時計はいらない・・・

f0056698_1951212.jpg

仕事の打合せで、神田から新橋へ移動の途中での1枚。
前々から不思議な空気感が漂っている西新橋交番前のお蕎麦屋さん。

「虎ノ門砂場」 
豊臣秀吉が大阪城を築く時の資材置き場『砂場』に蕎麦屋を開いたのが祖。
その後徳川家康が江戸城開城した時に麹町に店を出したのがこちらの始まりだそうです。
その昔は勝海舟も常連だったそうな。(その店舗かどうかは解かりませんが)

近代的なビルだらけの新橋の片隅。
ここだけ、時が留まったままです。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-13 21:24 | 風景

トリノの空を跳べなくなった男・・・

f0056698_9797.jpg
原田失格、体重足りずヘッドコーチ激怒「もう帰れ!」
2006年2月13日(月) 8時2分 サンケイスポーツ


言葉を失う。
もちろん本人もですけど、周囲もみな開いた口が塞がらない・・・だろうなぁ。

37歳の原田が技術的に、身体的に衰えてしまう。
それはスポーツの世界ですから致し方のないことです。
未だ原田が岡部が葛西がオリンピック選手としてトリノへ行っている。
日本のジャンプ界が新進の選手を育てられていないんだからまぁそれも仕方がないでしょう。

だけど自分の不注意によりレギュレーション不適合で失格っていうのは・・・ですね。

人間だからミスはあります。
だけど、絶対ミスっちゃいけない時も確かにあるはず。
2重にチェックする。
周囲のコーチ等もレギュレーションにはもっと気を払っておく。
それさえあればどうってことない事。当たり前の事だと思うんですけどねぇ。

こんな体たらくだから未だに日本のスキージャンプは新しい選手が育てられないんだなぁって思うのは、きっと僕だけじゃないでしょう。
原田個人だけじゃなく、その周りの環境にも大いに責任はあるんだろうなぁ。

日の丸背負って行ってるんですものね。
海外旅行に不慣れなオトーサンがオートロック閉まっちゃって部屋に入れなくなったっていうのと訳が違うんだから。

原田、頼むよ、ほんとに。
そこで失格するんなら、原田大二郎だって、原田泰造だって良かったんだからさ。
オリンピックのためにハイビジョンの大型テレビ買った人だっているんだからね・・・

えっ、僕?
もちろん僕は買ってないけどさ。
未だにチャンネルガチャガチャ回す奴だから・・・な事はないけど。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-13 11:06 | 時事

春、二題

f0056698_1548315.jpgf0056698_15463226.jpg















左はつぼみが少しずつほころびかけてきた
右は・・・・・・花粉症の方、ごめんなさい。
去年より少ないとは言え立派に花開いております。
大っ嫌いな。赤黄色っぽいのは全てスギ花粉

いずれにしても春遠からじ。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-12 15:53 | 風景

ラーメン 3

神奈川 厚木「ZUND-BAR」

先週金曜日に神奈川の厚木の現場に行った時、食した一杯。
かねてから前評判の高さと、大変変わった店名で一度行ってみたかったお店です。
神奈川の名店「中村屋」の2号店兼スープ工場。
和風、細麺
塩、しょうゆ各こってりとあっさりが選択できる。
つけめんもあるようですがここはすっきりとした味わいのスープを頂きたいところです。
実は最初の一杯は塩、あっさりを戴いたのだが、あまりのうまさに女性店員さんに「すみませんデザートにしょうゆこってり」(また食い過ぎだよなーと思いつつ)と言ったらにやりと笑われてしまいました。

ステンレス製のどんぶり?に入ってくるが、2重になっていて熱くはないです。
店内もワンショットバーのような雰囲気で山奥にあるラーメン屋さんとは思えません。
ちなみに寸胴バー=ZUND-BAR ということらしいです。

