歩み

失くす事なんて
何も恐くないんだよ

だって初めは
誰だって
何も持ってなかったはずだもの

確かに
残念なことはあるのは否めないけど
また新しいものを探すのも悪くない

とにかく
歩き始めてみようね
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-26 19:04 |

携帯電話

携帯であなたと話している

今だけが
あなたを独り占め出来る
唯一無二の時
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-26 17:36 |

謎の混迷バラバラ内閣

社民党党首の福島みずほ氏は野党時代、歴代内閣が変わるとその内閣を揶揄して、「○×内閣」という穿ったネーミングをプレゼントしていたものでした(その表現が余り上手いとは思えませんでしたが・・・)。

連立与党の一員となって、さすがに自称するわけにも行かなかったでしょうから、今回は私が表題のネーミングを遅ればせながらプレゼントしましょう。

福島氏、沖縄知事に共闘呼び掛け 辺野古移設阻止で

 沖縄県を訪問した社民党党首の福島消費者行政担当相は25日午後、仲井真知事と県庁で会談し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設阻止に向けて共闘を呼び掛けた。仲井真知事は、辺野古を含む県内移設の実現性に関し「厳しい」との認識を重ねて表明。福島氏は会談を踏まえ、鳩山首相に辺野古移設撤回をあらためて求める意向。  2010年5月25日 共同通信


鳩山総理も訳わからんけど、この人も本当に訳わからん。
みんながみんなバラバラ勝手にやってたら舟は進まんわな・・・。

何でこの人たちが内閣にいるのかがもはや謎・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-25 19:15 | 時事

コラボレーション

コラボレーション:collaboration
[名](スル)異なる分野の人や団体が協力して制作すること。また、制作したものをもいう。共同制作。共同事業。共同研究。協業。合作。コラボレート。コラボ。「部門を越えて―することで新しい発想の商品を生み出す」
                                                         大辞林より引用

世間では「コラボ」という言葉がよく聞かれます。
融合させることによって生まれてくる新しいものといったニュアンスも含まれていると思います。
だからと言って、何でもかんでもコラボレートすれば良いって物でもないでしょうが・・・。

埼玉県・狭山市 手打ちうどん・如水  チャーシューうどん(仮名・試作品)f0056698_1042594.jpg

うどんにチャーシュー・・・?
肉うどんはどこのうどん屋さんにもありますが、さすがにチャーシューが乗ってるのは初めて。
んで味はどうなのよ・・・?と食したところ、煮干の香り漂うしゃきっとしたおつゆと、若干甘めのチャーシューと、優しいうどんが見事に渾然一体となっております。
どれもがお互いの邪魔をせずに引き立てあっている・・・そんな感じ。




これはやられた。
早くレギュラーメニューにして欲しいな。

見事なくらいのコラボレート。

民主党と国民新党と社民党のコラボとは全然違いますな。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-20 10:50 |

糸。
あの細い一本一本が紡がれて紡がれて、一枚の布が出来てゆく。
人の出逢いもまた同じ・・・。

中島みゆきさんの隠れた名曲をBank Bandがリリースした佳曲。

今ワタシの心に何よりも語りかけて来ます。



糸   詞・曲 中島みゆき

何故巡り逢うのかを 私たちは何も知らない
何時巡り逢うのかを 私たちはいつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 二つの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織り成す布はいつか誰かを
暖め得るかも知れない

何故生きてゆくのかを 迷った日の跡のささくれ
夢追いかけ走って 転んだ日の跡のささくれ
こんな糸が 何になるの
心許無くて 震えてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織り成す布はいつか誰かの
傷を庇うかも知れない


縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき人に出逢えることを
人は仕合わせと呼びます

[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-13 11:30 | 音楽

足跡(そくせき)

5月4日。信州諏訪への小さな旅。
諏訪大社上社本宮の御柱祭の里曳きの日に当たります。(ニュースでよく見る山引きした御神木を神社の境内に建てる行事)

御柱祭が見たかった訳ではなく、諏訪大社の本宮をお参りしたかったのですが、運良く(運悪く?)その日にバッティングしてしまったという事で・・・(汗)。


それにしても尋常ならざる余りの人の多さに、昼間の参拝はあきらめて一時退避。
次なる目的地の周辺の古城跡へ参ります。

f0056698_1045236.jpg
f0056698_1062077.jpg

かつて諏訪大社の大祝(おおほうり)であった諏訪氏所縁の上原城跡。
f0056698_107338.jpg
f0056698_108553.jpg
そしてその最後の諏訪氏当主であった諏訪頼重が武田信玄に追われ逃げ込んだ最後の砦、桑原城跡へ・・・。

御柱祭の喧騒とは打って変わって、行き交う人もほとんどないない静けさそのものの山中には、遺構と思われるものもほとんど無く、幾星霜を耐え忍んできたであろう土塁や磨り減った岩が静かに迎えてくれました。
眼下に広がる諏訪の町と諏訪湖は一足早やの初夏の日差しにキラキラと輝いています。

