権威失墜

<愛知立てこもり>大林容疑者を緊急逮捕 29時間ぶり決着

 愛知県長久手町の元暴力団組員、大林久人容疑者(50)が人質を取って自宅に立てこもり、拳銃を発砲して県警機動隊特殊急襲部隊(SAT)隊員の林一歩(かずほ)警部(23)=18日付で2階級特進=ら4人を死傷させた事件で、県警は18日午後8時48分、自宅から出てきた大林容疑者の身柄を確保、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。事件は発生から約29時間ぶりに解決した。人質とされていた大林容疑者の元妻、森三智子さん(50)はこれより前の同2時51分、自力で脱出、保護された。 5月18日   毎日新聞


ようやく解決を見たこの事件ですが警察官を含めて4人が死傷。
再び拳銃が表舞台に現れた、暴力団関係者の事件です。

人質は自力で脱出、そして犯人も自らの投降・・・。
投降してからも、ネゴシエーターがいつまでも「手を上に挙げて・・・云々」という説得が続いて・・・。
何やってんだ、愛知県警は。

ものすごくイライラしました。
結果的に警察の初期判断の誤りと情けないまでの弱腰な姿勢が如実に見えて、本当に日本の警察はこれでいいのか?と言う疑問だけが大きく残りました。

日本では「あるはずの無い拳銃」がこんなに当たり前のように陽の目に晒されている現実。
強権発動すべき時は、きちんとその姿勢を見せないと、この手の犯罪はなくならないんじゃないのか?
いささか強引な素人考えかもしれませんが、人質が救出された時点で犯人逮捕、もしくは射殺すると言う選択肢は無かったのか?
もちろん、拳銃の入手ルートを探るとか、犯人射殺のデメリットは計り知れないのかもしれない。
だけど犯人投降後の警察の犯人に阿るようなあのやりとりは、納得がいきません。

以前にも記しましたが、かつては世界一とまで言われた日本の警察。
その輝きを取り戻すには、毅然たる警察の威光というものが絶対に不可欠だと思うのは僕だけではありますまい。
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-19 00:17 | 時事 | Comments(6)
Commented by Cozy at 2007-05-19 10:40 x
一番悪いのは犯人なんでしょうけど、ちょっと腰抜けに見えてしまった今回の警察の動きですね。アメリカの警察と比較するのも乱暴ですけど、間違いなく射殺して短時間で解決、ってストーリーでしょう。
人命第一、規模は違えど浅間山荘事件からなんら変わってない作戦・・・正直ボクも歯がゆい思いで見てました。SATの亡くなった警察官、誠にお気の毒ですが、なぜSATたるものが丸腰で突っ立っていたのか!?凶悪化していく犯罪に対して絶対に許さんという強い態度で市民を守って欲しいと思います。
Commented by SFCMARU at 2007-05-19 12:52
完全に愛知県警の判断ミスです。
亡くなったSATの隊員は悲惨です、まして残された遺族はやりきれないでしょう。
今回の指揮は、SATが出てきた時点で任せるべきだったんですよ。
それを、後方支援だなんてとろいことをやってくれたもんです。
こんな犯人は、絶対に許せない。
もっと、警察官に権限を与えるべきだ(すべてとは言わないが)
本当に事件は、現場で起きてるんですよ、会議室でちまちま
指示してるキャリア組みでは市民や、国民が期待してる
結果にはならないんです。
Commented by miumiu_xxx at 2007-05-19 23:39
上で↑SFCMARUさんが書いていらっしゃいますが、まさにそのとおり。
SATに完全に任せられなかった県警の責任ですよね。
万が一、これで最終的に射殺という結果になったとしても、国民は誰も
責めなかったでしょうに。
マスコミと口うるさい団体が気になったんですかねぇ。
こんな人がまた世にのうのうと出てくると思ったら頭にきます。
Commented by kazz1125 at 2007-05-20 17:34
Cozyくんもやはり歯がゆい思いでしたか・・・。
アメリカナイズされた警察が理想だとは露とも思いませんが、ただし必要な時はやはり毅然とした警察力を見せることも絶対に必要だと思います。
それが=犯罪抑止力にもなりますし、何より警察の威信を高めることにもつながりますものねぇ。
返す返すも失われずに済んだ命を落したんじゃいのか?という疑問符は拭い去ることが出来ません。
Commented by kazz1125 at 2007-05-20 17:42
たまりんさん、これは頂けない結果となってしまいましたね。
こういう時に強行手段を取るためのSATだと思うのですが・・・。
人質を取られている時はまだしも、人質救出後までも「説得」と言う手段を取り続けた愛知県警の対応は如何しても肯く事が出来ません。

今回のミスをミスとして認めないで「犯人逮捕に至ったので、結果適切な対応であった」と言い続ける限り、この手の犯罪は何度も繰り返されることでしょう。
Commented by kazz1125 at 2007-05-20 17:51
miuさん、やはり指揮系統の手違いと言う感は否めませんよね。
今回の場合、最前線に出るべきは誰だったのか・・・。
結果が全てを物語っています。

別に犯人を射殺たから云々、しなかったから云々ではありません。
ただし、最悪の場合はそういうシナリオもあるんだよと言う感じさえ、今回の警察の対応からは微塵も感じられませんでした。
返す返すもそれが残念だったし、日本の警察は「あぁそんな程度だったんだ」という、市民の側からはとても残念な感じとでもいいましょうか・・・
上手く言えませんがそんな感じを強く感じてしまいました。

確かに犯人は結果的には確保はしました。
しかしながら警察は有能な一人の警察官の命と、信頼と言うものをまた一つ失ったように思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 佑ちゃんへの物差し 変なもの >>