両刃の剣

「頑張れ~」「頑張ってね~」
人は応援する時に安易にこの言葉を口にします。
ワタシは今日、次女のバスケの試合で何度この言葉を口にしたことか。

しかしそれは時にはものすごく励みにもなり、また時には残酷なほど苦しめる事もある両刃の剣。

これ以上頑張れないほど頑張っている人にこの言葉をかけるのは、競走馬の鞭と何ら変わらない・・・。
もちろん受け止める側のキャパの問題もあるのだろうけれど、中々に難しい言葉であります。
[PR]
by kazz1125 | 2009-05-31 23:49 | 言の葉 | Comments(2)
Commented by white at 2009-06-02 12:53 x
私もすぐ頑張れ~って言ってしまうのです。
確かに競走馬の鞭とかわらない・・・・その鞭を使われてる馬に行け~頑張れ~と言ってる自分に猛反省です。涙
両刃の剣、間違えないよう気をつけます。

お嬢さん、すごくお上手なんですね。
親ばかでもいいじゃないですか!親が喜ばなくて誰が喜びますか?笑
お嬢さんもきっとうれしいですよ~。
Commented by kazz1125 at 2009-06-03 00:01
whiteさん、こんばんは。「頑張れ」っていう言葉。
決してそれを口にするのは悪意があってのことではないはずなんですよね。
ただ、それを言われた方がどう感じるかというのを考える事は決して悪いことではないと思います。
そんなことをちょっとだけでも心の片隅に置いておくのは、心から応援することへの更なるステップアップに繋がるのではないでしょうか。

>お嬢さん、すごくお上手なんですね。
念のためご説明申し上げますが、3ポイントシュートというのは、バスケットゴールの中央から6.25mのところに書かれた半円形のラインの外から打ったシュートのことで、1ゴール3点が与えられることから3ポイントシュートとと言います。即ち、かなり遠い距離からのシュートなのである意味水物でもあります。たまたまその日は「当たり」の日だったのでしょうね(笑)。
親バカならましです。馬鹿親にならないように・・これだけは気をつけております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 親バカ 内藤クン >>