写真はデザートのしょうゆこってり
f0056698_1137536.jpg
f0056698_1138464.jpg

ただ食べ終わった後のどんぶりが・・・我が家のわんこの食器(ボール)とあまりに酷似していた。
写真のようにレンゲがなければ、そう言われても気づかないかもしれません。
食後の気持ちは何だか複雑。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-12 12:03 |

メロディ

昨日仕事で厚木の、それもかなり丹沢に近い山の方まで行ってきました。
そこへ向かう長い道中、車のラジオから玉置浩二さんの「メロディ」という曲が流れてきました。

一人運転しながら、その曲に聞き入ってたのですが、何故か不意に涙が出て来てしまった。
老化現象で涙腺が弱くなってるのかな。
何か心の琴線に触れるものがあったんでしょうね・・・。

最近の玉置浩二さんと安全地帯の頃の彼とは随分味わいが変ってきていて、失礼な表現だけど何だかいい感じに枯れてきてるなって思います。
まぁ、離婚そして再婚と彼も人には言えぬ想いもしてるんだろうなぁ。


僕ももう少し、もう少したったらあんな風な素敵な枯れ方をしたいものです。

メロディ          作詞 玉置浩二f0056698_075053.jpg

あんなにも好きだった 君がいたこの町に
今もまだ大好きな あの歌は聞こえてるよ
いつも優しくて、少し寂しくて

あの頃は 何も無くて 
それだって 楽しくやったよ
メロディ 泣きながら 
僕達は 幸せを見つめてたよ

懐かしいこの店の 隅っこに置いてある
寄せ書きの端の方 君と書いたピースマーク
みんな集まって 泣いて歌ってたね

あの頃は何も無くて 
それだって楽しくやったよ
メロディ いつの間に 
大切なもの失くした

あの頃は何も無くて 
それだって楽しくやったよ
メロディ 泣きながら 
遠い空 流されても

君の事忘れないよ 
いつだって楽しくやったよ
メロディ 泣かないで 
あの歌は 心から・・・聞こえてるよ

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-11 00:03 | 音楽

世間知らずの・・・


チーズ相次ぎ値上げ 雪印9.6%、明治9.1% 原料高騰・円安・原油高
 
チーズメーカー各社が家庭用プロセスチーズの値上げに相次いで踏み切っている。原料の輸入ナチュラルチーズ価格の世界的な高騰に加え、円安、原油高によるコスト増という“三重苦”に見舞われているためだ。        (産経新聞) より

f0056698_925960.jpg

石油価格の高騰が色んな所に影響を及ぼしていますね。
直接的には車のガソリン、灯油。今やハイオクなんて¥140越え。
飛行機の燃料代→旅客運賃への悪影響。
電気代だってそう。
納豆のスチロールのパックとかも、もう一杯一杯だって聞いています。

実は先にあげたチーズなどは実質値上げをしてました。
小売価格は据え置きで、内容量を減すると言う手法です。
それにもかかわらず再度の値上げ。
やっぱりどこの業界もまだまだ苦しんでるんだよね。
本調子じゃないんだよね・・・。

経済のどん底状態からの回復、上向いてきたと言う報道がここの所新聞を賑わし、また政府の見解などでも折に触れそんな発表があります。
しかし果たして僕たち一般人がそれを肌身を持って感じられているか?
ぜ~んぜんそんな事は露とも感じられません・・・。

今国会では、皇位継承問題、耐震偽装、ライブドア、BSEなどなど、難問山積なのはよくわかる。
だけど国民の生活に直結している、経済運営の舵取りも(外交も含め)もっと努力の余地があると思うんだけどなぁ。

無駄使いばかりしている子どもが、おこづかいが足りないって泣きついてくる。
だけどまず、その浪費癖から直していくのが普通だよね。
誰に言わせたってそうだと思うんだけどなぁ。
そういう普通の感覚を持った政治家こそが、今、一番必要とされている気がします。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-10 10:05 | 時事

