「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

泥棒を捕まえて縄を綯う

政治資金、来月中に透明化策=内閣改造、挙党態勢を重視-安倍首相

 安倍晋三首相(自民党総裁)は30日午後、参院選を受けて党本部で記者会見した。首相は、政治とカネをめぐる問題について「厳格な党規約を作り、法制化すべきは法制化する。領収書の公開も議論し、8月中に自民党の案をまとめる」と表明。その上で、赤城徳彦農水相の政治団体の不透明な支出に関し「新たな党規約に沿って国民に説明するよう指示したい」と述べた。
 会見に先立ち、首相は中川秀直幹事長ら執行部に透明化策の検討を指示。同党は、国会議員の資金管理団体と関連する政治団体を対象に、事務所費の支出項目を細分化し、1円以上の支出への領収書添付を義務付ける方向で検討する。
 与党は先の通常国会で、資金管理団体に限定し、人件費を除く5万円以上の経常経費に領収書の添付を義務付けることなどを柱とする改正政治資金規正法を成立させた。首相が同法の再改正も視野に新たな政治資金の透明化策をまとめるのは、政治とカネの問題で取り組み姿勢をアピールするとともに、有権者の信頼回復を狙ってのことだ。
 政治とカネの問題は同日午後の首相と太田昭宏公明党代表との会談でも取り上げられ、同法の再改正を検討することで一致した。 
                             7月30日 時事通信 


だったら最初っからやれよ、バカ!
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-31 00:57 | 時事

夏の夜の恐い話

夏場、梅雨時も含めて、寝苦しい夜には極端に眠りが浅くなります。
先日もエアコンが止まってしばらくしたらハッと眼が覚めてしまいました。
すると・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-30 17:34 | 世間話

台風とぜんそく

台風5号が発生。
何だか日本に向かってきそうで嫌な感じです。f0056698_10582648.jpg

この前の台風4号の時もそうでしたが、台風が近づく数日前になると体調が悪くなります。
喘息がある僕は梅雨時も体調が優れない事(ず~っと咳き込んでる)が多いのですが、台風接近頃はひどく咳き込み、呼吸が苦しい事が多くなります。
それが台風が過ぎるとウソのように症状が軽くなる事も多く、なんとも不思議です。

そういう事例はかなり多く報告されているようですが、原因はまだ医学的には解明されていないようです。

いずれにしても台風のせいかどうか、今日はかなり咳が出ます。

空は一面の鈍色。
何だか憂鬱な週の始まりです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-30 10:58 | 雑感

勧告

一夜明けて、今参議院選の結果が出揃いました。
自民党の歴史的大敗・・・。

安倍首相はインタビューでその責任を問われるとこう答えました。
「総理大臣としての責任の果し方は、就任した際に約束したことを実行に移すことだ。景気回復をしっかり果し、年金問題も解決していく」


仰るとおり。さもありなん。

安倍内閣の数々の暴言、政治とカネの問題、それに対する首相の判断力、決断力の欠如。そして埒が明かない年金問題に対しての国民の不信感。などなど・・・。
今回の選挙はそれらに対する国民の審判。
与党には議席の過半数を与えないと言う審判を下しました。

今までの国会で何度も見られた与党のゴリ押し法案採決。
それはかつての小泉人気で得体の知れない小泉チルドレンなどという政治素人を大量に衆議院に送り込み、自民に調子付かせてしまった産物です。
ふと気づいたら「何かこれってまずくねぇ?」と思っていた国民は、この参議院選で先の問題も含め小泉路線の継承者としての安倍首相にNOを出しました。

安倍首相の立位置は昨夜から一変しました。
どーもそれを肌身で感じていない・・・ピンと来ていないような気がしてならないのですが・・・。
今までだって思うよう実行なんて出来ていないのに、さらにままならないポジションに立たされ、どうやって「約束の実行」ができるのでしょう?
その一事を持ってしても首相の言葉は無責任極まりない。
即刻退陣なさるがよろしいかと存じます。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-30 09:27 | 時事

2007 参議院選

選挙速報が続々流れてきています。
今回ほどその動向に注目したことはありません。

下馬評どおり、全国各地で与党の苦戦が伝えられております。
今日はしばらくテレビの前から離れられないようです・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-29 20:41 | 時事

宇都宮餃子 part2

本日も栃木・宇都宮出張。
お昼は当然の如く餃子です(別に当然ということもないけど)。
本日は宇都宮餃子の二台双璧「宇都宮みんみんf0056698_2291213.jpg

着いたのが丁度お昼。
満席でしたが回転は良いのでそれほど待ちませんでした。
オーダーはwスイ・ライス。
この符牒は焼き餃子×2、水餃子×1、ライス×1の意味です。

写真ではまだ水餃子が来てませんが、どちらも美味しく頂きました。

先日の正嗣と比べますと、少し皮が肉厚かな・・・。焼き餃子のパリパリ感では正嗣が上を行きますが、水餃子のモッチリ感ではみんみんが上。
よって引き分け!(って何で行司になってるんだ?)
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-28 22:25 |

あなたに出遭えたこと
それは
もしかしたら
私の一生の宝かもしれません

大切にしなくちゃ・・・
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-28 00:24 |

やる気あんのか?

