「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

+1

今日5月31日。
新しい家族が増えました。
+1はただ単に1が増えるだけではないのですね・・・。

f0056698_23174292.jpg


とあるペットショップで僕の一目惚れ。

3月20日生まれの女の子。
5月の最後の日に我が家にやってきた、物怖じしないお転婆さんです。
だから命名「May」。

おねえさんの「ぷーちゃん」がしばらくは焼きもち焼いて大変そうだなぁ。

みなさん、どうぞよろしく。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-31 23:18 | 雑感

雨と花

絶え間ない雨音。
ここしばらく梅雨の走りのようなお天気が続いてます。
すっかり田植えが終わった埼玉の水田では、まだまだ頼りない緑の稲が雨に打たれてまるでうな垂れている様に見えます。

ガソリン値上げを初め、諸物価の高騰。
政情不安。
自分の仕事のことも含めて先が見えない閉塞感に息が詰まりそうな折に、せめて天気くらいと思うのですが・・・なぁんか冴えません。

こういう時はついつい「うつむき勝ち」「後ろを振り返り勝ち」ですが、そんな事をしたところで何にも変わりません。
うつむいたって「靴下の親指の先のほころび」を見つけるくらいが関の山。
振り返ったって「首の筋を違える」くらいが関の山。
こんな時こそ、自分から積極的に変えてゆかなくちゃね。
考え方も行動も・・・。

5月から6月。次第に雨の日が多くなりがち。
しかしながらこの時期は美しい花が次々と咲く時期でもあります。
6月と言えば紫陽花が代表的ですが、他にも「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美人の喩えとされるこれらの花が咲くのも丁度今時分だったと記憶しております。

そぼ降る雨の中ですが、あえて花を愛でに出かけるのも悪くないかもしれませんね。
お気に入りの少し大きめの傘を差して歩いてみましょうか。
そ、雨だからこそ積極的にね。

雨降りを理由に出不精になりますとこんなリスクも背負ってしまいます。
大分以前にも書きましたが、「立てばビヤ樽、座れば土管、歩く姿はドラム缶」・・・。
雨降りと言うのは気が重いばかりではなく身体までをも重くする元なのです。

五月雨や 咲き乱れたる 傘の花       kazz
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-31 10:04 | 世間話

虫けら以下の奴ら

カブトムシ然り。
クワガタ然り。
アリもまた然り。甘い汁に群がる虫たち。
彼らが甘い汁に群がるのは命を繋ぐためだから当たり前の事。

だけどこいつらは違う。
自分たちの既得権益を守るためだから、虫けら以下だ。

<国交省>公用車業務の落札、天下り多い2社が独占

 国土交通省が発注する公用車の運転業務が予定価格に極めて近い額で落札されていた問題に絡み、中国、四国、九州の3地方整備局が06年度に行った計34回の運転業務の指名競争入札うち、33回は国交省からの天下りを多く受け入れている2社だけが指名されていたことが分かった。国交省は96年ごろから、運転業務をそれまでの、随意契約から指名競争入札に切り替えてきたが、競争性を装う形だけの入札だった疑いが浮上した。

 この2社は日本道路興運(東京都新宿区)と日本総合サービス(東京都品川区)。大久保勉参院議員(民主)が入手した資料によると、2社だけが33回指名され、1回だけ別の民間会社が指名を受けた。33回の入札のうち24回は日本道路興運が、9回は日本総合サービスが落札した。

 関東、東北など全国の整備局を合わせると、06年度の2社の国交省からの受注額はそれぞれ約40億円と約12億円。06年度時点での国交省からの天下り数は、日本道路興運が25人、日本総合サービスが16人だった。

 2社に指名が限られていたことについて国交省は「災害時や夜間でも安定して仕事をしてもらう必要があり、経験のある企業を指名した」と説明している。しかし、運転業務は用地交渉などの際に職員を現場まで送迎するのが主な仕事で、特殊な技術や業務の継続性は必要ないとの指摘がある。

 国交省の公用車運転業務を巡っては、この2社に北協連絡車管理(札幌市)を加えた3社だけで、06年度の総受注額(約68億円)の8割以上を占めていたことが発覚。この時の3整備局ごとの平均落札率は▽中国98.1%▽四国96.7%▽九州97.2%と、いずれも極めて高率だった。同省が06年度に一部で試験的に導入した同じ業務の一般競争入札(19件)では、平均落札率は約86%にとどまっており、落札をめぐる問題点が浮かんでいた。
5月29日  毎日新聞


最近は完全舗装された道路にも甘い汁が湧き出る時代だからな・・・。
スリップしないように気をつけなくちゃ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-29 21:05 | 時事

落日

落日。
関東平野の夕暮れ時は、沈み行く夕陽が西に連なる山の稜線を赤く染め上げて、静かに一日の終わりを告げてくれます。

今日は久し振りにそんな夕焼け空を見ることが出来ました。
子どもの頃から大好きな風景。

ふと思い出された曲・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-27 19:45 | 風景

オヤジ化

早朝5:50。
部活の朝練があるので毎朝この時間に次女は家を出ます。
と言う事は起きるのは5:00過ぎ。
年頃の女の子ですから、朝飯は食べなくてもシャワーだけは浴びて出かけます。

