弥生

今日から弥生3月。
今年ももう6分の一が過ぎた事になります。
気象庁の冬の定義は12月~2月までだそうで、よって東京の「雪の無い冬」が1876年からの観測史上初めて記録された事になりました。
温暖化へまっしぐら。

雪。
東京ではすぐに交通機関にも影響が出ます。
降った後は凍って危ないし、生活の中での必要性は一切感じません。
でも降らなければ降らないで寂しい感じは確かにあります。
少しくらいは降ってもいいのかなって・・・。

子どもの頃、わくわくしながら雪降る空を見上げたのを思い出します。
積もれ・・・積もれ・・・ってね。

そうしたらオヤジが、「つまんねーもんが降ってきやがったなぁ。積もるんじゃんーぞ!」だって。

親の心、子知らず。子の心、親知らず。

さてさて3月。花粉症本番に負けないように頑張りましょうかね。
[PR]
by kazz1125 | 2007-03-01 19:26 | 雑感 | Comments(2)
Commented by miumiu_xxx at 2007-03-02 11:32
暖冬だなぁとは思っていましたが、数値として事実をつきつけられると
危機感を感じずにはいられません。
「不都合な真実」を観たから余計に、かも。
四季があるから日本は美しいのだと思うので、やっぱり冬は寒くないと。

花粉症がんばってくださいね♪
まだブログには書いてないんですけど、うちの旦那様が今年使っている
マスクで「ユニ・チャーム 超立体マスク 花粉用スーパー」といいますが
身につけてると随分楽だそうです。
普通のよりちょっとだけ高いんですけどね…。
Commented by kazz1125 at 2007-03-02 18:23
人類が何となく勘違いしている事・・・。
地球は永遠ではないと言う事実。
今すぐに地球が滅びると言う意味ではないにせよ、それは永きに渡る地球の歴史から見たら、ほんの一瞬しか生きていない私たちには感じにくい事なのかもしれません。
そして明らかにその過渡期の中に私たちが生きていると言う現実でもあります。

先日知人と話してたのですが、入学式=桜の図式が、=卒業式の頃になってしまう日もそう遠くないのかもしれません。

地球の変化に人間がついていけていない・・・。
上記の花粉症も然り。
何だか人間が手に負えない戦いに巻き込まれてきているような、そんな気がしてきてなりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 駅前から・・・ おはようの朝 >>