<   2007年 02月 ( 37 )   > この月の画像一覧

おはようの朝

去年の今頃は何をしていたんだろうなぁ?
仕事前の事務所での一時、朝のコーヒーを飲みながらふとそんな事を思い、一年前の記事を紐解いて見ました。

トリノオリンピックの余韻、猫も杓子ものイナバウアー。
民主党の永田クンの偽メール問題で大騒ぎをしていた・・・。
そんな記事がちらほらと。

早いものですね~。
イナバウアーなんて最近ではほとんど聞きませんし、辞職した永田クンなんて何処へ行っちゃったのやら・・・「あの人は今」状態ですものね。

諺の「人の噂も七十五日」ではないですが、噂のみならず話題になったことの命の短さには改めて驚かされます。
それも日々忙しいことの裏返しなんでしょうかねぇ・・・。


そういえば以前、ウチのオヤジが古い友人と電話していた時。
人の噂も四十九日って言うから、気にすんなぁ」かなんかでかい声で言ってたのが聞こえ、母と二人で笑いを必死に噛殺したのを思い出しました。
今思えば、電話相手も相当ずっこけちゃったろうなぁ。

温もりが手に優しいコーヒーカップ。
そこから立ち昇る湯気の向こう側に空の青さが揺らいでいます・・・。
何だか知りませんがちょっとだけのんびりとした、そんな朝の始まりです。

おはようの朝  詞:谷川俊太郎  曲:小室等

ゆうべ見た 夢の中で 僕は石になっていた
見知らぬ町で人に踏まれ 声を限りに叫んでた
夜の心の暗闇から
夢は湧いてくる
醒めても夢は消えはしない
けれど「お早う」の朝はくる

ゆうべ見た夢の中で 僕は君を抱きしめた
裸足の足の指の下で 何故か地球はまわってた
夜の心の暗闇から
夢は湧いてくる
夢には明日が隠れている
だから「お早う」の朝は来る

[PR]
by kazz1125 | 2007-02-28 08:09 | 世間話

はき違え


「身びいき」に広がる安倍首相批判=中川氏との不仲説も-衛藤氏の自民復党

 安倍晋三首相が郵政造反組の衛藤晟一前衆院議員の自民復党を容認したことで、「身内」の復党を優先させた首相への批判が党内外に広がっている。落選組の復党に慎重だった中川秀直幹事長は方針転換で苦しい釈明に終始。首相との「不仲説」も取りざたされている。
 「衛藤さん、何とかなりませんか」。首相は26日夜、笹川堯党紀委員長に電話し、党紀委での迅速な審査を求めた。衛藤氏は27日、復党願を提出し、党紀委の開催が決まった。首相の要請はこれを見越した「根回し」であるのは明らかで、党内では「首相の独走」(閣僚経験者)との反発の声が上がった。  2月27日 時事通信


今までは大学の先輩だと思って、遠慮半分期待半分で思ったことも言わなかったけど・・・。
はっきり言いましょう。
ダメだ、こいつ。」

一国の宰相が義理人情で左右されてたんじゃ国の舵取りなんて出来る訳ない。
自分の身辺の空気の見極めも出来ないようなら、日本丸の方向性を誤るばかりだ。
とっととお辞めになるがよろしい。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-27 23:45 | 時事

今、一番の心配事

今朝、出掛ける直前の忙しい時間に、ズボンのアイロン掛けをしてきました。
時間が無いもんだから慌てて出掛けてきちゃって、アイロンの電源を切ってきたか否かをはっきり覚えていない・・・。
嫁さんが夜勤から帰ってくるのは10:00過ぎだし、娘たちはとっくに学校だし確認する術がない。
いやぁさっきから心配で心配で・・・。

居住地の消防署に「そのあたりで火事になってませんでしょうか」と聞く訳にも行かないしねぇ。
怪しすぎるし・・・。
飼っているわんこかうさぎが電話に出てくれればいいんだが、そこまでの教育が出来ていないし。

ホント困ったな。
気が揉めます。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-27 09:06 | 世間話

ジュース

先日「Coke・Impact」と言うタイトル記事を書きましたが、いわゆるジュースの類のものなんて、僕が子どもの頃はそう滅多やたらと口に出来るものではありませんでした。
今では我が家の冷蔵庫にも、紙パックの牛乳と共に何がしかのジュースが並んでおります。

今は健康志向が高くなっておりますので、野菜と果汁をブレンドした100%ジュースですとかが主流。ジュースという表記も野菜汁や果汁が100%じゃないと使っちゃいけないんですよね・・・確か。
しかし僕らが子どもの頃は、水と炭酸と合成着色料と甘味料をカクテルにしたような「ジュース」がたくさんありました。
色が透明なのから言えば三ツ矢サイダースプライトキリンレモン7upリボンシトロン
色つきだとコーラ、ペプシ、ファンタ、チェリオ、ミリンダ
どれもこれも歯が溶けそう!です。
粉末のクリームソーダなんていうのもありましたね。
毒々しい緑色は合成着色料の賜物みたいな感もありますが、子どもの頃は喜んで飲んでいたから恐ろしい・・・。