君は君なりに考えてはいるんだろうけど・・・

f0056698_0185020.jpg


      君はとってもうれしそうに 
       短いシッポを振りながら
        玄関から運動靴を 
          片っぽだけ運んでくるけど・・・

            あのね
             靴は片っぽだけじゃ履けないし
               第一、リビングからは 
                 お散歩には行けないんだよ

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-09 23:54 | 雑感

ラーメン 2

今日も結局お昼は・・・。

本日の一杯。
埼玉、川島町 「あぢとみ食堂」

f0056698_2229360.jpg


つけめん(大盛)
ちなみに並で250g、大盛は・・・倍です。
スープは和風魚介系醤油ベース。 
麺は川越銀杏軒の太麺!狭山ヶ丘丸永などと一緒ですネ。
ものすごくしっかりした食感。
 
ラーメンは塩、醤油、カレーの3本立て。
ここの大将は和食を修行されたらしいので、『和』テイストの味わいに秀でている感じがします。
チャーシューと味玉も「んまい!」です。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-08 22:38 |


1200㎞の道程
あなたが話してくれた空を 
探し走り続けていた時

今、思えば
確かに・・・
常にあなたの事だけを考えていた


一日くらい 
一日くらいは そんな日があってもいいよね

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-08 22:20 |

ラーメン 1

f0056698_20575271.jpgここ数年、健康診断の時に必ず「高脂血症の疑い」と言う御診断を頂きます。
簡単に言えばアルコールと運動不足と食習慣が問題と言うこと。

その一つの要因は間違いなくこれ!
ラーメン
いつからか知らんが間違いなく好みの食べ物の筆頭になってしまった。
食べるのを辞めるのは難しいので、せめて運動だけは心がけよっと・・・。



今日の一杯。
埼玉、東飯能「ぽんこつや」
写真はとんこつしょうゆ
海苔納豆はトッピング 
チャーシューは普通は1枚(僕のは2枚と半端、おまけだよん) 
きくらげ多目(これもおまけだよん)

カテゴリー 博多ラーメン

とんこつ苦手の人はきついかも・・・。
お店は全然豚臭くないですけどね。
とんこつのスープは塩としょうゆがあります。
麺は博多なのでデフォルトだと細ーい麺なのですが、一応太麺もあります。

僕は普段は塩ばかりです。
だけど海苔納豆をトッピングする時は大将がしょうゆしか作ってくれない・・・
一番食べたのは替え玉4つ!(2年前だけど、さすがにこれは食い過ぎだ・・・)
ちなみに土日の昼時は待ちが発生することもありますので・・・。

白長靴と作業ズボンの似合う大将のラーメン作ってる姿が何だかカッコ良いです。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-07 21:10 |

雪模様


f0056698_813194.jpg

深夜2:00過ぎ、自宅ベランダから。
子どもの頃と変わらない。
何だかわくわくしている。


カメラを持ってリビングとベランダを出たり入ったりしていたら、
寝ていた我が家の愛犬にものすごく迷惑そうな顔をされた・・・。

―もう!寒いよ。あんた明日仕事だろ?いい加減にしてくれないかな?
―ハイ、すいません。もう寝ます。



犬が話が出来なくて・・・今日だけはよかった気がする。




       犬が会話できることの是非はともかく、結局、今日もしっかりとした寝不足だ。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-07 08:24 | 風景

夜更けのスーパーから

23:30過ぎ。
終夜営業のスーパーに行った事がありますか?

終電にほど近いこの時間。
そんなスーパーマーケットは、ほんの少しだけ無言の賑わいを取り戻します。


仕事帰りの疲れ切った顔をした、緩めたネクタイ姿のサラリーマン。
だらしないジャージ姿の若いカップル。
ほとんど化粧の剥げかけた、口紅の赤だけが気になる中年の女性。
おかま。
ヤクザだかチンピラだかわからないけど、どう見てもそちらの方。
小学校の低学年と思われる、かさかさした素足に薄汚れた運動靴を履いている女の子。
ペンキだらけの作業着の建設労働者。