かつてこの景色をここから眺めていた兵達の思いや如何に・・・。

f0056698_1017481.jpg

この後、諏訪湖畔に向かいしばしの散策。そして3:00頃、遅い昼食にお蕎麦を頂きました。
そば処更科・・・とお品書きの写真は撮りましたが、肝心のお蕎麦は・・・あらら食べるのに夢中で撮るのを忘れた(苦笑)。 連れのお友達と田舎そば三人前を半分こして頂いたのですが、まぁ普通に美味かったです(ベタなほめ言葉ですが・・・、まぁそんな感じ)。




PM4:00過ぎ、さらに足を延ばして信州・伊那高遠まで向います。
先の諏訪頼重が娘で武田信玄側室であり勝頼の母である、歴史小説上では由布姫、湖衣姫、諏訪御寮人・・・などと呼ばれている方(正式なお名前は残されていません)のお墓があります建福寺へ。
PM5:30頃、辛うじて日没前に着く事ができました。
ほどなくお墓を見つけることが出来ましたが、傾斜地に作られた墓地にひっそりと苔生し佇んでいる墓石に書かれている文字は辛うじて判別できるか否か・・・。
時の隔たりを感ぜずにはいられません。
それでもどなたかが手向けられたばかりのお花が、ここが姫のお墓であると少しだけ主張しているようでもあります。
私たちも少しばかりのお花をお供えしてそっと手を合わせ、思いの丈を少しだけ御話させて頂いて参りました・・・。
そしてここでの時は驚くほど静かに流れています。


そこから再び諏訪へ戻ります。
6:30頃、日も暮れ始めたこの時間、さすがに諏訪大社の喧騒も落ち着きを見せておりました。

f0056698_10414074.jpg
このようにニュースなどでも良く見られる山出しされた御神木を、これまた人力で境内に建て上げます。
この神事がもう1000年以上定期的に行われ続けている・・・。
人の意志、神への敬意・・・そんな言葉では表せない程の神々しさが、暗くなり始めて人影もまばらになってきた諏訪神社の境内には満ち満ちているようでした。f0056698_10473228.jpg


帰りは・・・のんびり帰ることにしましょう。
サービスエリアでソフトクリームやアメリカンドッグとか食べながらね(笑)。
だって・・・そう、中央高速大月~小仏トンネル渋滞25kmの赤い表示が燦然と輝いているんですもの。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-07 10:50 |

風の随に

5月1日。
久しぶりに山走り(やまっぱしり・・・ってこんな言葉あるのか?)にコペンで出掛けました。

お昼をいつものうどんやさんで済ませてからの一人旅。
風薫る5月は、どこまでも緑色の残像を伴って、初夏の訪れを教えてくれます。

f0056698_19314481.jpgf0056698_19335243.jpg


埼玉県・飯能市 有馬ダム                     広河原逆川林道にて

遥か山の高みには山桜が満開、山の上は一足遅れの春のようです。

f0056698_1946631.jpgf0056698_19464052.jpg


登りつめたところが飯能と秩父の境。
空は青く、そして遥か足元には先程のダムが小さく鏡の様に光を湛えていました。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-05 19:29 |

帰れ!宇宙へ

結局彼が発する言葉の真意はどこにあるのか誰にも理解できないのではないだろうか。
鳩山由紀夫・・・。我が国はどうやら本当に宇宙人に乗っ取られた様だ。

鳩山首相お粗末!やっぱり「県内」…普天間基地移設問題


 鳩山由紀夫首相(63)は4日、首相就任後初めて沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題をめぐり、仲井真弘多県知事(70)らと会談、住民との対話集会にも出席した。昨年の衆院選の際に「最低でも県外」を約束したが、迷走の末にこの日伝えたのは「県内」への回帰。事実上の公約放棄に加え「衆院選当時は海兵隊が抑止力になっているとは思わなかった」とのトンデモ発言も。住民からは「恥を知れ」と罵声(ばせい)が飛んだ。

 首相はシーサーの柄が入った黄色いかりゆしウエアで現れた。得意の“思い”を込めたのかは不明だが、黄色は「県内移設反対」の象徴。反発をもろに受けたのは午後2時半、普天間飛行場隣の小学校で行った、住民との対話集会だった。

 「(沖縄への)負担をお願いできればという思いで来た」。しかし約100人の参加者からは怒号が飛んだ。「恥を知れ!」「友愛政治はどうなってる!」。首相が「ご容赦願えれば…」と言いかけると「容認できない!」の叫びが飛んだ。約1時間で首相が集会を去る際、女性は「話を聞きなさい」と叫んで首相に突進。制止するSPともみ合いになり、騒然とした。

 終日、抗議の声を浴び続けた首相。仲井真知事との会談で訪れた県庁では、入り口に約500人が集結し「裏切りは許さないぞ」の叫び声を上げた。会談で首相は「すべてを県外にということは現実的に難しい」。さらに県内移設や鹿児島・徳之島への一部移転案を含め「すべてをパッケージとして解決するのが大事だ」と強調した。

 名護市の稲嶺進市長(64)とは、市民会館1階のガラス張りの部屋で会談。「怒」「ウソつき」のプラカードを掲げた約100人の怒号を浴びながら、前代未聞の“公開要人会談”に臨んだ。「きょうは市長さんの気持ちを学ばせていただく」。しかし実際にはこの日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し“くい打ち桟橋方式”を軸に辺野古沖に代替施設を造る案を事実上初めて提示。「到底受け入れられるものではない」と稲嶺市長は拒否した。

