<   2008年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

天と地と

昨日の次女の合格へのお祝いの言葉。
mariruriさん、miuさん、Cozyさん、一個さん。
ありがとうございました。
通り一遍のお礼の言葉でしか謝意を示す事が出来ませんが、本当にうれしく存じます。

・・・・ですが。

More
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-29 23:02 | 世間話

さくらさく

次女の「小さな桜」が咲きました・・・。

今時ですから電報ではありません。
メールでもなく、携帯からの電話は「受かった~」。

志望校への彼女の内申書は3つ4つショート・・・。
筆記試験でさらなる成績が要求されるというとっても厳しい戦いだったのですが、ほとんど奇跡に近いような合格です。
1年生の時に部活で仲間外れにされ、孤独な半年を自ら乗り越えた芯の強さと、その時身につけたふてぶてしさだけは大したもんだと思ってましたが、ヤツは運も強かったんですねぇ(決して実力で合格したのではない・・・と思ってます)。
取り合えずほっとした親父は工場事務所で一人目頭を熱くしたのでした・・・(←最近妙に涙もろい)。

僕の眼から見れば全然頑張ってないようにしか思えなかったのですが、勉強が苦手で嫌いな彼女にとってはそれでも精一杯の頑張りだったのでしょう。
机に向かう事自体が嫌いな奴が少なくとも机に向かっていたんですから・・・。

その学校を選んだ動機もそこでバスケがしたい・・・。
ある意味幼さを感じるかもしれませんが、そんな選択が出来るのも今の内だけですものね。
ささやかな夢、叶えられて良かったなぁ。

また、あいつのバスケが見られる・・・のかな。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-28 10:39 | 雑感

バンビ 生キャラメル

どうも最近甘いものが食べたくなる時があります。
食の嗜好が幾分変わってきたような・・・。

そんな折、以前からその名前は聞いていた、バンビの生キャラメルなるものをローソンで発見。
北海道村という小樽の会社が作っているお菓子です。ローソンでの期間限定販売。
80gで¥630・・・。中身を見たら20粒くらいでした。
たっけ~。
f0056698_2024970.jpgコンビニでの商品単価としては「良い方のお弁当」に匹敵するお値段ですが、今を逃したら中々買うことが出来無いと思い即買いました。

そのお味は・・・。
ホワイトチョコで生キャラメルなるものを包んであるのですが、ちょっと今まで食べた事のないような食感。口の中でほんわ~って溶ける様な感じです。
かなりの甘さなので3粒も食べると僕はもうたくさん!ってなりますが、素直に美味しいと思います。

実は二種類あるもう一つの普通のチョコで包んであるのも買っちゃいました。
だって「北海道」で「限定」で・・・。
まんまと嵌ってるワタシ。
こんなん大人買いしてどーすんだ!
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-27 20:24 |

演歌の花道

早くも「紅白」確実と評判黒人演歌歌手ジェロ

 ここにきて、一気にブレークしそうな異色の歌手がいる。黒人演歌歌手のジェロ(26)だ。
 ジェロといっても、初耳という人が多いはずだが、最近はテレビ、ラジオなどの音楽番組やバラエティー番組に出まくっている。写真を見れば「あの坊やか」とわかるのではないか。
 ジェロが注目されたのは、デビュー曲「海雪」がネットで先行配信され爆発的な人気になったことがキッカケ。その勢いのまま、20日には「海雪」がリリースされて渋谷のHMVでイベントが行われた。
「来週のオリコン調査では確実にランクインするでしょう。黒人歌手とは思えない流暢な日本語で歌い、スピリッツもパッションも感じられる。その話題性に注目した『紅白』が目をつけて、すでに当確という情報もある。今は一昨年のクラシックの秋川雅史や昨年の性同一性障害の中村中と同じ“異色枠”での出場を視野に入れているようです」(事情通)
 ジェロは米ピッツバーグ出身で、ピッツバーグ大卒業。祖母が日本人で子供の頃から演歌を聴いて育った。03年に来日し、システムエンジニアをしながら演歌を学んだという。
 ステージではキャップとシャツのヒップホップ風のいでたちなのも話題になっていて、「ミュージックフェア」(フジテレビ)などの出演も決定し、これからが本格的な露出ラッシュである。演歌界の期待の星か。 2月24日  日刊ゲンダイ


アメリカ人のジェロさんがテレビやラジオでブレークしてます。
黒人演歌歌手という物珍しさも手伝っての一時的な人気なのかもしれませんが、中々しっかりした歌唱力ですし、折角デビューしたのですからしっかりと定着して演歌の花道を歩んで頂けたらなぁと思います。
「おで(れ)のお株、奪ってんじゃねーよ」って言うボビーオロゴンのつぶやきが聞こえてきそうです(ボビー、キャラかぶってねーから全然大丈夫)。

それにしてもラジオから聞こえてくる「海雪」が、野口五郎さんの歌声に似ているんですよ。
「私鉄沿線」を歌ってみてもらえないだろうか・・・(個人的に大好きな曲なんです)。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-26 08:56 | 音楽

宣伝文句

仕事柄あちこちの町へ出かけます。
遠くの町では、見慣れない看板広告とかが良く眼につきます。
その土地の銘菓ですとか、地酒などが良い例でしょうか。
そこはかとなく旅情を誘われたりもして、なかなか良いものです。

また逆に、日本中何処にでもある看板というのも確かに存在します。
全国区のお菓子メーカーやパンメーカーとかが多い気がします。
カレーなんかも結構見かけますね。・・・秀樹感激!とか(今はそんなのねーぞ!)