あと、どんなのがあったかな?
ジュースだと、バヤリース・オレンジタケダ・プラッシー。こいつはちゃんと果汁入りでしたね。ちょっと真面目な味がしました。
どういうわけだか知りませんがプラッシーはお米屋さんで売ってますとかいうCMコピーが印象的でしたね。
少し時代を遅らせれば、アンバサ、カピーホワイト、ドクターペッパー、ミスターピブ、コアップ・ガラナ、スコール・・・。
これ以降になるとメッツとかだけど、現役ですものね~。


売れ筋商品として生き残るのはここもまた厳しい世界。
次々と新しい商品が出ては消え、またその繰り返しです。
ましてや健康志向の高まりと共に、単なる炭酸飲料には特に厳しいかもしれませんね。

でもね。
僕らが子どもの頃はこんなのは中々飲む事ができなかった・・・。
だからどれもこれも、ちょっと特別でものすごく美味しかったのは・・・間違いない事実です。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-26 19:38 | 世間話

片棒担ぎ

ここのところ銅線やステンレスのグレーチング(側溝などの格子状の蓋)、車止め、青銅の半鐘が盗まれると言うニュースが頻発しています。

中国の好景気を反映した、金属価格の異常ともいえる高騰がもたらした、馬鹿げた結果がこれです。

僕の会社も亜鉛鉄板、SUS製鉄板をダクトの製作材料として使いますので、切屑が発生します。それがある程度の量にまとまったらリサイクル業者のところへ持って行くのですが、最近の引き取り価格には驚くばかりです。
つい最近の底値の頃は、鉄の引き取り価格がキロ3円とかそんな程度だったと思うのですが、
今やキロ15円以上。
つまりは5倍以上と言う事です。
1tで比較すると¥3000だったものが、¥15000。
ステンレスだったら更にその三倍以上ですから、かなりのまとまった金額になります。

いずれにしても引き取り業者もその持ち込まれた品物を見れば、大体の素性もわかるはず。
泥棒の片棒担ぎにならないように、扱い商品には細心の注意を払っていただきたいものです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-26 00:41 | 雑感

引退

最後の高座は「芝浜」、円楽師匠淡々と引退表明


 落語家の三遊亭円楽さん(74)は25日、国立演芸場(東京都千代田区)で行われた「国立名人会」出演後に記者会見し、「噺(はなし)家を引退したい」と、50年以上にわたる落語家人生に自らピリオドを打つことを明らかにした。

 この日、円楽さんは「名人会」でトリを務め、古典落語の名作「芝浜」を40分あまり口演した。しかし、所々で舌が回らない個所があり、高座を終えた直後、「もうちょっとしゃべれると思ったが、駄目だった。お客様の前でやる噺としては情けない出来。今日が引退する日」と、表情を変えることなく、淡々と語った。

 円楽さんは1955年、六代目三遊亭円生に入門。62年に真打ちに昇進、五代目円楽を襲名。大きな体を生かしたスケールの大きい明るい噺から、細かな人情の機微をすくい取る人情噺まで、幅広い芸風で活躍した。66年に日本テレビ系の演芸番組「笑点」の初代レギュラーとなり、全国区の人気を博した。 2月25日  読売新聞


今度は円楽さんが引退ですか・・・。
笑点も林家こん平さんが抜けて久しくなりましたが、どんどん顔ぶれが変わっていてしまうのは世の常とは言え寂しいもの。
同世代の歌丸さんや木久蔵さん(二人とも少しだけ年下ですが)がまだまだ元気に頑張っているだけに何とも残念ですが、大病をしたことですし致し方のない決断でしょう。
長い間お疲れ様でした。
後進の育成にこれからは力を注いで頂ければと思います。
素敵な「落語」という日本の言葉文化のためにも・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-26 00:13 | 言の葉

化学調味料

ラーメン好きであちらこちらに良く食べに行きます。
いや、「行きました」ですね。
最近は新規に行くのが億劫になってきちゃって、あまり新しいお店に行く事は少なくなってきました。
かつては有名店を狙ってわざわざ出かけもしましたが、いわゆるラーメン本などに載っているお店も、結局味の好みの問題や出版社とラーメン屋の諸々の関係などもあり、ピンからキリまであると言うのもよくわかりましたので・・・今では4,5軒の決まったお店に行くのがほとんどです。