 しかし、記者団の取材に応じた首相は「最低でも県外」とした衆院選時の認識について「浅かったと言えば、そうだったかもしれない」とアッサリ。「海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と、今さらの衝撃発言。また「公約とは、選挙での民主党の考え方。(「最低でも県外」は)党としての発言ではなく、私自身の党代表としての発言だ」と述べ、党の公約ではないとの認識まで示した。

 首相就任後初の沖縄は、“公約放棄”のおわび行脚。8か月間の迷走の揚げ句、自民党が作った現行計画と大差ない結論。徳之島へヘリコプター部隊か一部訓練を移転させる案も、7日に会談する徳之島3町長は反対、米国も受け入れない意向だ。

 首相が約束した5月末までの決着は絶望的。政治責任が問われ、厳しい政局が続くことになる。それでも首相は「(沖縄県民の声は)厳しかったけど、来て良かった」。県民の感情を逆なでするコメントを残し、日帰りで東京に向かった。
                  5月5日 スポーツ報知配信


あえてスポーツ報知の記事全文を載せましたが、結局腹案もへったくれもなかった・・・。
今までの経緯を振り返れば、ただただ問題の先送りをしたに過ぎず、その間に沖縄県民、米国、そして我々国民の彼への不信感は日増しに増大していった・・・とそういう訳ですよね。

その挙句にやっと動き始めたと思ったら、この発言は一体何なんだろう?
どうにもわからない。
やはり宇宙人なのか・・・?それとも馬鹿なのか?

麻生前総理の時も散々こき下ろしましたが、正直言ってこんなにひどくなかったな・・・というのが本音。

宇宙人相手にしてるほど、今の日本は余裕無いんだよ・・・。
さぁ宇宙へ帰った帰った!
[PR]
# by kazz1125 | 2010-05-05 17:29 | 時事

はじまりはいつも雨

君に逢う日は確かに雨の日が多い気がするんだ・・・。

でもね。よく考えたら当たり前だよね。
君に逢う理由付けが「今日は雨降りだから送る・・」とか「雨降ってきたから迎えに行くよ・・・」とかなんだもの。

そうでもしなくちゃ中々逢ってくれない君は、今日の雨と同じくらいちょっと冷たい・・・。


はじまりはいつも雨
                                   詞・曲 飛鳥涼 
君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて
水のトンネル くぐるみたいで 幸せになる
君を愛する度に 愛じゃ足りない気がしてた
君を連れ出す度に 雨が包んだ
 
君の名前は 優しさくらい 良くあるけれど
呼べば素敵な とても素敵な 名前と気づいた
僕は上手に君を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
今夜君の事 誘うから 空を見てた
はじまりはいつも雨 星を避けて



君の景色を 語れるくらい 抱きしめあって
愛の部品も 揃わないのに 一つになった
君は本当に僕を 愛してるかい 愛せてるかい
誰よりも 誰よりも
訳も無く君が 消えそうな気持ちになる
失くした恋たちの 後をつけて

今夜君の事 誘うから 空を見てた
始まりはいつも雨 星を避けて 二人 星を避けて




オリジナルよりも音程を少し下げて、ガットギター二本のしっとりとしたアレンジ。
原曲の良さがものすごく生かされていて好きです。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-28 19:25 | 音楽

緑色の風

f0056698_23491019.jpg久しぶりの快晴。
のんびりと穏やかな日曜日。
ちょっとお届け物があったので、そのついでにぷーちゃんを連れてコペンでちょっとドライブです。

樹々の枝の先々には、若やいだ緑色の新しい葉が、四月にしてはまだ少し冷たい風に揺らいでいました。
f0056698_984157.jpg

埼玉県・飯能市 入間川河川敷の公園にて
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-25 23:49 | 風景

泣かせやがって・・・

どうしても涙なくしては見られないんですよ。

More
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-19 11:42 | 世間話

春だからなのか・・・

今日月曜日は、職場近辺は可燃ゴミの収集日。
田舎なもので、ゴミの集積所までは歩くと五分くらい掛かるので寒い冬などは結構面倒くさい・・・。
しかしながらようやくの春らしく穏やかな陽気に、ゴミ出しも何だか楽しい気さえします。

颯爽と自転車を飛ばしてたどり着いたゴミの集積所。

すると ・・・・・  mmmm。

More
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-19 11:35 | 世間話

ウソ八百

首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も


 前原誠司国土交通相は9日、高速道路の料金について、現行の休日割引制度などを見直し、6月中に導入する新たな上限割引制度を発表した。一般高速道路では軽自動車1千円、普通車2千円、中大型車5千円、特大車1万円がそれぞれ上限となる。首都高速道路と阪神高速道路には、距離別料金制度が導入され、900円が上限に設定された。 後略         4月10日  産経新聞



これについてメディアはいろいろと検証して、実質値上げだの何だかんだと騒いでおります。
しかしながらそんなのはどうだってよろしい。

もう一つ記事を引用しますが・・・

高速道路の上限料金制「詐欺の世界」…埼玉知事

 国土交通省が発表した高速道路の上限料金制度について、埼玉県の上田知事は13日の記者会見で、「マニフェストで高速道路無料化と言ったのに、埼玉県の一部は相当な値上げになる。詐欺の世界だ」と批判し、国交省に見直しを求める要望書を提出する考えを明らかにした。  後略
4月14日 読売新聞


上田県知事のおっしゃるとおり。
こりゃぁ詐欺ですよ。詐欺。やつらは国をバックにした詐欺集団かい!

