<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

灯り

この店に初めて訪れたのは、丁度3年位前の、昨夜と同じく寒い冬の晩だった。
そうそう、高校バスケ保護者会の新年会の二次会で同席した方が紹介してくれたんだっけなぁ。

それから3年。
娘たちが卒業してからは、中々集る事も少なくなってしまったけど、かつては事あるごとにこの店に集まり、飲みそして唄い、時には口論し・・・気が付けば朝の3時なんていうこともしばしば。
どこよりも気を遣わない大切な場所だった。
f0056698_11113587.jpgいつもはマスターが一人で、忙しい時は美人の奥様がお手伝いに来て・・・。

マスターの手が空いたら、一緒にビールのグラスを傾け、そしてアコースティックギターを爪弾いてくれる。
時にはマスターの生演奏で唄い、隣り合わせた知らないお客さんとも意気投合!なんてこともまたいつもの風景だった。


「今月一杯で店を閉めるらしい・・・。」
今はただの飲み仲間となった(笑)バスケの顧問の先生からそんな連絡を受けたのが先週の金曜日だった。

そして昨日。
いつも迷惑掛けた顔ぶれで、集まれる奴だけ集まろうということで集ったのは月曜にも関わらず7人。
いつものように時間が許す限り歌える限りの歌を歌った。

f0056698_11112171.jpg

壁に掛けられたバンジョーや、席の奥で埃を被ったままの何本かのギター。
一つ一つが、ここで過ごした時を語り掛けてくるように、静かに静かに僕らを見守っていた。


今日、アコースティック酒場 Patioの灯りは静かに消えて行きます。

マスターお疲れ様。そして本当にありがとう。
カウンター越しにたばこをくゆらせながら、僕たちのくだらない話をニコニコ聞いていたあなたの姿にはもう会えなくなっちゃうんだね。
でも又いつか会えたらいいな。あなたはともかく(笑)あなたの弾くギターを又聞きたい。

おいらと一緒で尿酸値高いんだから、身体には気をつけてね。
お元気で。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-31 12:04 | 雑感

寒気団

昨日の雪には参りました。

夜の8:30頃に会社を出ようとしたら、すでに積雪5センチほど。
普段は2,30分で帰宅できるところを、1時間半かけて這う這うの体での帰宅となりました。

テレビの天気予報やニュースでは「最強寒波」だの「大寒気団」だのと、寒い冬を強調するような言葉ばかり。どうやらラニーニャ現象の影響らしいのですが、素人にはなかなか理解できないこの冬の寒さです。

どちらかというと「アッキーニャ」の方がおぢさんは好きです。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-25 23:00 | 世間話

魔法使いの少年

ACジャパンのCMに『魔法使いの少年』というのがあります。

私の大切な方!(笑)から「HPで見つけて、とっても素敵だったよ~」と言うメールを頂きました。
ラジオ好きな私は実はよく耳にしていたのですが、タイトルは知らなかったので言われても気が付かず、HPの動画を見て初めて「あぁこれかぁ」と再認識した次第なのですが・・・。

仕事疲れの帰り道。
押しボタン式の信号が赤に変わり、私は車を停めた。

「はぁ―」
ため息がこぼれた、次の瞬間、
私は魔法を掛けられた。

横断歩道をわたり終えた男の子が、
私たちに向かって、丁寧に頭を下げたのだ。

思いがけないその仕草は、
私を、対向車のひとを、
一瞬にして笑顔に変えてしまった。

「ありがとう」の気持ちには、
思いもよらない力がある。


画像の無いラジオCMの方が私としては心に響くと思うのですが、こういう気持ちは心の何処かに留めておきたいな・・・そんな風に思わせてくれるCMです。


・・・とここまで書いてふと思い出しました。
私も似たようなことをこのブログで大分以前に書いた事があるな。
これだ・・・お互い様

これ・・・5年も前の記事だねぇ。
何よりも移り行く時の早さに驚かされます・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-25 11:08 |

人間五十年

織田信長の好んだ幸若舞の敦盛に
「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」

と言う有名な一節があります。

要は人の世の50年なんぞは、下天(仏教の六欲天の一番末席・・・かな? してその一日は人の50年だそうな)の1日にしか当たらないほど儚いものという意味・・・らしい。

どうも曖昧な解釈のまま引用するのも申し訳ないのですが、何故そのようなことを記し始めたかと言うと、今年私は50歳になってしまうという、何だか恐ろしいような事実が差し迫って来たからなのです。

若い頃の私が抱いていた50歳のイメージは、「収入」「社会的地位」「年齢なりの深み、落ち着き」・・・そういった諸々が重なり合っての立派な大人と言うイメージだったのですが、実のところはどうでしょう?
今私自身を振り返ってみても汗顔の至り。
とてもとても上記のような状況には至っていない・・・どころか程遠いのが現実です。

とは言えこの半年足らずの内に、私の収入が上がって、社会的地位が向上し、年齢なりの深み、落ち着きが急激に増す・・・などと言う事は、どう考えても考えられないのでこれはもう諦めるしかないだろうと言う結論に達しました。

しかしながら、良く判ってもいないいないのに達観したような50歳よりも、好奇心や向上心を失わないある意味若々しい50歳になれれば、それはそれで良しだろうと・・・そう思っております。

100歳まで生きるとすればまだ半分ですからね~。
もしかしたら150歳まで生きれば1/3だし・・・・さすがにそれはねーな。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-24 15:10 | 雑感

再びの・・・

ここに来るのはどれくらいぶりなんだろう。
何となく余裕が無くてブログどころではなかったんだけどさ。

・・・そうだ。
6年前の2006年1月31日のこのブログの一番初めの記事、タイトルは「一期一会」だったっけ。

人生半分。
遅まきながら、ぼちぼち行ってみようかな。
そんな感じ。

出逢いに感謝しつつ、歩いて行きましょう。
あの空を見上げながら、あせらずのんびりと。
徒然なるままに…。


こんな事書いてたっけね・・・。
徒然なるままにか。悪くないね。
また書き始めてみようかね・・・。

テンプレートも昔に戻してさ。
[PR]
by kazz1125 | 2012-01-14 19:25 | 雑感