4月馬鹿

表現しがたい息苦しさ
僕がいるのは
たった一筋の明かりもない
漆黒の闇だった

辛うじて動かせる手を
闇雲にあたりに振り回してみても
触れるものすらない

どうして
どうしてこんな事になったんだ
手は動くのだが
閂を掛けられてしまったように
脚はピクリとも動かすことは出来ない

どれほどの時間を
もがき苦しんでいたのだろうか
目が覚めた・・・
夢だった

僕の脚の上には
妻の大木のような脚が
ドカンと乗っていた

いかなエイプリルフールとは言え、洒落にならん。
悪夢だ・・・・・・・・。

生まれてこの方経験したことの無い様な、目覚めの悪い4月1日の朝だ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-01 09:00 | 世間話 | Comments(2)
Commented by miumiu_xxx at 2007-04-01 20:59
大木のような脚って…(´Д`;)
でも、ひとりで寝ていたらこんなことはないわけでして、隣に一緒に眠る人がいるという幸せを感じられる出来事だと、逆に考えるのはどうでしょう??
ってフォローしきれません(汗
Commented by kazz1125 at 2007-04-02 02:06
二人で眠りに着くことの幸せと、一人で気ままに眠ることの幸せと・・。
天秤に計って見ると・・・・一人静かに安眠を貪る事が出来るほうが絶対幸せですって!

miuさんも後15年すればわかりますって!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 宴の後始末 幸せのお裾分け >>