テレビでは前原国交相や馬渕副大臣が一所懸命弁明(言い訳にしかすぎない)に努めておりましたが、何をどう言い繕おうとマニュフェストで大見得切ったことと、どう転んでも整合性なんてありゃしない。

もちろん民主党が自公政権のツケを払うのに難儀しているのはわかります。
そんなに一気呵成に良くなるわけが無いのも理解しているつもりです。

しかしながら、それとこれとは話が違う。
まぁずウソ八百なんだもんなぁ・・・。

言った事には責任を持たなくては、民主党も先が知れていますよね。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-14 21:16 | 時事

パンドラの箱

私が住む東村山市は、ゴミの分別がこのように区分されています。
燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、容器包装プラスティック、びんかん有害物、古紙古着、ペットボトル。
・・・とこんなところだったかな。

その中でも「燃やせないゴミ」が厄介者です。
なんと月に一回しか収集して頂けない。
よってそのタイミングを逃してしまうと、当然の如く翌月までベランダなりお庭の片隅なりにそのまま置いておかねばなりません。


先月の二十日過ぎに次女がとりあえず元奥さんの家へ移りました。
私がいるマンションの自分が使っていた部屋の片付けはある程度は済んでいたのですが、まだ衣類だのCDだの・・・そしてゴミの袋が二つ残ったままでした。

ひとつのゴミの袋は燃やせるゴミが分別して入っていたので、早々にゴミだししたのですが、残りの一つが大問題。
容器包装プラスティックの袋にありとあらゆるものがお構いなしに詰め放題・・・。

これはさすがに出せません。
次に戻ってきたら始末させようと思っていたら、早3週間近く一度も戻ってこない。
この後始末が嫌さに戻ってこないに決まってます(笑)。
と勘繰りたくなるほどのひどさですが、ぼやいていても仕方ない。
何せ燃やせないゴミの日は私のエリアは第一水曜日のみですから、その日までにきちんと分別しておかなくてはなりません。
どうにも仕方ないので、火曜日の晩に意を決して私はその「パンドラの箱」を開けました。

はらはらと散り行く桜吹雪を眺めながらも気分は最悪。
いやぁ出てくるは出てくるは・・・。
容器包装プラスティックの袋にあっちゃならないものばかり(苦笑)
プライバシーの問題もありますし、なによりこちらがこっぱずかしいので詳らかには記しませんが・・・、とにかくひどすぎます。
親の顔が見たいです。

そのままパンドラの箱のふたを閉めちゃいたい衝動に駆られましたが、何せベランダに全部広げてしまったからさぁ大変。細かいプリクラのシールは風に舞い、ペン先の折れたボールペンからはインクが滲み出し、得体の知れない化粧品のファンデーションだかは粉となって散り・・・。その一袋の分別収集とベランダの掃除を終えるまで優に40分以上掛かりました。

私は次女に言いたい。
父さんのせめてものお願いだ。
君が三十年後にゴミ屋敷のおばさんになるのだけは見たくないんだ・・・。
頼むからそれだけはやめてくれ。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-09 09:41 | 世間話

たちあがれ日本

興が乗った時に記事にしておかないと、次が無いかもしれないから(苦笑)。

<新党>「たちあがれ日本」多難な船出…10日発足

 自民党の中川義雄参院議員(72)は7日、党本部で大島理森幹事長に離党届を提出し、与謝野馨元財務相(71)や平沼赳夫元経済産業相(70)らが結成する新党「たちあがれ日本」への参加を表明した。新党は政党要件を満たす国会議員5人を確保し10日に発足するが、期待した自民党中堅・若手議員に賛同者は広がらず、多難な船出となりそうだ。 4月8日  毎日新聞



何だか新党新党って騒がしい。
自民党で要職を務めた方々が相次いでの離党、そして新党結成・・・かと思いきや思ったほど人が集まらんって言う記事ですよね。

新党 たちあがれ日本」は本当に立ち上がれるのか否か。

自らの殻を破って新しいムーブメントを作るのはとっても勇気のいることだと思うし、それは素晴らしい事だとは思うけど、今まで自民党のまさに中心だった方々(平沼氏はいささか違うけど)だけに何だか片腹痛い感も無きにしも非ず。第一今のタイミングで自民党離党して・・・ってなると、この方たちの国会議員としてのその根っこの部分は一体なんだったんだろうと疑いを持っちゃいますね。
少なくとも私は。

第一この高齢者事業団のような年齢層で「たちあがれ・・・」ったって、いざと言う時にはバイアグラでも飲まなくちゃ「立ち上がらん」だろうし・・・。

お後がよろしいようで。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-08 19:07 | 時事

お赤飯

高校卒業後、2年ほどアパレル関係で働いていた長女。
何を思ったか一念発起してこの春から栄養士になるべく専門学校に通い始めます。
そして昨日がその入学式。
おそらく彼女の人生で最後の入学式になると思われます。