夜は遅くまで練習。
帰宅はほぼ21:30頃。
帰って来ると開口一番「腹減った・・・」。
「飯・風呂・寝る・・・」次女は完全にオヤジ化してしまいました。

定期試験中でも、「異議申し立ては致しません」と一筆認めて、欠かさず練習。
盆暮れも休みは一日あるかないかだそうです。
かなりの徹底振り。

入学以来ほとんど休んでいない彼女の疲れも限界に近いんでしょう・・・。
場合によっては食後にお風呂にも入らないで、制服のままベッドで眠ってしまっている事もあります。

以前は口うるさく「風呂入れ」「勉強しろ」と言っていたのですが、これでは正直言って無理です。
まぁ大好きなバスケをやりたくて選んだ学校。
こんなにしんどい毎日でも、聞けば「楽しい」と言う答えが返ってきます。
たった3年間の高校生活・・・部活が出来るのも正味2年半です。
自分で昇華できるものがあればそれでいいのかな・・・。

でも汗だらけで帰って来てるんだから、せめて風呂くらい入らねーとさぁ。
お前の部屋・・・何かオヤジ臭いぜ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-26 20:28 | 雑感

意味

出逢い

よしんばそれが
偶然であれ必然であれ
出逢った事には
何等変わりはないのです

過程ではなく
出逢った事に意味があるのです
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-25 23:38 |

嬉しい」。

「女性が喜ぶ」と書いて嬉しい・・・。

女性が最も喜ぶのは一体どういうシチュエーションなのでしょう・・・。
オヂサンとしてはあれこれ考えを巡らせてしまいますが(むふふふ・・・)、その答えはおそらく見つからないでしょう。いぇ見つからなくても良い気もします。
それを見つけようとする事自体が、正しく人としての人生の「喜び」なのかなぁとも思います。

いずれにしても、女性に限らず誰かに喜んで頂けるというのは、人として「嬉しい」事であります。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-25 23:14 | 言の葉

北京への道

女子バレー、日本が韓国破り2大会連続の五輪切符

 バレーボールの北京五輪女子世界最終予選は23日、東京体育館で5日目が行われ、日本は韓国を3-1で破り、今大会の3位以内が確定、上位4チームに与えられる五輪出場権を獲得した。日本女子の五輪出場は2大会連続。

 日本は、セッターで主将の竹下佳江(JT)らレギュラー陣が安定したプレーを見せ、5連勝で北京行きの切符を勝ち取った。

 団体球技で日本が五輪出場を決めたのは、ソフトボール、野球、男女サッカー、女子ホッケーに次いで5競技、6種目目。 5月23日 読売新聞



5連勝でのオリンピックへの切符を獲得。ようやく北京への道がつながりました。
一人一人の代表選手のそれぞれの思いが一つになった結果でしょう。
とにもかくにもまずはおめでとうございます。
エース栗原選手の「やっとスタートラインに立てた」という言葉の通り、今日の勝利はまだまだ単なる通過点。
ここまで来たら、更なる上を目指しちゃいましょうか・・・。

それにしても、前回は代表落ちしてしまった佐野選手の涙にホロリ・・・。
高校の後輩を病気で亡くしたばかりの木村選手の涙にホロリ・・・。

何だかなぁ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-23 23:47 | Sports

大阪発

職員月給、15%カットを提示=都道府県で最低水準-大阪府

 大阪府は22日、職員の月給を16-4%、退職金を10-5%それぞれ削減する案を職員組合2団体に提示した。期間は8月から2010年度末までで、削減総額は08年度で352億円。現在実施中のボーナスなどのカットを含めた職員1人当たりの今年度の平均削減率は15%。国家公務員を100とした場合の地方公務員(一般行政職)の基本給水準を表すラスパイレス指数は、09年4月時点で89程度となり、都道府県で最低レベルとなる。
 一般職の退職金カットに踏み込むのは都道府県で初めて。橋下徹知事の財政再建に向けた決意の表れで、府は7月議会への関係条例案提出を目指すが、組合側は猛反発しており、交渉は難航が予想される。 5月22日  時事通信


どうやら橋下府知事は、単なるパフォーマーと評されることは絶対に望まない、骨のある男のようですね。
確かにその方法論は賛否両論があるところ。
ややもするとパフォーマンスと取られる向きも多いかもしれませんが、大鉈を振るわなければ絶対に大阪の財政再建は無理だということを世間に知らしめるためにもこれも必要なことか・・・。

隗より始めよ

今、地方行政のみならず、日本という国をより良き方向に導くべく言葉は正にこれ。
前から申し上げていますように、大本営発表の「景気回復」が現実には感じられないまま、「景気後退」が口にされだした今、官民一致で国を再建する気構えを持たないととんでもないことになります。
子どもたちの未来の空が、曇り行くのを黙って見ている訳には行きません。

「子どもたちが笑う大阪」
橋下府知事の府知事選のマニュフェストを象徴する言葉です。
誰かがやらなきゃ変わらない。
どうも今までは鼻について仕方がなかった橋下さんですが、いいじゃない。
頑張って地方自治に新風を吹き込んで頂きたいな。
そしてその風が広がって、日本中に吹けばいいなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-22 23:11 | 時事

スクランブル交差点

渋谷。
この瞬間、何人の人が無機質な信号機の赤のシグナルに行く手を阻まれ、この交差点で信号待ちをしていたのでしょう。
青に変わった瞬間、全てが解き放たれ思い思いに一斉に歩き始めます。

それぞれの行き先、それぞれの人生。
人の数だけそれはある。
f0056698_2246096.jpg
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-21 22:47 | 風景