瓦解

望みとか 願いとか
そういったものも確かにあったはずなのに
そんな心とは裏腹に
いつの間にか辿り着いていた現実

そこにあるのは
快楽の絶頂にもれる官能的な喘ぎ声と
苦悶の果ての息も絶え絶えな喘ぎとの
見境すら付かなくなってしまっている自分自身の姿

全てが
ガラガラと崩れ去ってゆく様を
ただただ見ている術しか
彼女にはないのだろうか・・・

                        
[PR]
by kazz1125 | 2009-08-08 10:00 | | Comments(4)
Commented by sk-zutto at 2009-08-09 01:05
kazzさん、こんばんは。
何かありましたか。
崩れ去る時は、もうどうにも止めようがないです。
私もきっとただ見ているしかできない気がします。
Commented by kazz1125 at 2009-08-12 10:39
whiteさん、コメント遅くなりました・・・ごめんなさい。

この記事は・・・かつて大好きだった酒井法子さんの一連のニュースを見ていて、何だか悲しくてねぇ。
仮面を被っているのなら、最後まで被りとおしてもらいたいものです。
Commented by sk-zutto at 2009-08-12 11:53
ああ、そうだったんですかぁ。安心しました。
人はわからないものですね、私もショックでした。
これだけ報道されるのですから、たくさんの人が同じ思いだったんでしょうね。
強い心を持っていないと、悪はどこから手を差し伸べるかわかりません。
怖い世の中ですね。
Commented by kazz1125 at 2009-08-22 09:24
whiteさん、失礼しました。
ブログも勝手にお盆休みしておりまして・・・(苦笑)。
自分のブログすら開いておりませんでした。

未だにこのニュースがテレビを賑わせておりますが、どんなもんですかね。
正直あまり頂けない感じでおります。
拠ってたかってという感じが否めないので何となく不愉快です。
それにしても押尾容疑者と酒井容疑者(こう書くのが辛いなぁ)とほぼ同時期のニュース。
その内容は押尾の方がより事件性が高いと思われるのに、マスコミの扱いの差は・・・タレントしての付加価値の差なんでしょうか?

イヤだイヤだ・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ひと夏の夢 そんな暮らしの中で >>