入学式の案内状には保護者も極力参加されたいとの断り書きがあったのですが、仕事の調整がつかず私は出席できません。
仕方ないので、元奥さんに代理で行って頂く事にしました。

そこで私にも何か出来ることはないかと考えたところ・・・ありました。
お祝い事には欠かせない「お赤飯」。
買って済ますのは簡単ですが、あえて自分で作って見ようと思いまして・・・。

しかしながら、ネットで見ても今ひとつ作り方がピンと来ない。
知り合いの奥様方に聞いても圧力鍋がどうたら、無水鍋がこうたら・・・。ちんぷんかんぷん。

しかしながら極めつけの便利グッズを教えていただきました。
じゃ~んその名も「お赤飯の素
f0056698_18413987.jpg

これは凄い。
豆を煮て煮汁をどうのこうのとか、そんなの知ったこっちゃ無い!
炊飯器のおコメにこれを足して普通に炊飯するだけ。

当たり前のように美味しいお赤飯が出来ました。

長女も喜んでくれたはず?です。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-08 18:46 | 世間話

つぶやき2

ずいぶんとブログ更新していなかったなぁ。

心の余裕がないとここまで放置できるものなんですね。
何でも書き留めておいてやろうと虎視眈々と事象に目を向けていた、ブログを始めたばかりの頃が懐かしい・・・。

「その後」、一緒に暮らしている長女。
2月の半ばから3月一杯まですれ違いの日々が続いておりまして、ほとんど顔を合わせておりませんでした。
次女も3月の半ばから先妻(と言っても新しい奥さんおりませんけど・・・)の方で暮らし始めており、つまりは家で誰とも話をしていないことに気がつきました。
たまさか口に出るのは愛犬ぷーちゃんに声をかける時か、うさぎのとん助に餌を上げる時くらい・・・。

いやいやいやいや。
これはまずいぞ。
この状況は打開せねばいかん。

生活自体が一人Twitter状態で良いわけがない。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-04-08 18:19 | 世間話

タイムスリップ

白い雪と黒い土の
斑になった園庭には
藤色のスモックを着た
寒さ知らずの元気一杯の園児たち

いつしか
子犬のようにはしゃぎ回る声が遠のいて行き
きっと少しだけタイムスリップでもしたのだろう

同じスモック姿で遊ぶ
二人の娘たちが
私には確かに見えたのだから
[PR]
# by kazz1125 | 2010-03-10 17:13 |

つぶやき

3月半ばだと言うのに久しぶりの雪。
のんびりと空を見上げる事すら忘れてしまっていたような、そんな日々を送っています。
心の余裕と言うよりも、時間の余裕が無くてです。

仕事は普通にこなしておりますが、家に帰ってからの家事が結構馬鹿にならない・・・。
晩飯の仕度だけは週の半分以上は長女がやってくれるのですが、逆に言えばそれしかやりゃしねぇ!

買い物をして帰ると流しには食器、フライパン等がそのまま放置。
食器洗浄器の中は洗い終わった食器がそのまま。
つまりそれを片付けるのが面倒臭いから、流しに放置されていると言う図式でしょうか。

洗濯機の中は洗い終わった洗濯物が放置。
乾いた洗濯物が洗濯籠の中にそのまま。
つまりそれを片付けるのが面倒くさいから、洗濯機の中に放置されいているという・・・あれ?さっきも同じ事書いた気がするぞ・・・。
一事が万事その体たらく。

帰宅すると、買ってきた野菜や乾物類をしまって、それから前述のものを片付けなくてはいけません。
それらを済ませて、掃除して入浴。
ようやく食事が出来るのは優に一時間は経ってからです。
その後、食器片付けて再び洗濯機回して・・・。

一日が早い早い。
このままで行ったらあっという間にジジイになっちまうな・・・。
気をつけなくちゃ。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-03-10 16:43 | 世間話

はしゃぐ・・・

久しくはしゃいだ事などありません・・・。

今日の東京は雪模様。
東京にしては結構な雪降りです。
仕事を終えて帰り道にあるダイエーに買い物に行きました。

駐車場から店に入ろうとした時、入れ違いに出てきた親子連れ。
お母さんに手を引かれた小さな女の子が思いの外積もっていた雪を見て大はしゃぎしています。

ウチの子達もあんなだったな・・・。

見ているこちらまで何だか嬉しくなっちまいました。

無心にはしゃげるのなら、それは雪のように無垢の心がある証拠かもしれません・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-02-02 00:10 | 雑感

×

昨日、20年間連れ添った妻と共に市役所に離婚届を提出しに参りました。

もっと重苦しい気持ちになるかと思っていたのですが、「そう」と決めてからかれこれ経ちますし、また生活自体も当座何等変わることも無いので、正直こんなもんかな・・・と言う感じです。
手続きを待っている間、待合室の椅子にかけながら、「婚姻届ってどうしたんだっけ?」「覚えてない・・・」「俺もだ」「もしかしたら出し忘れてたりして・・・(笑)」などと他愛のない会話が出来るほどでした。

その時、市民課の窓口にベビーカーに赤ちゃんを乗せた30前後のお母さんが一人で「緑の用紙」を提出しているのに気づきました。
何もわからないであろう、その赤ちゃんを見ていたら、何だか悲しくなっちゃって悲しくなっちゃって・・・。

