重さ

初めて我が子を抱いた時の事を覚えていますか。

僕は覚えています。

汗で額に髪が張り付いた、闘い終えた妻の顔
無機質な廊下の色
少し効きすぎた暖房
産婦人科の匂い
忙しく立ち働く看護婦さん
窓の外には風花が舞っていた・・・

ちっぽけで、真っ赤で、あの頼りない重さ。
腕に感じたその重さとは裏腹に、これから掛かる責任の重さに背筋が伸びる思いだった事を・・・。

赤ちゃんて手をしっかり握ってますよね。
あれは自分の未来を握り締めているんですね・・・きっと。
だから子どもたちの重さには未来が一杯詰まっているんです。




子どもが被害者になる犯罪が多発しています。
そして子どもが加害者になる犯罪もまた多発しています。
もっと身近なところでは、いじめだとかネグレクトだとか児童虐待だとか・・・。
そんな事で子どもたちの澄んだ瞳や、希望に満ちた未来の夢を壊したくないな。
温かな大人の眼差しが手助けになるのなら、喜んで手を差し伸べてあげたいものです。


昔子どもたちは               詞・曲 さだまさし

昔子ども達は  夢のなる木だったよ
すり傷だらけで  いつも神様のとなりにいた
昔子ども達は  ねずみ花火だったよ
どこへ転げていつはじけるか  誰にもわからなかったよ

昔子ども達の  心に屋根はなかった
上を見上げれば  いつも青空がひろがっていた
昔子ども達は  すばらしい発明家だったよ
木切れでピストルをつくり  ラジオを鉄くずにした
がんばれ  がんばれ  今の子ども達
明日天気にしておくれ

[PR]
by kazz1125 | 2006-07-04 23:37 | 雑感 | Comments(4)
Commented by e-beat at 2006-07-04 23:47 x
僕も鮮明に覚えてます。
なにせ結婚して5年ほど子供が出来ず諦めかけていた時の子供ですので
すごく嬉しかったです。
最近の子供が被害者になる犯罪は本当に許せませんね。
ニュースを見ていて本当に悲しくなってきます。
我が家の下の娘も今7歳で、広島のニュースを聞くたびに悲しくなってきます。。。

では久々の東京楽しみにしておきます。


Commented by kazz1125 at 2006-07-04 23:53
こんばんは。早いコメントありがとうございます。
あの広島の事件は・・・特に娘さんを持つ親御さんは尋常ならざる腹立たしさを感じる事と思います。
そんな嫌な事件のみならず、日常にありふれてしまっているいじめとか育児放棄、児童虐待。
悲しい思い、辛い思いをしている子どもがどれほどいる事でしょう。
根本的に見直さなくてはいけない何か。
もっとたくさんの人が問題意識を持って考えてゆかなくては、さらに悪化の一途を辿るような気がしてなりません。

小さな一歩でも歩き続ければ必ずたどり着きます。
まずは一歩を踏み出さなくては・・・。
Commented by e-beat at 2006-07-05 00:02 x
これは素早いエrスありがとう御座います。

そうです。まずは自分に出来る事からです。
そう思います。
Commented by どっちの数でショウ?!かをり at 2006-07-06 14:38 x
たびたびすみません^^;

今日も実の両親が2歳の我が子を虐待で死なせてしまう事件が報道されていました。理由は「ご飯を食べるのが遅かったから」。

毎回、泣きたくなります。

こんな親を育ててしまったその親。社会。
毎日ついつい我が子に怒ってしまう自分にも腹立たしいです。

「心に屋根がなかった」子供はきっと大人になっても大空を見上げることを忘れない。どんな自分でも、お天道様に受け入れられると知っていれば。親に愛されていると信じられれば。

駄々をこねる我が子についつい目くじら立ててしまう自分への反省をこめて、かわいそうな子供たちに伝えたいです。
「守ってあげられなくて本当に本当にごめんなさい。
青空の上でかけっこしてすり傷いっぱいこさえて、たくさん食べてたくさん笑ってね。
あなたのことを忘れない。どんなことがあっても一生懸命自分の子供を愛し続けるよ。
今でもあなたはこの世でたった一人のあなたです。」
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏 七題 孤高の人 >>