私は今日まで生きてみました

少し時間軸を戻しますが、月曜日の晩の事。
NHKで「プレミアム10・今日までそして明日から」と言う番組が放映されました。
9/23に静岡県・掛川市つま恋で行われた「吉田拓郎・かぐや姫コンサートINつま恋2006」のドキュメンタリーです。

31年前に同じ場所、同じ顔ぶれで行われた伝説のつま恋。
僕は若かりし頃の「憧憬」が損なわれるのが何となく嫌だったので、色々考えた挙句今回参加しませんでした。
しかしながら過ぎた時は僕にも彼らにも同じように流れていたのですから、現実は現実として見ておけばよかったなというのが過ぎた今の感想です。

テレビモニターの向こうにはそれぞれの歳月を経てきた彼らの姿がありました。
頭がすっかり薄くなった拓郎、パンダさん。
声の出なくなった正やん。
皺っぽくなったこうせつ。

でも彼らは歌い続けていました。
あの頃と同じように思いを込めて・・・。

「私は今日まで生きて見ました・・・明日からもこうして生きてゆくだろうと・・・。」
何のためにではなく、生きている事自体に意味があるのかな。
きっとそうなんでしょう・・・。

力のある限り。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-26 23:01 | 音楽 | Comments(6)
Commented by e-beat at 2006-10-26 23:24 x
テレビ見ましたね(^^)
「落陽」から「今日までそしてあしたから」と続くクライマックスはもう
恍惚状態でした。
拓郎はツアーやっているのでいつでも見れるといえば見れるのですが、あの場所でかぐや姫と一緒に、というのは感慨深いものがありました。

さて、次は隣の隣町での伊勢正三コンサートです。
12月16日(土)入場料補助金が出て2000円です。
kazzさん自転車で当地まで如何でしょうか?
一緒に「22才の別れ」を合唱しましょうよ。
Commented by kazz1125 at 2006-10-26 23:31
そうなんです。
かぐや姫の再結成って言うのが一つの価値であった訳で・・・。

えっ?隣の隣町って・・・どこ?
マジで行きたい。
¥2000ってまた破格の安さですね。
自転車ではまだ行けないけど、そのためだけに伺おうかしらん。
Commented by e-beat at 2006-10-26 23:54 x
かつらぎ町ですよ。かつらぎ町総合文化会館です。
去年の10月に高野山、9月はつま恋、12月はかつらぎ、なんか最近正やん良く見てます(^^;
去年まで一度も実物見たこと無かったのですが。。。
この週末チケット買いに行ってきま~す
Commented by kazz1125 at 2006-10-27 18:14
そうでしたね・・・・。
昨年も高野山で正やんのコンサートに行かれたんでしたね。
たまぁにテレビで彼の歌う姿を拝見しますが・・・、やっぱりちょっと悲しいものがあります。

声が出なくなっちゃって・・・・・きついっすね。
Commented by sfcmaru at 2006-10-27 23:14
懐かしい同窓会でしたね。
私も行く事を迷った一人でした。
でも、行かなくても良かったって感じかな・・・・・
TVに映っていた拓郎ファンを見てそう思いました。
そして、明日からもこうして生きていくと思います。
Commented by kazz1125 at 2006-10-28 08:36
終わりは新しい始まり。
もしかしたら更なる「同窓会」がいつかあるのかな・・・。
年齢的にもそろそろ限界点に近くなりつつあるのかもしれませんけど・・・。

彼らの歌は僕らにとっては確かな足跡。
思いは人それぞれ・・・。
いずれにしても身体の続く限り頑張ってもらいたいものです。

そうですね。
そして彼らも僕らも相も変わらず「明日からもこうして生きてゆく」んでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日本ハム優勝 世界史の無い世界 >>