出来れば・・・、出来れば離婚なんてしないで済むに越したことはないよね・・・。

仕事から帰宅後、次女に離婚の報告をしました。
分かっていた事とはいえ、彼女も一瞬悲しそうな戸惑いの表情を見せました。


ごめんな。

とはいえ、後ろを振り向いていても仕方がない。
前向きに生きますよ~。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-01-22 20:16 | 雑感

お伊勢参り

母方の祖父の17回忌が19日にありました。

お寺が三重県四日市にありまして、東京からはいささか遠い・・・。
しかしながらこんな機会でもないと、遠くの親戚などと顔を合わすことも無く、ましてや老いた両親にはもしかしたら最後になるかもしれない・・・。
そんなわけで、両親と長女を伴って車で向った三重県。

f0056698_1120319.jpg
   伊勢湾岸自動車道からの落日

17回忌は恙無く終わり、久しぶりの弟たちとの再会に大いにはしゃいでいた74の母を見ていたら、長旅の疲れも吹っ飛びました。

さてさて、しかしながら亡くなった祖父には申し訳ないが、今回の旅の目的は17回忌だけではありません。
伊勢神宮へのお参りも大切な目的です。
昨年11月に、「俗界と聖界の境にある橋」とされる内宮の宇治橋が新しく架け替えられ、結構な人出は予想されましたが、四日市まで来たら伊勢まではもう一足。

成人式を迎えたばかりの長女は一度もお参りした事が無いのと、また今回私たちが新たな歩みを始めるにあたっても良い機会。
とにかくたくさんの思い、迷いを整理するためにも、お参りしておきたかったと言うのが正直なところでしょうか・・・。

f0056698_11244433.jpgf0056698_11252910.jpg

初参りを兼ねての参拝客の多さは平日とは思えないほどでしたが、それもまたお伊勢様らしいところ。
境内の凛とした空気に、知らず知らずのうちに伸びる背筋。
厳かな空気は悠久の時を確かに包み込んでいるような、そんな気がします。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-01-21 11:29 |

成人の日

今日は成人の日。

今年はワタシの長女が成人式です。
最初は面倒くさがって「成人式なんて行かない」だの「振袖なんて着ない」などと、親の神経を逆撫でする事ばかり言ってやがったのですが、結局振袖を着て(レンタル・・・って別に報告しなくてもいいじゃねーか!)成人式にも出席しました。

申し訳の無いことに、親の私たちがこんな状態なので、満足の行く様な事もしてやれません。
今は足代わりになる彼もいない長女の為に、せめてもの罪滅ぼし・・・と足代わりを買って出たのは良かったのですが・・・。

因みに本日の美容室の予約が早朝4:00!
3:30頃に起きてわが娘と、同じマンションに住む同級生の二人を連れて予定時刻に送ります。
そのお迎えは6:00過ぎ。
そちらは同級生の親御さんにお願いしたので助かったのですが、それからが大変。
9:00にワタシの実家へご挨拶。
10:00に妻の実家へご挨拶。
それから11:00に吉祥寺の元職場へお披露目。
12:30に帰宅して1:00からの成人式に出席。
式自体は2:00過ぎに終わったものの、ご多聞に漏れず懐かしい顔ぶれを見つけては写真を撮り~の、アドレス交換し~のとやっていたらしく、連絡が来たのは3:00過ぎ。
それからレンタルの着物を返却しに再び出掛け帰宅したのは4:00。

もちろん長女の方がくたくただったのは言うまでもありませんが、私も寝不足でへろへろです。
今、職場でこうしてパソコンのキーボードを叩いていますが、眠いの眠くないのって・・・zzz


あぁでもないこうでもないと言っていた娘でしたが、振袖を返却しに行く車中で「やっぱり成人式に行って良かった。お父さんありがとう」との言葉。
その言葉と七五三の時以来の長女の着物姿に思い出すあれこれ。
もうすぐバツ1になるオヤジは少しうるうると来てしまったのでありました。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-01-11 18:04 | 雑感

心機一転

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
・・・と書いたところでほったらかしのこのブログ。
何人の方が目を通されているのやら(苦笑)。
まぁ自分のブログですからこの際細かいことはあえて気にしません。

昨年後半から、仕事はともかくどうにも個人的に冴えない年でありました。
ましてや最後の12月、ただでさえ忙しいところへ持ってきての家庭崩壊。
 
まぁ色々ありまして今月半ばに20年の夫婦生活にピリオドを打つ事になりました。
長女とぷーちゃん(コーギー)ととん助(うさぎ)はワタシ。
次女とめいちゃん(コーギー)は妻。
文字通りバラバラになります。

以前から揉め事がある度にそんな話が出ていないことも無かったのですが、何とか次女が成人するまで・・・と今まで取り繕ってきてはいたものの、今回ばかりはお互い限界点を越えてしまったようです。

知り合ってから約27年になります。
せめてお互い、これからは穏やかな人生を・・・と願うばかりです。

そして4月からは長女も専門学校に進学。
心機一転、二人と二匹で頑張らねばね。
[PR]
# by kazz1125 | 2010-01-07 18:34 | 雑感

