請求VS出前

(株)ウエストリサーチ 03-3248-0844
担当の中澤(ナカザワ) と申します。

今回《総合コミュニティサイト》様で発生しています登録料金[¥2000]の件でご連絡差し上げました。
弊社調査会社になりましてお客様のお使いの携帯端末に対し【身辺調査及び裁判代行業務】の依頼を承りました。
誠に遺憾ではございますが、明日正午までにご連絡なき場合は「規約違反・契約不履行の損害賠償請求(415条)」に伴い

①悪質なお客様として身辺調査の開始
②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録
③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(414条1項)の開始以上の手続きに入らせて頂きます。

以降お客様からの和解の申し出には一切応じませんのでご了承下さい。      
※メールでのお問い合わせは一切受け付けておりません。
未払い金のお支払いの手続き退会処理の手続きをご希望の方は、
(株)ウエストリサーチ  03-3248-0844
担当 中澤(ナカザワ) までお願いいたします。
営業時間 [平日] 午前10:00~午後19:00 (日・祝日を除く)


久し振りに胡散臭い架空請求メールが来ました。
エロサイトからの直請求だとドキドキしますが・・・って利用してねーっつーの!
まぁお誘いメールはしょっちゅう来ていますが、この手の架空請求メールはご無沙汰です。

困りましたね。

ワタシの宛名はないし、自らの会社の所在地も書いてないし、携帯端末の問題なら携帯にメール来るのが普通のはずだし、一方的にメールを送りつけてきてメールでのお問い合わせには応じてくださらないらしいし、いやぁ参ったなぁ。
こりゃ指定通りに明日の昼までに電話しなくちゃならんね。

「もしもしウエストリサーチさん?メール頂いたんですが、メタボなワタシのウエストリサーチして下さるそうで。とりあえずその前にカツ丼三人前出前お願いね!・・・えっ?私の名前ですか?もちろん中澤です。」

これじゃ架空出前になっちゃって、大して変わらない(苦笑)。
第一これじゃぁ「悪質なお客様」として身辺調査を開始されちゃいますねぇ。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-08 15:33 | 世間話

糸の千切れた小さな凧は
風に吹かれて行くが儘

戻る術など持たないが
いずれ何処かに辿り着く
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-08 11:12 |

退部届

5月くらいから様子がおかしかったのですが・・・。
高2の次女が退部届を出しちゃいました。

小学校2年生から始めて、明けても暮れてもバスケバスケだった彼女。
中1の時は半年もの間、部活で仲間外れといういじめに遭っても絶対に辞めるとは言わなかった彼女。

一時的にイヤになっちゃうことは間々あることですが、実は6月の半ばのインハイ予選の最終戦(3年生の引退試合)後に顧問の先生とコーチに退部したい旨を告げておりまして・・・。
それから丁度期末試験を挟んでおりまして、その間は休部扱いで良く考えて見なさいとのことで先生と話をしていたのですが、ついに一つの結論を下したようです。

今までは休みの間はバスケがしたくて仕方がなかったのに、今回の約2週間は一度もそうはならなかったそうです。

一体何があったのでしょう。
問うても多くは語りません。


彼女の部屋の隅に、もう2週間も転がしたままの主を失ったバスケットシューズがあります。
中学入学のお祝いに買った革のバスケットボールが埃を被っています。
磨り減った靴底や小さく自分の名前をマジックで書いてあるボールを見ていると何だか悲しくなっちゃいます。

あと一年だけ、彼女の世界一の応援団でいたかったなぁ。
実はこの子離れの出来ていないオヤジ、結構ショックを受けていたりします。

でもね。
顧問の先生はいつでも戻りなさいと仰って下さっていますので、その時が来るのを待ってみようかな・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-06 20:09 | 籠球

逆風

静岡県知事選 静岡敗戦、麻生首相を直撃

静岡県知事選で5日、自民、公明両党推薦の坂本由紀子前参院議員が民主党など推薦の川勝平太・元静岡文化芸術大学長に敗れたことで、与党内で麻生太郎首相(自民党総裁)の求心力が一段と低下することは避けられそうにない。首相サイドや自民党執行部は衆院選への影響を否定するが、衆院選の先送り論が強まりそうだ。首相は、次期衆院選の最後の試金石となる12日投開票の東京都議会議員選挙に全力を尽くす構え。ただ、与党執行部が事実上の勝敗ラインとする「与党過半数」を割り込めば、自民党の反麻生勢力が退陣を求めて蜂起する可能性が高まりそうだ。 7月6日 産経新聞


風雲急を告げる政局・・・。
与党にとっては大いなる逆風。

ん?だけどちょっと待って下さい。
元来この麻生内閣は安部・福田と続いた政権放り投げを受けての、衆議院解散・総選挙という流れの中の選挙管理内閣的な意味合いのものだったはず。
早期に政府与党への信を問うべきものだったのが引き伸ばされ、ここまでずるずると来ている事自体がそもそも異常事態。
麻生内閣が国政への目覚しい業績を上げたというのならともかく、ジリ貧の状態で何回選挙をやろうとも結果は自明の理でしょう。
それが「国政の場ではないあくまでも地方選挙だ」と言えば、逃げ口上としては体良く収まりますが、それを与党の方たち自体が果たして本心でそうお感じになられているかどうか・・・?