またガソリンスタンドも比較的全国共通の宣伝文句でご商売をされているように思います。

本日群馬県館林に所用で向かう途中、通りすがりの埼玉県行田市のガソリンスタンドの看板にこんなコピーを見ました・・・。
昭和シェル石油の結構古びたスタンドなんですけどね・・・

入れてみて 初めてわかる 貝の良さ

これって全国区の宣伝文句なのでしょうか?
それともオリジナル??

う~ん・・・。
色々と差し障りもございますので、これ以上のコメントは控えさせて頂きます(すんません)。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-25 23:28 | 世間話

夕暮れ時はいつも

今、夕方の5時30分過ぎです。
ついこの前まで、この時間だったら真っ暗だったのに、まだ太陽が頑張っています。

そんなの春が近づいてくれば、何十年も何百年も繰り返されてきた至極当たり前の事なんですが・・・。
今更ながらとっても不思議です。

何となく人恋しくなる、夕暮れ時です。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-24 17:35 | 風景

人事を尽くして天命を待つ

本日、次女の都立高校の一般入試でした。
泣いても笑ってもこれで最後。

後は天命を待つのみです。
人事を尽くしても、尽くして無くても・・・。

次女は昨夜は遅くて今朝は早起きだったので、晩御飯も食べずに2時間ほど前から既に夢の中・・・。
今日はもうゆっくり眠らせて置いて上げましょう。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-23 22:03 | 雑感

じいちゃんの匂い

少しだけ
陽射しが暖かさを取り戻した
街行くたくさんの人たちの
足取りも軽く見えるのは気のせいではなさそうだ

そんな人々の中に
埋もれるように歩いている僕に
ずいぶん久しぶりの
記憶のつぼを刺激する匂いが
柔らかい風に乗ってどこからか届いた

仁丹・・・?
久しく嗅いでいない
懐かしい仁丹の匂い

年に数回
一人娘の私の母に会いに
痛む足を引きずりながら
それでもいつもニコニコと
遠い田舎からやって来る
じいちゃんの匂い

あの頃
じいちゃんが必ず着ていた
今思えば一張羅だったんだろう
背広の色や柄
そして欠かさず僕に買ってきてくれた
新宿の小田急デパートの
きっと奮発してくれたんだろうな・・・
大事そうに持って来てくれた
赤いリボンの小さな箱の
アップルパイ

あっという間に
そんなものまではっきりと思い出されて
貧しかったけど
そんな事は微塵も感じずに
楽しかった日々が
早春の街の中を駆け抜けていった


今度のお彼岸は
じいちゃんに会いに行こうかな
もちろん仁丹とアップルパイ持ってさ・・・
あの頃みたいに
一緒に笑いながら食べられたらいいね
じいちゃん
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-22 09:15 |

未開発国の証

昨日のサッカー、日本対中国戦・・・ひどいですね。
あれスポーツなんでしょうか?
あれじゃ少林サッカーかカンフーサッカーですよね。

中国人が反日でも抗日でもそんなのは別に構いませんが、スポーツ、ましてや試合にそういう感情を持ち込むのは違うだろう。
経済的には他を凌駕する勢いで発展し続ける中国ですが、メンタルな部分が発展途上国・・・と言うより未開発国なままなのが良くわかります。
昨日の試合はまさにその証でしょう。

そんな未開発国で開催される北京オリンピック。
先が思いやられます・・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-21 15:08 | Sports

防人

真冬の海で痛ましい海難事故が起きてしまいました。
事もあろうか、世界でも最先端の技術を誇る7750tのイージス艦と、たった7tあまりのマグロはえ縄漁船との衝突。

ダンプカーと自転車の交通事故のようなものでしょうか。
行方不明のお二人の安否が気遣われるところですが・・・。

今後事故原因は究明されなくてはなりませんが、それよりまず防衛省は大丈夫なのかと言う疑問は誰しもが感じる所。
イージス艦は最先端の技術、ましてやレーダーで敵ミサイルを捕捉し撃墜するための自衛艦です。それが足元の漁船すら回避できないでミサイル撃墜なんて出来るのか?
事故発生からトップの防衛大臣に連絡が行くまで1時間半を要した。
いざどこぞで我が国が攻撃を受けたとしたら、その間にどんどんと被害は広がるばかりではないか。
もしその漁船が他国の自爆テロの船だったら・・・。

考えれば考えるほど、お粗末極まりない話です。

防人たるものの志は何処。
[PR]
by kazz1125 | 2008-02-19 19:51 | 時事