おじさんと子グマの話

早いものでもう10月。
10月の東京は雨のスタートです。
10月1日は都民の日。
平日でしたら都内の公立の学校はお休みなのですが、残念ながら日曜日とバッティングしたので振り替えとかも無く、子どもたちは何か損をした気分でしょうね。


ところでこんなニュースが・・・。

子グマに引っかかれ軽傷、殴られクマは死ぬ…秋田

 1日午前8時ごろ、秋田県仙北市田沢湖卒田の山林で、同市田沢湖神代、無職草なぎ幸雄さん(73)がクマと鉢合わせになり、左手の甲を引っかかれて軽傷を負った。(草なぎの「なぎ」は弓ヘンに、上下に「前」と「刀」)

 草なぎさんは一緒にいた友人と2人で、持っていたなたで頭を数回殴ったところ、クマはその場で死んだ。

 仙北署の調べによると、クマは体長約50センチ。草むらから突然現れ、草なぎさんらが「あっち行け」と追い払おうとしたが、飛びかかってきたという。2人は同日午前6時ごろから入山し、マイタケ採りをしていたという。
(読売新聞) - 10月1日


う~ん、確かに襲われたおじさんたちは必死だったんでしょうねぇ。
だけど子グマをなたで殴りつけたおじさんたちの方が悪者みたいな印象を持ってしまうんですが・・・いやぁ、おじさん必死だったのはよ~くわかるんですけど、あくまでも印象として。


なたじゃなくてグーで殴ったくらいじゃダメだったのかな・・・。

間の悪いクマだなぁ、ホントに。
もしかしたら民主党員だったのか知らん・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-01 18:04 | 世間話 | Comments(1)
Commented by kazz1125 at 2006-10-01 23:57
軽井沢で「国際クマ会議」=共存テーマに2日から、アジアで初

 クマに人が襲われる被害が相次ぐ中、クマと人間との付き合い方を考える「国際クマ会議」が2日から6日、長野県軽井沢町で開かれる。北米、ヨーロッパ、アジアの研究者との間で、生態や保全、管理に関する情報を交換するのが主な目的。
 会議は1968年にカナダで第1回が開かれ、今回が17回目。アジアで開催されるのは初めてという。 
(時事通信) - 10月1日

自分でコメント入れちゃいますが、こんな「国際クマ会議」なんていうのがあったんですねぇ。露存じませんでした・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 親バカのススメ 新政権よりも熱い夜 >>