ただ一つ誤解してはならない事。
ここ立て続けの地方選での与党の敗北は、「麻生政権批判」などでは断じてありません。
小泉以降綻びが大きく見えてきた自公政権への国民の不満の表れという事を、与党の方々には正しく理解して頂きたい。

いずれにしても7/12に控えた都議選は大きな一石となる事でしょう。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-06 05:35 | 時事

幻滅

森田千葉知事の離党を了承=自民党

自民党の党紀委員会は3日、同党の森田健作千葉県知事の離党を同日付で了承した。
 森田知事は1日、同党東京都衆議院選挙区第2支部の解散に伴って離党届を提出。理由については「知事として職務に全身全霊をかけてまい進したい」としている。
 同問題をめぐっては、知事が同支部の代表を務めながら「完全無所属」を名乗り知事選を戦ったとして、市民団体などから公職選挙法違反の疑いで告発されている。 7月3日 時事通信



・・・って今の今まで結局自民党員だったんじゃねーか!
県知事選挙の時に、完全無所属って言ってたのは明らかなウソだったのが明白になりました。
千葉県民を虚仮にするにも程があります。

次回の選挙に彼が出馬するかどうかは存じませんが、今度は「完全無欠のロックンローラー」とでも名乗ればよろしい。
どうせ当選はしませんので・・・。

それにしても志が低いなぁ。幻滅。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-03 23:56 | 時事

47

47という数字。

その数字を見て思いつくものを羅列すると・・・。
47都道府県。
赤穂浪士の四十七士。
いろは47文字。
精々そんな程度しか思いつきません。
もう一つ上の数字48なら、AKB48とか、48手とかあるんですけどねぇ・・・(相撲の決まり手のことだからね。妙な想像はしませんように)

47は数学的に言うと15番目の素数だそうで・・・といっても大体素数って何だっけな?
1とその数以外に約数がない正の数だっけ??
定義すら忘れかけてるし(苦笑)。

いずれにしてもワタシが47に持つイメージは非常に落ち着きが悪い感じ。
その落ち着きの悪い47歳に6月の末の某日になっちゃいまして・・・。
大体その47歳の自分の誕生日すら、人様にメールを頂くまで失念している始末でどうにも締まりません。

「年を重ねてゆく事=老いてゆく事」ではなく、人としての深みを増してゆく事でありたいと願うのですが、
現実には中々難しいもの。
据わりの悪い47歳ですが。50までまだあと三年もありますか・・・。

まだまだやれそうですね。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-01 16:52 | 世間話

文月

5月の忙しさが嘘のように、6月末からこの7月中旬過ぎまで今度は仕事が少ない・・・。
思うように行かないのは世の常ではありますが、やり繰り算段も含めて本当に中々に大変な御時勢でございます。
慌しさに時の流れを失念していたら、あっという間にもう七月。
ぼやぼやしている内に今年も丸半分過ぎてしまいました。

7月を陰暦で文月というのはご存知の通り。
文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。
・・・だそうです。 wikipediaより引用

陰暦の七月頃は稲穂が実り始める頃なので、「穂見月」が転じて「文月」という説もありましたね・・・。
ワタシはこの説が一番しっくりときますが、いかがでしょう。

こうも良くなる兆しが感じられないこの頃。
せめて今年は七夕飾りの短冊に願いを籠めて見ましょうか・・・?

「目指せ!BIG一等6億円!!」・・・う~んそのお金すらもったいない。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-07-01 10:43 | 世間話

東国原知事=「そのまんま東」

“東国原騒動”の余震続く 古賀氏に批判矛先

 自民党の古賀誠選対委員長が23日、宮崎県庁に出向いて東国原英夫県知事に次期衆院選へ自民党から出馬するよう要請したことをめぐり、与党からは24日、厳しい反応が相次いだ。

 自民党の細田博之幹事長は24日朝、都内で記者団に、「党として(東国原氏へ出馬要請を)正式決定したものではない」と指摘。東国原氏が「総裁候補」を出馬の条件としたことについては「そんなこと(出馬)を考えていないと言う代わりに、ジョークのような感じで答えたわけだ」と述べた。

 公明党の漆原良夫国対委員長も国会内で記者団に、“東国原騒動”について「今の段階ではプラスにならないでしょうね」と語った。

 自民党参院議員総会では、丸山和也参院議員が「バカバカしい。選挙責任者が外から力を借りるようなことで、自民党が本当に改革していくエネルギーを示せるのか。本当に情けない」と批判の矛先を古賀氏に向けた。さらに「『自民党にエネルギーがないので力をお貸しください』と選挙責任者が言うのはすでに敗北だ。党には人材がいっぱいいる。古賀氏の責任を追及すべきで、場合によっては辞任してもらうくらいのことがあっていい」と訴えた。

 同僚議員から拍手がわいたが、丸山氏は民放テレビ番組で知名度を増した“タレント弁護士”出身だけに、議員総会後には「なんで丸山さんが怒るのかな」との声も出た。

 一方、民主党の輿石東参院議員会長は、党参院議員総会で「驚くばかりだ。(東国原氏が自民党を)バカにしたようにも受け止められる。自民党が何を考え、どうしようとしているのか皆目わからない」と皮肉った。
                                      6月24日 産経新聞


自民党選対委員長の古賀氏の責任云々なんてどうだっていのですが、それにしても東国原知事もやりますねぇ。
「自民党総裁要求」発言が本気であれシャレであれ、騒げば騒ぐほど代議士連中の品は下がり、東国原知事の注目度、存在感は増してゆく・・・。

東国原氏はその言葉に対して「至って真剣」と発言されていますが、確かにシャレだけで言う言葉としてはいささか重すぎるでしょう。
まだ県知事として一任期もやり終えていない彼が、今国政の場に躍り出るためには、つまりそれくらいの覚悟が必要だという事。
自民党側も襟を正してのの自民党からの出馬要請だったのか否か。

