日本以外全部沈没

これ、ご存知でした?

この夏話題の映画といえば『日本沈没』(監督:樋口真嗣 7月15日公開)。今更説明するまでもないが、原作は1973年3月に小松左京が発表したSF小説。上下巻あわせて約400万部が売れたというベストセラーで同じ年の暮れに映画化され、一大ブームを巻き起こした。
その『日本沈没』が33年ぶりに最新の科学データを元に完全リメークされたとあって注目を集めている。

そして、『日本沈没』とともに忘れてはならないのが筒井康隆のパロディ小説『日本以外全部沈没』である。題名の通り日本列島以外の陸地すべてが沈没、唯一の陸地である日本へ世界の著名人が集結という設定。『日本沈没』のヒットを祝う席で星新一が題名を提案し、小松左京の許可を得て筒井康隆が執筆したといわれている。
『日本以外全部沈没』は『日本沈没』が第5回星雲賞(日本長編部門)を受賞したのと同時に、第5回星雲賞(日本短編部門)を受賞してしまったというまさに本歌取りな作品なのだ。
アメリカの超大物歌手がたどたどしい日本語で「赤城の子守唄」を歌ったり、ハリウッドスターが街中で本業以外で働いていたり、各国の大物政治家が領土をねだったりなどハチャメチャながら当時の社会情勢なども垣間見えて、とても面白い。
 excite

何て茶目っ気たっぷりな人たちなんでしょう!
そしてこの「日本以外全部沈没」もこの夏の終わりから順次公開だそうです。
リンクしてありますので、ご覧になってくださいね。

この夏は「日本沈没」と「日本以外全部沈没」、是非両方見たいものですね。

しっかし、面白い事を思いつく人がいるんですねぇ。
感心してしまいます・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-07-15 11:40 | 世間話 | Comments(2)
Commented by mariruri at 2006-07-15 13:55 x
昔の日本沈没、幼心にすごいブームになったのを覚えているような?
齢○歳だった私の記憶にあるくらいだから(あえて伏字www)よほどのブームだったんだと思います。
今回のリメイク版はさらにリアルさが増してるんでしょうね^^ 息子が観たらビビっちゃうかもしれませんw
映画館で観たいなー。
筒井道隆さんは茶目っ気がありますよねー。確か「時をかける少女」でも何気に端役ででていたような話を聞いたことがあります。
(時をかける少女もアニメでリメイクされ、この夏公開ですね。私は原田知世ちゃんのイメージが強いけど。)
この夏、話題の映画がたくさんでどれを見に行こうか迷いますが、必ず行かなければいけないのが「ポケモン」・・・w
これ、私にはつらいのよね^^; 睡魔が・・・wwww

そうそう・・・あの~。。。
ずっと↓のセーラームーンの記事に寄せたコメ、チラッと目を通して頂ければ・・・(*´ω`*)ゞポッ
Commented by kazz1125 at 2006-07-16 00:49
mariruriさん、ごめんね~。
セーラームーンの方もちゃんと目を通しております。
コメントお返ししようと思っているうちに、次から次へと新しい記事upしちゃうもんだから、そのままになっていました。大変ご無礼いたしました。
平に御容赦の程を・・・。
というわけで、UFOキャッチャーは久しくしておりません。今になって冷静に考えまするに、子どもをダシにした大人の射幸心を煽る危険な賭博機器であるのではと危惧しておりますが・・・もう遅いです。ずいぶん投資しました。

さて日本沈没。最近はロードショー公開後、すぐにDVD化されますので良いかなとも思いますが、やはりよさ気な映画は劇場で見たいものですね。テレビの画面とは段違いの迫力と、音響効果がまるで違いますものね。
でも「ポケモン」はテレビの方が絶対よい。だってずっと付き合わなくて済むものねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 都大会出場! 日本沈没 >>