色んな人たちがこんな時間にを求めて訪れます。
一様にスーパーの緑色の買い物篭だけは腕にぶら下げて。
そして店員も同じく疲弊しきった、空ろな瞳でつまらなそうに客を迎えています。
「カードはお持ちですか」
決まりきった、テープレコーダーのように繰り返される台詞。
無言で首を少しだけ横に振る客。
どう見ても、楽しそうに買い物や仕事をしているようには思えない人たち。



先日、僕は一人の30代そこそこの、ちょっと陰のある眼の美しい女性を見かけました。

決して新しくはない紺色の軽自動車でその人は店を訪れていました。
路上駐車した僕の前に車を停め、ヴィトンの財布だけを握り締めて小走りに店に入って行きました。
別に後を追ったわけではありません。
ただたまたま店内での移動ルートが大体同じになってしまっただけのこと。
彼女はお弁当のコーナーとお惣菜のコーナーを行ったり来たりしながら、半額のシールを貼ってある品物を選んでいた様です。

僕が支払いを済ませ、カウンターで買った品物をレジ袋に入れている頃、ようやく彼女は自分ひとりの分と思われる小さなお弁当を一つ、お惣菜を一つ、とても大事そうに抱えてレジに行きました。

「・・・が半額になります」というレジ係の声。
「カードでお願いします」という彼女の声。
おそらく一日中繰り返されているBGMがふと途切れた瞬間、聞こえてきたその会話。
と同時に財布からスーパーのカードを出す彼女。
無言で受け取る店員。

見るともなしに見ていた僕はその時不意に眼の奥に熱いものを感じてしまいました。
何故だかわからないけど無性に悲しくなったのです。

僕にはまるで無関係な人。

でも、
ヴィトンの財布が
彼女の紺色の軽自動車が
大事に抱えていた半額のお弁当が

全てが・・・全てが腹立たしいほど悲しかった。

「ちゃんとご飯だけは食べてくださいねっ」て、もちろん言うわけは無いけれど、心で思いながら、僕は店を出ました。

生きてくって結構大変な時もあったりします。
でも、どうってこと無い時ももちろんたくさんあります。

今日も夜更けのスーパーには、色んな人達が買い物に訪れます・・。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-07 01:15 | 雑感

愛車 その2

平成16年11月登録。f0056698_17415447.jpg

1年3ヶ月で38,500kmの走行距離。


走りすぎの感は否めないけど、仕事兼用なので致し方ない所です。

長距離を走っても疲労感の少ない良いクルマです。
先日も2日間で東京ー和歌山往復、1200㎞を文句も言わずに付き合ってくれました。

ちなみに蒼い瞳はおまわりさんにマークされる・・・らしいです。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-06 17:32 | 雑感

日曜日の

この時間。f0056698_8431947.jpg
喩え様も無く嫌いです。
別に仕事に行くのが嫌でもなく・・・
月曜日という響きが嫌いでもなく・・・

寒さのきつい真冬の朝
温かい布団から追い立てられて
起こされている時の様な
それに似たやるせない思いが
日曜のこの時間にはあります。


時間なんてさ

自分たちに都合のいいように、便利なように
 
人がただ取り決めしただけの事なのにね

今日が明日になっても 

あなたはあなたなのにね

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-05 23:58 | 雑感

ミニバス

ミニバスの応援に行ってきました。f0056698_18325514.jpg

久し振りに会う子ども達。
元気な挨拶が清々しくて、何だか柔らかな、穏やかな気持ちになれます。

時間の都合で1試合しか見られなかったのですが、結果は2位上がりで決勝トーナメント進出だそうです。
とりあえずよかった。

負ければ終わりの最後の大会。
精一杯の力でぶつかり合い、負けた方の選手はコートに膝をついて立ち上がれないなどというのも毎年繰り返される、こちらも目頭が熱くなる光景です。

