メロディ

昨日仕事で厚木の、それもかなり丹沢に近い山の方まで行ってきました。
そこへ向かう長い道中、車のラジオから玉置浩二さんの「メロディ」という曲が流れてきました。

一人運転しながら、その曲に聞き入ってたのですが、何故か不意に涙が出て来てしまった。
老化現象で涙腺が弱くなってるのかな。
何か心の琴線に触れるものがあったんでしょうね・・・。

最近の玉置浩二さんと安全地帯の頃の彼とは随分味わいが変ってきていて、失礼な表現だけど何だかいい感じに枯れてきてるなって思います。
まぁ、離婚そして再婚と彼も人には言えぬ想いもしてるんだろうなぁ。


僕ももう少し、もう少したったらあんな風な素敵な枯れ方をしたいものです。

メロディ          作詞 玉置浩二f0056698_075053.jpg

あんなにも好きだった 君がいたこの町に
今もまだ大好きな あの歌は聞こえてるよ
いつも優しくて、少し寂しくて

あの頃は 何も無くて 
それだって 楽しくやったよ
メロディ 泣きながら 
僕達は 幸せを見つめてたよ

懐かしいこの店の 隅っこに置いてある
寄せ書きの端の方 君と書いたピースマーク
みんな集まって 泣いて歌ってたね

あの頃は何も無くて 
それだって楽しくやったよ
メロディ いつの間に 
大切なもの失くした

あの頃は何も無くて 
それだって楽しくやったよ
メロディ 泣きながら 
遠い空 流されても

君の事忘れないよ 
いつだって楽しくやったよ
メロディ 泣かないで 
あの歌は 心から・・・聞こえてるよ

[PR]
by kazz1125 | 2006-02-11 00:03 | 音楽 | Comments(2)
Commented by m2 at 2006-02-11 09:26 x
スクロールバアーを動かしていると、あれー? なんで俺がいるのと一瞬思っちゃいました。
でも違いました。後方から見た頭部は似ていると思いますが、首から下はまったく違います。派手な服は持ち合わせていないし、ギターも弾けません。
「いい感じに枯れる」かあ。多彩な趣味を持ち合わせていない私にとって、人生の枯渇が待ち合わせてりる可能性があるなあと思うと、ちょとブルっときます。
だけど、めげずがんばりまーす。
Commented by kazz1125 at 2006-02-11 11:16
いや・・・パッと見は似てるかもしれんが、大丈夫。全然似てないから(
って何が大丈夫なんだか)

ただね、仰るとおり自分が翔けられるもの(あえてこう記してみた)がないと、絶対充実した人生を送れない気がするんだよ。
それに対してのあせりみたいなものが正直あるっていうのは、前にも話したし、記したとおり。
だから、もがいてでも何でもいいから前向きにだけは進んで行きたいなと思ったりするわけだな。
そんで頭でかいもんだから前向きにつんのめったりもするわけだな。
ダメジャン、俺!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ラーメン 3 世間知らずの・・・ >>