幼き言葉

幼児ことば
幼いお子さんがいらっしゃる方は、現役バリバリで日々の生活に使われてるのでしょうね。

今日風呂の掃除をしながら(我が家は最後に入浴した者が掃除する決まりです、よって僕が洗うことが多い)、湯汲み桶のことを長女が幼かった頃、「かぁたのじゃー」って言ってた事を思い出しました。

その語源。
娘たちの幼い頃、二人ともお風呂に入れるのは僕の仕事でした。
お風呂嫌いにさせない為に、体を流す時に「肩からジャー、肩からジャー・・・」という適当な歌を歌い、ごまかしながら湯汲み桶で体を流しておりました。
それがいつの間にか、長女の認識では湯汲み桶=「肩からジャー」=「かぁたのじゃー」という名称になっていたようです。

幼い子の言葉の感性って本当に豊かで、感心させられる事があります。
もちろん、きちんと覚えられずに、このように思い込んだ言葉がいつまでも続いてしまうこともありますが、それがまたとても愛らしかったりします。

次女は幼い頃オヤスミの時、必ず紫色のハンドタオルを持って指しゃぶりで眠りにつくのが習慣でした。
その大切な片時も手離せないタオルのことを3歳くらいまで「むさらきのパオル」と称しておりました。
このようにトトロのメイちゃんのとうもころしに代表される、言葉を前後して覚えてしまう例はたくさんあるようです。
長女もかなり大きくなるまでお薬を「おすくり」と言ってました。

いわゆる幼児ことばは、どちらかと言うと言葉の遅い子の方が使わないで済むような気がします。あくまでも気ですけど。
我が家の例で言えば、言葉の早かった長女よりも、言葉の遅かった次女の方が幼い頃から、比較的しっかりした言葉を話しておりました。

この記事を読んだ方で、家の子はこんな幼児ことば使ってました!と言うのがあったらぜひコメント欄に頂きたいと思います。
独断と偏見でランク付けとかしちゃおうかしらん。

ちなみに僕の一番のお気に入りかつ美しいと思ってるのは、我が長女の作品。
「きんぴらごぼう」改め「きんきらぼんぼん」。
後光が差しているような、そんな語感に清き一票!
[PR]
by kazz1125 | 2006-06-10 00:14 | 雑感 | Comments(6)
Commented by ミント at 2006-06-10 03:31 x
私も、「きんきらぼんぼん」に一票です♪
「かぁたのじゃー」「むらさきのバオル」も可愛いですね~

「かぁたのじゃー」は方言かと思いましたヨ。

では、親ばかコメントを。
うちの娘は発語が早く、しかも2,3歳で近所のおばちゃんと渡り合うほどでした。
そんな子でも寝るときにはお友達が必要で、、
「チョコてん」

なんだか分かります?

「てん」というのは、タオルを意味する「てんてん」の略
最初チョコレートがついて、そこをふんふんしながら寝てたのが、
しばらく経つと、異様な臭さに、、、
お決まりのように洗わせず、ピンクのバスタオルが見るも無残な姿に、、、
やっと洗うと「チョコてん」でない、と泣き出し、
再び、チョコをつけ、、、
ちなみに洗い替えもあり、2枚のバスタオルに、穴が開いてしまいました。

今は、さすがにチョコてんはもちませんが、小さいぬいぐるみをもって、「お手々ちうちう」しとります。

あとは、「がごむ」輪ゴム 「ちわう」違う

これは、相当大きくなるまでそういうと思ってたらしいです。

Commented by kazz1125 at 2006-06-10 07:32
ミントさん、おはようございます。
梅雨入りしたばかりの東京ですが今日は晴れ。
そちらはいかがですか?

「チョコてん」2枚ですか(笑)。
それも異様な匂い(臭い)ですか・・・(大笑)。
そうそう、洗っちゃうとダメなんですよね~。
いずこも同じですね。

次女の「むさらきのパオル」も同く2枚あって、同じくぼろぼろになるまで愛用しておりました。

「ちわう」って家の娘も言ってた気がします。
「がごむ」って言うのは初めて聞きました・・・。ちょっと言いにくそうですね。
幼児ことばは、幼い子どもたちなりに話しやすいように変化したのかと思いきや、案外発声しにくくても使われている例も多いようです。
彼女たちの聞こえたままを一所懸命発音しているのかもしれませんね。

そういえば、僕の知り合いに「コンパニオン」を「パイオニアン」と言った・・・、あっこれは幼児じゃなくて僕の父だった・・。

Commented by e-beat at 2006-06-10 08:13 x
>娘たちの幼い頃、二人とも
娘さん二人ですか、我が家も娘二人です。これも一緒ですね(^^;
我が家の場合
「高野山」->「おやさいさん」
「歯磨き」->「うちわき」

ちなみに和歌山の場合
「体(からだ)」->「かだら」になります。
これは大人も子供もです(^^;
Commented by kazz1125 at 2006-06-10 17:44
e-beatさん、こんにちは。
お嬢さんお二人・・・、かわいい盛りですか?
因みに我が家はかわいくない盛りです・・・。
そんなのどうでもいいのですが、高野山⇒おやさいさんっていうのはまたずいぶんと可愛らしい事(^^)。
歯磨き⇒うちわきっていうのはどこでそう変化しちゃったんでしょうね???
幼児ことばって本当に不思議でかつ面白いと思います。

「かだら」・・・ってそれは和歌山弁じゃないっすか・・。
Commented by mariruri at 2006-06-11 21:12 x
今からでもエントリー間に合いますか?(笑)
「かぁたのじゃー」は初め想像がつかなかったけど、説明を聞いて「なるほど~~~」(^^)かわぃぃいですねぇ♪
でも「きんきらぼんぼん」が更に更に光ってますネ~*
一生懸命「きらきらぼんぼん」と言っている光景が目に浮かびます。

因みに息子は「メイちゃん語」を話さなかったのですが、娘は宝庫でした。
よくあるところで 「がじゃいも」 「テベリ(テレビ)」 「エベレータ」 
そして何をそんなに慌ててるの?と思ったw 「サンタタさん」 「こいのののぼり」。

中々わからなかったのが、「ごごち」(いちご)、そして「あしくびぶ」。
「あしくびぶぅ~・・・あしくびぶーーーー!」と泣き叫ぶ娘。。。
これにはかなり悩みましたヨ・・・あしくび?あしくび?(ー'`ー;)???

正解は・・・「あいすくりーむ」だったんですねぇ~(笑)

こちらの記事を読んで、大事な宝箱を久しぶりに覗いた気分です^^
それにしてもkazz1125さん、、、なんていいパパなんでしょう。。。・゚・(つД`)・゚・
Commented by kazz1125 at 2006-06-11 21:45
締め切りは平成35年までですからまだ大丈夫ですネ。
「あしくびぶ」・・・これはすごいぞ。
早口で試しに言って見てください。
ほら・・・「アイスクリーム」に聞こえませんか?
お嬢さん食べたい一心だったんでしょうね。
心からの叫び「あしくびぶ~」みたいな・・・(^^)

慌て言葉(そんなのがあるのかどうか知りませんが)は我が家は次女が宝庫でした。
蚊ににさされた、血がが出た・・・。

そうなんです。
これはみなさんの宝箱。
ランク付けなど出来るはずがありませんよね。
全部がみんな一等賞。
だってその時の子どもたちは、みんな僕たちに伝えたい一心で一所懸命に話していたんだもの・・・。





名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ・・・ 草枕 旅にしあれば・・・ >>