2/11。
このスポーツセンターのゴールリングに、
あなたたちの今までの全てを、あらん限りの力をぶつけていらっしゃい。
悔いだけは残さないように・・・。

f0056698_18291848.jpg

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-05 18:35 | 籠球

静謐


今、あなたは
全ての静寂の中、眠りについている

過去の呪縛も 全て忘却の彼方に押しやり
ひたすらの安眠に身を委ねている

ここにあなたを束縛するものは何も無い
赤子のように無心に眠ればいい
眠りたいだけ眠ればいい・・・

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-05 04:13 |

忘れたくないもの

明日はミニバスの市民大会の予選です。
とは言え僕の娘は昨年卒業してしまったので、直接関係はないのですが、
未だに後輩達の試合を時折観戦させてもらいに行ってます。

コートのひんやりした空気を引き裂くドリブルの音。
歓声。
ホイッスル。
満面の笑顔。
悔し泣き。

体育館でたくさんの人に会いました。
体育館で本当にたくさんのものを教えてもらいました。

  何でこんなに惹きつけられるんでしょうね。
 
    あの頃の一所懸命だった我が娘たちの面影を探しに行ってるのかな。
     そして自分自身の・・・。

 体育館独特の少し湿った空気に触れると、思い出すあれこれ。

f0056698_13192713.jpg

  初めてバッシューを履いた日  覚えてるかな

  うれしくて  何だか誇らしげで、
  ちょっぴりくすぐったい そんな気持ちも一緒に履いて
  用もなく歩き回って、ジャンプして・・・

  あの頃は・・・あの頃はもうそれだけで  ものすごい選手になれたっけ


  今、君はもう あのバッシューは履けなくなっちゃったけど
  あの日の気持ち いつまでも忘れずにいられたらいいね
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-04 10:01 | 籠球

変わらないもの 1



f0056698_830307.jpg

風の強さに 雲がちぎれて
寒さがうんと染み入る日


お豆腐屋さんのラッパの音と
競争しながら家路を急いだ
子どもの頃に見た夕焼けの空

今も、あの日のままだ

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-03 23:45 | 風景

心に響くもの

f0056698_1214523.jpg
最近、レンタルしてきたCD



EXILE 「ただ・・・逢いたくて」


コブクロ 「桜」






今時のっていう言い方はおぢさん化していて嫌なのだが、とにかく今時の曲はあんまり興味持てねーなーと思っていた矢先、この2曲はドッカンと来てしまった。

人間にとって『』は永遠のテーマなんだね、きっと。

古の『和歌』の時代から、思いを託して歌に綴っていたんだものね。
光源氏然り、紫式部然り。

ただ・・・逢いたくて、か
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-03 11:13 | 音楽

一所懸命の優しさを


『 特急を乗り過ごし入学試験に遅刻しそうになった受験生を助けるため、JR東日本が2日、ダイヤでは通常止まらない駅に緊急停車した。』 (共同通信) - 2月2日13時10分

『京都府警は7日、大学受験の会場を間違え、遅刻のために受験資格を失いそうになっていた女子生徒を緊急走行扱いのパトカーで送り届けたことを明らかにした。「人生を左右する一大事であり、緊急事態に相当する判断した」と説明している。』 2004年2月9日の記事より




今日こんなニュースが目に入りました。
二つ目は2年前の2004年の記事です。

ニュースの見出しだけを読んでみると、何でそこまで?と思います。
しかしながら本文まで読んでみると、そっかしょうがねーなぁと僕は思ったのだけど。

きちんと下調べをしない生徒が悪い!
パトカーでそこまでする必要があるの?
市民の安全を守るのが警察の仕事でしょ!
公共の乗り物をたった一人のために・・・。
俺が酔って乗り過ごしても戻ってくれんのかよ?