その辺りを十分考慮した上での、彼の総裁候補発言であったのではないか?
確かにシャレとも取れる発言ですが、それだけでは済まないこの発言。
もしそれをシャレにしてしまえば、所詮彼は「そのまんま東」だと言われてしまいます。
よって彼の出馬する意思は十分だと筆者は考えます。


それにしてもこの発言を受けての自民党議員の大人げない反応は面白かったですね。
中には「ついこの前までお笑いやってた人だろ?」と露骨に不快感を露わにする人もおられました。
その通りです。
ついこの前まではビートたけしの弟子、「そのまんま東」だった東国原知事。

切れ味の鋭さは師匠譲りです。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-06-24 18:30 | 雑感

「迷」という文字。
行きつ止まりつしながら進むこと、あるいは急いで行くことを表す辵部(ちゃくぶ)つまりは「しんにょう」に「米」で出来ています。

「米」を探し求めてさ迷い歩くと言う様な意味合いなのでしょうか・・・?。

人は生きている間に何回くらい迷うものなんだろうなぁ。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-06-21 23:35 |

忙中閑ナシ

ようやく休みは取れたのですが、それにしても今週も相変わらず忙しい・・・。

俗に「身体が一つじゃ足りない」などと申しますが、本当にそう感じております。
普段は重い身体を持て余し気味なのに不思議です。

明日・・・じゃなくてもう今日になっちゃいましたが、本日は取引先の災害防止協議会なるものの「総会」がありまして、その後「懇親会」・・・でさらにその後「ご接待」。
おそらくは午前様になっちゃうんだろうなぁ。


今から100年近く昔、イギリスに「ジョージ・マロリー」という登山家がおりました。
彼は「あなたはなぜエベレストを目指すのか」と問われ、「そこに山があるから」という名言を残した人です。

そうです。
山のことさえ忘れてしまえば、山には登る必要は無い・・・。
工場事務所の机の上に聳える見積図面の山のことは、この際だから忘れてしまいましょう。
・・・って明日苦しむのもどうせワタシなんですがね。

あぁ、久しぶりにの~んびりと美味いうどんとかラーメン、食いてぇなぁ(懐石とかフレンチじゃないところがワタシらしい・・・って自慢にもならないけど)。
ここのところ時間が無くてコンビニ弁当かマックのドライブスルーのハンバーガーばっかり。

忙しない昼飯って何気に一番堪えます。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-06-03 00:14 | 世間話

親バカ

昨夜でようやく24時間体制の工事も終了し現場も一段落。
我が社の職人さんたちも久しぶりのお休みです。
そこでワタシも(ワタシは本当はまだまだやることが山ほどあるのですが・・・)尻馬に乗ってお休みを頂き、本日次女のバスケのインハイ予選・2回戦(次女の学校はDシードのため初戦です)の応援に、生憎の梅雨の走りのような雨模様の中、巣鴨まで出掛けて参りました。

次女の高校は第3試合。12:00丁度始まりの予定です。
体育館に着くと、そこはもうメガネも曇らんばかりの熱気に包まれ、一つ前の第2試合が行われておりました。
ピロティでは、既に終了した第1試合の負けチームなのでしょう、先生も生徒も皆涙に包まれながら最後のミーティングをしているチーム。
そう・・・負けたチームの3年生はこれで引退です。
何度も見てきた光景ですが、これも胸を打たれます。
一所懸命やってきたが故に流せる涙・・・。
しかしながら明日は我が身です。
何せこの大会の最後まで笑っていられるチームは全国でたった1つしかないのですから・・・。

とりあえず次女の高校は初戦突破です。

1ピリは30対28の2点ビハインドで終わってしまい、一時はどうなることかと思っていたのですが、2ピリ(因みに今のバスケは1ピリ10分で4ピリまでの勝負です)は我が娘の6連続3ポイントシュート(←親バカと言うなら言え!・・・ってホントもの凄かったです。マジで鳥肌立った)などであっという間に20点近い差をつけ、そのまま逃げ切り。
序盤、相手ペースで進んでしまい、「マジやばくね?」って感じでしたがよく盛り返しました。
よその親御さんからもお褒めを頂き、素晴らしい試合を見せて貰いました。

部屋はウルトラ汚ねーし、親の言うことは86%聞かねーし、今朝なんか風呂場で髪切ってそのまま出掛けやがって風呂掃除しようと思ったオイラを貞子が出たかと思うほどびっくりさせやがるし・・・そんなふざけた次女ですが、ある意味親孝行なのかもしれないなぁ。

親バカにさせてくれる娘がいるって・・・こんな幸せなことは無いものねぇ(←再度親バカです・・・わっはっは)



これも今日勝ったから言えるんですけどね(笑)。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-06-01 00:38 | 籠球

両刃の剣

「頑張れ~」「頑張ってね~」
人は応援する時に安易にこの言葉を口にします。
ワタシは今日、次女のバスケの試合で何度この言葉を口にしたことか。

しかしそれは時にはものすごく励みにもなり、また時には残酷なほど苦しめる事もある両刃の剣。

これ以上頑張れないほど頑張っている人にこの言葉をかけるのは、競走馬の鞭と何ら変わらない・・・。
もちろん受け止める側のキャパの問題もあるのだろうけれど、中々に難しい言葉であります。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-31 23:49 | 言の葉

