<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年越し

テレビの紅白では森進一が「おふくろさん」を歌い終えたところです。

妻は夜勤、長女は職場の方々とカウントダウンだそうで、今年の年越しは次女とワタシだけ。
・・・あとぷーちゃんとメイちゃんととん助がいますが、奴らは員数外・・・だってカウントダウンには参加できないものねぇ。

何かの手違いで夕食の支度は何もされておらず、今年最後の夕食はさっきワタシが買ってきた「吉野屋の牛丼弁当」となってしまいました(苦笑)。
まぁ長い人生ですからこんな大晦日があってもいいでしょう。毎年じゃ困りもんですがね。

今年一年、当ブログにお出で頂いた方々には本当に感謝しております。
2009年の皆様のご多幸をお祈りしつつ、今年最後の筆を収めたいと存じます。
ありがとうございました。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-31 23:34 | 世間話

年の瀬

あっという間に年の瀬です。
平成二十年の仕事納めは、結局は昨日(12/29)になりました。
下請けは本日もう一頑張り、栃木の現場があります。

柄にも無く今年一年を振り返ると、月並みだけど色んな事がたくさんあった一年でした。
個人的にも多々ありましたが、何よりやはり仕事面で厳しい一年でしたねー。
ワタシが今まで経験している中でも最悪の年であるのは間違いありません。
特に鉄材の度重なる値上げと、ガソリンの高騰の影響は多大なるものがありました。
しかしながら、そんな厳しい中でも仕事量だけはとりあえず確保できていたのでまだ救われていたようには思います。もしこれで仕事量が少なかったらと思うとぞっとします。

いずれにしても今年も良く働いた一年でした。
みんなお疲れ様。

来年は・・・闇の中といった感じはどうにもこうにも否めないけど、攻めの姿勢は忘れずにやりますよ。
こんな時だからこそ尚更、行かなくちゃ。
後ろ向いてたんじゃ、先へは進めないからね。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-30 01:44 | 雑感

予定

今年の正月は全然予定が立ちません。
家内は大晦日が夜勤。
長女は大晦日は職場の仲間とカウントダウンで2日から仕事。
次女は大晦日まで練習で、3日から初練習。
辛うじて元日だけ合いますが、実家への年始で終わっちゃうしねぇ。

28日から4日までの8日間の大型連休なのはワタシだけ・・・。
この年末お金も無いし、家事全般をやることになりそうでいやな予感がしています。

まずい。非常にまずい。
ワタシも何か予定を入れなくちゃイカンぞ、これは。
どうしようかな。
思いつかんぞ。

とりあえず大晦日の夜は初日の出暴走にでも参加してみようかな・・・。
あれって年齢制限あるんすかね?(←いい年こいたバカ)
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-23 20:49 | 世間話

カナシイキモチ

スーパーマーケットの
レジの近くの花道には
今年も
クリスマスブーツが山積みにされている

赤や黄色や銀色の
一目でわかるクリスマスブーツには
いつもは一つずつしか貰えない
宝のようなお菓子の山が
零れんばかりに詰め込まれている


PM10:00過ぎ
赤ちゃんを背負って
三歳くらいの女の子の手を引いた
まだ若いママの
買い物かごには半額のシールを貼った商品が三つ四つ
前に並んでいる僕には
失礼ながらあまり豊かそうには見えなかった親子連れ

さっきから
クリスマスブーツが欲しくて仕方が無かった女の子は
幼いながらに
一所懸命あれやこれやの手を尽くして
ねだってはいたのだが
にべも無く突き放した
ママの言葉にとうとう泣き出してしまった

どこででも見られる
ありふれた風景かもしれない
僕の娘の幼い頃も
そして僕自身が子どもだった頃も
変わらない風景 親子の戦い

でもね
泣き出したいのは
きっとママの方なんだ
買って上げたいのは山々なんだけど
先立つものが
どうにも無い時だってあるんだものな

いつか
あの子が大人になってママになった時
今日のママの気持ちが判るかな・・・
きっと判るよね
判ってあげてね

僕も今
あの頃の母の気持ちが
ようやく判るようになった気がしているんだ

悲しいほどね・・・
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-23 20:19 |

得体の知れない奴ら

8独立法人が昼食代「手当」13億円…検査院が廃止要求

 日本貿易振興機構(ジェトロ)など独立行政法人8法人が、給与とは別に「食事手当」などの昼食代補助を、職員1人当たり毎月9150~2000円支給していたことが、会計検査院の調べで17日わかった。

