<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

蓋はできない

僕が子どもの頃、原子力といえば輝かしい未来をもたらすエネルギーのイメージがあったように思う。
手塚治虫さんの鉄腕アトムなどがその顕著な例だろう。
アトムの妹はウランちゃんだったしなぁ。

それは唯一の被爆国である日本の、願望・・・もしくは切なる願いとでも言うべきものが秘められていた故なのかもしれないなどと最近思ってもいるのだが・・・。

それにしても震災以降の原子力発電に関する問題。
未だにエネルギー政策の土台が大きく崩されてぐらぐらと揺らいでいるのに、新たな具体策が何一つ出てこないって、この国の為政者たちは何をしているんだろう。

「誤魔化す。」
どうもそれで今まで来ていたから、今後もそれで行っちゃえ見たいなのが見え隠れしていて物すごく不愉快だ。

原子力。
確かに・・・確かに安全なものなら良いでしょう。
だけどさ。
もしまかり間違ってしまった時に、それもまかり間違ってしまった時の対処法も確立されていないものを・・・、地球環境規模の環境破壊が起きるリスクのあるものを、運用するって有り得ないだろう。
それもエネルギーを得るためというよりも、どちらかと言えば利益を生むためのもの・・・じゃねーのか?

いい加減に莫大な利権だのにしがみついて真実を曲げるのは止めにしねーか。
原子力の安全神話」という言葉があるけど、「神話」ってことは、逆に言えばただの「作り話」ってことなんだぜ?
現に3.11にそれは崩壊してしまったわけだし。

放射性廃棄物の問題だってそうだ。
とどのつまりは最終的には「埋めちゃう」・・・訳でしょ?
うんこじゃねーんだから、「埋めて臭いも無くなって良かったね~。土に還るね」って訳には行かない。
埋めたところで放射能を何十年も放ち続けるわけだからそれでお終いにはならねーだろう。

今回ばかりは臭いものには蓋じゃぁ通用しない。
蓋なんか絶対にさせちゃダメだ。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-31 10:40 | 雑感

最後の卒業式

去る19日は長女の専門学校の卒業式。
おそらくは彼女にとって最後となるであろう卒業式ですので、私も出席させて頂きました。

思い起こせば2年半前。
紆余曲折を経ての高校を卒業後、一旦は社会へ出たものの、何も無いことに気がついたのでしょう・・・。
突然の専門学校入学宣言。
学費は何とか工面しましたが、果たして決意の程は如何許りかと・・・親としては少々不安もあったのですが、無用な心配でした。
その後私たちの離婚などもあり、いささか精神的に不安定な時期もありましたが、最後には卒論も優秀賞を頂くなど、アルバイトをしながらも学業もきちんとこなしていたようです。


さてこれからは自身の学んだ分野で働く社会人。
また幾たびかの壁にも当たる事でしょう。
それでも持ち前の勤勉さだけは忘れずに頑張って貰えたらなぁと思います。

子育ての一段落感と共に感じる、父のささやかな願いです。、
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-23 18:27 |

昼餉

少し早めの昼食

僕はいつもの
セルフ方式の定食屋さんで
いつものごとく一人ぽつんと食べていた

しばらくすると
カウンターの向かい合わせの席に
年配の夫婦連れが座った

地味な色合いの古びた上着
少し傷んだ靴とバッグ

二人のトレイには
かぼちゃの煮物と鳥のから揚げと
ご飯の大盛りが一つとお味噌汁のお椀

そのささやかな昼餉を
彼らは二人分け合って
楽しそうに・・・
本当に楽しそうに話しながら
食事を始めた

少し羨みながら
僕は席をそっと立った
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-23 12:39 | 風景

一年

一年前の3.11、東日本は言うまでもなく、日本と言う島国を大きく揺らした東日本大震災。

亡くなった方、15854人。
行方不明の方、6434人。
未だに34万人の方が避難生活をされているという状況です。

思う事、感じる事・・・たくさんあります。
でも今日は余計な事は言いますまい。
お亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

そして日本は、今日から改めて踏み出しましょう。
そんな気持ちがなくちゃやってられない。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-11 11:53 | 雑感