「5千万件精査」未着手の社保庁に勧告=監視委の意見具申受け-菅総務相

 社会保険庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」(委員長・葛西敬之JR東海会長)は27日、同庁が宙に浮く年金記録5000万件の実態を精査する作業にいまだ入っていないとして、善処を求めるよう菅義偉総務相に意見具申した。これを受けて総務相が同日、柳沢伯夫厚生労働相に勧告を行った。
 監視委の意見具申などによると、基礎年金番号に未統合の5000万件の存在が今年2月の予備的調査で判明した際、安倍晋三首相がその実態について詳しく精査するよう指示したにもかかわらず、現時点で作業に着手していないという。  7月27日  時事通信

何処まで腐ってるんでしょう?まさかここまでひどいとは夢想だにしませんでした。
社会保険庁っていうのはどうやら後世に名を残す腐敗振りのようですね。
表題は「やる気あんのか?」としましたが、そんなの無いのは一目瞭然ですがね。

それにしても同じ閣僚の菅総務大臣柳沢厚生労働大臣に意見具申っていうのも何だか間が抜けています。
自分の右手と左手でじゃんけんしている様な間抜けさ加減です。
その間抜けの主は言わずもがなのようで・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-28 00:17 | 時事

説明すべきもの

二重計上に「無言」で帰国へ=赤城農水相

 【北京27日時事】訪中した赤城徳彦農水相は27日午前、北京から空路帰国の途に就いた。北京空港で同農水相は、政治活動費の二重計上問題について、記者団の質問に一切答えず、無言で空港ビルに入った。
 農水相は、日本産米の中国販売記念式典に出席するため、25日に訪中。26日午後に帰国予定だったが、体調を崩し、1日延期した。 7月27日 時事通信


ここのところ赤城農水大臣ネタが多いのですが、別に個人攻撃をしようというつもりではありません。
しかしながらものすごく残念です。
先の松岡氏の後を引き受けたのだからクリーンな方だろうという思い(こちらが一方的に思い込んでいたのもありますが)を裏切られた感があるのは、多分僕だけではありますまい。

どうしてこうも次から次へと一般社会では許されざる事がボロボロと出てきてしまうのか。
そしてどうしてその度に口をつぐんで逃げてしまうのか。

我々が真に説明を伺いたいのは、顔の絆創膏の理由が『毛包炎』だなどと言う事ではなく、不明朗な金の行方。
とどのつまりその金の出資元は我々の税金であります・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-27 18:51 | 時事

外れかけた大看板

「腰の疲労骨折と膝の痛みで全治6週間」と言う診断で夏巡業を休業した朝青龍関
親方も知らない内にモンゴルへ帰国し、サッカーに興じていたと言う記事が新聞紙面を賑わせております。

スポニチの記事を読んで大笑いです。
 骨折の診断書を出しながらサッカーに興じるという朝青龍の軽率な行動が報じられたこの日、日本相撲協会では、朝から抗議の電話が鳴りやまなかった。対応に追われた広報部も「いつもよりも件数は多い」と半ばあきれ口調で説明した。

 事態を重く見た師匠の高砂親方(元大関・朝潮)は、朝青龍に“強制帰還”を厳命。週明けにも日本に戻ってくる予定だ。師匠は「モンゴルに帰っているとは思わなかった。そんな状況で巡業に出られないのはおかしい」と首をかしげた。


いつもより件数は多い」って、つまりしょっちゅう抗議の電話が来ているって言う事ですよね(失笑)。
それが朝青龍に対しての抗議なのかどうかはこれからは判断は出来ませんが、まぁ当たらずとも遠からじといったところでしょうか?

それもそうですが第一親方も何寝ぼけたこと言ってるんでしょうね。
横綱という相撲界の大看板、それも自分の部屋の横綱が何処で何しているのかも把握していないってどういうことなんでしょう?
怪我を理由に休場の横綱なら、尚更怪我の具合などを常時把握するのが当たり前じゃないかと思うのですが。
どっちもどっちですねぇ。

こういう言う方をしたくはありませんが、こういう不祥事があると外国人力士が我が国の神道に繋がる「相撲」に携わる事自体いささか疑問に感じずにはいられません。
日本の国技と言われる相撲の横綱と言う最高位の関取。
ただ強ければいいってもんじゃないと思います。
「和」の心と誇りも共に学んでもらわなくては・・・。

外れかけの大看板。
これでは相撲離れの加速は止められません。

追記:晩酌しながらニュースでサッカーに興じている朝青龍の姿を見ていたら段々腹が立ってきた。
余りにも国技たる相撲を、日本を、日本人をバカにしているよなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-27 09:22 | Sports