさそうに一個だけ残ってる「玉子」みたいな日です。

買う時は気に入って買ったはずなのに、一度も着ないまま何年もクローゼットの端に寄せられたままのジャケットみたいな日です。

クリスマスイブのケーキ屋さんのショーケースで、隅っこにひっそり置かれていたシュークリームみたいな・・・(わかったっちゅーの!)。


もっと書きたいのですがやめときます。
そろそろ洗濯が終わる時間ですので・・・。(って理由はそっちかい!)

今日は大掃除パート2、買出し、夜は次女が何処か連れてけってうるさいし、やる事が盛り沢山。
結局、家でも忙しいんだよねぇ。

大掃除part2を迎えてここで一句・・・。
おだてられ 気がつきゃ割り当て 俺ばかり」    

あっ、本当に洗濯機に呼ばれちゃいました。
では。

 




[PR]
by kazz1125 | 2006-12-30 07:42 | 世間話

ぶつくさと・・・

本日仕事納めでございます。
とは言え、ざぁーっと掃除をして最後にチャンチャンなどと言う生易しいものではなく、今朝も朝から工場でガンガンと製作。
まるでこの一年の忙しさを象徴するようです。
ご近所の皆様の一足早い正月気分もぶち壊し。いささか申し訳ないようなのですが・・・。
まぁ午後は片付けと掃除、そして最後にお寿司なんぞを頂いて平成18年を〆たいと思っておりますが、どうなる事やら。
最後の日まで残業してたりして・・・。職人に嫌われますね。

関東地方、今日は先日までの暖かさも失せ冷たい北風。とっても寒いです。
北国からは大雪注意報や警報の知らせも届いてきました。
あちらこちらの商店でもクリスマスから正月モードへとディスプレイが慌しく変わり、松飾りや門松などもすっかり整った様子。
ここまで来るとようやくお正月だなぁと感じますね。
街角には松飾りや注連飾りを売る的屋さんの姿。
これもまた年の暮れをしみじみと感じさせる光景です。

松飾りと言えば、家々の玄関先には飾られているのはまだまだたくさん見かけます。
しかし車のフロントグリルにぶら下げている方。
昭和の時代(歴史上の話のようですが)はかなりの確率でつけられていたように記憶していますが、最近はとんと見かけません。
すっかり廃れた習慣のようで、今朝ほど出掛けに僕のマンションの駐車場の車(ざっと20台は一見出来ます)を眺めてみましたが、一台もつけている車はありませんでした。
安全祈願とかそういう意味合いだったのかな・・・。
よく考えれば何だか変な習慣でしたね。

松飾や注連飾りや門松。
昔と違い、今ではホームセンターの入り口で山積みになっているのを買ってきて飾ります。
何だかこれじゃぁ神様に来て頂くのも申し訳ないような・・・そんな気にさえなりますが、いかがなものでしょう。


さてさて、ぶつくさ言ってないで事務所の片付けしますか。
それが終わったら、ホームセンターで松飾りを買ってきて事務所の正月支度です。

ん、あれ?
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-29 09:43 | 世間話

笑顔の裏側

写真のあなたは
いつも笑い続けている

心の奥には
悲しみや辛さや
色んな思いがあるはずなのに
この切り取られた一瞬だけは
飛びっ切りの笑顔のまま

本当はいつも
そんな笑顔のままでいられたら
どんなにいいのだろう

それでも
あなたは優しい瞳の深淵に
穏やかな光を湛えたまま
いつまでも
いつまでも・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-29 00:36 |

この期に及んで・・・

よりによって年の暮れも押し迫ったこの時期に、携帯が絶不調。
2週間ほど前から電池がすぐに放電してしまい、ここの所は四六時中充電していなくては使えない状態。
つまりは携帯でも何でもなくただの「有線電話」へと成り下がった次第です。
従いましてやむを得ず契約変更と言うことに相成りました(これが買い増し だの何だのっていっぱい書いてあってわかりずらいんだなぁ)。
僕の携帯はDocomo・movaだったのですが(今時珍しいのかな?自動車のハンズフリーがFOMA対応じゃなかったもので)、今回はさすがにFOMAになりました。
よって契約変更と言う事になるそうです。
もっともmovaなんぞは在庫が無いそうですがネ。f0056698_19214327.jpg
幸いポイントが¥15,000分ほど貯まっていたのでそれを利用させて頂いたので、それほどお金は掛かりませんでしたが、それにしても使い方を把握するのが大変です。

取り説片手に半日!あーでもないこーでもないとやっておりました。
眼が疲れちゃってショボショボしております。

今月の初旬に次女が携帯を替えたのですが、彼女はひょいひょいと使い方をマスターしていましたが、こちらはそうは問屋が卸しません。

聞くのも悔しいのでもう少し事務所で使い方の勉強してから帰ります。
あぁ肩が凝る・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-28 19:11 | 世間話

