「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧

神様の疑心暗鬼

大晦日ですね。
もう忙しいって言っても、僕は別におせち料理を作るわけでもないのでどうって事ありません。

それよりこの年の瀬に忙しいなぁと思わされること。
それはクリスマス前から年越しまでの日本人の御宗旨替えです。

12/25までは俄かクリスチャンとして日本中で「メリークリスマス!」
それが過ぎて慌しくお正月の準備をしながら大晦日の年越しは「除夜の鐘」で敬虔な仏教徒になります。
一夜明けて初詣には近所の氏神様などへ、いそいそとお参りし日本古来の神道に・・・。

言い方は乱暴ですが、はっきり言ってそれぞれが通過儀礼のようなもの。
例えばイスラム教徒などの宗教への入れ込みようなどとは程遠いのは確かな事実です。

宗教に対しての一般大衆のいい加減さは日本らしいといえば大変日本らしいのですが、こうも節操がないと「おまいら、ホントは俺らの事信用してねーだろ」って神様や仏様が疑心暗鬼になっちゃいますよね。
そうすればご利益もご加護も期待薄。
であれば我々の信仰心はさらにいい加減なものになる。
そこに宗教的な負のスパイラルが形成されます。

神仏と民衆が互いに疑心暗鬼になった結果が日本人の宗教の節操の無さと言っても過言ではありますまい。

・・・・・・・って神仏がそんな狭い了見の訳ねーだろ!
年の暮れにくだらねー事書いてねーで大掃除の続きやれよな。

昔、試験前に普段やらない部屋の片付けは大層したくせに、大掃除となると気持ちが逃げるのはどうしてなんだ・・・(ってだからそんなのいいから、掃除掃除)。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-31 09:01 | 世間話

糸偏」に「」で「終わり」です。

冬という字は象形文字で、上の部分は食料をぶら下げて保存している様を示し、下の部分はいわゆる「二水」で凍っている様を表しています。
つまり貯える意味合いを持っているそうです。
それに糸を巻き上げて軸一杯に貯えた巻き終わりから、糸偏+冬で「」という風になったそうな。

本来なら昨日で終わるはずだった2007年の業務。
ようやく終わりです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-30 15:23 | 言の葉

仕事納め

今日はめでたく仕事納め!・・・にならない事が決定。
まだ群馬の現場からは職人連中が帰ってこないし・・・。
別の横浜の現場では明日作業だって言うし・・・。

という事は結局、明日も出る羽目になっちまいました。
まぁ、まさしく今年一年の忙しさを象徴するような出来事ですよね。
って言うか、何となくそうなりそうな気はしていたんですけどね(涙。

昔、NHKの教育テレビでこんなのやってたな・・・
♪働くおじさん、働くおじさん、こんにちは~

ここの働くおじさんは少し機嫌が悪いぞ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-29 19:48 | 世間話

天邪鬼

毎年この時期、「まだ年賀状、書いていないよ~」という悲鳴を聞きます(そこのあなたです)。
かつては僕もそうでした。
しかしながら今は達観し、悟境に達しておりますので、そんな年賀状如きで動じる事はありません。少し濃い目のエスプレッソなんぞを頂きながら優雅に年末の一時をこうして過ごしているわけです。

如何様にその境地に到達したか?
もちろん日々の精進の賜物。
早朝の水垢離滝行は言うに及ばず・・・ってオレそんな事はしてねーだろ。

・・・要は年賀状は出さない!この一事に尽きます。

頂いた方にはもちろん返礼はするように心がけておりますが、そうすると面白いもので年々届く賀状の数が減ってまいります。

それこそこちらの思う壺。
さすれば忙しい年末年始にそんな書状如きに振り回される無駄が省かれ、有意義な新年を迎える事ができ一石二鳥。
新年早々お書初めをしたり、凧揚げしたり、福笑いや、コマ回し、カルタをして遊ぶ時間だって充分取れます。
極論ではありますが、年賀状さえなければこうして日本の伝統文化を守る事だって出来るんです。

如何か?

確かに年賀状だけのお付き合いで、細々と連絡だけは途絶えていないというのも、何らかの意味はあるのかもしれませんが、残念ながら僕はそう云うのはどうも面倒くさくて・・・。

実はこの年賀状。書くに当たってのたくさんのマナーがあります。
大分以前に差し上げた相手からその不備を指摘された事がありまして、それがもうイヤになっちゃった理由の一つでもあります。
僕の場合は目上の人に「賀正」と書いて送ったら、年明け早々「これは略語だから目上や上司には出さない・・・」って言われちゃいましてね。
「あぁぁぁぁぁ、年末の忙しい中書きたくもねーのにわざわざ書いてやったのに一々めんどくせぇ
って思った私は、天邪鬼なんでしょうか。
天邪鬼と言われようが何と言われようが、今や年賀状を無視するのって結構な快感ですらあります。


尚、この文中のシチュエーション等に一部誇大表現がありました事をお詫び申し上げます。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-29 09:37 | 世間話

