名前の変遷

我が家の愛犬「ぷーちゃん」は3歳。
ワンコの年齢で言うとそろそろ女盛りです。

先日、事もあろうか想像妊娠!しちゃいまして、家の中を母乳だらけにして飼い主を困らせてくれたりもします。
な~んにもそういう事が無くても犬は想像妊娠なんてしちゃうんですねぇ。不思議だなぁ。

閑話休題
f0056698_9343670.jpg

実はぷーちゃんにはたくさんの名前があります。
本名はもちろん「ぷーちゃん」なのですが、転じて「ぷー子ちゃん」(これはまだいい)
僕が酔っ払って帰ってきた時に命名された「ぷーちゃこん」(^^;
ぷーちゃこん転じて「こんちゃぷー」(入れ替わってるだけじゃん!)
省略されて「ちゃこん」。さらに思いっきり省略されて「こ~ん」(ってきつねか!)

ぷーちゃんは今日もあるかなしかの短い尻尾をグリグリと振りながら、愛嬌を振りまきます。
そ、たとえどんな名前で呼ばれようともぷーちゃんはぷーちゃんなのです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-29 09:35 | 世間話 | Comments(2)
Commented by miumiu_xxx at 2007-06-29 19:57
えぇ?!ワンちゃんでも想像妊娠なんてするんですね。
なんかビックリ!!!
私はペット飼ったことないんですけど(自分の世話で精一杯・笑)、きっと癒されるんだろうなぁ(о´∀`人))
Commented by kazz1125 at 2007-06-30 09:05
そーなんですよ。ボクもびっくりしました。
最初ね、いつものように撫でていたらお腹の毛がゴワゴワになっていて・・・。
ん?なんだこれ・・・って思ってたんですよ。
それと外に向かってやたらと警戒心剥き出しで咆えまくる。
普段はまず咆えない大人しい良い子なんですよ(←親バカ)

どうも様子がおかしいと思って獣医さんに相談したら、あっさり「想像妊娠ですね!」って。
なぁに想像してるんだかなぁ。

癒されるなんてもんじゃないですよ~。
目の中に入れても・・・痛っ!ぷーこ、足踏むなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< イライラの増長 断罪 >>