内藤クン

<ボクシング>内藤辛勝に「しょっぱい試合ですいません」

 内藤が辛くも判定勝ちした。序盤はジャブで距離を作って内藤ペース。しかし、三回から前に出る熊の左右フックが当たり出し、六回には熊の右フックをもらって内藤がダウンを喫した。しかし、終盤は左ジャブと足を使ってポイントを稼いだ。熊は強打で健闘したものの、手数が少なく大振りが目立ち、主導権を握れなかった。

内藤大助選手のコメント

 しょっぱい試合をしてすいませんでした。これが、僕の実力でまだまだだと自分自身分かりました。まず、きょう1試合だけのために大金を払ってきてくれたお客さんに感謝を述べたい。本当にありがとうございます。試合が終わったばかりでボクシングのこと考えていないけど、次は期待通りの試合をみせたい。一生懸命トレーニングして頑張りたい。 5月26日  毎日新聞



仕事の帰り際、停めた車のテレビを見ながら応援していました。
結果はチャンプ内藤の、粘り強い中国人選手に梃子摺った挙句の勝利。
しかしながら本人も試合終了後即、悔しがることしきりでしたね。

それにしてもこの人はいい味出してるよなぁ・・。
子どものころはずいぶんといじめられたらしいけど、今は彼ほど好かれる人も少ないんじゃないのかしらん。
試合後のコメントの一言一言が、決して話し上手な訳でも何でもないのだけど、心から出てきている言葉だって伝わってくる・・・。

ワタシ、内藤クン大好きです。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-26 23:51 | Sports

頑張ってる奴等

「仕事があるだけでありがたい」・・・。
また他の所では「お忙しいですか・・・?」「いやぁ・・・(曖昧な笑み)」とこんな会話。
この不景気の折、あちこちで挨拶代わりのように聞かれる言葉です。

業種、業者に問わず本当に仕事の厚みが無くなっている・・・。
誰もが間違いなくそう感じていると思います。

そんな中でも、お蔭様でワタシの会社は当座の仕事だけは何とか確保しております。
収益の面はともかくとしても忙しいか否かを問われれば、間違いなく忙しい・・・。
この5月。
ゴールデン・ウィークが無かったのは前にも記した通りですが、20日過ぎからはとうとう昼夜兼行で現場作業が始まっています。24日(日)も出勤・・・。
普段は現場には出ないワタシも資材の運搬・搬入と身体が足らない位。

誰だって夜中の仕事なんて出来ればやりたくないし、未だ日曜日だけが辛うじて休みの建設業界で、せめて日曜だけは休みたい・・・。
現場の納期の都合で、このような無理難題を言われているのですが、このご時勢でこれを断れば次が無い・・・。
そう思うとワタシも不承不承受けざる終えません。
それが判っているからこそ、職人さんたちも誰も文句も言わず黙々と仕事をこなしてくれています。
また、下請けさんも日曜日にもかかわらず当たり前の様に出勤してくれました。

ありがたい話です。
下請けを含めウチの連中は本当に頑張ってくれる。
みんなが一所懸命やってくれている事に涙が出る。

感謝。

一段落したらちゃんと代休出すからな。
ホント間違っても怪我だけはしないでおくれ。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-26 11:41 | 雑感

お前が大きくなった時

日本のみならず世界中が、経済的にも地球環境的にもものすごく危ういバランスの中で青息吐息の状態にある今。
私たちが次世代の子どもたちに何を残せるのか。
「下手な考え休むに似たり」などとも言いますが、「似たり」という事は似ているだけであって、そうではないということでしょう。決してムダではない。
少しでも前向きに生きてゆかなくちゃねぇ・・・。

長女が生まれた時、この娘が大きくなったら聞かせたいなと思っていながら、そんなことすら忘れていた歌。
ワタシが16歳の時のリリースだから30年モノですか・・・。

More
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-25 18:18 | 音楽

恩返し

私の両親は70を二つ三つ過ぎています。
身体のあちこちに病気を抱えて暮らしていますが、年齢なりの物忘れはあれどまだ認知症などの兆候はありません。
しかしながらいつ「それ」が現実のものとなるかは誰にもわかりません。

年と共に誰もが 子どもに返ってゆくと
人は言うけれど 多分それは嘘だ
思い通りに飛べない 心と動かぬ手足
抱きしめて燃え残る 夢たち・・・

            さだまさし 療養所(サナトリウム) 
              1979年 アルバム「夢供養」 収録より引用  
 


さださんはこのように詞中で語っています。
この言葉とは裏腹に、さださんは・・・というよりこの詞の主人公は、老いて子どもに返ってゆくお年寄りの姿を現実には認めてはいるのでしょう。
人は言うけれど」という伝聞の形に対し、「多分」という曖昧さを加え、「それは嘘だ」という断言。
本当は如実に判っていることなのだけれど、それを断固否定したいんだという表現に他ならない・・・と筆者は感じています。
心の問題としては確かにそうでしょう。
ワタシだってそうあって欲しい。

しかしながら老いてゆくことの現実は遥かに厳しかったりもします。
介護する側される側。
ワタシが実際に自分の両親がそうなった時、少しずつ近づいているであろうその時に向けて、一番大切なのものは何か?を考えたいと思っています。
ぶれることのない何かを持ちたいと思っています。