失笑

首相「18歳からずっと喫煙」=慌てて訂正―参院決算委

たばこは18歳からやめたことがない―。9日の参院決算委員会で、野田佳彦首相が法律で禁じられている未成年喫煙を「告白」し、慌てて訂正するハプニングがあった。

 政府のがん対策に絡み、公明党の松あきら氏が愛煙家の首相に「率先垂範して禁煙宣言してはどうか」と迫った。これに対し、首相は「いや、参りましたね。喫煙率が下がっていくことは望ましいと思いますが、私、18歳からずっとやめたことなく貫いてきてしまいました。受動喫煙には気を付けたい」と笑顔で答弁。

 場内がざわめき、問題発言をしたことに気付いた首相は、青ざめた表情で「あ、すみません、二十歳からです」と訂正した。松氏は「ここは目をつぶるから、しっかりやって」と決断を促した。 2012年3月9日


バッカじゃねーの? 
頭の中は消費税増税で一杯なんだか知らないけどさ。
幾らなんでも・・・公式の場の答弁でこれは情けないねぇ。

笑うしかない・・・首相の支障ある答弁に失笑。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-09 21:07 | 世間話

無関心

<立川孤立死>母娘、死後1カ月経過 市「住宅公社に遠慮」

 東京都立川市の都営アパートで90代と60代の母娘と見られる遺体が見つかった問題で、立川市と都住宅供給公社は8日、記者会見し、遺体発見までの経緯を説明した。市はアパートを管理する公社から「住民と連絡がとれない」と通報を受けながら5日間放置したことが明らかになっており、市高齢福祉課の土屋英真子(えまみ)課長は「公社が(室内に)踏み込むかどうか判断すると思っていた」と釈明した。

         ~  中略  ~

 公社は3月1日、水道メーターや郵便受けを確認。2日には市に通報するとともに、親族に連絡したが、安否確認はできなかった。6日に再訪したものの、状況に変化がなく「2人暮らしなので緊急性はない」と判断し、室内には踏み込まなかったという。公社の小室明子総務部長は「入室判断には親族の了解が必要で、難しいケースだった」と述べた。

 一方、2日に公社から通報を受けた市は同日中に民生委員に連絡し、民生委員から「安否確認できない」との報告を受けたにもかかわらず、7日に警視庁立川署に連絡するまで動かなかった。5日間放置したことについて土屋課長は、市と公社の間に緊急時の入室に関する取り決めがなかったことを挙げ、「公社への遠慮があった。見守り体制を見直したい」と述べた。毎日新聞 3月8日(木)


市が公社へ遠慮って?何を遠慮することがあるんでしょうね?
気がついた時点で早く安否の確認がされていれば、一命を取り留める場合だってあるだろうに・・・。

昨夜のニュース。
市役所、そして住宅供給公社とも会見に応じた担当責任者の両名の女性とも、映像を見ている限りでは、なぁーんだかお互いに責任転嫁をしているようなそんな印象を受けて物すごく不愉快でした。
「すみません」「ごめんなさい」って言葉は自分たちを不利にするから口が裂けても言わないんでしょうね。
それとも言っちゃいけない決まりなのかな?
・・・それって人としてどうよ?って感じ。
この期に及んで「お役所仕事」の模範事例を見せられて、厭な気分になったのは私だけではありますまい。

高齢化の一途をたどる日本ではこのような事例はますます増えてゆきます。
それにしても以前にも時折同じような事もあったにも関わらず、行政は何等対策を講じていないんですねぇ。
何なのかなぁ・・・無関心なんでしょうか??
「見守り体制を見直したい」って今頃になって言ってることが、大体おかしくないですか。
「見守り体制を見直したい」って言ってる行政を見張らなくちゃなりませんね。


繰り返されるこんな事態に「・・・いい加減学習しろよ!っていうか馬鹿じゃねーの!?」
「ボランティアでお役所勤めしている訳じゃねーんだから、頂いているお給金なりの仕事しろよ」
・・・って思う向きが大多数かと・・・。

あぁこれ、私が言ってるんじゃないんですよ。
近頃時々天の声が聞こえるもんで、代弁しただけです・・・。
老いた両親が二人暮ししている私には無関心じゃいられないんでね。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-09 09:59 | 時事

無力感

来月発足の原子力規制庁 課題山積、国会審議も始まらず

 東京電力福島第1原発事故を受けて原子力規制機関「原子力規制庁」が来月、環境省の外局として発足する。しかし、設置に関する法案の審議はいまだに国会で始まっていない。細野豪志原発事故担当相は「これまでは規制そのものを正面からやる組織になっていなかった」と発足に向けて意欲を語るが、国会の事故調査委員会からは、調査結果が出ていない段階での発足に非難の声も上がる。(原子力取材班)