賛否両論あるんでしょうね。
確かに仰るとおり、ごもっともごもっとも。

でもね・・・。
世の中全てが杓子定規じゃ息が詰まるよね。
潤いとかそういったものが何にもなくなっちゃうよ。

入試のその日まで、たぶん真面目にたくさんの努力を重ねてきたのでしょう、しかしながらものすごく間抜けな生徒の姿。
それを何とかしてあげようと、通常じゃ考えられない措置を断固たる態度で決断した大人たち。
それも現場の人だけじゃなく、その上の管理する人もそれを理解しその措置を認めたということ。
いざとなったら詰め腹切らされるかもしれないほどの決断ですよ。


なりふり構わない、一所懸命の優しさを示してくれた大人たちがいるって事。
この子たちにはこれだけは絶対忘れて欲しくないなぁ。


日本もまだまだ捨てたもんじゃないね。
よし、俺も大人になったらこういう風になろー!
って早く大人になれよ!
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-02 16:26 | 世間話

愛車 その1

昨年の2月19日に購入。
丁度1年です。
アメリカ、DAHON製フォールディングバイク。7段変速です。
現在総走行距離、約1900㎞。
月平均で150㎞ちょっと。
さすがに20インチの小径タイヤは減りが早くて、もうそろそろ交換時期です。
f0056698_17142619.jpg

この冬の寒さでここの所、さすがに出番が少なくなっています。
1/8にお台場まで行ったのが今年の初乗りでした。

最初はただ単に運動不足解消のためにと思って買ったのですが・・・。

今は自分の遥かな思いも乗せて、ひたすら走っています。
暖かくなったらまたペダルを踏みます。今よりもっと力強く・・・。

[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-01 17:14 |

FinePix F11

f0056698_956358.jpg
新しいデジカメ。
コンパクトな物が欲しくなり探してみたら、驚いた。
小さいくせに、機能も今持ってるデジカメより遥かに上。
えらい安いし…。

でもほんとに使いこなせるんかな?
かなりオヤジ化が進んできた昨今、いささか不安ではあります。
[PR]
# by kazz1125 | 2006-02-01 08:00 | 雑感

夢、その1

f0056698_21354323.jpg
26年越しの夢。
思い切って・・・。

Martin D-28
それもVintage Model 。
楽器屋に乗せられてしまいました。(正直言うと、自分で積極的に乗った気もしないでもないけど)
というか何度もその楽器屋をのぞいていたんだけど、どんなに勧められても試奏だけはかたくなに拒んでいたんですよ。
だって、弾いたら絶対欲しくなるのわかりきってたから。

ところが12月のとある日、ついに禁断の木の実を食べてしまいました・・・。
演奏室に入って、店員とあれやこれやで1.5h・・・。
都合4本のアコギを試奏し、そこまで行ったらもうだめ、お客様お持ち帰りで~す。

自己啓発の為!って口実もともかく、たぶん次は無いだろうなぁ。
さすがにこんな買い物そうそう出来ないよねぇ。

いやいや、あなた。高音の抜け低音の深みときたら鳥肌もんです。

モーリス持ってもスーパースターにはなれなかったけど、これならいけそうです。(どこへ行くんだか・・・)
[PR]
# by kazz1125 | 2006-01-31 23:35 |

一期一会

人生の折り返しを過ぎた今、という言葉と少しずつ疎遠になっていました。
日々の忙しさに終われ、その事に気づいていながら気づかない振りをしていた事実。

朝起きて、仕事に行き、そして帰宅、入浴、夕食、そしてまた眠る。
そんな暮らしの中にある、至極当たり前の時間。
それを否定する訳じゃないけど、それだけで老いてゆくのも何だかひどくつまらない生き方だな…って。

漠然と生きていても、何かに必死に打ち込んで生きていても、時は誰にも同じように流れて行く。
しかしながらその意味合いは過ごし方、気構えによってまるで違うものになってしまう。
知っていたはずなのに、今更ながらその事の重さに気がつきました・・・。

ここにブログを始めてみたのも、そんな自分への一つの提言なのかもしれません。


人生半分。
遅まきながら、ぼちぼち行ってみようかな。
そんな感じ。

出逢いに感謝しつつ、歩いて行きましょう。
あの空を見上げながら、あせらずのんびりと。
徒然なるままに…。

[PR]
# by kazz1125 | 2006-01-31 17:32 | 初めに