夕方の平和

今時、時間を「子の刻」だの「丑三つ時」だのという方は、身近には流石におりません。
日常生活では午前・午後を付加して使う12時間制と共に、鉄道などでは24時間制が使われています。
昔で言えば「申の刻」、夕方五時過ぎになると、昼間とはまるで違うひんやりとした夕方の空気と、あっという間に茜色に染まる西の空に、深まり行く秋の気配を肌身で感じる事一入です。

ふと思い出した子どもの頃。

毎夕この時間になるとお豆腐やさんのラッパが聞こえてきました。
「パ~プ~パ~プ~」(ワタシにはこう聞こえた)
次第に近づくラッパの音。
「お豆腐屋さ~ん。」
「は~い。」
ラッパの音で豆腐屋さんの居場所を正確に把握していた母の呼びかける声。
「キキキ~」という自転車のブレーキ音とお豆腐やさんのいつもの返事。
あちこち傷だらけの金物のボールを持って突っ掛けで外へ出た母のこれもまたいつもの「木綿一丁と揚げ一枚」・・・。
遠くではお寺の鐘が響いている。
暗くなるまで外でブロック塀にボールをぶつけて遊んでいた僕は、「今日はお豆腐と油揚げの味噌汁だなぁ・・・」(←当時のボクは油揚げが苦手だった)
家に入ると「ヤン坊・マー坊天気予報」の♪「僕の名前はヤン坊、僕の名前はマー坊。二人合わせてヤンマーだ。君と僕とでヤンマーだ」という牽強付会の傑作とでも言うべきCMソングが流れている・・・
そんな平穏に一日が収束してゆく夕方。

全然裕福ではなかったけど、今思えば毎日が平和でした。
もちろん両親は生活することで精一杯だったのでしょうが、僕自身はなぁんにも考えずにただ学校行って、帰って来ては真っ黒になって遊んで、テレビ見て・・・。
今こうして、少しだけの憧憬と共に思い出されたと言う事は、ささやかだけど幸せ・・・な時だったんでしょうね。

戻れるものなら戻りたい「時」の中の「一つ」です。
[PR]
by kazz1125 | 2008-10-18 18:14 | 風景 | Comments(7)
Commented by seechan2525 at 2008-10-19 11:10
あぁー、懐かしい。。。
そうそう、“ぷぁふぅ〜”みたいな(私にはそう聞こえた)お豆腐屋さんの音、
それを聞いて思い思いの器を持って駆けつける主婦や、
お使いの子供達の声。。。
日本中どこでも似たような光景だったのですね
でもわたし小学2年生で、今実家のあるド田舎に引っ越しましたが、
そこには物売りなど一切来ませんでした
なぜなら当時、近所の農家はほぼ何でも自給自足だったので
町から移り住んだ、私たち“ヨソもの”一家は、
母が仕事帰りに町から買って来る食材で、生活しておりました
田舎の方が、自分ちで何でも作れる分、他とのコミュニケーションが希薄だったように、子供心に思いました。。。
Commented by 一個 at 2008-10-20 08:50 x
kazzさん、こんにちわ!

「ヤン坊・マー坊天気予報」
なつかしい~(*^.^*)

あのころは、広場に行ったらだれかいて、知らない子とでもなにかしらして遊んでいましたね。
なんでも遊びになってました。
今の子は、ぼ~っとする時間もないくらい追われていて、かわいそうになります。
Commented by kazz1125 at 2008-10-20 10:21
シー坊さん、おはようございます。
杜の都、仙台も大分秋が深まってことでしょう。
広瀬川沿いのお散歩の写真も一頃に比べると随分と涼し気に見えますね(中々足跡残せなくてスミマセン)。

そーでしたか。
>ほぼ何でも自給自足・・・
確かに一昔前までは地方ではそれが当たり前でしたものねぇ。
大規模スーパーでお金さえあれば何でも買えるというのも確かに便利ですが、人の暮らしってそれだけじゃぁないよなぁ・・・。


僕が子どもの頃は納豆売りや金魚売りのオジサンはさすがに見かけませんでしたが、お豆腐屋さんは最近まで頑張っていました。
その日の天気や身体の具合の話を一言二言・・・。日々の暮らしのエッセンスとなるコミュニケーションがそこにはありましたね。

これも消え行く私たちが育った昭和の光景なんだろうなぁ。

夕方の光景と言うのは何故か郷愁を誘うようです・・・。
Commented by kazz1125 at 2008-10-20 10:28
一個さん、おはようございます。
本業の合間の製品作り・・・ご苦労なさってる様子。
家事やる時間が無いのも道理で(笑)。

今ふと思ったのですが、ヤン坊・マー坊天気予報って全国ネットですよね?その頃一個さんは長崎にお住まいだったかと思うのですが・・・。
mariruriさん辺りはどうでしょ?これ見たらコメント下さいな。

「子どもは遊びの天才」などといいますが、正にその通りでしたね。
携帯ゲームなんて無くても、広場があればそこは自由な遊園地に生まれ変わる。知らない子なんてすぐ友だち。
あの自由闊達さは忘れたくないよなぁ。・・・って言うよりうらやましいですね。
「コレ」も戻れるモンなら戻りたいもんです(苦笑)。
あとはあの頃の体力とスマートさと・・・って無いものねだりばっかじゃん、コレ。
Commented by mariruri at 2008-10-22 23:50 x
こんばんは・・・|∇ ̄))ソォーッ。話題に出遅れてしまいました。
懐かしく思いつつ、kazzさんらしい文を読んでまったりしていたら・・・。
コメント欄に私の名前が!一番北に住んでいる、しかも田舎の私の地域でも放映されていたら・・・全国ネットってことですよね(笑)

答えは・・・・・・「♪ボクの名前はヤン坊♪ボクの名前はマー坊・・・♪」
ちゃんと歌えます~~~~~(≧∇≦)キャー!
当時民放が2局(日テレ系列とTBS系列)しかなかった当地でも、放映されていましたよ(^^) 
でも先日、息子と「ヤン坊マー坊天気予報」を見ましたよ。今も現役ってことかしら???それとも私の妄想?

本当に昭和のあの時代、良かったですよね・・・。
欲しいものがあっても我慢することの方が多かったけれど、町中にどこか目に見えない温かさが溢れていた。(つづく)
Commented by mariruri at 2008-10-22 23:51 x
(つづき)
因みに私の地方では、お豆腐屋さんはラッパを吹いて売りにはこなくて、でも近所にこんにゃく販売所があってよくお遣いに行ってました。
中に入ると薄暗くて、浴槽のような中のヒタヒタのお水にこんにゃくがたくさんあるんです。そしてお豆腐も巨大な浴槽のなかで、水に浸っていました。
あの時の「ゴメンクダサーイ!」と言って中に入ったときの「匂い」が、鮮明に思い出されます。。。五感の記憶ってすごいですね(^^)
あぁ~懐かしい!素敵な記憶を思い出させてくださってありがとうございます。
相変わらずコメント長くてごめんなさい<(_ _;)>
Commented by kazz1125 at 2008-10-23 18:50
mariruriさん、こんばんは。
そうでしたか。やっぱり「ヤン坊・マー坊天気予報」は全国区だったんですね!
因みに天気予報は今も現役です。
こんなHPもありますので良かったらご覧下さい。
http://www.yanmar.co.jp/index-patio.htm

・・・こんにゃく販売所っていうのは初めて聞きました。
どうやらそれはさすがに全国区ではないようです(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秘密基地の秘密 感謝 >>