闘い

内藤vs亀田

これほど世間の注目を浴びたボクシングの試合は久しくありませんよね。
ボクシングなんてほとんど何にも知らないはずの我が家の二人の娘たちでさえ、この試合の事は知ってたくらいですから・・・。

結果、残念ながら内藤選手は負けてしまいましたが、正直良い試合でした。
力と技の本当のガチンコ勝負。
最近では余り使われませんが、まさに拳闘と言った感じ。

亀田大毅との、あの「くっだらない試合」とは比較にもなりませんが、亀田興毅選手も良いファイターですね。強いと素直に思います。そして彼も大人になった・・・。

試合後のボッコボコの顔で受けたインタビューに答える内藤選手を見ていて、何より苦労人内藤大助の人となりに改めて好感が持てました。
長いことお疲れ様でした。









・・・に対して、やっぱりあのオヤジと次男坊はワタシは駄目だな。
生理的に不快感があるのはなんでだろ。アニキは全然問題ないんだけどね・・・。?
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-30 09:45 | Sports

仕分け

事業仕分け終了 74事業に「廃止」判定 1・6兆円超の財政効果

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の作業グループは27日、平成22年度予算の概算要求の無駄を削る事業仕分けを終えた。仕分け作業による財政効果は1兆6千億円超で、独立行政法人の基金や特別会計の剰余金など、いわゆる「埋蔵金」の国庫返納要求額が多くを占めた。政府は事業仕分けの結果を踏まえ、過去最大の95兆円台にふくらんだ概算要求から3兆円以上の削減を目指す。11月27日 産経新聞


賛否両論、悲喜交々。
いずれにしても、「事業仕分け」がこれほど世間の注目を浴びた理由はどこにあったのでしょうか?

過去最大の95兆円余りの予算請求に反して、税収は大幅減の38兆円と予想されている今、政府が予定している赤字国債44兆円に抑えて発行しても10兆円の不足・・・。

不景気の波が次々と押し寄せ、閉塞感がまるで拭い去れない昨今。
本当にどうなっちゃうんだろう?って思い始めている人が増えているんでしょうね。
我々国民の危機感は募るばかり。
自民党に見切りをつけて、国民が鳩山政権に「新しい何か」を期待して投じた一票の意味もそこにあります。

しかしながらその一方でもっと精査すべき案件もあるんじゃないか・・・っていうのも確かに感じられました。
特に昨日の「漢方薬保険適用外」などは、「仕分け人」の不勉強ぶりをさらけ出しちゃった感じですね。
もしそのままそれが通ってしまうと、漢方薬はそのままの価格で購入しなくてはならず、下手したら人命に関わりかねない問題でもあります。訳のわからない何とか財団などとは絶対に一緒にはできない問題ですので、しっかりと見直ししてもらわねば・・・。
限られた時間の中で数多くの事項を処理してゆかねばならない部分もあり仕方がないのかもしれませんが、そこは「行政刷新会議」で新たなフィルターを通して頂きたいものです。

この事業仕分けに対しては、旧与党の自民党もあれこれ言ってるようですが、申し訳ないけどこの件に関しては彼らが何を言っても説得力無さ過ぎですかね。
あれだけ長いこと政権にありながらそこは一切手をつけられなかった訳だしねぇ・・・。

もちろん、事業仕分けが終わったから予算編成は順風満帆と言う訳では決してありません。
与党の力量が問われるのはこれからこれから・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-30 09:29 | 時事

紅白

今年も紅白歌合戦の出場歌手が発表されたのですねぇ。

 紅白出場歌手決定!嵐、福山ら豪華メンバー

23日、大みそかの「第60回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が東京・渋谷の同局で発表され、紅組、白組合わせて50組の豪華な顔ぶれがそろった。     中略

 ◇白組:嵐(初)、アリス(3)、五木ひろし(39)、EXILE(5)、NYC boys(初)、北島三郎(46)、北山たけし(5)、コブクロ(5)、ジェロ(2)、SMAP(17)、東方神起(2)、TOKIO(16)、徳永英明(4)、氷川きよし(10)、FUNKY MONKEY BABYS(初)、福山雅治(2)、布施明(25)、flumpool(初)、細川たかし(33)、ポルノグラフィティ(8)、美川憲一(26)、森進一(42)、遊助(初)、ゆず(3)、レミオロメン(初)

 ◆紅組:aiko(8)、秋元順子(2)、絢香(4)、アンジェラ・アキ(4)、いきものがかり(2)、石川さゆり(32)、AKB48(2)、大塚愛(6)、GIRL NEXT DOOR(2)、川中美幸(22)、木村カエラ(初)、倖田來未(5)、伍代夏子(16)、小林幸子(31)、坂本冬美(21)、天童よしみ(14)、DREAMS COME TRUE(13)、中島美嘉(8)、中村美律子(14)、浜崎あゆみ(11)、Perfume(2)、平原綾香(6)、水樹奈々(初)、水森かおり(7)、和田アキ子(33)
                        11月23日 サンケイスポーツ


毎年この手の記事には、「豪華な顔ぶれ」とか書かれている気もしないでもないですが(笑)、まぁこれだけの歌手が一堂に会するって言うのは他にはありませんものね。
まぁそういう意味では豪華な顔ぶれなのかな・・・。
それにしても全然知らない歌手もいるし、「昔の名前で出ています感」も無きにしも非ずっていう方もたくさんいますし、どうなんでしょ?

