<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

一寸先は闇

ひどい不景気ですねぇ。
つい数ヶ月前と比較しても、肌で感じる事が出来るほどの不景気感。
仕事関係のよその方と話す度に、「仕事が無い・・・」「やりくりがものすごく大変だ・・・」
こんな会話の繰り返しです。
先日行きつけのとあるラーメン屋の大将と話をしていた時も、「売り上げが落ちている・・・」「客単価がすごく下がった」「家族連れが少なくなってきたねぇ」。
まぁ日本のトップ企業であるトヨタ自動車ですら大幅減益(それでも利益がある!)ということですし、これは何も日本国内に限ったことではないのですが、それにしてもあちこちでひどい落ち込みようです。
ワタシのところも他人事ではなく、この年末の資金繰りに頭を痛めております。
ただまだ救われてるのは、仕事だけは半年くらい先まではきちんと確保できている事でしょうか・・・。これだけでもありがたいとは思っているのですが。

50年後・・・いや100年後。
きっと世界史上に残る「21世紀の世界恐慌」なんでしょうねぇ。

Q:「21世紀の世界恐慌の契機となったのは?」
A:「アメリカのサブプライムローン」
その頃の高校生の、試験に出る世界史にはこんな一問一答が載るんだぜ、きっと。

まぁバカ話をしてる場合じゃないんですがね・・・。
一寸先は闇とはまさに今の時代の事かもしれません。
でもワタシがあんまり考え込んだってどうにもならないので、考えないようにしましょうかね。
とどのつまり、なるようにしかならん・・・と言う事ですか。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-30 02:13 | 雑感

本領発揮

麻生総理、ヒットの連発ですねぇ。
<麻生首相>「医師は常識欠落」発言撤回 言葉不適切と謝罪

 麻生太郎首相は20日、「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」などとした自らの発言について、首相官邸に抗議に訪れた日本医師会の唐沢祥人会長に「言葉の使い方が不適切だった」と伝え、発言を撤回したうえで謝罪した。

 同席した日医の竹嶋康弘副会長によると、唐沢会長は「特定の職業を名指しし、根拠なしに差別するもので、激しい憤りを禁じ得ない」などとした抗議文を読み上げて首相に手渡した。首相は「医師の価値観が(一般の人と)違うことを強調した流れで、『社会的常識が欠落』という言葉を使ってしまった。撤回し、謝罪いたします」と答えたという。

 日医をめぐっては、後期高齢者医療制度を批判する茨城県医師会の政治団体が次期衆院選での民主党候補推薦を決めるなど混乱が続いている。首相発言には全国の会員から抗議のメールが多数寄せられているという。

 衆院選への影響について、記者会見した中川俊男常任理事は「現場の気持ちを踏みにじった発言で、かなりの影響があるのではないか」と語った。 11月20日  毎日新聞


先だってこの件で謝罪したばかりなのに、今回はまぁ・・・人の心を踏みにじるようなイタイ発言。


医療費不適切発言、首相「おわびする」

 麻生首相は27日昼、社会保障費抑制に関し、20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言したことについて、「病にある人の気分を害したなら、その点はおわびする」と陳謝した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「ふしだらな生活をしないで、(病気の)予防をきちんとすべきだというのが趣旨だ。予防に力を入れることで、医療費全体を抑制できる」と釈明した。

 首相発言に対しては、公明党の太田代表が27日昼、「言われている通りなら不適切だ」と批判。河村官房長官も同日午前の記者会見で、「(病気の人が)心を傷つけられたとしたら、表現が不十分だったと思う」と語った。民主党の鳩山幹事長は同日午前、「このような方が首相にふさわしいのか、首をかしげる。本質的な考え方が我々と違う」と、首相を批判した。 11月27日 読売新聞


総理就任前から危惧されていた通り、いよいよ本領発揮といったところでしょうか。

今回の発言の趣旨は「ふしだらな生活をしないで予防をきちんとすべき・・・」だそうですが、それならそのように真っ直ぐに言えばよろしい。
官房長官だったかどなたか忘れましたが首相発言をこのように擁護しておりました。
「彼は話を面白おかしく言う癖があるから・・・云々」
今回のこれ、面白おかしく言ってますかね?
どう考えても思慮不足としか思えない。
それに毎度毎度「真意と違う」というような釈明がされていますが、真意が伝わらないような発言が毎回というのもおかしな話。
どうも我々とは感性が違いすぎるようです・・・。
漢字が読めないのはマンガばっかり読んでるからそうなったとしても、言葉がいささか軽すぎますね。
それともう一つ大いに気に入らないのは「病にある人の気分を害したなら、その点はお詫びする・・・」とありますが、その物言いが「本当はそれほど悪いとは思っていないのだが」言ってるように聞こえるのは僻耳でしょうか・・・。