 支給額は最近5年で計約13億円に上る。検査院は「社会一般の情勢からみて不適切」として各法人に廃止を要求した。

 ジェトロ以外の7法人は、新エネルギー・産業技術総合開発機構、中小企業基盤整備機構、都市再生機構、石油天然ガス・金属鉱物資源機構、農畜産業振興機構、国民生活センター、科学技術振興機構。検査院が今年、101の全独立行政法人を調べたところ、8法人でこうした実態が判明した。

 8法人は「省庁などには低料金の職員食堂があるのに、自分の職場にはなく、福利厚生として食事代を補助してきた」などと説明。しかし、検査院の指摘を受け、ジェトロなど5法人はすでに支給をやめた。国民生活センターなど3法人も近く廃止する方針。 12月17日 読売新聞


あのさぁ。
省庁には低料金の職員食堂があるから・・・って、そんなの理由にならねぇだろ。
あんたら省庁じゃなくてただの独立行政法人なんだからさ。

大体民間には社員食堂なんて無い企業の方が多いんだよ、バカ。
そもそもあんたらみたいな何の仕事してるかわからない、得体の知れない無駄の中の無駄「何とか機構」自体が廃止される事を国民の大多数は切に願っているはずです。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-18 00:02 | 雑感

やっかみ

つい半年前の記事。
トヨタ原油高どこ吹く風  純利益過去最高で取締役一人当たり1億2200万円

トヨタ自動車は08年3月期決算の純利益が過去最高となったことを受けて、役員報酬や賞与などの総額を、前期比約17%増の39億2000万円とする案を提示した。

 24日午前に愛知県豊田市の本社で開かれた株主総会で提示された役員報酬・賞与などの総額は前期比約17%増の39億2000万円。原油高など企業の利益を圧迫する資源価格の高騰などトヨタにとってはどこ吹く風といった様子だ。それもそのはず08年3月期決算では売上がそれぞれ過去最高の26兆2890億円、営業利益は2兆2700億円、純利益は1兆7170億円。生産台数も年々記録を更新し、850万台と米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜き世界一を誇る。

 増加の理由としては好調な決算のほかに、取締役の人数が増えたこともあるが、それでも取締役の平均では1人当たり約5%増の1億2200万円。トヨタの勢いはどこまで続くのか。 money zine 2008年06月24日


それが今では・・・
トヨタ:今年度の役員賞与、ゼロに 10億円コスト削減
 トヨタ自動車が08年度の役員賞与(ボーナス)をゼロにする方針であることが13日、分かった。下期(08年10月~09年3月)の連結営業損益が赤字に転落する公算が大きくなるなど、世界的な金融危機で業績が急速に悪化しているため、経営責任を明確にするとともに「聖域なきコスト削減」の姿勢を内外に示す。削減額は約10億円。トヨタの判断は多くの企業に影響を与えそうだ。
 トヨタの09年3月期(08年度)連結業績は9期ぶりの減収減益になる見通し。金融危機の影響で、11月の中間決算発表時に通期の営業利益を前期比73・6%減の6000億円、最終(当期)利益を同68%減の5500億円に下方修正した。トヨタはこれを受け、渡辺捷昭社長をトップとする「緊急収益改善委員会」を発足させ、あらゆる角度からコスト見直しを進めている。

 しかし、その後も販売が落ち込み、外国為替相場も中間決算時に想定した1ドル=100円を大幅に上回る円高水準で推移し、下期は1000億円規模の連結営業赤字、通期でも前期比8割程度の大幅減益は避けられない見通し。幹部は「もうけがほとんどないなら、もらえない」と話しており、来年6月の株主総会では役員賞与の支払い提案を見送る方針だ。役員報酬の減額も検討している。

