祝・誕生

昨年7月に結婚した我が社の職人さんのところに、待望の赤ちゃんが生まれました。
そーです。7/7に主賓の挨拶をさせられた例の彼です。
と言う事はハネムーンベイビーですね(・・・ってそこのあなた、指折り数えんでよろしい)。


昨日の朝5時頃、私のところに電話が掛かってきまして、陣痛が始まったとの事。
もちろん彼も臨時のお休みにしましたが、それからが長かった・・・。
今日の午後3時過ぎになってもまだ赤ちゃんは出てきません。
ドクターは母子共にこれ以上は限界と判断し、結局帝王切開での出産となりました。
2700gの女の子だそうです。

丸々二日奥さんに付き添った彼。
奥さんが大変だったのは言うまでもありませんが、ずーっと寝ずに付き添い通した彼もご苦労様。

でも明日は仕事。
21:00頃、会社に明日の準備と車を取りに戻ってきた彼と交わした硬い握手。
父親になったんだもの、ミルク代稼がなくちゃな。
今まで以上に頑張れよ!父ちゃん!!おめでと。

私の父にも電話で誕生の報告をしました。
私:「女の子だったってよ・・・」
我が父:「おう、そうか。よかったな。一姫二太郎三なすびって言うからな・・・」

馬鹿オヤジ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2008-05-16 23:27 | 雑感 | Comments(2)
Commented by 一個 at 2008-05-17 00:22 x
真夜中に、こんばんわ~(^O^)/

私も一人目は帝王切開だったな。女の子いいなあ(^-^)
おめでとうございます。その子のためにもいい世の中にしてあげないといけないのに地球はだんだん悪い方へ行ってるような(^_^;)

お父様のユーモアはこれからの明るい未来には必要ですね。真夜中に笑ってしまいましたもん♪
Commented by kazz1125 at 2008-05-17 13:15
一個さんこんにちは。

女の子・・・あぁそっか。一個さんとこは男の子さん二人でしたっけ?
そーですねぇ。
確かに地球環境、政治、諸々が何かマイナス要素に満ちてきているような気もします。
だけどへこたれてても何も生まれませんから、私たちが頑張らなくちゃ!ですね。

あのう・・・一個さん。
ワタシの父のこの言葉。
ユーモアなら許せるのですが、真顔で発せられる恐ろしき言葉のうちの一つなんです・・・。
2006/6/5の記事 http://kazz1125.exblog.jp/2410920/
ごらん頂ければ幸いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 小さな手 旅の心 >>