もし両親が子どもに返って行くのなら、かつて子どもだったワタシが接してもらったように恩返しをする時なんだろうなぁなどと思っていた矢先・・・。

More
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-22 11:40 |

免許皆伝

森田健作氏。
59歳。現千葉県知事。
ワタシ世代には青春ドラマのエースとして、「爽やかな男らしさ」が売りの当時の大スターでした。

いつのまにか国政の場に現れたと思ったら下野し、何度かの紆余曲折を経て今度は地方自治の場へ・・・。
東国原宮崎県知事や橋下大阪府知事など、テレビでも活躍していた方々の転進成功を受けての3月の千葉県知事当選でした。
しかしながら自民党が極めて劣勢だった時期の千葉県知事選。
その際「完全無所属」を標榜していながらも、実際は選挙期間中に自民党東京都衆議院選挙区第2支部の代表を勤めていた問題はまだ記憶に新しい所です。
それも小沢氏の秘書の政治献金問題などの陰に隠れて結局うやむやになったまま。

あれ?
何だかまた賑やかだなと思ったら、今度は彼の売りでもあった「剣道2段」が正規の段位ではなく「自称」だったとな。
親戚の剣道の師範に「2段くらいの実力がある」と言われたから、それからず~っと自称剣道2段なんですってね・・・。

これじゃぁ何でもありですね。
はっきり言って爽やかじゃない。
若かりし頃の爽やかさの欠片も感じられませんものねぇ。

千葉県民は新しい風が吹き込むことを期待していたはずなのに、さぞやガッカリされていることでしょう。
剣道2段なんて別にどうでも良いことかもしれませんが、それすらあくまでも「自称」だって言うんじゃ何か違わねぇか?って思う向きもたくさんいらっしゃるはず。

「剣道2段」は自称だったかもしれませんが、「虚言癖10段」と言う事は、千葉県民のみならず日本中が認めるところであります。

ご立派です。免許皆伝。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-22 09:52 | 雑感

クサイものにフタ

<麻生首相>「任命責任ある」鴻池官房副長官辞任で発言撤回

麻生太郎首相は14日、女性問題で鴻池祥肇氏が官房副長官を辞任した問題で「これまで辞めた方々の任命責任はすべてあると言ってきた。今回も例外ではない」と記者団に語り、責任はない、とした前日の発言を撤回した。

 また、河村建夫官房長官は記者会見で、鴻池氏が入院中の東京都内の病院で14日、河村長官の秘書官と面会し、4月28~30日に女性同伴で静岡県熱海市に宿泊しゴルフをしたことなどを大筋で認めたと発表。鴻池氏は「誠に不徳の致すところで申し訳ない」と陳謝したという。

 河村長官によると、鴻池氏は旅行の際、東京-熱海間の往復に国会議員用の「JRパス」を使用したことも「不適切だった」と認めた。新幹線グリーン席の往復料金1万2480円を支払っていなかったが、JR東海に改めて支払ったという。首相はJRパスの使用について「目的外使用で、はなはだ遺憾なことだ」と述べた。

 河村長官は鴻池氏の病状について「間質性肺炎を持っていて、心房細動を併発した。当分の間、入院が必要というのが主治医の見解だ」と説明した。5月14日  毎日新聞



この官房副長官、一月にもおそらくはこの女性(同一人物かどうかは知りませんが)を議員宿舎に泊めたの泊めないので一頻り騒がれたんでしたよね?
まぁ・・・お元気なのは結構ですが、立場上まずはその元気さは政治に傾けるべきであって、女性は二の次。
ましてや問題の本質を見誤ってはいけません。
国会議員用のJRパスを不正利用した事が一番の問題であって、女性同伴だろうが男性同伴だろうが、私的流用っていうのは背信行為に他なりません。

挙句の果ては官房副長官辞任の理由が健康上の問題ですって・・・。
それを当初健康上の理由云々と任命責任その他にフタをしようとした総理も総理ですがね。

それにしても今回新たに勉強になった事があります。
それは今まで名前だけで詳しく存じなかったのですが、「間質性肺炎」という病は下半身が相当元気な病気だと言う事です(・・・ってホントかよ!)。
ワタシも68歳になった暁には、是非そうありたいものです。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-14 23:38 | 時事

親バカの継続

仕事の合間に、お茶飲みながらしばしの考え事・・・。

その時にふと気が付きました。
高2(16才)の彼女が小2でミニバスを始めてからもう10年目ですから、彼女は自分の半生を越えてバスケやっているんだなぁ・・・って。

自分自身それだけず~っと続けられているものってないもんなぁ。
好きなギターだの自転車だのって言ったって、別に毎日やっている訳じゃないし。
そうやって考えると、あいつのバスケはほぼ毎日ですしねぇ。
結構、すげぇかも。

何故そんなことに思い至ったかと申しますと、いよいよこの日曜から東京ではインターハイの地区予選が始まります。
娘の所はシード校なので31日が初戦なのですが、これに負ければ3年生は早くも引退。
という事は先を思えば、次女も正味あと一年くらいでバスケもお終いという事です。

そんな行く末を思い、来し方を顧みたという事なのですが・・・。

後一年かぁ。
もうほんのわずかですねぇ。

でもね。
10年以上も彼女のバスケの「世界一のファン」でいられる事に、幸せとちょっとだけを感じてるワタシでもあります(・・・ってこっちの「ほこり」かいっ!)。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-13 16:06 | 籠球

願ひ

本当の
「いい人」にはなれなくても
「いい人」のフリをするくらいなら
何とか出来るかな

せめて
せめて「いい人」のフリくらいは
ずっと続けたいな
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-12 13:53 |