別に自民党にもっと頑張れとか民主党に政権を移譲せよなどというつもりは毛頭ありません。
いずれにしても政治家としての道を歩んでいる方々です。
「少しでも日本を良くする」という気概だけは忘れずに政事に当たって頂きたい。
自民にも野党にも言えることだけど、相手を非難することに終始していたって、ただ時が過ぎるだけ。
麻生さんが総理になってからもうずいぶん経つけど、福田さんの頃よりさらに悪くなった感が否めないものねぇ。
我慢にも限界があります。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-27 19:57 | 時事

泥仕合

WBC。
日本代表候補に選出された中日ドラゴンズの4選手+1が偶然?全員辞退・・・。
この事であちこちでドラゴンズサイドを批判する声が大きくなっているようですね。
その事実なんかワタシはどうでもいいのですが、興味を持ったのはこの落合監督の反論の方です。

落合監督、WBC代表候補辞退について反論

 来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表候補にリストアップされた4選手全員が辞退した中日の落合博満監督(54)が22日、一部で“ボイコット”などと批判されたことに反論。選手の自主判断だったことを強調し、理由の説明も必要ないと突っぱねた。

 秋季練習中のナゴヤ球場のプレスルームに姿を見せた落合監督。「1回しか話さない」と断った上で独演会が始まった。

 「何が何でも行け、行くな、なんてことを選手に言う権利はオレにはないし、選手も従う義務はない。球団で断ったなんて書かれ方はマスコミの暴力だ」

 球団にかかる電話、ネットに広がる批判の声。一部の“ボイコット説”に強く反論した。

 同監督は、和田にも追加で打診があったことを明らかにしたが、はじめにリストアップされたうち、意思を確認した岩瀬と森野は「もう二度と行きたくない」。若い高橋と浅尾も調整面での不安を口にしたという。

 「(日本プロ野球組織=NPB=からの文書には)理由を書く欄なんてなかった。『行きたい人で戦う』と言っておきながら、自分らで言っていることを途中で否定しちゃってる」

 さらに代表引退を表明した宮本(ヤクルト)や上原(巨人)を引き合いに出し「そういう一部の人間には配慮するのに、こっちはメッタ斬りするのか」と吐き捨てた。

 また昨年12月の北京五輪アジア予選のメンバーから外れた松中(ソフトバンク)にも言及。「けがをしたときにどうなるんですか、と聞いたら外された。(ファンから)首くくって死ねといわれて、誰かがフォローしてやってくれるのか? 負けて被害を受けるのは選手なんだ。二度と味わいたくないと思う人間がいても不思議はないだろ。(代表に)来いといえば全部出てくると思うのは大間違いだ」とまくし立てた。

 「NPBやファンを納得させようとは思わない。でも代表の監督でもコーチでも、NPBでも話にくればいい。ちゃんと説明してやるよ」

 実は、北京五輪前にはWBCの監督就任を打診され「よその球団の選手は預かれない」と断っていたことも暴露。中日Vs11球団・NPBのミゾはさらに深まりそうだ。サンケイスポーツ - 2008/11/23


彼の言ってる事はある意味正論でしょう。
昔から落合氏のベースは、プロ野球選手は球団に雇われていると言うよりも、外注契約の個人事業主と言う観点。
全てを選手自身が自らの責任で自ら判断すべきと言う個人主義?が徹底している彼からすれば、当然こういう論理展開(屁理屈とも取れるがね)になるでしょう。
そしてその彼から薫陶を受けたというか感化されたというか・・・そう云う同じような選手たちが育ってくるのもまた仕方のないことでしょうね。

日本の御旗の元に一つ集い、そして闘う。
それを意気に感じて野球をやろう、やってやろう。そしてそんな日本代表を応援しようという人たちから見れば、落合氏の論理に異質なもの・・・というよりむしろ不快感を感じるはずです。
何が不愉快な感じを受けるのかというと、彼の徹底した個人主義が日本人の感覚に合わないんでしょうね。
個人主義というより必要以上の協調性の無さだものね。
まぁそれが「オレ流」なんだから仕方ないか。
現役の時に「金次第」と公言して憚らなかった灰汁の強さは未だに現役ということでしょうか・・・。

いずれにしても12球団一致団結して協力し・・・・なんていうのは早くも画に書いた餅になってしまいました。
まぁこれは落合氏も述べているように、「行きたい人で闘う」しかないんであって、無理強いしても仕方ないことですしね。
日の丸を背負って野球をすることに大いなるロマンを感じられる選手に集まってもらわなくちゃ、こっちだって盛り上がらない。

今さら言っても仕方ないけど、代表選考基準として「日本を背負って野球をしたい!という少年の様な憧憬を持っている人」って言う条件を最初から作っておけばよかったのに・・・。
私たちが見たいのはイイ試合であって泥仕合ではないんですから。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-24 18:37 | Sports