ふるさと

年の暮れ。
昨日は季節外れの大雨でしたが、それでも暦が留まる事はありません。
2006もカウントダウン。今年も残すところあと4日です。

故郷に思いを馳せている方もたくさんいらっしゃる事でしょう。

僕には故郷と呼べるものがありません。
物心ついた頃から父にも母にも実家と言えるものがなかったので、田舎と言うものがないのです。
だから人一倍、田舎と言うものに憧れがあります。
お金も時間も掛かるので大変なんだぞってお叱りを受けそうですが、盆暮れ正月の帰省というものに、とってもうらやましい思いがあります。


 
兎追いし 彼の山  小鮒 釣りし彼の川
 夢は今もめぐりて  忘れがたき ふるさと
 
いかにいます 父母   つつがなしや 友がき
  雨に 風につけても   思いいずる ふるさと

志を はたして  いつの日にか 帰らん
 山は青き ふるさと 水は清き  ふるさと


日本中の村々、町々がそれぞれの故郷なんですね・・・。
大切にしたいものです。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-27 23:37 | 音楽

深い衝撃

ディープインパクト。
すべてのレースを終了してついに引退。
これから種牡馬としての人生(?)を送ります。

その種付け料が一回¥1200万!だそうで。
それも多い日は日に4回も種付けをするそうで。

それに引き換え我が身ときたら・・・。
正にディープインパクトでございます。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-26 22:59 | 世間話

表情が見えない

裁判長「いら立ち覚えた」=厳しい言葉にも反応なく-姉歯被告・耐震計算偽造

 懲役5年の実刑-。東京地裁で26日に開かれた判決公判。元一級建築士姉歯秀次被告(49)は、川口政明裁判長が言い渡した判決主文にも、量刑理由の厳しい言葉にもほとんど反応を示さなかった。裁判長は約40分間の判決朗読を終えた後、「法廷では大変な事をしたという感じが伝わってこなかった。いら立ちを覚えたのも偽らざる事実だ」と述べていた。 12月26日 時事通信


姉歯」という大層珍しい名前が世間に知れ渡ってから、もう一年余りが過ぎたのでしょうか?
妙に淡々とした感は最初から今まで不思議なくらい変わらない様子。
罪の意識と言うのもおそらく感じていないのではと思うほどです・・・。

以前にもこんな表情の見えない男に出会った気がしていました。
宮崎勤です。
言わずと知れた4人の女児を誘拐殺人した男。
何度もの精神鑑定を受けその結果死刑囚。
彼も無表情かつ他人に毒にも薬にもならないような感じを与える男だったように記憶しています。

喜怒哀楽の全てを心の奥底でしか感じられないような、彼らの共通点。
もし彼らに日常生活ですれ違ったとしても、その印象の薄さはとても記憶に残らないだろうという事。人に埋もれている感すらある地味な男達が起こした犯罪です。
そこにある強烈な自己愛。それがあるが故に起きた犯罪だと言っても過言ではない・・・。
それが物凄く恐ろしい気がします。

犯罪と言うのは人がこの世にある限り、恐らく無くなる事はないのでしょう。
何故なら人は欲望と言うものを必然的に持ち合わせているからです。
自らの欲望の下僕となった時、人は犯罪を犯すことを厭わない。
それ故つまりは理性を育てる教育が必要と言う事でしょうか。


まぁ、屁理屈はどうでもいいですね。
それより何よりまずは豊かな表情を持ち合わせるようにすることが大切。
人として大切なものを知る事が大切だよね・・・。
一番大切なのは人として・・・だから。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-26 22:23 | 時事

清貧

治療費不払い85億円、290公立病院で3年間に
 
 都道府県や県庁所在市など自治体が経営する全国290の病院で、患者が支払わない治療費(未収金)が2002年度からの3年間で85億円を超え、1病院平均で約2940万円になることが読売新聞の調べでわかった。

 低所得者の増加や、医療制度改革に伴う自己負担の拡大などが背景にあるとみられる。290の公立病院の大半を含み、国内の6割以上の公立、民間の医療機関でつくる「四病院団体協議会」(四病協)は、加盟5570病院の未収金総額は、02年度以降の3年間で853億円を超えると推計。来春にもまず、国民健康保険の保険者である市町村に対し、未収金の肩代わりを請求することを検討している。             12月26日 読売新聞


何で3年間の合計金額の発表なのかがよくわかりませんが、とにかく年間約28億円ということになりますか。これもあくまでも公立病院の不払い金額の話ですから、日本全国の医療機関の総計を出したらものすごい金額になるんでしょうね。

More
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-26 08:32 | 雑感