<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東国原知事=「そのまんま東」

“東国原騒動”の余震続く 古賀氏に批判矛先

 自民党の古賀誠選対委員長が23日、宮崎県庁に出向いて東国原英夫県知事に次期衆院選へ自民党から出馬するよう要請したことをめぐり、与党からは24日、厳しい反応が相次いだ。

 自民党の細田博之幹事長は24日朝、都内で記者団に、「党として(東国原氏へ出馬要請を)正式決定したものではない」と指摘。東国原氏が「総裁候補」を出馬の条件としたことについては「そんなこと(出馬)を考えていないと言う代わりに、ジョークのような感じで答えたわけだ」と述べた。

 公明党の漆原良夫国対委員長も国会内で記者団に、“東国原騒動”について「今の段階ではプラスにならないでしょうね」と語った。

 自民党参院議員総会では、丸山和也参院議員が「バカバカしい。選挙責任者が外から力を借りるようなことで、自民党が本当に改革していくエネルギーを示せるのか。本当に情けない」と批判の矛先を古賀氏に向けた。さらに「『自民党にエネルギーがないので力をお貸しください』と選挙責任者が言うのはすでに敗北だ。党には人材がいっぱいいる。古賀氏の責任を追及すべきで、場合によっては辞任してもらうくらいのことがあっていい」と訴えた。

 同僚議員から拍手がわいたが、丸山氏は民放テレビ番組で知名度を増した“タレント弁護士”出身だけに、議員総会後には「なんで丸山さんが怒るのかな」との声も出た。

 一方、民主党の輿石東参院議員会長は、党参院議員総会で「驚くばかりだ。(東国原氏が自民党を)バカにしたようにも受け止められる。自民党が何を考え、どうしようとしているのか皆目わからない」と皮肉った。
                                      6月24日 産経新聞


自民党選対委員長の古賀氏の責任云々なんてどうだっていのですが、それにしても東国原知事もやりますねぇ。
「自民党総裁要求」発言が本気であれシャレであれ、騒げば騒ぐほど代議士連中の品は下がり、東国原知事の注目度、存在感は増してゆく・・・。

東国原氏はその言葉に対して「至って真剣」と発言されていますが、確かにシャレだけで言う言葉としてはいささか重すぎるでしょう。
まだ県知事として一任期もやり終えていない彼が、今国政の場に躍り出るためには、つまりそれくらいの覚悟が必要だという事。
自民党側も襟を正してのの自民党からの出馬要請だったのか否か。

その辺りを十分考慮した上での、彼の総裁候補発言であったのではないか?
確かにシャレとも取れる発言ですが、それだけでは済まないこの発言。
もしそれをシャレにしてしまえば、所詮彼は「そのまんま東」だと言われてしまいます。
よって彼の出馬する意思は十分だと筆者は考えます。


それにしてもこの発言を受けての自民党議員の大人げない反応は面白かったですね。
中には「ついこの前までお笑いやってた人だろ?」と露骨に不快感を露わにする人もおられました。
その通りです。
ついこの前まではビートたけしの弟子、「そのまんま東」だった東国原知事。

切れ味の鋭さは師匠譲りです。
[PR]
by kazz1125 | 2009-06-24 18:30 | 雑感

「迷」という文字。
行きつ止まりつしながら進むこと、あるいは急いで行くことを表す辵部(ちゃくぶ)つまりは「しんにょう」に「米」で出来ています。

「米」を探し求めてさ迷い歩くと言う様な意味合いなのでしょうか・・・?。

人は生きている間に何回くらい迷うものなんだろうなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2009-06-21 23:35 |

忙中閑ナシ

ようやく休みは取れたのですが、それにしても今週も相変わらず忙しい・・・。

俗に「身体が一つじゃ足りない」などと申しますが、本当にそう感じております。
普段は重い身体を持て余し気味なのに不思議です。

明日・・・じゃなくてもう今日になっちゃいましたが、本日は取引先の災害防止協議会なるものの「総会」がありまして、その後「懇親会」・・・でさらにその後「ご接待」。
おそらくは午前様になっちゃうんだろうなぁ。


今から100年近く昔、イギリスに「ジョージ・マロリー」という登山家がおりました。
彼は「あなたはなぜエベレストを目指すのか」と問われ、「そこに山があるから」という名言を残した人です。

そうです。
山のことさえ忘れてしまえば、山には登る必要は無い・・・。
工場事務所の机の上に聳える見積図面の山のことは、この際だから忘れてしまいましょう。
・・・って明日苦しむのもどうせワタシなんですがね。

あぁ、久しぶりにの~んびりと美味いうどんとかラーメン、食いてぇなぁ(懐石とかフレンチじゃないところがワタシらしい・・・って自慢にもならないけど)。
ここのところ時間が無くてコンビニ弁当かマックのドライブスルーのハンバーガーばっかり。

忙しない昼飯って何気に一番堪えます。
[PR]
by kazz1125 | 2009-06-03 00:14 | 世間話

親バカ

昨夜でようやく24時間体制の工事も終了し現場も一段落。
我が社の職人さんたちも久しぶりのお休みです。
そこでワタシも(ワタシは本当はまだまだやることが山ほどあるのですが・・・)尻馬に乗ってお休みを頂き、本日次女のバスケのインハイ予選・2回戦(次女の学校はDシードのため初戦です)の応援に、生憎の梅雨の走りのような雨模様の中、巣鴨まで出掛けて参りました。

次女の高校は第3試合。12:00丁度始まりの予定です。
体育館に着くと、そこはもうメガネも曇らんばかりの熱気に包まれ、一つ前の第2試合が行われておりました。
ピロティでは、既に終了した第1試合の負けチームなのでしょう、先生も生徒も皆涙に包まれながら最後のミーティングをしているチーム。
そう・・・負けたチームの3年生はこれで引退です。
何度も見てきた光景ですが、これも胸を打たれます。
一所懸命やってきたが故に流せる涙・・・。
しかしながら明日は我が身です。
何せこの大会の最後まで笑っていられるチームは全国でたった1つしかないのですから・・・。

とりあえず次女の高校は初戦突破です。

1ピリは30対28の2点ビハインドで終わってしまい、一時はどうなることかと思っていたのですが、2ピリ(因みに今のバスケは1ピリ10分で4ピリまでの勝負です)は我が娘の6連続3ポイントシュート(←親バカと言うなら言え!・・・ってホントもの凄かったです。マジで鳥肌立った)などであっという間に20点近い差をつけ、そのまま逃げ切り。
序盤、相手ペースで進んでしまい、「マジやばくね?」って感じでしたがよく盛り返しました。
よその親御さんからもお褒めを頂き、素晴らしい試合を見せて貰いました。

部屋はウルトラ汚ねーし、親の言うことは86%聞かねーし、今朝なんか風呂場で髪切ってそのまま出掛けやがって風呂掃除しようと思ったオイラを貞子が出たかと思うほどびっくりさせやがるし・・・そんなふざけた次女ですが、ある意味親孝行なのかもしれないなぁ。

親バカにさせてくれる娘がいるって・・・こんな幸せなことは無いものねぇ(←再度親バカです・・・わっはっは)



これも今日勝ったから言えるんですけどね(笑)。
[PR]
by kazz1125 | 2009-06-01 00:38 | 籠球