去り行く昭和

昭和の宝がまた…作曲家・三木たかし氏が逝く

 「津軽海峡・冬景色」「時の流れに身をまかせ」など多くのヒット曲で知られる作曲家の三木たかし(みき・たかし、本名・渡辺匡=わたなべ・ただし)さんが11日午前6時5分、岡山市内の病院で死去した。64歳。東京都出身。06年7月に下咽頭(いんとう)がんの手術を受け、闘病しながら曲を作り続けた。昨年12月にこの世を去った遠藤実さん(享年76)に続き、昭和の歌謡界に多大な功績を残した作曲家が他界した。5月12日 スポーツニッポン


昭和の音楽界を語るには絶対に欠かせない作曲家です・・・。
「津軽海峡冬景色」「つぐない」「時の流れに身をまかせ」「思秋期」「アンパンマンのマーチ」などなど。
その柔軟な曲調に捉われない作品の数々には、今更ながら驚かされてしまいます。
我々昭和生まれがカラオケに行ったら欠かせない歌ばかりです。

特に一昨年亡くなった阿久悠さんや荒木とよひささんとの楽曲は、昭和の歌謡史に燦然と輝いているのは言うまでもありません。

つい先日、忌野清志郎さんが亡くなったばかりの音楽界。
確かな昭和の足跡を残した方がまたお一人いなくなってしまいましたねぇ。
本当に残念です。
陰ながらご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-12 10:02 | 音楽

四つ葉

遠い日

君は一通り遊び疲れると
いつも決まって
芝生の脇の一叢の
クローバーの辺りに
しゃがみこんでは
四つ葉のクローバーを探していたね

知らず知らずのうちに
二人で熱く始まる
四つ葉探しの競争は
父さん、一度も勝てなかった


君は悩み傷つき
大人として
たくさんの壁にぶつかって・・・

あの頃、幼い君は
父さんに教えてくれた
四つ葉は
あきらめたら見つからないんだよって
だから今度も
一所懸命探さないとね

大丈夫
だって君は
四つ葉探しの名人だもの

必ず見つけるさ
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-11 17:36 |

ちっぽけ

ちっぽけなワタシの心

いつか
今日の青空みたいに
何の外連味も無い
心になれるかな
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-11 00:39 |

消えたはだいろ

クレヨンなどから「はだいろ」というものが無くなって久しいそうです。
とは言え色自体がなくなったのではなく、その呼称である「はだいろ」が消え、「ペールオレンジ」だの「うすだいだい」だのというように変更されたそうで・・・。

その背景には、「肌の色はこうだ!」という既成概念が、他の肌の色の人への人種差別に繋がるからだとかなんとかがあるそうですが、別にそこまで気にしなくてもなぁ、どうなんでしょ?
あの色って、精々「肌の色に近い色」ぐらいの感じでしょ?
「こうだ!」って言うほど説得力のある色じゃないって。
図工や美術の時間で絵を書いた時に、はだいろのニュアンスの違いに四苦八苦した覚えがあるものなぁ。


それに私たち世代は今更その新しい名称を言われても、全然ピンときませんよねぇ。
だって「あの色」ははだいろ以外の何物でもないもの。
第一、「ペールオレンジ」だの「うすだいだい」だのが肌の色って、みかんの食い過ぎかっつーの!

まぁ本当は別にワタシもそんな事にこだわる必要も無いんですけどね。
何せ因みに今仕事で使っている色鉛筆のケースの中で、一番長いまんま残っているのが「はだいろ」だから・・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-05 18:28 | 世間話

狭間

東京・渋谷 AM7:00
f0056698_1893036.jpg

寝ぼけた朝の
人影も疎らな公園通り
朝飯をあさるのに忙しい
カラスの数の方が多いくらいだ




昨夜の続きのままの若者たちと
新しい一日の始まりを迎えた人々が行き交う
夜と昼の狭間の
ハチ公口スクランブル交差点

白み始めた街の顔は
どこか気だるさを伴って
f0056698_175782.jpg

時は
全てのものに等しく流れ
全てのものを等しく包み
つまりは
感じ方次第なのかな
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-05 18:14 | 風景

たった一日のゴールデン・ウィーク

ワタシにとって唯一のゴールデウィークの5/3(・・・ってただの日曜日じゃねーか!)、お天気が良ければどうしても行きたいところがありまして、出掛けて参りました。
復活した愛車(チャリ)を駆っての旅は、鎌倉は鶴岡八幡宮までです。

前回の鎌倉行きから一年余り
冬前に自転車がトラぶってそれからしばらく放置したままだったのですが、四月にオーバーホールをしての久し振りのロングラン。
スリックタイヤにチューブもそっくり入れ替え、〆てお代は¥13,000也・・・ホームセンターでママチャリ買えちゃうねぇ。f0056698_1242755.jpg

まぁそんな下世話な話はともかく、思うところがあって御札(おふだ。おさつじゃありません)を戴きに鎌倉まで往復120kmの自転車旅の始まりです。

7:20自宅を出発。
風も無く穏やかな陽気が、交換したタイヤの具合の良さとも相俟って知らず知らずの内にペダルを踏むペースを上げてくれます。

f0056698_1302239.jpg

都県境の町田を過ぎ、神奈川県突入は9:00頃。ここまで距離にして約30kmですからまずまずのペースです。
ここからは写真の看板にある、境川沿いに藤沢市まで続く境川サイクリング道路を南下。
途中では早くも田植えの準備が始まっているこんな光景も眼にすることが出来ました。f0056698_1385252.jpg




