別離

ちょうど一月ほど前、我が家の愛兎「とん助」が死んだ。

朝は普通にキャベツを食べていたのだが、夜はぐったりとケージの中で横たわっていた。
「どうした?具合悪いのか?」と声を掛けて好物のニンジンを上げたら、横たわったまま少し齧った。
もう年齢も年齢だし、明日様子を見てと思っていたのだが・・・。

つまりそれが彼の最後の食事になった。

翌朝様子を見ると、まるで眠りについているように天国へ旅立っていた。

高校1年だった長女が部活のバスケで悩んで悩んで、一時部活に行けなくなった時に、ウサギを飼いたいと言い出したのがきっかけだった。
ホームセンターのペットショップで見初められて、小さな箱に入れられて大切に抱えられて我が家へ来てから丸6年。
大した病気をすることもなく、親孝行なウサギだった。
旅立つ前日まで、食欲だけはまるで若い頃と変わらぬ旺盛さだった。


ダンボールの箱にタオルを敷き詰め、氷で冷やすこと3日間。
GWの最中で対応してくれるペット霊園をあれこれ探した。
深大寺の動物霊園が親切に応じてくれたので、そちらに長女と二人で火葬してもらいに出掛けた。
途中で生花を買って、箱に入れた。
大好きだったニンジンも入れてあげた。

火葬する直前の人のお葬式と同じく別離の時間。
こみ上げる涙。やはり寂しさは否めない。

小さな命が私たちの心に残した確かな足跡。

今、小さな骨壷に入って、彼がいたリビングの片隅で、あの頃と同じように静かな時を過している。
[PR]
by kazz1125 | 2012-06-11 19:30 | | Comments(4)
Commented by Cozy at 2012-06-13 12:48 x
あの物静かだったとん助クンが旅立ちましたか…。ペットと言うだけじゃなく家族の一員としての思い出も多々あったかと思いますが寂しいですよね…
ボクも最近、友を亡くしました。まだ実感ないんですが毎日彼のことを考えてしまいます。
永遠の別れってなかなか癒されませんね…
Commented at 2012-06-19 20:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mariruri at 2013-06-25 07:23 x
kazzさん、お元気ですか?更新されなくなってずいぶん経ちますが、今日来てみたらば、テンプレが変わっているのでお元気なことと信じています。
痛風の具合はいかがですか?
少しでも痛みが和らぎ、快適な日々をお過ごしであることと願っています。
Commented by サンシャイン at 2015-08-24 13:57 x
kazzさん、サンシャインです。お久しぶりです。本当に本当にお久しぶりです。もうこちらを見ることはないのかも知れないな、と思いつつこちらに書き込んでいます。
お元気ですか?
私は元気です。年取ったけどね(笑)
ではまた。kazzさんがお元気でHAPPYでありますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 再びの一期一会 蓋はできない >>