「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6B

まっさらな紙に
6Bの鉛筆で
力強く、くっきりと

そんなワタシになりたい

もし
間違いに気が付いても
消しゴムなんか使わない
太々と
二本の訂正線を
堂々と引いて

そんなワタシになりたい
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-31 21:04 |

戦々恐々

なぁんか、ここ数日次女が元気がないなぁと思っていたら、昨日学校で部活の直前に発熱・・・。
保健室で検温したら38℃オーバーで、即帰宅命令を下されました。

タイミングの悪い事に、昨日は家内が夜勤で不在。
ワタシも締め切りの迫った見積りと格闘中で、直ぐには帰宅できずにおりました。
やむなく8:00過ぎ仕事を途中で切り上げて一時帰宅してみた所、次女は青息吐息(やや大げさかな・・・)。
とりあえず水分摂取と冷えピタシートで様子見です。
何せもしインフルエンザだとすれば、むやみやたらと解熱剤を飲ませる事は良くないそうですので、昨日現在ではこれくらいしか出来ません。

本日、夜勤明けの家内が次女を連れて病院へ行った所、案の定インフルエンザA型との診断です。
どう考えても彼女の体内にインフルエンザウィルスが入った途端に、ウィルスの方が死んでしまいそうな奴なんですが、今回ばかりは戦いに敗れてしまったようで・・・。

まぁそんな彼女ですから、思いの外今朝は熱も上がらず、今はそこそこ元気にしておりますが、いずれにしてもしばらくは外出禁止状態。
ほとんど休み無くバスケ漬けだったので、少し小休止して心機一転取り組むのもいいでしょう。

それにしても現役スポーツ選手で体力のある次女だからインフルエンザも軽く済んでいるようですが、こっちに飛び火してきたら・・・どう考えてもマズイ。
戦々恐々としております。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-30 00:05 | 世間話

頑迷固陋

官邸主導で農業改革へ 自民、減反転換を警戒

 政府は27日、農業政策の抜本的な見直しを検討する「農政改革関係閣僚会合」の発足と農政改革担当相の新設を正式に決めた。食料自給率(カロリーベース)50%達成やコメの生産調整(減反)見直しなど戦後農政の大転換につながりかねない課題に麻生太郎首相は官邸主導で取り組むことになった。ただ、自民党の一部は、減反政策の廃止を決めたら農業関係者の支持離れが加速し衆院選に影響しかねないと警戒を強めており、新たな党内政局の火種になる可能性がある。

 農政改革担当相は石破茂農水相が兼務する。閣僚会合は石破氏と河村建夫官房長官が主宰し、総務と財務、経済産業、経済財政担当を加えた6閣僚で構成。2月上旬を目標に初会合を開き、7月ごろに取りまとめる「骨太の方針」に反映させるよう議論を進める。

 主な検討課題は(1)農地制度(2)水田の有効活用(3)農業経営(4)農村振興(5)日本農業の国際競争力強化-などが予定されている。

 自民党の農水関係議員らは「減反政策をやめたら日本の農業は壊滅する」と警戒している。
1月28日 産経新聞


またですか・・・。
何か今の政府・与党には日本を良くしようと言う気構えが感じられないんですよね。
何故この危機的状況にある日本で、国益を見据えた上での前向きな農政改革を進めようとした途端に、同じ党内から選挙の動向を気にした後ろ向き発言がすぐさま出てくるのか?
これ自体が自民党が烏合の衆になりつつあることの裏返しではないだろうか。
それより何より国民不在の「まず選挙ありき」なんかで本当に良いのだろうか?

先進国の中でも異常に低い食料自給率が大きく取り沙汰され、これの見直しを図らなくては先々取り返しのつかない事態にもなりかねないというのに、まず目先の選挙ですか・・・。
情けないなぁ。

こんな記事もあります。

農業への就業希望者が増加=雇用情勢の悪化受け

 景気悪化で非正規労働者を中心に失業が広がる中、農業への就業希望者が増えている。全国農業会議所によると、全国の就農支援窓口に15~21日の1週間で計547件の相談が寄せられた。これまで人手不足に悩んできた農業法人も、積極的に採用を進めており、今月に入り全国で正社員23人、パート24人の雇用が決定。新たな就職先として注目を集めている。
 現在も全国143の農業法人で正社員255人を含む計457人を募集中。3月まで34都道府県で地元自治体や農業関係団体による就農説明会も開催される予定だ。(2009/01/23-時事通信)