新そば

当社施工中の現場の一つが栃木県日光市内にありまして、その近くに小奇麗なお蕎麦屋さんを発見しました。
新そばの幟に引き込まれるように・・・。f0056698_0232288.jpgf0056698_0253050.jpg

栃木・日光 そば処 かりわ  特もり

そば畑があちこちに見受けられる土地にも関わらず、地物のそば粉ではなく北海道産のそば粉を使った二八そば。それが逆に拘りを感じたりもするのはへそ曲がりの証でしょうか?
少し濃い目のそばつゆとしっかりしたボディのお蕎麦は、香りと咽喉越しを楽しんでいる内にあっという間に無くなってしまいます(苦笑)。

品書きにおろしそばがありましたので、次回はそちらを頂いてみたいと思います・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-22 00:34 |

秋色戦線異常なし

今日はこの秋一番の冷え込み。東京もかなりの寒さでした。

渋谷・代々木公園そば
f0056698_20234791.jpgf0056698_20212651.jpg


真っ青な空と色付いた樹々の葉のコントラストが鮮やか。
通りすがりに神宮外苑あたりの公孫樹も撮ろうと思ったのですが、まだ緑が勝っていたので今日は見送りました。
もう少し冷え込めば辺りの道路一面黄色く染まることでしょうね。
秋色戦線異状なしです。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-20 20:29 | 風景

運転歴28年

↓の記事で違反の事を書いた後、何気なく自分の運転免許証を見ていたのですが、自分自身の運転歴がもう28年にもなっていました。
あらららこんなに長くなっていたんですねぇ・・・。年も取るわけだ。

ワタシが教習所(東京近辺ではこう言いますが、これは地方によってずいぶん呼称に差があります。ジシャガ、ジコウ、ジガク、ジレン、シャガクなど・・・他のもありますか?)に通っていた頃は、AT限定なんてもちろんありませんし、ましてやワタシの行ってた教習所はマニュアル車もコラムシフトでした(・・・ってタクシーか!)
一般の車はもうほとんどフロアシフトの時代だったんですが、その教習所は古い車を使っていたんでしょうね。
尤もワタシが免許を取得した翌日に初めて運転したのは、ウチの1.5tのコラムシフトのトラックでしたから全然No Problem(←何で突然英語なんだ!)でしたけど。
その日は早朝、約2時間半掛けてオヤジと小田原の現場まで行ったのですが、運転してたワタシよりも助手席のオヤジの方がヘトヘトになっていたのを思い出します。

あれから28年ですか・・・。
「あの時」の18歳の少年も立派な中年オヤジになっちゃって丁度「あの時」の我が父と同じ年齢になっていました。

でもね。
車に乗った時のワクワク感・・・。
それだけはあの頃とあまり変わらない気がしています。
それだけは変わらずに楽しんでいる気がしています。
仕事柄あちこちの現場に行きますが、ちょっと時間があればわざわざ遠回りして知らない街を走ったり・・・。
全然エコじゃないけど、初めて車買った頃とあんまり変わらないな・・・。

初めて自分の車を買ったのは免許を取って3年後の21の時。
一所懸命バイトして買った45万のぼろッちいカリーナのバンでした。
サーフィンに行く足で買った車だけど、海だけじゃなくずいぶんとあちこち行きました。
因みにその車の助手席に最初に乗ったのが今の奥さんです(・・・今初めて気がつきました)。

ずいぶん時間が経ったもんだなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-19 13:32 | 世間話

切符

切符と聞いて最初に何が思い出されるでしょう?

昔の駅の改札のベテラン駅員さんの切符に鋏を入れるリズミカルな芸術的な音・・・。
どうしても捨てられない、初めて彼女と行った映画のチケット・・・。
最近は切符を買う人は少なく、SUICAだのPASMOだの便利な世の中になりました。
昔は後楽園で巨人戦を見た後は、切符売る場が混むから入場する前に帰りの切符を買っておいたモンでしたねぇ。

などとそんな昔をしばし懐かしんでいる場合ではありません。
そんなワタシはつい最近、ロマンの欠片も無い「青切符」を切られてしまいました。
交通違反でございます。
栃木の現場へ向かう途中、東北道の追い越し車線を走っていたところ、非常に紳士的かつマイペースで走っている乗用車の後ろに付いてしまいました。
ところがそのお方が中々車線をお譲り頂けない方でして、しばらく後ろでイライラ・・・。
ようやく車線を開けて頂くや否や、さぁっと追い抜き真ん中の走行車線に入った瞬間ミラーに赤く光るものが・・・。
覆面パトカーが物凄い勢いで急追してきます。
あらららやっちまったなぁ。
こちらは追い越し時に当然スピード違反をしている訳ですから、罰金7,8万円+免停を覚悟しつつ、停車。
ところがお巡りさん曰く「車間距離保持の違反です」。
・・・?
減点1の罰金¥6000。てっきり前述の処分を覚悟していたので、ほっとしました。
どうもすぐに走行車線に入ったのが良かったようで、追い越し車線が空いた開放感でそのまま走り続けていたらエライ事になっていました。
私の今の車はあっという間にメーター読みの180km振り切っちゃいますんで・・・。