 トヨタは08年3月期に売上高26兆2892億円、営業利益2兆2703億円と、ともに過去最高を更新。役員報酬・賞与は取締役29人と監査役7人に前年度より17%多い総額39億2000万円を支給した。うち賞与は取締役10億200万円と監査役6450万円だった。

毎日新聞 2008年12月14日 中部朝刊


丸半年経っただけで、景気のこの落ち込みようは尋常ではありません。
それこそ未曾有(みぞうと読みます)の大不況。
・・・ただね、勘違いしてはいけませんよ。
下期では確かに1000億円規模の連結営業赤字かもしれませんが、通期ではまだ黒字のはず。
ある意味今まで儲け過ぎていただけ。
取締役の役員報酬・賞与にしたってこんなに貰ってたとは・・・。

今まで一人勝ちだったんだからそろそろ痛みは分かち合いましょうね。
今回こうなったからって被害者意識を持つのは違うからね。

何とでもおっしゃい。
所詮僻みやっかみなのは百も承知だい。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-17 00:53 | 時事

旗幟鮮明

公明との協力見直しも=衆院選、「比例渡していいのか」-自民・古賀氏
自民党の古賀誠選対委員長は15日夜、都内で各派事務総長らと会談し、次期衆院選について「180の比例代表をみすみす公明党に渡していいのか。自民党の政策で選挙を戦わないと弱体化する」と述べた。比例での公明党との協力関係を見直し、同党への投票呼び掛け禁止を徹底する考えを示唆した発言で、公明党の反発は必至とみられる。12月16日(時事通信)


自民党はだめだねぇ。もう末期症状。
この記事読んで感じたんですけど、これって単に「まず自民党ありき」ってことでしょ?
今まで長く公明と連立組んできて、雲行きが怪しくなってきたらまず自民だけ生き残ろうって、別にワタシは公明党支持者ではありませんが、これはちょっとひどいねぇ。
下の記事じゃないけど、我々が形振り構わず生活を立て直そうと言うのとは訳が違うもの。
仁義なき戦い。
こんなことすりゃ当然ご自分たちだって寝首を欠かれる事もあるんだけどねぇ。
丁度今世間で問題となっている「派遣切り・契約切り」と同じ手法ですな。
こんな輩がこの期に及んでもまだ政権を牛耳ろうとしているんだから、この一事をもってしても今の自民じゃ国民救済が出来ないのが良く判ります・・・。

中川秀直氏や渡辺喜美氏などの反麻生、反自民党執行部勢力の動きにも眼が離せなくなっている今、ただただ保身だけを図ろうとする形骸化した自民党執行部の「ずれてる感」は深まるばかり。

だけど民主もこの大不況に直面してから政権奪取へのトーンは下がり気味だしねぇ・・・。
他の政党は力が無さ過ぎだし・・・。

国のため国民のために本気で政界再編に向けて旗幟鮮明に立ち上がる議員が、そろそろ出てきてもいい頃なんだけどなぁ。
さて誰が先陣を切る事やら・・・。
何でもいいけど早いとこ頼みますぜ。

息苦しくて仕方ねぇや。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-16 10:39 | 時事

青息吐息

師走に入り、どうもブログどころではありませんで・・・。
ニュースで毎日のように流される、巷の不況風はワタシの所とて例外ではありません。
ワクワクするような記事が書けないのは、今の心境がそう云う状態にあると言うことの裏返しでもあるのでしょう。

どうも日本政府は青息吐息の国民を助ける術を持ち合わせていないようですので、何とか自らの手で糊口を凌ぐ術を探さなくてはなりません・・・。
こんな不甲斐無い総理や議員連中を選んじまったのは、とどのつまりは我々国民。
選挙に行かなかった人とて同罪。
真剣に国を考え、生活を考えてくれる方を選ばなかった、全ては自分たちの責任でもあります。
今更文句を言っても仕方が無い。
そんな暇があったら仕事を探さなくちゃ、確保しなくちゃ・・・。


我が家にはまだ食べ盛りの高校生の娘がいます。
職人さんや下請けさんの家には生まれたばかりの赤ちゃんがいます。
クリスマスに「何とかレンジャー」のおもちゃを心待ちにしている幼児だっています。