製造業で働く派遣・業務請負労働者の失業が今年3月末までに40万人に達する見通しなどと言われている今、余りにも2次産業・・・それも輸出産業に偏り過ぎている日本の産業構造を大きく変える契機になるとは考えられないのでしょうか?
ある意味バランスが取れた産業構造に方向修正できる良いチャンスじゃないかと筆者はおもうんですけどねぇ。
ま、いかんせん無力な私如きの考えでは仕方がありませんけどね(苦笑)。

何かね・・・。
今のいわゆる派遣切りなどの問題を見ていても、政府・与党の対応よりも、地方や民間の方が迅速且つ適切に対応されている気がしてなりません。
簡単に言えばありとあらゆるものに柔軟性が無い・・・。
保守本道を貫き通すと言えば聞こえは良いのかもしれませんけど、まさに頑迷固陋。
柔軟且つ真に国民のための政治が必要な今、考え方のみならず岩場の牡蠣のように固く政局にもしがみついている麻生自民には、この難局を乗り越えるのは無理だよなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-28 09:37 | 時事

おててのこたつ

ウチの若い職人さん(・・・っていってももう26になるんだな、あいつ)、自動車運転免許を持っておらず、電車もしくは原チャリでの通勤。
電車はともかく、この寒い冬の早朝に原チャリ通勤なんて、40半ばを過ぎたワタシには到底考えられないことです。
しかしながら彼はだるまのように着膨れして当たり前のようにやって来ます。

昼間はまだ暖かくとも、やはり夕方になればかなり冷え込みます。
つい先程、工場での仕事を終え帰宅する彼に問うてみました。
ワタシ:「それだけ着てても寒いモンは寒いだろ?」
彼:「身体は全然大丈夫ですけど、指先と足先が冷たいッス」

あ~、なるほどなるほど。f0056698_1925636.jpg
自転車乗りのワタシにも覚えがあります。
身体よりも端部が冷えるんですよね・・・。指先、爪先・・・。
冷えるっていうより痛みすら感じますものねぇ。

そんな彼にワタシは実に素晴らしいものを紹介して上げました。
世紀のアイデア商品、その名も「おててのこたつ」!
要は充電式のヒーター内臓の手袋らしいのですが、初めて見たその日からその安直なネーミングに惹かれ、ワタシが気になって気になって仕方が無い商品なのです。
実際に使っている人にお眼にかかった事もありませんし、ここは一つ彼に実際使ってみてもらってその感想なんぞを聞いてみたいもの。

しかしねぇ。
どーもこういうのって、ものすごく気にはなるんだけど、実際買うと案外使えなかったりするモノも多かったりするのも事実。
最初良くてもすぐ壊れちゃったりとかね。
それにもましてこの黒尽くめのバイク乗りの親父の写真が怪しいな。
必殺仕事人でもないのに、こんなに怖い顔で手袋してるのはきっと何か訳があるに違いない。
もしかしたら銀行強盗を目論んでるかもしれませんよ。
この「エンジンかけるまでにすでに暖かい!」って言う、「!」付きの判った様でよく判らないコピーも一際その怪しさを増長している・・・。

う~ん、「おててのこたつ」税込み¥13440。決して安くないしなぁ。
でも写真みたいに本当に手袋の回りがオレンジ色に光るんだったら買いだな・・・(ってそこなんだ・・・オレのポイント。第一、光んねーって)

さっきまで人に勧めといて、実は少し引いてるワタシ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-27 19:00 | 世間話

夕焼け小焼け

埼玉・所沢の入日
f0056698_2318467.jpgf0056698_2320849.jpg



夕焼け小焼け  詞:中村雨紅

夕焼け 小焼けで 日が暮れて
山のお寺の 鐘がなる
おててつないで みな帰ろう
烏と いっしょに 帰りましょ

子供が 帰った 後からは
丸い大きな お月さま
小鳥が夢を 見るころは
空には きらきら 金の星
 

作者の中村雨紅さんは東京・八王子の恩方という山懐に抱かれた里のご出身。
その風景を童謡の詞にしたのがこの『夕焼け小焼け』と言われております。
郷愁を誘われる美しい詞とメロディは時代を越えて受け継がれていって欲しいものです。
この景色のように・・・。

