落ち葉焚き

今朝の関東地方は凛と冷えています。
職場のそばでは農家の庭先から一筋のたなびく煙・・・。
落ち葉焚きです。

昔は稲藁の野焼きですとかこの落ち葉焚きですとか、あちこちで煙が上がっていたものですが、一時のダイオキシン騒動やら二酸化炭素排出削減とかで最近ではめっきり見る事が少なくなりましたね。

今の子達は落ち葉焚きで一緒に焼いた焼いもの味なんて知らないでしょうね・・・。
焚き火の匂いに、ふと思い出した子どもの頃。

焚き火   詞・巽聖歌 曲・渡辺茂

垣根の 垣根の 曲がり角
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き
「当たろうか」 「当たろうよ」
北風ぴぃぷぅ吹いている

山茶花 山茶花 咲いた道
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き
「当たろうか」「当たろうよ」
霜焼け お手手が もう痒い

木枯らし 木枯らし 寒い道
焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き
「当たろうか」「当たろうよ」
相談しながら 歩いてく


垣根焚き火落ち葉焚きもその内使われない言葉になっちゃうんでしょうね。
そう言えば焚き火をすれば煙がたなびきますが、「たなびく」と言う言葉も使わないなぁ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-12-20 09:08 | 風景 | Comments(2)
Commented by mariruri at 2007-12-20 11:49 x
こんにちは^^ 今日はこちらも氷点下4度で、朝はすごく冷え込んでいました。
でもこの唄の歌詞を読んでいたら、ワクワクした気持ち・温かい気持ちになりましたよ~。
幸いこっちは田舎なので、幼稚園で焚き火をして、子ども達が畑に植えたお芋を焚き火で焼いて食べるんです。
場所的には交通量が多い中心地へ向かう途中に、園があるんですけれどね・・^^;
きっと細~い煙が遠慮がちにたなびいていたことでしょうw

お芋は、サツマイモとジャガイモの2種類。普段ジャガイモを食べない子でもジャガバターにして食べたそうです(^^)
やっぱり育てて収穫して、そして落ち葉でのなかで焼いている光景を見ていると、待ちきれないくらいの気持ちになるのでしょうね。
子供の頃、この唄大好きだったなぁ~。曲のテンポと繰り返しの言葉が心地いいんだもの。

ところで↓18日の記事で、私も同じようなことを記事に書いていました。
( ̄ェ ̄;) エッ?クリスマスは意識していたけれど、あとちょっとで今年も終わりという事実に愕然。
愕然とした後は何も考えないようにしています。。。。。ハイ


Commented by kazz1125 at 2007-12-21 02:45
mariruriさん・・・どんどん寒さが増す季節。
こちら以上に寒さの厳しいmariruriさん地方、体調崩さないで下さいね。

どうも焼き芋っていうと僕の物差しでは「さつまいも」のイメージが強いのですが、確かにじゃがいももありですねぇ。
ジャガバターか・・・、何だか美味しそうです。

「焚き火」シンプルだけど何か心の琴線に触れるものがある曲ですね。
古き良き日本をそのまま残している気がする、そんな童謡です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 願い お手盛り >>