性癖暴露

少々変なお話をしますが・・・。

人にはそれぞれ性癖があります。
それは中には他人様にはちょっと理解し難いものもあったりしますし、他所様のお耳には入れたくないものもあるでしょう。
特に・・・う~ん、男女間の密か事にはそういうものも多々ありまして・・・。
ま、それが両者の了解があっての上であれば別になんら問題の無いこと。
ローソクを使おうが、何をしようがお好みでどうぞ・・・て別にそんなことをお勧めをしようというわけではありません。
ちなみに私は・・・・・・・至ってフツーな・・・(ってこんなとこでカミングアウトしてどーする!)って聞いてませんか?そーですか。

本題に戻ります。
ところが、他人を巻き込んでの迷惑な話となれば話は別。
先に痴漢の都迷惑防止条例違反で起訴されている植草氏の公判が18日にあり、その公判のやりとりが公表されております。



セーラー服痴漢プレーは?「何度か」…公判で植草被告の性癖バレた

 電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして都迷惑防止条例違反に問われている元早大大学院教授、植草一秀被告(46)の第7回公判が18日、東京地裁であり、検察側が植草被告の性癖を洗いざらいさらした。「洗面台の前で制服プレーしたことは」「不忍池近くのショップで制服を買ったか」など、否定の余地もないほどの具体的な質問を矢継ぎ早に浴びせられた植草被告は、渋々ながらも性癖を認めるしかなかった。法廷で明かされた、植草被告の恥ずかしい性癖とは…。

 人事異動で今回公判から新たに編成された“新植草検察団”は、デビュー戦でいきなり植草被告の性癖を暴露し始めた。

 検察官(以下、検)「A(実名を挙げ)という女性を知っていますね。『もしキミがミニスカートをはいて電車に乗っていたら痴漢されたい? きっと気持ちいいだろうね』と言ったことは」

 植草被告(以下、植)「記憶してないが…はい」
 検「B(また実名で)という女性を知っていますね。セーラー服を着せて性交渉したことは」
 植「1、2回あったかと」
 検「逮捕後、100万円渡さなかったか」
 植「弁護士を通じて渡した」

 突然出された女性の実名に驚いたのか、植草被告は紺色のハンカチを握りしめ、不自然にまばたきを繰り返すなど、動揺を隠せなかった。

 検「痴漢プレーをすることが好きか」
 植「一般的に言えば性的な関心の中にはあるが、特にこだわっているわけではない」
 検「女性にセーラー服を着せて痴漢プレーをしたことがあるか」
 植「何度かある」
 検「後ろからか前からか、どちらから触るか」
 植「はっきりと覚えていないが、後ろだったような気がする」
 検「洗面台の前で、紺色のスカートをまくり、パンティーの上からお尻をなでまわしたことは」
 植「昔にはあったかと思うが…」
 検「ベッドルームでチェック柄のスカートをはかせ、スカートの中に手を入れるプレーは」
 植「昔はあったかも」
 検「その様子をデジカメで撮影したことは」
 植「最近はそれほど多くないが、昔は少しあった」
 検「証拠とかを見ると、7回ぐらいはある?」
 植「それぐらいかも」

 植草被告が答えると、検察官は間髪入れずに次の質問をぶつけ続けた。植草被告の耳は真っ赤になり、何度も鼻の下を指でこするしぐさを見せた。

 検「平成11年、12年に、神保町で電車内の痴漢を題材にしたビデオを買ったか」
 植「古いことだが、あったと思う」
 検「不忍池近くのアダルトショップで制服を買ったか」
 植「買ったと思う」
 検「1万2000円から1万3000円か」
 植「値段は覚えていない」
 検「人目を避けようと、帽子をかぶってマスクをつけて変装したか」
 植「あったかもしれない」

 裁判の最後に、裁判長が「検察の質問は、女性が検察官に対して述べたことに対して質問している。明確に記憶に反することはあるか」と問うと、植草被告は「なかったです」と力なく答えた。

 次回公判は6月18日。弁護側は、事件の目撃者を証人として呼ぶ予定だ。この日は押され気味だった植草被告だが、目撃者の証言が“反撃”材料となるかが注目される。 5月19日  スポーツ報知