境川サイクリング道路はこんな感じ。
f0056698_1421571.jpg
道端の草が進行方向とは逆に靡いているのがお分かり頂けますでしょうか?
海が近づいてきた証拠ではありますが、突然向かい風が強く吹き始めました。

向かい風と戦いつつも藤沢市街を抜け、江ノ島が近づくにつれ道路は大渋滞。f0056698_145444.jpg



写真正面は江ノ島。
この大渋滞、さすがにG・W真っ只中です。
自転車で走っていると、妙な優越感を感じる一時でもあります。

f0056698_149589.jpg
国道134号線に出るとさらに道路事情は悪化。上りも下りも大渋滞。
イライラ顔のドライバーたちを尻目に、我が愛車は颯爽と海辺を走り抜けてゆきます。

f0056698_1562323.jpg
f0056698_2137.jpg
鎌倉・由比ガ浜到着は11:30。走行距離59.17km。
コンビニで朝食を摂った以外はここまでノンストップの約4時間。久し振りにしては結構頑張れてます(自画自賛)。
ちょっと一息入れて空と海を眺めていると、潮風が空を舞うトンビの鳴き声と海の匂いを運んできて、浜辺には初夏の香りがしています。

ここまで来れば、目的地の鎌倉・鶴岡八幡宮まではもう一走りです。
自転車を停め、境内へ。
ごった返す観光客に飲み込まれながら参拝を済ませ、その後御札とお守りを戴きます。
f0056698_2135014.jpg

これで目的は成就したのですが、これからまだ約60kmを帰ると言う難行苦行が待ち構えています。
日頃の不摂生の賜物の我が身には、この帰路と言うのが正直結構辛い。
とは言え、ペダルを踏まなくては一向に家には着きませんので頑張りますか。

再び国道134号を江ノ島方向へ・・・さっきよりさらにさらにひどい渋滞。
f0056698_2171759.jpg
これじゃぁドライブも楽しくないだろうなぁなどと思いつつ、我が身の気軽さが何だか嬉しくなっちゃいます・・・って言っても脚は結構疲れてきてますけどね。
渋滞知らずの江ノ電と自転車ですが、ちなみに江ノ電は脚も疲れません。


再び藤沢市内から、先の境川サイクリング道路を北へ。
行きとは逆に追い風の応援が疲れてきた脚には大変ありがたい。
快調なペースであっという間に東京・町田に14:00頃突入。
ここから最後の多摩丘陵越えが待っていますが、入れ替えしたタイヤのお蔭か意外とすんなりと山越えも終了。
少し遅めのランチを吉野家で済ませ、後はかつて知ったる市街地を流して帰るだけ・・・・・・・。
のはずだったのですが、あれ?

後輪がいやに空気が甘くなってきたぞ??
嫌な予感・・・・そうパンクです。チューブを引っ張り出してみると、こんなピンホールが開いておりました。f0056698_2425852.jpg
仕方なく道端で修理して様子を見ます。

多摩川を渡り、自宅まで後4kmほどのところで、今度は「バシュ~」と言う音と共に空気が全抜け。
これはパンクと言うよりバースト(チューブが裂けてしまう)の症状です。
再びチューブを取り出して見ると3cmほどチューブが裂けていました(ショックで写真撮るの忘れた)
とりあえず修理はしてみたものの、やはり駄目。ここまでの距離119.49km。時間は少し日が傾き始め15:00を過ぎています。

f0056698_2391344.jpg

そこでこれから帰路の選択肢は・・・
1.タクシーで帰る(折りたたみ自転車なので、積んでもらうことも可能)
2.自転車を置いて帰る(帰宅後、車でチャリを取りに来る)
3.ひたすら押して帰る

しばし悩んだのですが、ワタシが選んだのは3。

何故なら、御札を戴くために自力で鎌倉まで行く旅をしたはずなのに、上記1.2.では納得が行かない。
どうしても自力で戻りたかったワタシはそこから自転車をとぼとぼと押し始めました。


f0056698_2402960.jpg後輪がこんな状態の自転車は重い事重い事・・・。

自転車を押して歩く事1:30・・・。
ようやく自宅マンションに到着。

f0056698_2464470.jpg
出発より9時間15分。走行距離123.01km(その内自転車押してたのが1時間30分。3.5km)。

最後は余計な仕事が増えてしまい、一人トライアスロンみたいになっちゃいましたが、達成感はいつも以上のものがありました。
日焼けした肌の火照りすら心地よい、たった一日のワタシのゴールデン・ウィークです。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-03 22:29 |

G・W

本日は5月2日土曜日。

いよいよ本格的にゴールデンウィークに突入し、高速道路のETC割引とも相俟って、今朝も早くから高速道路の渋滞は延びているようです。
天気も良いし絶好の行楽日和ですね。

・・・と事務所のPCからこの記事を書いているワタシ。
この不景気の折、巷では4/25~5/10までの16連休などを与えられた会社もあるという噂ですが、お蔭様で我が社はゴールデンウィーク何ぞとは縁も所縁もありゃしません。

例年なら職人連中からも一日二日は休みが欲しいとのブツブツ声も聞こえてくる所ですが、今年はそう云う輩がどういうわけか一人もいない。
同業他社が週に3日しか稼動してないとか言う話を聞く昨今、さすがに仕事があることのありがたみが身に沁みているのでしょうかねぇ。


何とか交代で一日くらいずつは休ませてあげたいのですが、中々に忙しくてそれも儘ならない実情です。
小さい子どものいる職人の家なんかは、奥さんに嫌味の一つも言われそうで・・・いささか申し訳なくもあります。
仕事だから仕方がないんだけど、それをそう理解してくれる人ばかりじゃなしねぇ。