とどのつまり・・・

景気なんて思ってるほど良くないって事。

11月有効求人倍率は0.99倍、2年ぶり低水準=厚労省

[東京 28日 ロイター] 厚生労働省が28日に発表した11月有効求人倍率(季節調整値)は0.99倍で、前月から0.03ポイント低下した。2005年11月以来、2年ぶりの低水準だった。ロイターがまとめた民間調査機関の予測は1.02倍だったが、それを下回った。
 11月の正社員有効求人倍率は0.63倍となり、前年同月を0.03ポイント下回った。有効求人数(季節調整値)は前月比3.1%減、有効求職者(同)は前月比0.2%減となった。
 新規求人数は前年比10.9%減少。産業別にみると、前月に続きサービス業(19.4%減)、建設業(14.7%減)、製造業(10.6%減)などが減少し、医療・福祉(7.3%増)、教育・学習支援業(4.6%増)が増加した。卸売・小売業(13.5%減)、情報通信業(8.8%減)は減少に転じた。
 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)は、愛知県が1.83倍で最も高く、沖縄県が0.41倍で最も低かった。東京は1.32倍だった。 12月28日 ロイター



景気のいい会社は本当に極く一握りなんだよね・・・。

今年最後のぼやきにしよっと。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-28 10:57 | 時事

年俸

この時期になるとプロ野球選手の年俸更改がニュースになります。
今日も阪神・金本選手の「日本選手最高の5億5千万」とか巨人・上原選手の「日本人投手最高額4億」とかの見出しが躍っています。
それにしても個人が稼ぐ金額としてはすごい額面!
うらやましいのを通り越して、金額自体が我々庶民の感覚とはかけ離れすぎていてピンときません(苦笑)。
僕のところの小さな会社なんか年商が2億に届かないって~のにねぇ(再度苦笑)。

しかしながらこの金額。
一軍、それもレギュラーで好成績を挙げ続けた結果の金額ですから、一軍でも控えの選手とはもちろん大差がありますし、ましてや二軍の来年の契約も定かではない選手たちとは雲泥の差。
またその華やかなニュースの裏には、一時は将来を嘱望されたはずの選手たちが人知れずグラウンドを去ってゆくという厳しい現実もあります。

実力本位の世界は斯様に厳しいものかと改めて知らされる時期でもあります。
社保庁にお勤めの方々などには、中々理解できない世界でしょうか・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-27 19:38 | Sports

γーGTP

先月受けた企業健診の結果が、一ヶ月過ぎた今頃ようやく届きました。

γーGTPが高いな・・・。


もうわかったっつ~の!
摂生して運動しなさい。・・・ハイ(自己完結)
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-26 08:21 | 世間話

中性脂肪

先月受けた企業健診の結果が、一ヶ月過ぎた今頃ようやく届きました。

中性脂肪値が高いな・・・。


生活習慣病予備軍ですね。
僕の場合、その原因は間違いなく日々晩酌のビール。
一本位とかならいいんだそうですが・・・・だってねぇ。


・・・・・どっかで読んだ事があるな、この文章。

あっ!盗作だ!!
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-26 08:20 | 世間話

尿酸

先月受けた企業健診の結果が、一ヶ月過ぎた今頃ようやく届きました。

尿酸値が高いな・・・。


痛風予備軍ですね。
僕の場合、その原因は間違いなく日々晩酌のビール。
一本位とかならいいんだそうですが・・・・だってねぇ。

プリン体を多く含むビールが肝臓で分解されると、その老廃物として尿酸が出来ます。
通常は尿に溶けて出てしまうのですが、溶けきれない尿酸は尿酸ナトリウムとして結晶化します。それが腎臓や尿路結石、痛風を引き起こすそうです。

聞くところによると、痛風って文字通り風が吹いただけでも痛むそうですね。
ビール、減らそうかな・・・(すっげ~弱気⇒痛いの大嫌い)。
ま、水分をたくさん摂る事でもずいぶんと違うそうですから、心がけましょうかね。


ちなみに尿酸を分解できない動物は霊長類と魚、爬虫類の一部だけだそうです。
痛風持ちの犬とかはいない訳だ・・・。

いいなぁ犬は痛風無くて。
だけどビール飲めないしな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-26 08:15 | 世間話

寅年の大トラ


“年末は満員御礼”も今は昔…消える「トラ箱」

 半世紀近くにわたって泥酔者を収容し続けてきた警視庁の「トラ箱」(正式名称・泥酔者保護所)が、年内いっぱいで歴史に幕を下ろす。最盛期には都内4カ所で年間約1万3000人の泥酔者を収容し、12月の忘年会シーズンには“満員御礼”になることもあったが、昨年お世話になったのはわずかに500人強。駅のホームや路上など場所を選ばずに酔いつぶれる“大トラ”の減少に伴い、都内で唯一残っていた鳥居坂保護所(東京都港区)が閉鎖され、トラ箱はその歴史的使命を終える。12月16日  産経新聞



昔は所構わず酔っ払って寝込んだ若者やオヤジをずいぶん見かけたものです。
言われて見れば確かに最近はあんまり見かけませんねぇ。
どちらかと言えば酔いつぶれた若い女性の方が多い気すらします。

現在の保護所の収容者一日平均1.4人に対し警察官6人が3交代で勤務する体制だったという事ですから、閉鎖も止むを得ない所でしょう。
今後は所轄警察の留置所で対応という事です。
大トラ」が少なくなったという事は、世間の皆様のお酒の飲み方が大人になったって事なのでしょうか。

でも僕なんぞは時に正体不明になるまで飲みたくなる事もありますがね・・・。

♪忘れてしまいたい事や 
 どうしようもない寂しさに
 包まれた時に男は 
 酒を飲むのでしょう

 飲んで飲んで飲まれて飲んで
 飲んで飲み潰れて眠るまで飲んで
 やがて男は
 静かに眠るのでしょう


閉所記念に大トラになって入所してこようかしらん!(←このバカ野郎はちなみに寅年です。こういうやつはいっそ永眠してしまえ!)
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-25 17:27 | 時事