長くなりましたが、これってどうなんでしょう?
確かに植草氏のやったこと(まだ今件は有罪が確定したわけではありませんが)は極めて悪質です。しかしこの公判の記録がここまで表に出てしまうって言うのはチョットやり過ぎな気もします。
社会的に抹殺しようと言う悪意でもあるのかな・・・。
別にこんな事をしなくても、よしんば有罪が確定すれば自然と社会からは縁遠くなるように思うのですが・・・。

素人ですので事細かな公判のやりようは良くわかりません。
ただ、こういうやり方って言うのは検察の常套手段なんですかねぇ。
もし。もしこれが無罪判決だったら・・・と思うとちょっとぞっとします。

気の小さい僕はとてもこんな「辱しめ」には耐えられそうにありませんので、精々品行方正に生きて行こうと、決意も新たになりました。
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-20 22:25 | 時事 | Comments(5)
Commented by miumiu_xxx at 2007-05-21 12:05
これはちょっと植草氏に同情しちゃいますね(苦笑
性癖っていうのは多かれ少なかれ、誰にでもあるでしょうし、公の場で
ここまで暴露してしまうっていうのはどうなんでしょう?
それにしてもいつもは被告に嫌っていうほど人権擁護の姿勢なのに、
どうしてこの場合は違ったんですかね?
そういえば痴漢冤罪を題材にした周防監督の映画でも、公判中に被告が
借りたアダルトビデオのタイトル等を晒されてましたから、通常のことなのかな?
kazz1125さんもおっしゃってるようにもし無罪だったら…と思うと怖いですね。
Commented by kazz1125 at 2007-05-21 21:02
植草氏の弁護なんてするつもりは毛頭ありませんが、ただ今回のこれはチョットねぇ。
かわいそうかなって気もします。

植草氏の場合は状況証拠から見ても冤罪と言う事は無さそうですが、他の人の場合にも同じ事がありうるわけですからねぇ・・・。
まぁ、検察側も100%クロとした上での法廷での陳述なんでしょう・・・。

それにしてもえげつなさ過ぎです・・・どっちも。
Commented by さくら at 2007-05-24 03:06 x
性癖はなおせないものだそうです。

小学生の遺体を見て性的興奮する教師の公判がありますが
彼は有罪になっても、やっぱり性癖はなおらないだろうと思います。
かわいそうだなぁ。という気もします。
だからといって、遺体を一般公開するのは間違ってますが。

植草さんも、かわいそうだなぁとも思います。。。

人を裁くって、辛い作業ですね。
Commented by kazz1125 at 2007-05-24 23:47
人間の持つ本能の中でも、特に性に関する部分と言うのはタブー視されがち。
そんなことを一々他人様にお見せしたり、説明するのもおかしなものですから(中にはそういう嗜好の方もいるからややこしい)、どうしてもそうなってしまうのはやむ負えません。

だからこそ、一般的ではない性癖のことを時として「変態」とか言うカテゴリーで括ってしまう。
そこに一つ問題があります。
上でさくらさんが記されている「遺体を見て性的興奮する教師」がいます。
今日「光市母子殺人事件」の公判があった当時18歳だった被告は被害者を殺害した後姦通した・・・。   つづく

Commented by kazz1125 at 2007-05-24 23:47
普通の感覚では変態です。僕もそう思います。
しかしその教師は、被告の元少年は確かにそれで性的興奮を覚えたと言う事実。
これらに幾ら蓋をしようとしても、その性癖は絶対になくならないでしょう。
どこか人間の本能の片隅に刷り込まれている何かですから。

だから・・・だからこそ性犯罪を裁くのに複雑かつ難しい側面を伴う。換言するなら人の本能を裁とも言うべき事項だからです。

ただし、絶対に忘れてはならないこと。
何より尊重されなくてはならないのは、被害者の女性の人権であると言うことです。
司法の場がこれを忘れない事も、性犯罪の抑止への大きな足がかりになります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< はしか 佑ちゃんへの物差し >>