まずは食わさなくちゃならない。
せめて、せめて少しくらい子どもたちに夢を与えてあげたい。

正直、形振り構ってられない・・・。
何とか生き抜かなくてはなりません。
草の根にしがみついてもこの嵐が過ぎるのを耐え忍ばなくてはなりません。

それくらいの覚悟で行かないと・・・。
今回の大不況はそんな感じを受けてならないのですが、それが杞憂であって欲しいのが本音。

ふと昭和天皇の終戦の詔書(玉音放送)のお言葉「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」が思い出されたのは、いささか不謹慎の謗りは免れないでしょうか・・・。

中小零細にとっては、本当に苦しい年の暮れです。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-16 09:45 | 雑感

行方知れず

内閣支持率急落 麻生首相「すべて私の責任」

 麻生太郎首相は8日夕の自民党役員会で、報道各社の世論調査で内閣支持率が20%台に急落したことについて「すべて私の責任だ」と述べた。その後、首相官邸で記者団の質問に「非常に厳しい数字だ。私への評価だと思っている。景気、雇用対策が不十分だという意見だと思う。きちんとした政策立案をして、これに応えていきたい」と述べ、経済対策に積極的に取り組む考えを示した。

 河村建夫官房長官は8日の記者会見で、「『もっと経済対策などに力を入れろ』という国民の叱咤(しった)激励だ」と強調するとともに、「経済が激流の中で馬を乗り換えられる状況ではない」と述べ、「麻生離れ」の動きを牽制(けんせい)した。 後略  iza 12/8   


そうです・・・内閣支持率急落は全てあなたの責任です。それが?
・・・って不貞腐れていても仕方ありませんね(苦笑)。

一般的に内閣支持率は30%を切ると危険水域などと言われています。
しかしながらここの所の内閣支持率はほとんどがそんな体たらくですので、今更30%だの25%だのと言われた所で何ら驚きもしなくなってしまった事に、驚いています。
良く考えたらこれって日本が「政情不安」である事以外の何物でもないですよね・・・。

今や危険水域どころか溺死寸前の麻生内閣。
民意とは遥かかけ離れた為政は(っていうかホント何もしてないけど)、ついに自民党内の分裂をも産み出しかねない状況にすらなりつつあります。
かつて小泉元総理は「自民党をぶっ壊す!」と公言して憚らなかったが、今まさにそれを実現せんばかりの麻生総理の政治手腕?(良く見えないけど)は我が国を何処へ導こうとしているのか。
行方知れずの日本国。

派遣切り。内定取り消し。リストラ、倒産。
ただでさえ冷たい師走の風に追い討ちを掛けるような不況の嵐が、我々庶民に容赦なく吹き荒んでいます。
それにも拘らず、国民に傘一つ差し掛けることすらできないこの政府の無策ぶりは一体どうなんだろう・・・。

麻生氏の持ち味。
育ちがいいはずなのに妙に泥臭いバイタリティ、そこから生まれる不思議な力強さに、実の所少なからず私は魅力を感じておりました。
しかしながら何もしないのでは、魅力もへったくれも無い。
あれは単なるポーズに過ぎなかったか・・・?

リーダーにまず必要なのは求心力でしょう。
賢愚は二の次でもよろしいかと・・・。
しかしながらその求心力も発揮できず、ましてや下々である国民を守る事のできない宰相。
おまけに漢字も得意じゃないらしいし、ましてや失言王と来た日にゃぁねぇ。


そんな程度のお方なら他にも掃いて捨てるほどいらっしゃいますから、即刻ご遠慮願いたいものだ・・・。
それが我々下々の大多数の意見ではないかと思いますが、果たしてお耳に届くかどうか・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-10 11:00 | 時事

孤高

f0056698_1822513.jpgf0056698_18234619.jpg
f0056698_1825814.jpg
埼玉・東松山  孤高の山に沈み行く夕日。

今朝の関東地方は一番の冷え込み。
昼間はそれほどでもなかったのですが、陽が翳りだすと共に寒さが身に沁みて参りました。
樹上に輝く宵の明星の煌きは、僕が子どもの頃のまま。
天空の星には、人の時間という物差しは余りにも短すぎるでしょう・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-12-07 18:51 | 風景