写真は昔とあまり変わらない武蔵野の落日。
全て葉を落とした梢越しの冬の夕日は、何故かしら家路を急がなくては・・・という気になってしまいます。

・・・そう言えば子どもの頃もそうでした。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 23:32 | 風景

大人のおもちゃ

去年の七月にこんなものを買ってしまいまして・・・。

More
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 22:08 | 世間話

一所懸命or一生懸命

一所懸命と一生懸命。
その意味するところは同じ。

一所懸命:中世、1か所の領地を命をかけて生活の頼みにすること・・・とyahoo辞書大辞泉にはあります。
一生懸命:命がけで事に当たること。また、そのさま。・・・と同じくyahoo辞書大辞泉にはあります。


ワタシ的にはどちらかと言うと、一生懸命・・・即ち一生を命懸けで・・・と言うニュアンスの方がしっくりとくるのですが、いずれにしても中々に一所懸命も一生懸命も難しい事であるのは間違いありません。
自らの人生でそれを問えるか否か・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 01:14 | 言の葉

手打ちうどん 安仁屋

f0056698_015160.jpg

埼玉県・入間 手打ちうどん安仁屋 安仁屋うどん 

以前紹介した、武蔵野うどんつるやさんの後に出来たうどん屋さん。

まだお若い女性の店主が打ったおうどんは、飴色掛かった色合いのがっしりとした武蔵野うどん。
ややもするとコシの強さと硬さを勘違いした武蔵野うどんと呼ばれる手合いが多い中、もちもちっとしたした優しい女性らしさの中にある芯の強さ・・・、そんな感じを抱かせる美味しいおうどんを提供して下さいます。
武蔵野うどんらしい、しっかりした豚肉の旨さと和の出汁が利いたこのつけ汁が、休む間もなくうどんを口に運んでくれます。

本日で三度目の訪問ですが、手打ちと言う事もありうどんの出来栄えには未だばらつきがあるようです。
しかしこれも次第にブレが少なくなる事でしょう。

残念なのは・・・大食漢のワタシには大盛りでもまだ足りない事・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 00:35 |

初雪

f0056698_065828.jpg
栃木県・宇都宮市内

本日、現場への納品で朝方から宇都宮に居りましたが、10:00前後から雪模様。
ワタシの今年の初雪です。

次第に降り方が激しくなってきて、冬タイヤではないトラック、ましてやチェーンも持たずに来てましたので、早々に帰路に着きました。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-25 00:09 | 風景

Yes we can!

黒人として初めてのアメリカ大統領が誕生ですか・・・。
メディアのニュースはオバマ一色です。

「Yes we can!」「Change!」
日本以上に激しく傾いているアメリカの舵取りはそれ相当な困難が予想されるのは否めません。
しかしながら力強い彼の言葉は、その困難を乗り越えることも可能にする何かを彼は持っている・・・アメリカ国民ならず我々にすらそう感じさせるものがあります。
アメリカの再建は世界的にもやはり大切なこと。
是非その爽やかな新風を世界中に吹き渡らせて頂きたいものです。

ところで最近見かけなくなりましたが、我が国にもこんなポスターが昨年10月頃にはあちこちで見られました。

斜に構えやや上を見上げた麻生氏の写真に・・・「麻生がやる!」のスローガン。
そう言えば「麻生がやりぬく!」って言うのもあったな。
大笑い。
噴飯ものです。
「麻生は何かやれ!」ってパロディでポスター作りたくなりますよ・・・マジでPCで作ってみようかな。
「・・・やりぬく」って、あんた任期満了まで総理大臣やり抜くって魂胆かっ?って突っ込みいれたくなりますしね。

何か違うんですよね。オバマ氏の「Yes we can!」とはまさに似て非なるもの。
それぞれの文言とも非常に単純明快ではありますが、その言葉の重さが何処にあるのでしょうか。
思うに、誠心誠意国民のために立ち上がっているか否かの違い。
魂魄を籠めて政に向き合う姿勢の違いなんでしょうね・・・、それが言葉の重みの差になっている気がします。

今まさに我が国にも必要な真の「Change!」。
小泉まやかし改革ではなく真に国民生活を向上させる改革。
それができるリーダーが日本にも必要なんですよねぇ。
「Yes we can!」と言い切れる人材を探さなくちゃ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2009-01-21 09:41 | 時事