G・WのGは「ご苦労様」か「ごめんなさい」か・・・。
まぁどう言い繕おうと、仕事であることには変わらないんですけどね(苦笑)
   
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-02 09:10 | 世間話

無い袖は振れない

「年金は31年度に破綻」マイナス1%成長で厚労省試算

 厚生労働省は1日、実質経済成長率が今後長期にわたってマイナス1%前後で推移すれば、公的年金は積立金が枯渇して制度が破綻(はたん)するという試算結果をまとめた。

 試算では、物価上昇率、名目賃金上昇率、積立金の名目運用利回りが、今後それぞれ過去10年間の実績値の平均(マイナス0・2%、マイナス0・7%、1・5%)のまま推移し、実質経済成長率がマイナス1・2%の状態が続くと想定。
 このケースでは積立金が2031年度に底を突き、年金給付の財源が足りなくなることがわかった。5月1日 読売新聞


厚生労働省という役所の暢気さ加減にはほとほと呆れ返ります。
我々国民は今更そんな事を言われなくとも、現実にもう年金が破綻しつつある事は肌身を持って感じているって。・・・って言うか、年金制度なんてもう成り立ってないのが現実じゃない。
「無い袖は振れない」って最近の言葉じゃ無いはずなんだけどな。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-05-02 00:08 | 時事

祈り

音楽って、何でしょう。
人それぞれに感じ方があると思います。

音を楽しむ」と書いて文字通り音楽なのですが、ワタシの場合音だけを楽しむと言うよりは、詞とのコラボで一つのものという感じがしています。
ですから中々洋楽(最近言わないかな・・・洋楽って)には親しみにくく、どうしても今で言うJ・POP、それも詞を大切にした楽曲を好んで聞く事が多い様に思います。

さてそんなワタシの「音楽」ですが、先日松山千春さんの「君を忘れない」を記事にしました。
それから何だか千春節に久しぶりにはまっていまして・・・。

昔の彼の歌にも、この年齢に達して初めて感じるものなどもあって、新たに彼の歌の良さを感じている次第です。
そこで今、最も心に染み入っている歌を・・・。

More
[PR]
# by kazz1125 | 2009-04-29 00:33 | 音楽

草なぎ週間

草なぎ謝罪会見、アンケートで92%が同情

 SMAPの草なぎ剛容疑者(34)=公然わいせつの現行犯で23日に逮捕=の謝罪会見から一夜明けた25日、サンケイスポーツでは緊急アンケートを実施。草なぎに同情的な回答が全体の92%を占めた。

 まだまだ、世間の関心は高かった。サンケイスポーツが25日午後6時半から約1時間にわたって実施した緊急アンケートで、2583件の回答が寄せられた。
 3項目の中、特に意見が浮き彫りとなったのが「謝罪会見の感想」だ。「反省していた」と「かわいそう」を合わせた回答が92%を占めた。

 「人気があること、芸能人であることを差し引いても騒ぎすぎ」(神奈川県、37歳会社員)「謹慎せざるを得ないと思うが、1カ月程度での復帰を願う」(埼玉県、30歳会社員)など同情が多数。「もともと色白の剛クンが公の場に出てきて、ほおがやつれていたのが第一印象でした」(埼玉県、34歳会社員)と、体調を気遣う声もあった。
 「警察の逮捕、家宅捜索について」と「(地デジ大使を降板させた)鳩山総務相の発言と撤回について」の質問にも、草なぎ擁護の回答が過半数以上。とても、他人事には思えなかったようだ。 4月26日 サンケイスポーツ


先週は「草なぎクン」のニュースで持ちきりでしたね。
やったことはお叱りを受けて当然の事ですが、それほど大騒ぎする問題ではないとワタシも思います。
人気商売であるが故の、過熱報道である感は否めません。

それにしても謝罪の記者会見を見ることが多い昨今、先日の草なぎクンの謝罪会見は今までで最も好意的に見ることが出来たような気がしています。
真摯に反省しているって言うのが嘘偽りなく伝わってきたのは、やはり彼の人柄なんでしょう。
また裸で騒いでいた傍らに靴と服がきちんと置いてあったという報道もありましたが、それもあまりにも彼らしくてちょっと笑えましたね。
そして昨日のSMAPメンバーの香取慎吾クンの涙ぐみながらのお詫びには、ちょっと胸を打たれてしまいました。

良き仲間がいるってどんなに幸せなことか。
良きファンに支えられているってどんなに幸せなことか。
きっと草なぎクンも改めてそれを噛み締めていることでしょう。
今回の一件で、彼はきっと得られた事がたくさんあったんじゃないかな・・・。

しかし惜しむらくは先日の記者会見。
ジャニーズの大先輩である郷ひろみさんの「獣は裸になりたがる」をBGMに、「心を入れ替えたのワタシを見てください」とか「一から裸一貫やり直します」とかさらっと言えたらよかったんだけどなぁ・・・って草なぎクンはそういうキャラじゃないっつーの(笑)。
もしそんなことしたらマスコミにものすごい叩かれ方だろうねー、「剛、反省の色丸でナシのろくでなし」とか「草なぎ、草食系の獣だった」とかねぇ・・・。

これがビートたけしさんなら間違いなく言ってるだろうなぁ。
それでも何とか収めちゃうところが彼のすごいところだけど・・・。余談ですがね。
[PR]
# by kazz1125 | 2009-04-26 12:40 | 世間話