否定する気は毛頭ありませんが、ワタシには紅白歌合戦ってどうもよくわからない。
延々と続けてきたことがその存在意義ならば仕方がないけど、歌の番組として見ても、バラエティとして見ても、あまりにも押し付けがましくて面白いと思ったことがないんですよね・・・。

「お祭り」に理由付けはいらないのかもしれないけど、感覚的にものすごくずれている気がしてなりません。
独りよがりの極みと言った感じがしてならないんですよね、この紅白歌合戦って言う番組。
普段やってるNHKのバラエティや歌番組の集大成って言う感じ。

顔ぶれこそ違えど、毎年やってることは一緒。とにかく工夫がない。

NHKの方は紅白歌合戦と言うものをものすごく特別に感じているのでしょうかね。
非常に唐突ですが、三菱自動車のフロントグリルに必ずついている三菱マークみたいな感じを受けてしまいます。
正直どちらにも私たちは今やそれほどのステータスを感じていないんですがね・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-23 18:39 | 世間話

行方不明

先だっては次女でしたが(←シャレになってないけど)、今度は携帯が行方不明になっちゃいました。

昨晩、取引先で大変お世話になった方の送別会が埼玉・大宮でありまして、2次会、3次会と飲み進める内に記憶が朧気に・・・。
そんなこんなでがんがんする頭を抱えて(←二日酔い)今朝出勤しようとしたら、携帯がどこにも見当たりません。
タクシー会社やら何やら電話してみたもののない。

いやぁ困りました。
とにかくこれほど仕事に差し支えるとは努々思いもしませんでした。
取引先から何から電話番号がわからない・・・。
事務所の電話にもある程度は登録してありますが、それではぜんぜん用が足りません。

まだ2ヶ月位しか使ってないんだけど・・・参ったなぁ。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-20 18:02 | 世間話

大鉈

事業仕分け2日目、こども未来財団311億円返納

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は12日午前、東京・市ヶ谷の国立印刷局職員用体育館で、2010年度予算の概算要求から無駄を洗い出す2日目の「事業仕分け」作業を始めた。

 このうち、深刻な医師不足や救急・周産期医療の過酷な勤務環境などを解決するために地方自治体などを補助する「医師確保、救急・周産期対策の補助金等」(573億9700万円)を「半額計上」と判定した。また、厚生労働省OBの天下り先となっている財団法人こども未来財団を「見直し」と判定し、基金の約311億円全額を国庫に返納するよう求めることにした。麻生前政権が09年度に創設した農林水産省の「耕作放棄地再生利用緊急対策」(70億2000万円)は「予算計上見送り」とした。

 中略

 こども未来財団は、高額な財団の役員報酬などが問題視され、仕分け人12人全員が「見直し」と判定。〈1〉基金の全額国庫返納〈2〉管理費の見直し――などの実施を結論とした。尾立源幸参院議員は「典型的な天下り財団の例」だと指摘した。

 後略                   11月12日13時10分配信 読売新聞


無駄を省く。
単純明快な事なんですね・・・。

今までの与党ではただただお題目に過ぎなかった事が、現実として確かに行われようとしています。
今までにどの総理がここまでの大鉈を振るい上げたことがあったでしょうか?

手段は確かに乱暴な印象もありますし、もちろん中身は十分精査して頂かなくてはなりません。
またマニュフェストを遂行せんがための事業仕分けでもまた困ります。
しかしながら猶予がならない日本の真の建て直しには、本当に素早く着手しなくてはならない事でもあります。

行政刷新会議の事務局からは「目の前の財源をいくら出せるかより、制度や根拠規定に切り込むことが大切」と仰る向きもお在りのようですが、どれだけ無駄を削減できたかがあえてわかりやすいのは私たち庶民にはやはり金額。
上記引用記事の小泉内閣の置き土産「こども未来天下り財団」の基金約311億円全額返納要求などというのは快哉を叫びたくなります。

これだけのことをやろうとすれば、全てが丸く収まるわけが無いのは誰にもわかること。
あちこちから不平不満、怨嗟の声も上がる事でしょう。
しかし鳩山内閣諸氏には怯まずに堂々と渡り合って頂きたいもの。
当たり前の事を当たり前にやるのに何を臆することがありましょうか・・・。

しかし・・・。
大鉈を振るい上げたのは良いのですが、下ろす場所だけはくれぐれもお間違えの無いように願いたいものです。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-12 18:32 | 時事

霜月

ふわふわと心ここにあらず。
そんな状態で、9月、10月を過ごしていた様な感じでした。

奇しくもブログの記事更新数が如実にそれを語っています。
10月の記事はたった一つだったことにさっき気が付きました。
それにしてもふと我に返ってみるともう11月・・・霜月。

今朝の寒さといつの間にか真っ白になった富士山の姿に、改めて移り行く季節の早さに驚かされています。

いかんなぁ・・・こんなことじゃいかん。
泰然自若。
小事に捉われず堂々と・・・。

男子たるものそうありたい。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-11-03 09:18 | 言の葉