ふるさと

年の暮れ。
昨日は季節外れの大雨でしたが、それでも暦が留まる事はありません。
2006もカウントダウン。今年も残すところあと4日です。

故郷に思いを馳せている方もたくさんいらっしゃる事でしょう。

僕には故郷と呼べるものがありません。
物心ついた頃から父にも母にも実家と言えるものがなかったので、田舎と言うものがないのです。
だから人一倍、田舎と言うものに憧れがあります。
お金も時間も掛かるので大変なんだぞってお叱りを受けそうですが、盆暮れ正月の帰省というものに、とってもうらやましい思いがあります。


 
兎追いし 彼の山  小鮒 釣りし彼の川
 夢は今もめぐりて  忘れがたき ふるさと
 
いかにいます 父母   つつがなしや 友がき
  雨に 風につけても   思いいずる ふるさと

志を はたして  いつの日にか 帰らん
 山は青き ふるさと 水は清き  ふるさと


日本中の村々、町々がそれぞれの故郷なんですね・・・。
大切にしたいものです。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-27 23:37 | 音楽 | Comments(2)
Commented by mariruri at 2006-12-28 18:32 x
こんばんは。先日息子がこの「ふるさと」を学校で習ったらしく、一人で口ずさんでいたんです。私も思わず途中から一緒に歌いだしたのですが・・・2番のあたりでなぜか涙が出てきちゃう。。。
私は嫁いでから、十数年、お盆もお正月も実家で過ごしたことがありません。老夫婦が二人でどんな風に過ごしているのかと思うと、胸が詰まる思いがしてしまいます。距離にすれば、片道40分という近くなのに、不思議です。
話がズレてしまいましたが(ごめんなさい・・・)、明日からものすごい寒気団に日本中が覆われるとの事。帰省される方々の足に、できるだけ影響を及ぼさないことを願うばかりです。
行くほうも、待っているほうも、心待ちにしているのですから。

時代が変わっても、この唄の美しさは変わることがないですね(゜ー゜*)。・:*:・
Commented by kazz1125 at 2006-12-28 19:38
今度一度、ご実家でお過ごしになられたらいかがでしょう。
お父様お母様、それは喜ばれると思いますよ。

故郷は遠きにありて思うもの・・・。

そんな詩もありましたけど、決してそんなことは無いはず。
心の片隅にだけ置いておくものではないと思います。
差し出がましいようですが、是非是非お父様お母様が元気な内に・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< この期に及んで・・・ 深い衝撃 >>