残念ながら次回更新ではゴールド免許ではなくなってしまいます。
まぁ自らへの戒めとして仕方が無いことと甘んじて受け止めましょう。

娘にこの話をしたら、「お父さんがゴールドだったのがそもそもおかしい・・・」と言われてしまいました。
自重します。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-19 12:57 | 世間話

円高差益還元

今日はこれで4件目の記事ですか。
実は微妙に暇なんです・・・って言ってもワタシだけですが(苦笑)。現場の職人は相変わらずですけど。
月中のこの時期、仕事の方が今までのペースと少し変わって来ていて、一段落しつつあります。
これも不景気の証なのか・・・忙し過ぎれば忙しいで困るし、暇になれば暇になったで漠然とした不安。
困ったモンです。

それにしてもここの所の景気の冷え込みに合わせるかの様に、関東地方も随分と冷え込む日が多くなってきました。
昨日は納品で栃木の日光まで行って参りましたが、奥日光では早朝は氷点下だったそうで、真冬の到来も間近。
今日は一週間ぶりくらいの青空に、色づいた樹々の葉や遠い山の端までクッキリと見えていました。視力が一気に上がったような感じです。
冷え込み始めた今頃は街の夜景もキレイな時期です。
たまには横浜あたりで素敵な女性と100万㌦の夜景でも見たいものです。

円高差益還元で100万㌦の夜景もお求め安くなっているはずですしねぇ(・・・変わんねーって)。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-13 18:10 | 世間話

懐古

昨日から・・・無性に食べたくて仕方が無いものがあります。

More
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-13 10:42 |

給付金

羞恥心」「悲愴感」に続く新ユニット誕生!・・・それは「給付金
・・・・・・・って違う。全然違うからね。

判断丸投げに反発=給付金の所得制限-市町村

 「無責任」「誤った政策だ」「いいかげんな制度」「言語道断」-。定額給付金に所得制限を設けるかどうかを個々の市町村に委ねると政府・与党が12日決定したことに対し、判断を丸投げされた格好の市町村は一斉に反発した。
 佐賀県多久市の横尾俊彦市長は「国は発案者としての責任ある主体性を発揮すべきだ」、浜松市の鈴木康友市長も「再考していただきたい」と憤慨。高知県安芸市の松本憲治市長は「地方の市町村でそんなに所得がある人はそういない」と、所得制限を設けない意向を示した。札幌市の上田文雄市長も「混乱や市民間の感情的な対立を引き起こす可能性がある」と、同様の考えだ。
 人口が多い大都市は給付事務の混乱を懸念し、東京都杉並区の山田宏区長は「自治体として当惑している」とコメント。別の区の課長も「きちんと所得制限をするのは事務的に極めて難しい。本人の自己申告に頼ることになるだろう」と、実際には機能しないことを逆説的に説明した。
11月12日  時事通信


書き出しからいきなり大ボケかまして見ましたが、それにしてもどいつもこいつも一々面倒くさいですねぇ。
あぁ言えばこう言う。
四の五の御託ばっかり並べたって、結局国民生活は良くなんかなりゃしないんですよ。

世間には、「給付金」だなんて「上から目線で恵んでやるみたいで気分が悪い・・・」だなんて仰る向きもおありのようですが、ワタシャ折角頂けるって言うんだからありがたく頂きますがね。
確かにこれしきで経済効果なんてあるかどうかは疑問ですが、少なくとも一時的、個人的には大層助かるもん(・・・って言うかちっちぇぇなぁオレ・苦笑)。

それでもうこの際だから、文句を言う奴は「給付金いらない」ってことにしましょうよ・・・。
で、いらないって方はワタシに御一報下されば、全国津々浦々まで取りに伺います。
ただいま歳末謝恩キャンペーン期間中ですので手数料無料!

・・・って、↓の記事を書いた同一人物とは思えない位、品格に欠けている事に書き終わった今気がつきました(自省)。


やべぇ。
こんな書き出しで記事書いたら、さっきから「羞恥心」のメロディが耳から離れない。
それも歌詞は・・・

♪「きゅうふきん~、きゅうふきん 俺たちは~」

さぁあなたもご一緒に!・・・って反省してねーだろ、オレ。
[PR]
by kazz1125 | 2008-11-13 10:36 | 時事