さて、その僕が行くラーメン屋さん。
化学調味料を使っているお店と使っていないお店が半々。
どちらも一長一短あるようです。

化学調味料不使用のお店は時として味のブレがあります。
美味いと思うから通い続けているのですが、ごく稀に「ん?・・・」って感じる時もあり、またそこは自家製麺なので麺の出来によっても左右されます。微妙に味わいが変わることがあります。
まぁ、そこが全部手製の面白いところでもありますが・・・。

片や化学調味料を使っているお店も仕事はきちんとしている訳で、安定した味のラーメンを提供してくれます。
しかし時に食後しばらくすると舌先が痺れた様な感じが続く事があります。
化学調味料の多量摂取による影響でしょうか?喉もかなり渇く感じもしますし・・・。

これを食べ続けたらチャイニーズシンドロームになってしまいますかね。


化学調味料を否定するわけではありません。
世の中のインスタント食品はじめ、ファミリーレストランだってなんだってほとんどが化学調味料を使っています。不使用の所を探す方が大変かもしれません。
ましてやラーメンの旨みであるグルタミン酸ナトリウムを手軽に足す事ができる魔法の調味料ですから、コストの限られたラーメンにはもってこいと言えるかもしれません。
化学調味料だって元はサトウキビ。自然の材料の旨み成分を抽出したものですから、それほど毛嫌いする事もないと思います。身体に如実に悪影響があると言うのならもちろん否ですけどね・・・。

化学調味料不使用を謳っていても、ちっとも美味くないラーメンにも幾つも出会いました。
また手間隙掛けてしっかりした素材を使い、出汁からスープまで作り上げた美味いラーメンに出会えた時は、感動すら覚えます。
たかがラーメンされどラーメン。
確かにきちんとした食材を使って、一から十まで作り上げてゆくのはコストの面も含めて
難しいと思います。
だからこそ、ラーメン屋さんは凌ぎを削って色々試行錯誤を繰り返すのでしょう。
その中の選択肢に化学調味料というのが入っていても僕はいいのかなって思います。
店主がその味に納得して、お客さんもその味に納得するのならそれでいいのかなって思います。

だって所詮ラーメン。
高級料亭の懐石料理や三ツ星レストランのフランス料理じゃない。
庶民の食べ物ですからねぇ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-25 11:44 |

一番嫌いな事

すごく疲れてる。
こんな時間に起きてるんだもの当たり前と言えば当たり前だけど。

色んなことが面倒くさくなってきちゃったな。
あぁ面倒くさい。

他人にされると一番嫌な事が「ぼやき」。

今、それをしている自分。






・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-24 01:57 | 雑感

Coke・Impact

通勤途中、FM79.5からドラマ仕立てのコカ・コーラのCMが流れてきました。
その中に「私のCokeを二人で飲もうって言う訳?」というセリフ。

久し振りに聞いたぞ・・・。
Coke!
炭酸飲料の中でもおそらく王道とも言えるであろう、コカ・コーラ。
進駐軍と共に日本を席巻した、ある意味戦後の象徴とも言える飲み物です。
コカ・コーラのCMソングもずいぶんと変遷があります。
その中では「スカッと爽やか・コカコーラ」と言うフレーズが有名ですが、その後「Cokeと呼ぼう」というフレーズが登場しました。
ずいぶんと長い間、一方的にCokeという愛称をメーカーだけが使っていましたが、消費者サイドには定着する事も無かったようです。
最近では滅多に聞く事もありません。
今までだって精々「コークハイ」って言うウィスキーのコーラ割りで使ってた位でしょう。
それすら今は聞きませんものねぇ。

僕の友人知人の中でもコーラを「Coke」と呼ぶ人は残念ながら存じません。

って言うか「Coke」って日常会話で普通に使った事がある方は日本全国にどれくらいいるんだろう?
因みに「Coke」と入力して日本語に変換すると「こけ」てしまいます。悪しからず。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-23 09:00 | 世間話

報告

花粉症が突然ひどくて・・・と言う記事を昨日アップしましたが、ご報告があります。
余りにも急激な花粉症症状で、ティッシュペーパーの在庫を使い切ってしまいました。
だけどそれだからって鼻水が止まるわけでもありません。
この花粉日和に外へわざわざ買いに行くのも億劫だし。
そこでトイレットペーパー(ソフトエンボス加工・wロール)をティッシュの代用にしたのですが、これはダメでした。
花粉症の方、これは危険です!
エンボス加工の凸凹が逆効果満点で、あっという間に小鼻の脇が真っ赤に擦れてしまってひどいことになっちゃいました。
エンボス加工ってお尻の汚れを落とすには本当に効果は大なのね・・・と身を持って感じた次第ですが、鼻をかむには本当に不適当。
是非是非、本来の用途のティッシュを使われる事をお勧めいたします。

明日はローション入りの高級ティッシュを買ってこよう。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-22 00:44 | 世間話