産経新聞 3月8日(木)


日本周辺は地震の活発期に入ったなどと、メディアでも実しやかに喧伝されています。
震災以降、確かに地震の数は如実に増えていますし、素人考えでもおそらくそうなんだろうと思います。
震災から1年。
そして1年という時の長さ。
地球規模ではきっとほんの一瞬なのでしょう。
でも人間にとっては人生の何十分の一かのとても大切な貴重な時間です。

自然の力の前では、本当に無力感に苛まれます。

しかしながら原発事故は根本が違う。
原発という利権にありとあらゆる者が群がりたかって、安全などというものはお題目にしていた結果がこの体たらく。
その人間にとっての大切な時間すら奪いかねない原発事故に対して、なんら手を打てない無策な政府と行政、そして電力会社にものすごい憤りを感じます。

何一つ制御出来ないものを安全だと堂々と宣言して国民全てを欺瞞し続けてきたのは誰なんだ?
責任はどこにあるのか?

まずは行動ありき。
今は理屈をこねている時ではなく、全身全霊を傾けて収束に向かうべき時ではないのか。
本当にこの国を守ろうという意識が無くては、この事態は絶対に収束なんて出来ないぜ・・・。

国より人より・・・そんなに金が大切だったのか?
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-08 12:32 | 時事

去り行く冬だからこそ

季節の変わり目らしい、思いも寄らない暖かさ。
それでも日陰にはまだ先日の雪が黒くなって残っていたりもします。

今年はもう雪はたくさん・・・などと思っていたら、ふと聞きたくなった曲。
去り行く冬だからこそ、そして春という別離と出逢いの季節だからこその仕業かもしれません。

なごり雪

この曲はこのブログ2度目の紹介になりますか・・・。
僕がギターを弾き始めた頃の、いわば原点に近い曲です。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-07 10:46 | 音楽

白黒

テレビ・ラジオ・・・はたまたネットでもオセロ・中島さんの話題がひっきりなしに登場・・・。
今朝も日テレのスッキリなんかでは加藤さんとテリー伊藤さんがしたり顔で論じ、その裏では小倉智明氏が無用な心配をしている始末。

あのさぁ。
これって一般の人たちって誰か興味持ってるのかしらん?
果たして必要な情報なのかぁ?

別に中島さんが犯罪犯した訳でもなし、ただ怪しげな占い師にマインドコントロールされているかもしれない・・・。その挙句の果てに家賃を滞納しちゃってる・・・って話でしょ?(←何だかんだ結構知ってる私・・・テレビに洗脳されたか!)

今まではあまり気にもしていなかったんだけど、何だかメディアだけが大騒ぎしている気がしてならなくてねぇ。
少なくとも落日の感ある日本経済のニュースや、震災から一年経とうとしているのに一向に進まない被災地の復興、原発問題のニュースなどと並べて報じられる問題じゃなかろうと思うのですよ。

失礼ながらそれほどの大物芸能人とも思えないし・・・なんでですかね。
オセロだけに白黒はっきりさせたいって事でしょうか・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-07 09:53 | 世間話

という言葉。
各地で震災復興のスローガンにも使われ、また2011年の「今年の漢字」にも選ばれて、目にすることが非常に多くなった言葉です。

絆とは元来動物を繋ぎ止める綱のことを指したらしいのですが、今は人と人との結びつきを示す言葉になっていますね。
家族の絆。
友だちの絆。
愛する人の絆。

糸偏に半分と書いて
糸の端と端を半分ずつ持って繋がっているんだよ・・・それが本当の絆の意味だよと思う方が私にはしっくり来ます。


ところで2010.4の記事に「泣かせやがって」というのがありまして。
そこで紹介した東京ガスのCMの動画、削除されていて久しかったのですが、you tubeでたまたま見つけたので、アップします。

家族の絆。





はは・・・久しぶりに見てまた泣けた。
だって、チャーハンべちゃべちゃで本当に不味そうなんだもの・・・ってそこかい!。

ところで「絆」は深めるもの?それとも強めるもの??
ま、どっちでもいいか。
「大切なもの」・・・それでいい。
[PR]
by kazz1125 | 2012-03-02 17:35 | 言の葉