そうだんべ?

群馬県・富士見村 だんべうどん 肉汁うどん(のり付き) 三合盛

f0056698_23284512.jpg

兄貴」に教えて頂いたうどん屋さん。

群馬県の小麦の収穫量は全国4位。
中でも主力の農林61号という小麦は、うどんやパンに使われるいわゆる中力粉です。

だんべうどん」さんは、この地場産の農林61号を石臼で自家製粉してうどんを打っているお店だそうです。
その小麦の香りを求めてはるばる群馬まで・・・。

と言うのはウソですが、仕事の打ち合わせがあって群馬に出かけたワタシ。
昼の営業時間には全然間に合わずに、どうしようかと思案に暮れておりました。
しかしながらここは群馬県。
用が無ければ、そうそう訪れられる場所ではありません。
この機会を逃したら次は何時になるかはわかりませんので、夜の営業時間まで時間調整をして寄らせて頂きました。

18:20頃、入店。他にはお客様はおりません。
陽もとっぷりと落ちきった赤城山の麓のお店には暖色の電球が灯り、オヤジさんが湯切りする音とAMラジオの音だけが小さく響いております。

がらんとした店内に、食べ終わるまでとうとうワタシ一人きりだったのですが、その「だんべうどん」。
武蔵野うどんとも少し違う、また讃岐うどんとも違う、何とも香り高き優しいおうどんでした。
付け合せのきんぴらと椎茸も素材の味を生かした美味しさ。
濃い目の味付けではありますが、おうどんともよくマッチしていると思います。

年配のご主人の熟練の技とでも言うべき優しさがこのうどんには宿っているような感じ。

うどんって「構えて」食べるもんじゃないんだよ。
うどんなんだもの、普通にずるずる啜ったらいいじゃない・・・とでも言われているような自然体のおうどんでした。
実に美味しいです。


でもね、最後に独り言。
ワタシ的には、既に充分なくらいここは越えている・・・と思うよ。

そうだんべ?
[PR]
by kazz1125 | 2009-03-14 00:11 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ちりも積もれば山となる 珍しき正論 >>